『劇団しようよのスーホの白い馬』@吹田未来に向けて

August 07, 2019

現状認識の次へ

ON-PAM会員提案企画『あいちトリエンナーレ「表現の不自由展、その後」をめぐって』に参加した。

この件に関しては、このところ忙しかったせいもあって、情報をきちんと把握することができていない。なので、意見交換の会に行っても、私には交換する「意見」など持ててないからなぁ・・とは思ったのだけど、だからこそ、様子だけでも覗きたいなと。

思った以上に盛況な会になっていて、京都会場だけで30〜40人。東京会場に15人くらいいて、オンライン参加した人が25人くらいいたらしい。

京都会場で、一緒のグループで話した人のことしか詳しくはわからないけど、普段は私は、舞台芸術の仲間と中心に接しているけど、今日集まってたのは、美術系の人が多かった印象。
持ってる情報や感じ方には、それぞれ差はありつつも、一番共通して抱いてたのは、「危機感」だった。

変な意味で、極端なことが生まれるのは嫌だな(その意見が私の考えに近しいものであっても)・・と思ってるし、現状認識の次に行かないといけないな・・と今改めて感じている。

世の中は、私なんかの予想を超えたスピードで動いている。
私はそれについていけてない。

現状を自分の正義に照らし合わせ、どう認識するかを、主張することでは、きっと解決しない。

アーティストは、そして企画者は、どうしていくか。問われているのは、そういうことか。

私にとってのON-PAMに参加してる意義は、こういう時間を持たせてもらえることだな・・と思う。
相変わらず整理はつかないけど、急遽、いろいろ予定を変更して行ったかいはあった。


junkosans30 at 23:15│Comments(0) 2019その他の日記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『劇団しようよのスーホの白い馬』@吹田未来に向けて