May 12, 2017

今日からはこの公演の真髄

今日は、『TATAMI』初日です。
昨日、ゲネプロを終えて。最初の頃の稽古で、帰り道に大原くんに「TATAMI面白いね」と話した、あの時の気持ちを久々に感じた時間でした。いやぁ、やれるよ。手ごたえ持てた。

いよいよ今日からは2作品上演。この公演の真髄が始まる。
『あゆみ』観てからの『TATAMI』は、これまた勝手にリンクして感じる部分がある。私がこれらの作品に何を感じてるかは、喋りたいけど、だいぶ個人的なことやしなぁ・・。

そして今日は、作者の柴幸男氏がトークに来てくれる。それが何だかとても楽しみ。 柴くんに、作品を観てもらえるのが楽しみだし、むっちゃドキドキするけど。

ままごとの宮永くんがTwitterに書いているのを見て、アゴラ劇場で『あゆみ』が上演されるのが9年ぶりと知る。そっか・・、と思う。
当たり前だけど、作品にも歴史がある。9年か・・。 今、この作品を観ると、正直私自身も、ままごとの『あゆみ』を観た時と、全然感じ方が違う。劇団しようよ版だから、という違い、だけでないと思う。
アゴラで観たら、この作品も印象が変わるんだろうな。アトリエ劇研で観たから劇研のための作品だって感じたけど。 劇研で、あごうくんと一緒にこの上演をやる。アゴラ劇場で、柴くんと一緒にやる。改めて思うと、何て贅沢なことなんだろう・・。

このありがたさを思って、まずは、今日からしっかり頑張ろうと思います。

IMG_2210写真は、「ワッキー大集合」。
左から、北九州のワッキー、京都のワッキー、かどワッキー。みんな、ありがとうお疲れ様。
(京都のワッキーは、写真撮りに来てくれたの。)





junkosans30 at 07:32│Comments(0)TrackBack(0)2017劇団しようよ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字