クライマーズ・ハイ
’08:日本

クライマーズ・ハイ オリジナル・サウンドトラック


◆監督: 原田眞人「魍魎の匣」「伝染歌」
◆出演: 堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、田口トモロヲ、堀部圭亮、マギー、滝藤賢一、でんでん、小澤征悦、西田尚美


◆STORY◆1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が幕を開けた。さっそく悠木は県警キャップの佐山らを事故現場へ向かわせる。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く…

あの暑い夏がまたやってくる。。。。

まず、この事故をみんなは覚えているだろうか・・・
Nakajiはまだおさなかったんだけどさあ・・・
あの生存者がヘリで運ばれる姿に、テレビにくぎずけになったのを覚えているわ〜
そしてめっちゃ暑い夏だったことも。。。
あれから23年もたったのか。。。。

さて、この映画は、横山秀夫の同名ベストセラーです
520人の命が奪われた日航機墜落事故を、
新聞記者の目線からみた、臨場感溢れるドラマになっていたね〜
クライマーズ・ハイってさあ、登山時に興奮状態が、極限まで達し、
恐怖感が麻痺してしまう状態のことを言うんだって。

この映画は、特ダネをめぐり極限状態に達する報道の現場だよね
その極限の状態で、そこにいる記者たちのプライドと意地のぶつかりあいが、
描かれているんだけど、めっちゃスクリーンに引き込まれていくよね〜
お互いの立場での対立や上司との確執やスクープを狙う人たちとかさあ、
この新聞社が戦場になっているんだよ〜
こんだけの状態になる職場ってさあ・・・
まあ、歴史的にみても、大事故に挑んでいるんだよね。
だって世界最大の犠牲者を出した事故だもんね〜
普段なにげにみている新聞の裏には、こんな世界があったのかと思ったね〜

本当にこの映画引き込まれるよ〜
この新聞社の大変さを一緒に体験しているみたいにならない
その中にもクスって笑う部分もあったりさあ。。。
この新聞社の社員になった気分だったわ〜

とにかく。。。みんなを引っ張っていく堤さんの演技にほれたわ〜
そして静ってイメージがあった、境雅人さんの極限の動のイメージもよかったわ〜
Nakajiは田口トモノヲさんがよかったです。
ちゃんと無鉄砲な悠木を何かとフォローしている姿がすきだったな〜

でもねえ、この映画も長いんだけど、もっと原作を描ききれていないところも、
あるんじゃないかと思ってしまう。
原作をちゃんと読んでみようっと思ったわ

そしてまた8月12日がやってきますね。ご冥福をお祈りいたします。

クライマーズ・ハイ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]
クライマーズ・ハイ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD] 堤真一, 堺雅人, 遠藤憲一, 堀部圭亮, 原田眞人

おすすめ平均
stars期待したけど
starsその場に居合わせたような臨場感と緊迫感
stars岸田森の再来です!
stars映画的面白さ
stars『仁義なき戦い 北関東新聞社編』

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
クライマーズ・ハイ オリジナル・サウンドトラック クライマーズ・ハイ オリジナル・サウンドトラック
サントラ

コロムビアミュージックエンタテインメント 2008-07-02
売り上げランキング : 41906
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
クライマーズ・ハイ (文春文庫) クライマーズ・ハイ (文春文庫)
横山 秀夫

文藝春秋 2006-06
売り上げランキング : 4518
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools