改めて怒りがぶり返してきたので。
 自分が首相でいる間は解散はしない。衆参ダブル選挙だ、ってどこまで思い上がっているんだろう?解散という伝家の宝刀は総理大臣にしか使えない。しかし3年後まで首相でいられる保証がどこにあるんだ?

 ただでさえ衆参はねじれ状態で法案を通すには野党の協力、ぶっちゃけ妥協せざるを得ない。自民党は参院での大勝利の勢いで強気に要求を突きつけてくるから政策はどんどん歪められる。あれだけ脱小沢を鮮明にしておいて挙党態勢など今さら望むべくもない。代表選で小沢が勝てば自分は総理の座を追われるし、小沢が負ければ小沢は党を割るだろう。どっちにしても民主党は既に一枚岩ではない。

 解散カードは勝てる見込みがある時にちらつかせるもの。
 メッキが剥がれ、正体がバレてしまった菅内閣の解散カードなどあって無きが如し。解散が無くても総辞職に追い込まれれば結局民意を問うことになるから、3年間解散はないなんてのも空手形でしかない。伝家の宝刀はもう半ば錆びついて使い物にならなくなっている。しかも肝心の政策はちゃぶ台返しで自民党のパクリってんだからカードを切る大義名分すらない。

 だいたい、選挙が怖くて衆院議員が務まるかっての。議員の仕事は議員でいることよりも議員になって何をするか(したか)でしょうに。ここで菅になびく奴は前者を選んだということにさせていただく。