最初は安倍晋三はテロリストであるとしたかったが、別にテロもテロリストも賞賛するわけではなく、テロやテロリストはそれ相応の計画性や知略といったものがあるが安倍晋三にはそうしたものなどなく、嘘がばれたら逆ギレに終始するだけ。議会の存在意義を否定し、言論の自由に対する圧力ぶりはそれらの破壊を考えればテロやテロリストと言って過言ではないのだが、如何せん安倍晋三の言葉には全くといっていいほど説得力がないだけでなく、幼稚園児の「お前の母ちゃんデベソ!」レベルの程度の低い言い返しでしかない。

 説教強盗というのがいた。やってることは犯罪だが、お前の家のここが悪い、だから泥棒に入られるんだと一応理のあることは言うわけだ。盗人にも三分の理とは意味合いがちょっと違うが少なくとも計画性はあるわけだ。ところがボンクラ安倍晋三にはそうしたものなどない。そんなこと考える知能もない。行き当たりばったりで事がうまく行かなくなってもテメエでケジメつけることなど全くない。

 お前のやってることは泥棒だ!と正論叩きつけられても謝ることはもちろんのこと、一切非を認めない。
 だからオイラは安倍晋三を
居直り強盗と言うのである。


 一事が万事、用意周到に計画されたとかいうものではなく思いつきで物を言い、整合性が取れなくなって突っ込まれると「俺様は偉いんだ!」と開き直るだけでそこには論理的思考とかを持ち出すまでもなく知性も理性もないわがままなまま大きくなった幼稚園児がいるだけだ。だから、共謀罪の成立も国会の任期が迫っているなら延ばせばいい、中身などどうでもいい、成立ありきで事を進める。女性の社会進出とか格好のいいことを言ってもまるで中身が伴わない、せいぜいお仲間の高市早苗やコスプレ稲田、丸川某を侍らせるのが精いっぱい。

 加計疑惑で次から次へと証言、証拠がぞろぞろ出てきたにもかかわらず「(関与していたら)総理大臣を、国会議員を辞める!」と大見得切ったケジメは取らない。籠池の時は気に入らないからと証人喚問で晒し者にしておいたくせに証人喚問にも応じると言った前川氏は放ったらかし。それどころか、ゴミ売り使ってあったことをなかったことにできないと国家公務員としてのせめてもの矜持を示した前川氏に対してゴミ売り使ってネガキャン攻撃。

 印象操作してるのはテメエのほうじゃねーかwwwww

 そのみっともなさといったら同業他社からでさえも「やり口がセコい」「プライドないのか?」と呆れられる始末。文科省は財務省に比べたら二流、三流官庁扱い。経産省がボンクラに取り入って我が世の春状態。ただでさえ忸怩たるものがあるところに道理に合わないごり押し、黒を白と言い含めることに堪忍袋の緒が切れた。
 その文科省の再調査にしたってガースーが「怪文書なんだからする必要ない」と逃げ切るつもりが納得できないという世論に押されて首相が命じたって形でポーズだけなのは明々白々。萩生田は早速予防線張ってるし、ヤンキー義家はチクったらどうなるかわかってんだろうな?と露骨に脅す。

 読売新聞を読めばいいとほざいて国会答弁ガン無視したボンクラを誰が信用するっての?
 治安維持法は適法だったと言い放つ法務大臣、歴史修正主義を平気で言い放つ防衛大臣がいるんだぜ?

 ・・・と、ここまで書いて朝になったら強行採決に踏み切った。中間報告という「裏技」を使ったらしい。ゴミ売りによれば委員会を省略して採決する手段で、委員会で野党が優勢の時に用いるものだそう。だが、共謀罪の委員会は与党が優勢。つまり禁じ手なのだ。

参議院はもちろん、議会を殺した安倍内閣。
それが他にいないから仕方ないで済ませていいのか?いつまで日本は恥を晒し続けるんだ?