October 11, 2017

横浜観劇day(1)

今日は、横浜へ。東京デスロック公演を観にやって来た。
劇場に着いてすぐ、その公演関係者ではなく、お客さんとして観に来た人の中に、知り合いに出会えた。なんて世界は狭いし、私には近い。嬉しいな・・って、しょっぱなから思った。

東京デスロック「Are You Happy?〜幸せを占う3本立て〜」の1本目。まずは新作『ハッピーな日々』から観た。
役者さんすげえなってことはもちろん、こういう形で、観客に「参加」「体感」させる方法があるのか・・!という部分に、痺れた。

というのも、私は、観劇は「参加」するものだと思っていて、そういう能動的に観させられるものが個人的には好きです。それは、本当はどんな観劇でもそういうものだと思っているけど(観客側の自覚・無自覚に問わず、時間・場所を共有している以上、受動的に観てるだけだってことはありえない)。でも「参加型〜」みたいに言われるやつは、ハードルが高い(人もいる)こともわかってはいる。
なので、ストレスの少ない「参加」ってなんだろうな、というのを、最近考えていたからです。


夜は2本目、『再生』を堪能した。
これは、東京デスロックの中でも、私にとって、大変思い入れの深い作品。

2011年に、KAIKAで『再/生』をやることが決まってて、その前に・・と初めてデスロックを観たのが、ここ、STスポットでした。
『再/生』と出会ってなければ、今の私の在り方はなかったかもしれない。この作品だけではないのだけど(東京デスロックだけでもないのだけど)、あの頃から、私は、作品の観方が変わったんだなぁ・・ということも、今日改めて思った。

こことKAIKAで、『再生』の現地版(中フラver.、会華*開可ver.)も観た。 だから今日、客席に入って、美術を見ただけで震えた。うわー、『再生』や・・!て当たり前なのだけど。

作品を観ながら、2011年からのことを、色々と思い出した。
あの頃は、一つの転機だったんだと思う。KAIKAができて、こう言っちゃなんだがやっぱり、震災があって、劇団衛星のツアーもあって・・。
そして今は、さらにもう一つ次のフェーズに、私もいる。

3本立ての中でも、『再生』だけは、冷静に感想を語ることができないですけど(ごめんなさい)、いま、これをこの形で観れたことがとてもよかった、と思っています。(明日以降、もうちょっと落ち着いて受け止める・・。)

色々繋がってたりそうでもなかったりしてるし、それら全てが、ご縁やなあって思う。
私は、負けない。

junkosans30 at 23:42│Comments(0)2017観た | 2017KAIKA

コメントする

名前
URL
 
  絵文字