Junko's Blog

四十にして惑ひはじめた

未来の話を

最近何だかずっと、緊張している。気合が入ってるってことで、悪くはないとも思うのやけど。
毎日楽しく生きたいね。

今日も盛りだくさんだった。相変わらず未来の話をいっぱいして過ごしている。

チーズ夜はワインを飲みに、いつものお店に行こうとしたら、貸切で入れず、別のお店を新規開拓。最終的にチーズが美味しかったから良かった。
KAIKA周辺は火曜定休のお店が多いことを学んだ(笑)。覚えておこ・・。まあ、いつものお店に入れてたらそれで問題ないわけなのだけどね。

ようやく私も、少し落ち着いて考えたり話したりできるようになってきたみたい。お陰様でいい時間を過ごせました、ありがとう。

ほんま頑張りたい・・て改めて思う。頑張れる気がするしなぁ。

次期に向けて

ふと気づいたら、衛星歴21年がもうすぐ終わる。21年の干支は、バナナでした。バナナ年もあと10日。しっかり年を納めようと思います。

このところ、やるべきことも多過ぎるのだが、喋りたい欲がさらに多過ぎて、気づけば時間が経ってしまう。いろいろな人とこれからの話をしている。この傾向はもう少し続くかしら・・。
しっかりやっていこう。地に足つけて。

今日は、仕事と勉強とをして、悪い芝居『春よ行くな。』を観に京都芸術センターへ行って、夜は、ソノノチの打入りへ。

KAIKAアソシエイトカンパニーの活動を、どのように手を携えていけるか。ソノノチとしようよと、そして勿論劇団衛星と、彼らにとっての「創る場」として、KAIKAが有効に機能すればいいなあ・・と改めて、これからのことを考える。しっかりやっていきたいなぁ・・て思います。


ソノノチ のコピーソノノチ2016『絵本から演劇をつくる』プロジェクト
2人の「つながせのひび」
日程:12月14日(水)〜25日(日)
会場:つくるビルgallery make
http://sononochi.com


明日は悪い芝居を観に行く

このところは、自分の公演が忙しかったり、心の余裕がなかったりで、あまりほかの公演を観に行くことができていない。けど明日は、悪い芝居を観に行こうと思っている。たまたまご案内いただいたこととかもあるけど、何と言っても、奥田ワレタが出てるから。

奥田さんは、私が、劇団衛星を辞めることをある意味悔しいと感じたメンバーの一人であった(同時にどうしても一緒にやっていけない相手でもあったのだけど当時)。
私はしつこい人間なので、劇団衛星や我々のチームに、一定期間所属した仲間のことは、ずっと覚えてるし気にかけてるし、ずっと愛したり恨んだりしている。当人たちにとっては大きなお世話やろうけど、忘れてやらない。
奥田さんには、あの頃、「30歳越えるまで演劇を続けろ」と私は言った。(実際には、「30過ぎた後のワレタが観たい」と言った。)30越えて少しして、会った時、「私ももう33ですよー」みたいなことを、彼女は言ってた。(厳密にいくつだったかは覚えてない。あれは何の時だったかしら・・。)
そして、今、アラフォーになったワレタと出会う。ええ顔しててほしいな・・て、それだけを思う。

こんな感慨を、観る前に書くのもどうかと思うけど。明日は久しぶりに彼女を観るから、とても楽しみにしてるし、とても緊張もするのですよ。


奥田ワレタに、劇団20周年記念インタビューした時の記事が、こちら。
http://www.eisei.info/20th/interview/interview13.html

今回の公演情報。
http://waruishibai.jp/864197re/



守るべきもの。一緒に挑戦していける人。

朝から大雨。それにしても、この3週間の公演期間、ぎりぎり天候に守られたようなのは、ありがたいことだな・・と改めて思う。

昨日は、アトリエ劇研で岩渕貞太くんの公演『missing link』を観る。 こんな心身のコンディションで劇場とか行って大丈夫かしら・・と思いながらだったのだけど、行ってよかった。 中盤の歌で泣いてしまって、特に後半引き込まれてた。力もらった。
"そんな時代もあったねと いつか話せる日がくるわ・・"
作品と、終演後の彼の笑顔で、背中押してもらった気がします。 わたし、まだまだ頑張らないといけないなぁ・・。

昨晩夢に、かおりさんとこうじくんが出てきた。劇団しようよが(大原くんというアーティスト個人だけでなく)私の中で確固たる存在になってきていることを実感する。
年々、守るべきものが増えていくなぁ・・。それはとても、 幸せなことだと感じるよ。しんどいことやけどね。

一緒に挑戦していける人を募集したい気持ちです。
こちらは、劇団しようよの・・だけど。>>http://www.gkd-444.com/recruit/
しようよ以外を含めても。私自身は。


終わりました

公演終わりました。・・終わったんかな。始まったんかな。

この週末は、ずっと緊張していた。普通は公演が始まったら平気になるのだけど、千秋楽までずっと緊張していて、いつもと違う緊張感だったなあ・・。悪い意味ではないと思うのだけど。

大入悔しかったり色々思ったりして、反省もいっぱいなのだけど、最終的に、今回の夏合宿公演は、負けなかった公演になったんじゃないか・・て気が今はしている。そういう風に思えるとは思ってなかった。みんなに感謝します。

次は勝ちたい。そのために、焦ってはいけないってことはわかってるのです。

3週間連続、この一連の仕事をやっていて、これからの私の方針に少し変化の決心ができてきた。
演劇生活20年を経て、これは本当に、節目なんだろうな・・。

さすがに随分と疲れた。体も心も。一応、人前では泣かないで終えられたけど。
今は心がほうけて、日常への戻り方がわからない・・。怒濤の日々の反動でおそらくしばらく沈むだろうけど、時間薬で復活するので大丈夫です。少しだけ待ってください。coming soon..!


Book
Menu
Comment
Archives
  • ライブドアブログ