ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!

SOMEWHERE
'10:米

◆原題:SOMEWHERE
◆監督:ソフィア・コッポラ「マリー・アントワネット」「ロスト・イン・トランスレーション」
◆出演:スティーブン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス、ベニチオ・デル・トロ、ミシェル・モナハン

◆STORY◆ハリウッドの人気俳優、ジョニー・マルコは、かつて伝説のスターたちも暮らしていたホテル“シャトー・マーモント”で暮らしている。享楽的で華やかだが、空虚な日々だ。腕を骨折し、ギプスを余儀なくされたジョニーのところに、11歳の娘・クレオがやって来た。前妻・レイラが「しばらく家を空ける」と出て行ったため、彼女を預かる事になったのだ。ジョニーとクレオはシャトー・マーモントで穏やかな親子らしい日々を過ごす…

第67回ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞受賞

『ロスト・イン・トランスレーション』『マリー・アントワネット』のソフィア・コッポラが、映画スターの家族のきずなや孤独をセンチメンタルに描いた人間ドラマです。

ハリウッド伝説のホテル、シャトー・マーモントが舞台です。
フェラーリを乗りまわし、退廃的なライフスタイル送る映画スターが感じている、孤独で空虚。。。世間ではとっても、華やかな生活にみえるんだけどね〜。。。
その彼のもとに前妻と同居する11歳の娘クレオがやってくるんだよね〜
孤独で空虚の彼がすごす子どもとのひと時は、生活している!生きてるって感じするだろうな〜って思いました。
彼は、娘とすごす時間に癒され、この生活から新しい道へと歩みだしていくんだけど、
この二人って設定は違うけど、コッポラ監督の親子関係を描いているのかしらって思ってしまいました。

とにかく何かあるわけではなく、ただ時間がすぎていくんだよね〜
だから映画とともに時間がゆったりと過ぎていき、またまどろみの光のような映像をみてると、幻想的な世界をみてる気分になり、一瞬記憶がなくなってしまいました(笑)

娘役のエル・ファニングちゃんはうまかったね〜

Nakajiの満足度 ★★★(3.0)

somewhere <初回限定仕様> [DVD]somewhere <初回限定仕様> [DVD]

TCエンタテインメント 2011-10-05
売り上げランキング : 1249

Amazonで詳しく見る
by G-Tools