ブログネタ
映画鑑賞日記2 に参加中!

パリ20区、僕たちのクラス
’08:フランス

◆原題:ENTRE LES MURS/THE CLASS
◆監督:ローラン・カンテ
◆出演:フランソワ・ベゴドー、ナシム・アムラブ、ローラ・バケラー、シェリフ・ブナイジャ・ラシャディ、ジュリエット・デマーヌ


◆STORY◆移民が多く暮らすパリ20区の公立中学校。正しい国語を身につけさせることこそ生徒たちの将来の幸福につながると信念を持つフランス語教師のフランソワだったが、様々な出身国を持つ24人の生徒たちが混じり合う新学期の教室で、思いがけない反発や質問に翻弄されてしまう。去年は素直だったクンバは反抗的な態度で教科書の朗読さえ拒否する始末だ。また、自己紹介文を書かせる課題が大きな波紋を巻き起す。

第61回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールに輝いた、
パリ20区にある中学のクラスの1年を追ったドキュメンタリー風人間ドラマです。

移民の子弟が多数を占める教室を舞台に、出身国も生い立ちも
さまざまな子どもたちのありのままの日常をきっちりと描写しています。
これは感想がむずかしい映画だ。。。

これってドキュメントなのかと思ってた!!
これって彼と24人の演技経験のない子どもたちによる迫真の演技って
書いてあって本当にびっくりしました。
いやーーーリアルだったわ〜!!
学校をテーマにしているわりには、スーパー先生が現れたり、
ヒロインやヒーロがいたりするわけではなく、
ただのパリ20区にある中学校の話しなんだよね。
毎日の生活の中で起こる問題に大人や子供が本気になってぶつかっていくんだよね。
さまざまな人種がたくさんいる中学校にはいろんな問題がある。
思春期にはありがちの不安定な精神状態からの間違いを犯したり、
中学校をやめさせられると国に強制送還されたりと。。。
自分にはどうしようもできないこともある。
この映画みてるとさあ、フランス人っていうかさあ、フ
ランスで生きていくって大変って言うか、
日本人特有の何もしゃべらないじゃあここでは生きていけないとも思ったね。
とにかく誰とでも論議をする頭と口がないといきていけないんだな〜
って改めて思ってしまいました。

この映画ってさあ、教育に対しても何が正か何が悪いかなんて説いてないんじゃないかな?
教師も生徒もただそこに生きているってことなんだろうね。

Nakaji的満足度 ★★★(3.0)

パリ20区、僕たちのクラス [DVD]
パリ20区、僕たちのクラス [DVD]ローラン・カンテ

紀伊國屋書店 2011-04-28
売り上げランキング : 6961


Amazonで詳しく見る
by G-Tools