精進、精進旧日記

March 28, 2007

チャンスを逃さないように

夕方より大阪へ向かう。大阪市立大学大学院のシンポジウム「指定管理者制度とNPO」を聞きに。内容もさることながら、FPAPの高崎さんがせっかく関西に来てくれてるのに、会わない目はないでしょう・・って感じで。
私自身はどこぞの指定管理者を狙ったりする気は持ってないんだけど、そういやNPOのメンバーだったわ・・とは思う。受付での記名で、とりあえず所属団体名を、劇団ではなくNPOの方にしておいてみた。
芸術的なシンポジウムではなく、完全な「指定管理者制度について」で、それを狙うNPOが勉強する場であったとはいえ・・もうちょっと知った顔があってもいいのになあ。こういう場へ来るたびに思うけど。関西ではもっとこの問題は、重要な問題であったはずじゃないかい? 半分以上予想の範囲内であったとはいえ、残念だ。
他人事ではなくて、悪口でもなくて、そう思うなら私自身が知り合いに声をかけるべきだったのかも・・とも思うけど。せめてある一人くらいには言えばよかったな・・。

終わった後、JRの終電ぎりぎりまで飲む。何だか楽しくて、まだ話し足りない気分を残しつつ帰宅。
「前に会った時と印象が違う」というようなことを言われた。あら、そうですか? あまり自覚はないんだけど。でも久しぶりにはしゃいだ感じで楽しみました。公演が終わったばかりの開放感のせいだろうか。
具体的な今後の仕事の話なんかはあまりせず・・無責任な盛り上がりだったなあ。だから楽しいのかもしれないけど。重要な情報把握もあったのだけど。そして、今日の中で今後へのネタも確かに仕入れた。その辺については、またメールします〜♪


最近得ている色々な場面からの情報は、楽しい話だったり、悔しい話だったり、いろいろだけど、いずれにせよ、今は前向きな気分になれる。ふふ・・これから、これからです。

junkosans30 at 02:17│Comments(0)TrackBack(1)日記 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. セミナーのススメ  [ fringe blog ]   March 28, 2007 22:05
以前から感じていたことですが、演劇関係者のアーツマネジメント系セミナーへの参加率は、他ジャンルに比べて低くないでしょうか。 関西で端的な例が続いたので挙げますが、京都芸術センター「京都ダンスプロダクション」制作セミナーを受講したAflo13の斎藤努氏は、「関西の...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
精進、精進旧日記