郵便不正事件:検事が押収品改ざん FD更新日を変更

厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)に無罪判決が言い渡された郵便不正事件で、大阪地検特捜部の前田恒彦主任検事(43)が、証拠品として押収したフロッピーディスク(FD)の更新日時を改ざんしていたことが分かった。このFDは09年5月26日、特捜部が厚労省元係長、上村勉被告(41)=虚偽有印公文書作成・同行使罪で公判中=の自宅から押収した。同地検の事情聴取に前田主任検事が「FDの日付を変えた」と認めているという。最高検は21日、証拠変造などの疑いもあるとして異例の捜査に乗り出した。

 FDには、上村被告が作成した偽証明書のデータが保存され、押収時点の最終更新日時は「04年6月1日午前1時20分」だった。ところが弁護側が上村被告に返却されたFDを調べてみると、この更新日時が「6月8日」に書き換えられていた、という。

 検察側は、村木元局長が04年6月上旬ごろ、偽証明書の作成を部下だった上村被告に指示したと主張。しかし、大阪地裁は、弁護側の請求で改ざんされる前のFDの更新日時を記した捜査報告書を証拠採用。その記載などから、10日の判決で、偽証明書を「5月31日深夜から6月1日早朝までに作成された」と認定、検察側の構図を否定した。

書き換えられたFDの現物は結果的に証拠採用されなかったが、主任検事が検察側の構図に合うように改ざんした可能性がある。同地検の事情聴取に前田主任検事は「FDの日付を変えた」と認めたという。

 刑法は、他人の刑事事件に関する証拠を隠滅、偽造、変造する行為について、2年以下の懲役または20万円以下の罰金を科すと定めている。【久保聡、村松洋】

 ◇「大変なことだ」 柳田法相

 柳田稔法相は21日の閣議後会見で「最高検の捜査の行方をしっかり見守りたい。大変なことだという感じを受けており、真実であれば到底許されない行為だ」と述べた。

 ◇「きちんと検証を」 村木元局長

 村木元局長の話 報道などで「ずさんな捜査」と指摘されてきたが、こんなことまで起こっていたのかと、本当に驚いている。検察はこの問題を能力と職業倫理の問題ととらえ、きちんと検証してほしい。

 毎日.jpからのコピペ。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100921k0000e040015000c.html?inb=yt

 これに対する動きは速かった。
 犬HK(あえてこう表記する)の20時前のニュース速報でこの前田主任検事を逮捕したと流れたのである。これはもう組織防衛に走ったのだろう。誤って、なんて言い訳が通るはずもない。あくまでこの主任検事が個人でやったものとしてケリをつけようとするに違いない。

 そうはいくかよ!身内だけでお茶を濁すような真似を許すな!
 最高検が本当に信頼回復を望むなら組織的関与の疑いが濃い事件を徹底的に調べ上げるべき。この事件は民主党の幹部である石井一潰しの疑いもある。やたら村木被告が映像で切り取られているが、単に村木被告にごめんなさいで終わらせて済むものではないのだ。もちろん、前田主任検事個人が暴走したなんてストーリーも認めるわけにはいかないし、検察の権威が失墜したなんて今までそんなものがあったのかと思わせるような流れになってもいけない。

 恣意的と言っていい執拗なまでの小沢一郎に対する政治とカネの疑惑作りを思えば、
 決してこの程度で済ませてはいけない。