December 03, 2017

「ネットワーク」と繋ぐこと

「全国小劇場ネットワーク会議」の2日間が終わった。今日は、ON-PAMの委員会。

今回集まった人たちとの繋がりが、今後どのように展開するかはもちろんまだわからないけど。私は基本的に「ネットワーク」の価値を信じているなぁと思う(その効果を活用する自信とやる気はある)。
ただ一つ言えるのは、できればこれからは、誰か後輩や部下を一緒に連れてきたい、という思いを強くした。そうでないと「ネットワーク」に先はないんだろうし、私たち個々の活動にも展開がないのだろうな。「人ではなく場所に基づくネットワーク」はそういうことかもしれない。(一緒に来たいって、誰か思ってくれるかしら・・。)

昨日のシンポジウムは、熱い思いになれた。沖縄で公演やる時に考えたいことのヒントをたくさんもらった。
IMG_3843また、おとといと昨日と、2つの作品も観た。

劇団O.Z.E『日付変更線』@わが街の小劇場
おきなわ芸術文化の箱『九人の迷える沖縄人』@アトリエ銘苅ベース

実際にこちらの劇場で作品が観れたことはこの土地を理解するのに役立ったし、例えば沖縄へ公演に来るということを考えた時に、その客席に誰の顔を想定するか・・をふつふつと考えている。

APPに参加した4年間があって、そして今、沖縄にいるのは、直感ではあったけど、来るべくして来てる気がする。
この先のご縁に想像を膨らませる。その中に、劇団衛星も劇団しようよもKAIKAも、私の活動の全ての要素と繋げて考えられるのは楽しい。
せっかく今回、沖縄に来れたこの時間を大切にしたい。

※写真は、沖縄に新しくできた劇場「アトリエ銘苅ベース」。イメージしてた以上に、しっかりした「劇場」でした。

junkosans30 at 09:11│Comments(0)2017ON-PAM&APP | 2017観た

コメントする

名前
URL
 
  絵文字