劇団衛星、らしさ。新劇場の報告会へ

April 12, 2018

劇団衛星の通し稽古をした

今日は劇団衛星の稽古場にスタッフさん達も来て、できている部分までの通し稽古もした。ここ数日、打ち合わせやら何やらもたくさんして、本番の様子がどんどんと決まっていっている。そのせいかわからないけど、今日はすっかりテンションが上がってる。

課題もいっぱい見えて、まだまだこれからやけど。一ヶ月前のこの時期に、こういう創作ができてるのは、なかなかですね。これも、KAIKAがあるお陰。ここで創ってる作品だ・・て改めて感じた。

創作も企画としても、今週から改めて本格スタートを切ったような感覚。ここから、ほぼ一ヶ月の短期決戦です。このスピード感は、KAIKAで創ってるからこそ、なものかもしれないし、これが欲しいから、KAIKAを持ったのかもしれないなぁ、とふと思う。・・そんなの全部、後付けやけど。

しかしまあ、まだあと一ヶ月もあるのに、既に本番モードになってしまう、この環境は、何だ・・⁉︎ (心境も、物理的時間も。) あかんね、保たへんね。もう少し落ち着いていく。


続々とチケットのお申し込みもいただいていて、嬉しい限り。

今回の公演は、デイブレイクフレーバーさんという、実際に学会運営のシステムとかを手がけられてる会社さんに共催していただいてまして。参加申し込みの専用フォームを用意してもらった。「学会」申し込みを模していて、クレジットカードでのお支払いもできる。それを利用いただけてることにもワクワクしてます。

※5月13日(日)14:00のステージは大口の申し込みをいただきまして、申し訳ありませんが、受付終了となりました。その他のステージも、ご希望の回はお早めにお申し込みいただけますと幸いです。

みなさま、引き続きよろしくお願いします。

junkosans30 at 23:46│Comments(0) 2018劇団衛星 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
劇団衛星、らしさ。新劇場の報告会へ