DAISY
2006年/韓国

icon

icon◆監督:アンドリュー・ラウ「インファナル・アフェア」シリーズ
◆出演:チョン・ジヒョン/チョン・ウソン/イ・ソンジェ/チョン・ホジン

◆STORY◆ ヘヨンは幻に恋していた。どこかで自分を見守りながら、デイジーの花を贈り続けてくれる男性。名前も顔もわからないその人を、彼女は運命の恋の相手だと信じていた。そんなヘヨンの前に現れるひとりの男。シャイなまなざしで自分をみつめる彼を、ヘヨンは、運命の人だと確信する。しかし、彼女はまだ知らなかった。男の正体が、インターポールの刑事であることを。そして、彼の追う暗殺者こそが、本当の幻の恋人であったことを――

「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン」「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョン『エンジェル・スノー』のイ・ソンジェと私が好きな人ばっかりなんだよね〜
そして監督は「インファナル・アフェア」三部作でお馴染みのアンドリュー・ラウ、
脚本は「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨンとくればおもしろくないわけがない・・・っということで
本日やっとみてきたわ

内容は、オランダを舞台に、画家の卵役のチョン・ジヒョンが、インターポールの刑事イ・ソンジェと殺し屋のチョン・ウソンと三角関係を展開するラブストーリーです
彼女に無償の愛をそそぐウソンはやっぱりかっこいい
でもねえ、ジヒョンを陰から見守るウソンはかなりストーカーだよ
あれ確実にウソンじゃなかったら訴えられるよね〜こわいものがあるもん
デイジーの花のような可憐でいとおしいラブストーリだけで終わればいいんだけど、アンドリュー・ラウとクァク・ジェヨンだよね〜ただの恋愛映画で終わらないって感じだよね〜
ちゃんとアクションがあるんだよね〜
銃の撃ち合いのシーンなんて本当にかっこいいというか見せ方にもあ〜っておもったね

Nakajiはチョン・ジヒョンの泣きの演技が結構すきなのです。
なきのシーンがすきっておかしんだけどさあ、Nakaji大好きのイルマーレをみててもこのこの他の映画をみてておもうんだけど、ちょっと勝気なってとこより、なきのシーンが本当にいいと思う。
あとはイ・ソンジェのさらーっとした大人の男っていう雰囲気も結構すきなだよね〜

まあでも内容は期待しすぎた分もうひとつほしいかな〜って感じかな
なんかさあ、突っ込みたくなるようなシーンはたくさんあったしね〜
そのなかでも音楽と映像がかなりよかったね〜あとあの絵がかなりほしい
とくに、お礼のデイジーの絵がかなりいい
あとはあのヨーロッパの風景はなんともいえない情緒があるね〜

デイジー デイジー
チョン・ジヒョン アンドリュー・ラウ チョン・ウソン

アミューズソフトエンタテインメント 2006-10-27
売り上げランキング : 775
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
デイジー アナザーバージョン
デイジー アナザーバージョン チョン・ウソン アンドリュー・ラウ チョン・ジヒョン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools