ブログネタ
日本映画3 に参加中!

大鹿村騒動記
'11:日本

◆監督:阪本順治「座頭市 THE LAST」
◆出演:原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子

◆STORY◆長野県下伊那郡大鹿村―四方を山に囲まれたこの村では、300年以上にわたって村歌舞伎の伝統が守られている。シカ料理店の主人、風祭善は長年主役を張ってきた。しかし、私生活では女房に逃げられ、ひとり暮らしをしている。公演を5日後に控えたある日、駆け落ちした妻・貴子と幼なじみの治が、ひょっこり村に帰って来た。貴子は認知症を患っているらしく、善の顔を忘れてしまっていた。その夜、成り行きで善は二人を泊めるが…。

長野県の山村に300年以上も伝わる「大鹿歌舞伎」をモチーフに、『亡国のイージス』『顔』の阪本順治監督と原田芳雄がタッグを組んだ群像喜劇です。

「原田芳雄」という役者を見たいと思いいってきました。

映画は、伝統の村歌舞伎が受け継がれてきた山村で食堂を営む男のもとに、
18年前に駆け落ちした妻と友人が現れたことから始まる騒動が描かれています。
とにかく、原田芳雄と大楠道代と岸部一徳の3人のドタバタが面白い。
なんか、子どもかって突っ込みたくなるような掛け合いが本当に面白かった。
そして演じている役者がとっても楽しそうに演じているようにもみえ、
見ているだけでとても楽しかったです。
そしてなんでかしらないけど、みんなポジティブなんですよね〜
それがまたよかったな〜
ラストの歌舞伎なんて本当にすごかった。なんか感動してしまいました。
よーーー○○屋〜って声が飛ぶんじゃないかって感じの舞台でしたね。

この大鹿歌舞伎ってすごいですね。
だって、大鹿村で今も実際に継承されている伝統なんでしょ〜
素人俳優さんが歌舞伎って演じれるんだって思ってしまいましたが、
それよりも、この歌舞伎が、300年も続いているってとこが、
またすごいな〜ってあらためて思いました。

そして、特に本作が遺作となってしまった原田芳雄さんの存在感がものすごい。
間違いなく彼の映画って感じでしたね。

Nakajiの満足度 ★★★★(4.0)

大鹿村騒動記【DVD】大鹿村騒動記【DVD】

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2012-01-21
売り上げランキング : 1644

Amazonで詳しく見る
by G-Tools