October 05, 2017

劇団衛星の極秘会議

今日は、昼間は、劇団衛星の極秘会議をした。
劇団衛星で、新しい公演を立ち上げようとしている作業が、新鮮に感じる。

この1〜2年、劇団しようよの公演や作品、劇団運営について、大原くんやその他劇団員とたくさん話したり考えたりしてきた。おそらく、こういう感じで「話す」ことは、劇団衛星ではしてこなかったし、それは、大原くんとは、お互いに持っている暗黙的な情報が足りない分を一気に埋めようとしたから、必然的に生じた作業だったと思う。

翻って、劇団衛星では、歳月をかけることで、何となくできてきてしまったことがあったな、と、違うやり方を覚えた故に感じることができた。
今、改めて、何故この作品を上演するのか、この公演で何をしたいのか、などを言葉にしようとする行為が、なかなかに意義深く、そしてしんどい。まあ、何をしたいかって言えば、私たちがおもしろいと思う作品を創って発表したい、てことだと思うけど。

多分、蓮行や劇団員たちには、私が何をしたがっているのか、はっきりとはわからないだろうな。アウトプットとしては、助成金の申請書を書くためだったり、広報するためだったり、ではあるけど、今、私が求めてるのは、もう少し、本質的な足固めです。

20年以上活動してきた劇団が、この先も続けていくってことが何なのか。言語化できない確信はあるのだけど、もう少し私の中でも明瞭にしたいと思う。
衛星Web-2

junkosans30 at 21:29│Comments(0)2017劇団衛星 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字