Junko's Blog

四十にして惑ひはじめた

歓送迎会

今日は、歓送迎会でした。
準備してくれたみんな、ありがとう。私も、最近の定番・豚キムチだけ作ったよ。

IMG_1956 IMG_1955

これまでとこれからについて、思う。みんな、頑張っていこう。乾杯の時に言った、これは、本心。
そして、私は負けない。決して。

その会の前に、ちょうど蓮行とこれからのことを話したりもしていたので、余計に思う。

色々溜まってる仕事が消化し切れないことと、帰国後の疲れから体力が回復してないことが、今の懸念だけど、まあやっていきます。

実際、まだ、全然負けてる気がしないからなあ。
私は、まだまだ頑張れると思います。


帰国しました

1IMG_1882ソウル最終日の昨日は、座組みのみんなは観光に出かけたので、私はちょっと仕事をして、ソウル市内でゆっくり過ごした。
もうあんまり観光に行きたいという気持ちにならないけど、以前行って良かったお店とかにもう一度行ったり、この街を少しずつ自分のものにしていくことへの欲求はある。それが比較的できたのが、今回の旅の満足なところでした。
ソウルは、私の好きな街の一つになってきた。また、来ます。


1IMG_19271IMG_1929そうして、本日、帰国しました。
とりあえず、みんな、無事です。

そのまま、夜は稽古場へ。京都に帰ってきて、「お帰り〜」と迎えてくれる人たちがいる幸せ。長らく留守にしてごめんなさい。みんなに、情を贈ります。

今日からはまた、『あゆみ』『TATAMI』に向けて、頑張っていく。


ソウル公演終わりました

公演終わりました。慣れないことも多く、疲れましたが、来て良かった。機会をくれたべってぃーには、ありがとうと思うよ今は。

IMG_1901私にとって初めての海外公演だったし、笑の内閣としっかり仕事することも初めてだし、ツアー制作だけ担当するのも初めてであった。そもそも、劇団衛星メンバー以外と一緒にツアーするのも初めてだったかな。
実際来てみて、もっとこうしたらよかったな・・と感じた部分はいっぱいあった。

仕込みが終わって、役者の稽古が始まって、楽屋でその声を聞いた時、ストーリーもコンセプトも全部わかってるのだけど、これらの台詞を韓国で聞くとドキドキした。ヒリヒリする。 私は、すごい現場にいるのやなぁって改めて思った。

高間くんは、ネトウヨのような人は日本の中で一部であって、多くの日本人はそれをおかしいと思っている、そのことをわかってほしくて来た、というようなことを言っていた。実際、韓国のお客さんにも思った以上に笑ってもらえて、本当によかったな、と思う。
同時に、私たちの側は、韓国のことをどれくらいわかろうとしているのだろうか・・ということも思った。そして、もっと伝えたいとも感じた。そのために工夫できる余地はまだまだあったと思う。
その部分を、今回、私は請け負っていなかったし、でももっとやらせてもらったらよかったかなっていうのは、こちらに来てみて思った。そう思わせてもらえたことは、ありがたく思います。

「次は純子さんの劇団の公演も観たい」と、こちらの友達が言ってくれた。劇団衛星の公演を韓国でやりたいと改めて思うし、劇団しようよの座組みを連れてこの町を歩きたいとすごく感じている。

私にとっても、未来に繋がる旅になったな・・と思いつつ。家に帰るまでがツアー。気をつけて帰ります。明日帰国します。


ソウルにいます。

とりあえず、無事です。

笑の内閣『남친별전ーツレがウヨになりまして』ソウル公演、お陰様で無事初日の幕が開きました。

IMG_1703 IMG_1856
何か色々、初体験なことが多くて(多分それは海外なせいだけでなく)、申し訳ないようなしゃーないような・・。
色々反省もしてるし思うところもあるけど、それを感じるくらいには、私は本気になれて来たし、いい公演になっているのだと思う。明日の2ステージも、頑張ります。
まずは、しっかり務めを果たして帰りたいと思っています。


旅の準備

先日、劇団しようよの稽古を観ていたら、急激に緊張してきた。
まもなく出発の日を迎える旅のことと、残して行くみんなのことと、それまでに整えておかないといけないあれこれのことと、両劇団以外の業務のことと。あーってなる。踏ん張れ、私・・。

笑の内閣のソウル公演。よりによって何でこんなタイミングなのかなー・・てなニュースも見聞きするから、不安がないといえば嘘になるけど。

公演を応援してくださる方がある。クラウドファンディングの結果もそうだけど、初めての海外公演を応援しようとしてくださる方、あの作品をソウルで上演することを応援してくださる方、そのお気持ちには応えないといけないなあって思う。

今日は夜は、劇団しようよの稽古場へ行って、『TATAMI』の通し稽古を観て、そのあとテクニカルスタッフさんとの打ち合わせをした。こういう時間はわくわくするしドキドキする。 みんなが頑張ってる。それは本気で感じるから。私も本気になるのです。いやあ、がんばろ・・! あれもこれも、手は抜けない。


Book
Menu
Comment
Archives
  • ライブドアブログ