2005年11月07日

最後の日記。

41ab0ae0.JPGこのブログを始めたのは、去年の12月。
「29歳の過ごし方。」と題して、日々思った事・感じた事を書いてきた。
あっと言う間の1年だった気がするが、読み返してみるときちんと日々を生きていたんだな、と思う事が出来る。

昨日、久し振りに駅までの道のりを自転車で走った。
高校の3年間と大学最初の1年半、ほぼ毎日走った道。
片道20分足らずだが、坂が続くので結構キツイ。
冷たい空気を頬に受けながら、必死にペダルをこいだ。
変わり行く町並みを横目に見て、坂を登り切ると、夜空には赤く火星が輝いていて。

  続きを読む
Posted by junkawamoto1118 at 00:42Comments(14)TrackBack(0)日記

2005年11月05日

初めての。

26ef5238.JPG30歳の誕生日に、自分でダイヤのピアスを買った。
生まれて初めての「ダイヤモンド」。
ちょっと高かったけれど、もう本物を着けてもおかしくない年だろう、と思って買った。
それに、こんな日じゃないと買わないだろうとも思ったのだ。
それを友達に話したら「いいお金の使い方したね。」と、言ってくれた。
ちょっと嬉しかった。
いい加減な性格の私だけれど、きっと大切にするだろう。

  
Posted by junkawamoto1118 at 23:58Comments(2)TrackBack(0)日記

2005年11月03日

コメントを下さった皆様へ。

648b064c.JPG皆様、沢山の暖かい「おめでとう」コメント、ありがとうございます。
今日パソコン立ち上げてみて、驚きました。
こんなに沢山の方に「おめでとう」と言ってもらったのは、初めてかもしれません。
とてもとても、嬉しかったです。

後悔のない、いい一年にしたいと思います。
本当にありがとうございました!


  
Posted by junkawamoto1118 at 23:55Comments(4)TrackBack(0)日記

2005年11月01日

29歳、最後の一日。

eabdc79f.JPG日曜日、友達が自分の家族が経営しているレストランに連れて行ってくれた。
すると「お誕生日、おめでとう」と、手作りのケーキが出てきた。
とてもとても、嬉しかった。

日付が変わったから、今日が29歳最後の一日。
そして、20代最後の一日。

29歳の1年、大事に生きよう。と思い、日々を過ごしてきた。
あっと言う間の1年だった。
焦ってみたり、居直ってみたり。
貪欲になってみたり、無関心になってみたり。
泣いたり、笑ったり、怒ったり。
色々感じて、色々思った。

私の中の、何かが変わっただろうか。少しでも、変われたのだろうか。

今日の夜から、仕事で東京へ行く事になった。
慣れない大都会で迎える30歳の誕生日。

どうか、幸せな一日でありますように。  
Posted by junkawamoto1118 at 01:29Comments(15)TrackBack(0)日記

2005年10月29日

良い旦那と、悪い旦那。

e178773b.JPG結婚した友達2人が、旦那を種類分けして、更に順位をつけていた。

1、何も言わずに、何でもやってくれる人。
2、口を出すが、一応やってくれる人。
3、全く口を出さないが、何もやらない人。
4、口は出すのに、何もやらない人。

二人の間で、2と3のどちらが上位かと言うのを揉めていたが、どっちもどっちだという結果になった。
とりあえず、黙って何でもやってくれたら、それが一番いい。という事らしい。

そして最後に、「あんたは、そういう人を捕まえるのよ!」と言われた。
  
Posted by junkawamoto1118 at 22:59Comments(2)TrackBack(0)日記

2005年10月28日

夕焼け空。

0dabf989.JPGあまりに美しい夕暮れだったので、車を降りてみた。
少しずつ暗くなって行く様子を、ぼんやりと眺めていた。
赤でもなく、オレンジでもなく、ピンクでもなく。
青でもなく、藍でもなく、紫でもなく。

写真を撮ってみたけれど、全然違う。
もっともっともっと。
綺麗だったのに。  
Posted by junkawamoto1118 at 23:57Comments(0)TrackBack(0)日記

2005年10月27日

小さな私。

c3f3c4d2.JPGセイタカアワダチソウ。
小学生の頃、この花の花粉を吸うと喘息になるよ、と大人に言われた。
それを信じていた友達と私は、花が咲き誇る空き地の前を通る時、息を止めて走った。
ランドセルを背負って、いつも「せーの」で駆け抜けた。
私より少し背の高い友達の向こうに揺れてた、黄色い花達。
あの話が真実だったのか、デマだったのかは知らない。

でも、いまだにこの花を見ると思い出す。
今では車で走っているこの道を、小さな私が走っていた事を。  
Posted by junkawamoto1118 at 22:15Comments(2)TrackBack(0)日記

2005年10月26日

名前。

2094b14a.JPG最近子供に変わった名前をつける親が、増えたような気がする。
「子」がつく名前なんて、ほとんどないだろう。
蜜柑ちゃんだとか、まりんちゃんだとか、アートくんだとか…。
私の友人達も、こぞって今時な名前をつけている。
やたらに画数の多い名前をつけた子もいれば、当て字過ぎて全然読めない名前をつけた子もいる。

「私は普通の名前をつけようと思って…」と言っていた子から、ハガキが届いた。
驚くほど変わった名前だった。
ここで書く事が出来ないのが、非常に残念だ。

私に子供が産まれたら、男なら絶対「太郎」にしてやる!
絶対「え?何て読むんですか?」なんて、名前にはしないぞ!
と、いつの事になるか分からないのに、固く誓ってみた。  
Posted by junkawamoto1118 at 22:19Comments(0)TrackBack(0)日記

2005年10月25日

眠り病。

96f396fc.JPG春でもないのに、どうしてこうも眠いのか。

昨日の夕方、ソファにごろんと横になってテレビを見ていたら、あっと言う間に寝てしまっていた。
夜になっても、眠くて眠くて。
昼近くまで寝たって言うのに、どうしてなんだろう…と思いつつ、結局早めに就寝。
一体何時間寝たのか。

なのに、今日も仕事中、眠くて眠くて仕方なかった。
「よし!今日も早く寝るぞ!」と、いつもより早くお風呂に入って準備をした。
が、いざ夜になると、そう眠くもない。

明日も眠たかったらどうしようか。  
Posted by junkawamoto1118 at 01:02Comments(6)TrackBack(0)日記

2005年10月23日

誕生日会。

322d3a11.JPG10月生まれの子2人と、11月生まれの私の3人で、誕生日会をした。
「誕生日会」と言っても、美味しい物を食べてプレゼントを交換する…という簡単な物だが、ここ何年か恒例行事になっている。
プレゼントも毎年「何が欲しい?」と、お互い聞いてから買いに行く。
「ピアスが欲しい」から「編み物の本が欲しい」まで毎年様々。
今年は「三十路だから、センスに任せる」という難題。
私は無難にアクセサリーを選択。喜んでくれて、一安心。

「それにしても、30歳で全員独身だとはね…。」
「思いもよらなかったわ。」
と、話した。
最初に出会ったのは15歳の時。
もうすぐ、出会ってからの方が人生長くなる。

あと何年、こうやって誕生日会が開けるんだろう。  
Posted by junkawamoto1118 at 23:27Comments(2)TrackBack(0)日記