さてさて、とりあえずCore i7 620M-ES(だと推測される)CPUをぽちった訳ですが。
むやみに載っけてマザー壊すのも嫌なので、DELLからinspiron1564のBIOSを引っ張って来てCPUコードを抜いて調べてみました。
以下のアプリでCPUコードを調べられます。
http://www.geocities.jp/ct35z/intelmicrocodelist.html
ここでintelmicrocodelist_v04.zipをダウンロードして解凍し、実行するとDOS窓のようなウィンドウが出るので、DELLから落としてきたinspiron1564のBIOS(EXE形式)を突っ込むと、以下のCPU IDが吐き出されました。

・106E0
・106E1
・106F1
・106E3
・106E5→i7-920XM,720QM,820QM
・20650
・20651
・20652→i7 640LM,620LM,640UM,i5 520M,i5 540M
・20655→i3 330M,350M,370M,i7 620M,640M

調べてみると、μPGA988/989対応のCPUは殆ど載ることがわかりました。
驚いたことに、4コア版i7にもBIOS上は対応しているようです(但し、プログラム的には動いても、機械的・熱的に大丈夫かどうかは知らない。CPUにGPU機能がないので、ディスクリートグラフィックモデルなら搭載可能なのかも知れないけど・・・)
何故か機械的に載らないBGAのCPUまで対応しているのはご愛敬ですが。
オークションで落札したCPUは、Family=6 Ext.Model=25 Stepping=1となっているので、恐らくCPUIDは20651の物になるはずです。(Ext.Modelが25なので、Ext.Modelの十の位が頭にくるので、Ext.modelの10の位=2 Family=06 Ext.Modelの1の位=5 Stepping=1で、CPUIDが20651ということになります)
106E0〜106E3、106F1、20650は調べた限りではわからなかったものの、IDが少しだけ若いので各種ESのCPUIDの可能性が高そうです。

動きそうという調査結果が出たので、あとはCPUの到着を待って換装です。