ブログネタ
新・映画鑑賞日記 に参加中!

チェンジリング
’08:米

◆原題:Changeling
◆監督・製作: クリント・イーストウッド「硫黄島からの手紙」「ミリオンダラー・ベイビー」
◆出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー

◆STORY◆1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報せを聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た見知らぬ少年だった。。。

これって実話なんだ〜・・・

1928年に米・ロサンゼルスで実際に起きた有名な事件を、
クリント・イーストウッド監督が映画化した感動作です

この映画は、こんなことが本当にあったの〜
こんな信じられないような世界が現実におこっていることが怖い
だって、警察がつれてきた偽の息子を受け入れない母親を精神病院へ収監してしまう。
一般の市民にこんなことをしているこの人たちを許していいのか
そんな世の中にイライラしてくる
こんな心身ズダズダの悪夢の中で、ひたすら息子の無事をいのり、
そして様々な圧力と闘う母親の姿は、本気で感動するよね

でもさあ、困難に立ち向かって、悪の警察や犯人を捕まえたりとしていく姿は、
爽快なんだけど、子供が見つからないってところにかな
どこか晴れ晴れしないやりきれない気持ちになってしまうんだよね。。。
でも、そんな彼女に希望の光がみえたとき、なんだかちょっとほっとした。
これで彼女もいきていけるって思ってしまいましたわ

アンジーはやっぱり主演女優賞部門にノミネートされただけあるわ〜
りんとして強く、そして母性愛にあふれている母親の姿を演じきっているよね
Nakajiは、なにげにジョン・マルコヴィッチがでている作品って結構すきなんだよね。
彼もなんの役でもこなすよね〜こんな悪役顔なのに牧師なんだよね。。。

いやーーーーやっぱりNakajiは、イーストウッドの作品がすきだわ〜
色彩といい、時代設定といい、音楽といい、サスペンスタッチでつくっていく作品に、
じわじわ引き込まれていきそして最後には希望がわいてくるこの感じが好きです

オリジナル・サウンドトラック Changeling
オリジナル・サウンドトラック Changeling サントラ

おすすめ平均
stars取り合えず、まずは劇場に急げ!
stars静かな旋律

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
チェンジリング (アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 出演) [DVD]
チェンジリング (アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 出演) [DVD]
おすすめ平均
stars事実は小説より奇なり、です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
取り替え子(チェンジリング) (講談社文庫)
取り替え子(チェンジリング) (講談社文庫) 大江 健三郎

おすすめ平均
stars新しい文体
stars衰えを感じさせない力作
stars読みやすくなった大江文学
stars大江健三郎作品で一つを選ぶとしたらこれです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools