September 06, 2017

場所があること

ヨーロッパ企画の皆さんが人間座で稽古してる様子を、Twitterで見かけた。稽古できる場所って大事だよなあ・・と改めて思った。

先日、京都芸術センターへ行ったら、制作室のいくつかが美術展示の会場になっていた。東アジア文化都市の関連で使用される部屋がある、と聞いてたはいたけど、海外のアーティストなどの稽古場として使われると思ったら、そう来たか・・!という驚きな気持ちでした(ネガティブな意味ではありません)。

そんな影響もあってか、最近、KAIKAを稽古場として使いたいという問い合わせが、普段と違う皆さんからもいただく。色々な人に活用していただけることは、何か、嬉しい。

私は、私にできること/私にしかできないことできちんと貢献できればって、常々、特に最近、思っているけど。 KAIKAがあることも、私にできる貴重なことだったな・・と改めて気づいた。稽古などの場を提供・手配する、それくらいの小さくて大きな貢献はさせてもらえる。ありがたいことです。

劇団衛星やアソシエイトカンパニーは、日々、その恩恵を存分に受けているわけですが。
私は、よりよい作品の創作と、それを創る人たちの継続的な活動に、貢献したいなぁって、思います。




junkosans30 at 17:07│Comments(0)2017KAIKA 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字