奇跡のシンフォニー
’07:米

◆原題:AUGUST RUSH
◆監督: カーステン・シェリダン「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」(共同脚本)
◆出演:  フレディ・ハイモア、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ケリー・ラッセル、テレンス・ハワード、ロビン・ウィリアムズ

◆STORY◆両親が必ず迎えに来ると信じながら養護施設で暮らしていた、孤児のエヴァン。鋭い音感を持つ彼は、ある日、不思議な音に導かれるようにNYのマンハッタンへと向かう。そこで“ウィザード”と名乗る男にギターを習い、ストリートミュージシャンとして音楽の才能を開花させていく。一方結ばれぬまま別離したエヴァンの母ライラと父ルイスも、それぞれの想いを胸にマンハッタンを目指し……

たしかに・・・一瞬で譜面がよめるようになったのは。。。奇跡だね〜

自分と両親は音楽でつながってると信じて疑わないのは、この子の本能なんだろうね〜
その少年エヴァンが、音楽的才能を開花させながら、
大都会ニューヨークで両親探しを繰り広げるお話です。

ストーリーは、それだけではなく、11年前の両親のロマンス・・・
そして施設にあずける理由などがあきらかになっていくんだけどさあ・・・
Nakajiにとっては、んーーーー感じだったね〜
クラシック専門の母親と、ロック専門の父親。って設定から、神童が産まれる・・・って
設定はおもしろいんだけどさあ・・・・
あとねえ、クラッシックの楽器をチェロにもってきたのも面白いな〜って思ったんだけど。。。
でもねえ・・・なんだかな〜って感じの、時間のたちかただったわ
あとねえ、なんか重みがないんだよね〜
ケリー・ラッセルとジョナサン・リース=マイヤーズが若すぎるんかな
ジョナサン・リース=マイヤーズとフレディ・ハイモアが並んでギターを奏でていても、
なんだか・・・自分の子供との対面にみえないんだよね〜
めっちゃ感動するシーンなんだけどさあ・・・

この映画さあ、とにかく音楽はバツグンにいいわ〜
クラッシックありーの、ロックありーの現代音楽ありーので聴いててもたのしい
教会でのゴスペルのシーンや、パイプオルガンのシーンなんてぞくぞくってくるわ〜

そして、フレディ・ハイモア君だよね〜困った顔がまた似合うよね〜
なんかさあ、純真無垢な少年を困らせるな〜いじめるな〜って思っちゃうもん

この映画みて思ったんだけどさあ、やっぱり才能ってさあ、
努力も必要だけど、天性だよね〜ってつくづく思ってしまいましたわ〜

奇跡のシンフォニー [DVD]
奇跡のシンフォニー [DVD]フレディ・ハイモア, ジョナサン・リース=マイヤーズ, ケリー・ラッセル, ロビン・ウィリアムズ, カーステン・シェリダン

おすすめ平均
stars映画館で見たかったんだけど・・・
stars神様はいますか?
starsタイトル通りとはいえ
stars目をつむっていても感動できる。しかしストーリーの語り方が…
stars子供の頃

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「奇跡のシンフォニー」オリジナル・サウンドトラック「奇跡のシンフォニー」オリジナル・サウンドトラック
サントラ

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2008-06-04
売り上げランキング : 61
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
August Rush
August RushOriginal Soundtrack

おすすめ平均
stars感動の音楽

Amazonで詳しく見る
by G-Tools