群馬県伊勢崎市議会議員伊藤純子

「伊勢崎のジャンヌダルク」 伊藤純子の活動報告

【シリーズ都議選! 曄ー民、17年ぶり分裂

 自民東京都議連の文書

 伊藤純子です。先の参議院議員選挙におきまして、群馬選挙区で中曽根弘文氏が高得票で当選を果たすことができましたこと、県民のみなさまの良識に心から感謝と敬意を表したいと思います。

 さて、長雨降りやまぬ今日このごろ、東京都ではいよいよ知事選の告示を迎えました。私個人、群馬県在住の自民党員ではありますが、私が都民だとすれば、小池百合子氏を支援するだろう、そう考えています。そんななか、東京都知事選をめぐり、自民党東京都連は「都知事選挙における党紀の保持について」と題した文書を11日付で、所属国会議員や都議らに配ったもよう。都連が推薦を決めた増田寛也元総務相以外の候補を応援した場合、な、なんと「処分対象」になるのだとか。これは明らかに小池百合子氏を応援しないよう、都の党員に引き締めを図ったもの、と考えられます。

 都連会長の石原伸晃って、そういう人だったのね。もともと好きじゃなかったけれど、ここまでクズだとは思っていませんでした。「挙党一致で勝利を目指して奮闘しなければならない」とか、「党員は、党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならない」「非推薦の候補を応援した場合は、除名等の処分の対象となる」などと、鼻息を荒くしていますが、ならばお尋ねしたい。先の都知事選で立候補した細川護熙氏を支援した小泉純一郎氏の次男、小泉進次郎氏は、なにゆえ除名等の処分にはならないのかしら??

 マスコミは「自民、17年ぶりに分裂」などと、自民擁立候補の共倒れに躍起になっています。しばらくは、都議選の行方が気になります。そこで、【シリーズ都議選!】と題して、拙ブログで特集を組みたいと思います。もちろん、あの鳥越についても言及します。

 遠隔地ではありますが、小池百合子氏のご奮闘を祈っています。 

【子宮頸がんワクチン】治療患者に独自助成!県内初!

 
 DSC_1321  伊藤純子です。暦は7月に変わりました。Facebookのトピックと重複しますが、当ブログをご覧のみなさまに「報告」があります。公明党や、一部の医療関係者たちが推奨している子宮頸がんワクチンを接種後、全身の痛みやしびれなどの副作用を疑う事件が相次いで報告された問題で、伊勢崎市は本年7月から、治療中の患者に最長1年間、医療費の事故負担などを支給する独自の救済制度を始めることを明らかにしました(写真=6月30日付の上毛新聞より)。救済業務を担う医薬品医療機器総合機構(PMDA)の制度は、申請から認定までに最短でも一年弱かかることから、その間の治療費や通院にかかる交通費など、患者の負担を軽減することが狙い。患者に対して、自治体が経済的支援を実施するのは県内初めてのこと。県内はおろか、国内でも、経済的支援を行う自治体は少数なだけに、伊勢崎市が独自で踏み切った被害者救済制度は、国の判断を待たずして、あくまで市行政府として、五十嵐清隆市長の「英断」によって、行われるものであります。この問題に取り組んできた私にとって、忘れられない一日となりました。ここに謹んで、伊勢崎市担当部局の職員各位、そして五十嵐市長に、厚く感謝と御礼を申し上げます。

 当初、「子宮頸がん予防ワクチン」と呼ばれていたこのワクチンに、私が最初に疑いの目を傾けたのは、月刊「WiLL」(ワック株式会社発行 2013年8月号)に掲載された『総力特集 子宮頸がんワクチン 厚労省の拙速行政』と題した木村盛世氏の執筆を読んでから。以前、滞在していたオーストラリアでも、接種した女子が重篤症状を起こすといった、副作用被害の実態が話題になっていた経緯もあり、木村氏の執筆に触れ、戦慄が走りました。木村氏の主張は、,海離錺チンの導入が非常に不自然な形で行われたこと、➁このワクチンがもたらす重篤な有害事象があるにも係わらず、何の論議がされないまま、国はワクチン導入を足早に進めたこと、製薬会社の介入や疑惑についても言及。さらには、て本人のワクチンに対する考え方が「予防」ではなく、「特効薬」と捉えている国民が多く、ワクチンに重篤な後遺症を残すリスクについて、あまり深く考えない、公衆衛生に対する概念が希薄な民族であること、などを理由に、このワクチン導入について、かなり批判的な立場を貫いていたのでした。正論を述べたまでの木村氏でしたが、悔しいことに、この執筆が掲載されたあと、厚生労働省をクビにされてしまったのであります。

 このワクチン導入の背景には、このワクチン導入の急先鋒だった元宝塚ジェンヌ・松あきら元参議院議員(公明党)と、松氏の夫がワクチン製造元の顧問弁護士だったことから、「製薬会社の介入」が囁かれていました。実際に、公明党本部に質問を投げかけたりするなどして、追及も試みましたが、公明党本部はこれを頑なに拒否。この出来事が私を「アンチ公明」に一転させました。

 議会活動として、このワクチンを含む3種のワクチン(肺炎球菌、ヒブ)導入を諮る議案に対する質疑を第一声に、その後は「一般質問」において、このワクチンの危険性、不必要性を訴え続けましたが、「国が勧めるワクチンを反対する意味が分からない」など、嘲笑され続けていました。

 ワクチン接種を阻止することができなかったのは残念の極み。ワクチンによって日本女子が重篤な副作用を引き起こしたことで、ようやく国は「接種奨励」を取り下げましたが、接種希望者には、高額な接種費用を国が全額負担するという、内々に接種を奨励しているという、極めて不可解な状態が今もなお続いています。今回の市の英断を契機に、利益誘導が持ち込まれないよう、国が国民に対して、責任あるワクチン政策を進めるよう働きかけたい−新たな目標を定めたところであります。


 このワクチンによる副作用被害者は、重篤患者から軽度の患者を含めるとかなりの数になります。副作用患者に対する治療法は未だ確立されておらず、何としても医療関係者の方々は医療支援でご尽力いただきたく思います。

 今日の日を迎えるにあたり、五十嵐市長をはじめとする伊勢崎市健康づくり課、健康増進部の職員各位、そして、群馬県議会全会一致で国に対し、意見書の取りまとめにご尽力いただいた原和隆県議と井田泉県議、その知恵を授けてくださった自民党群馬県連事務局の下田彰一氏、「このワクチンはおかしい」と異論を唱えて、県都前橋に働きかけてくれた笹川博義衆議院議員、私の知人で前橋市議会で奮闘してくださった小曽根英明前橋市議、ワクチンの危険性を訴えるためpower point の作成に力を貸してくれた太田市の長濱浩明氏、被害者家族を支援し続けている被害者連絡会事務局・池田利恵日野市議会議員、何かと逆風の強かった伊勢崎市議会のなかで、私の意見に唯一賛同してくれた堀地和子議員と、治療費助成を要望した市内在住の被害者家族の手紙を五十嵐市長に届けてくださった鈴木良尚議員、私を支えてくれた友人、blog、Facebook仲間、そして何よりも、私を訪ねて来てくれた被害者家族の勇気ある行動に、心から感謝の気持ちと御礼を申し上げたいと存じます。ありがとうございました。

「台湾フェアin 群馬」開催!

 20160614235510 伊藤純子です。日照不足が続いた4月から、雨不足の5月を経て、ようやく雨が降り始めるも6月半ばを迎えました。当ブログをご覧のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 新聞によると、雨不足で野菜の高値が続いているもよう。東京・大田市場では千葉産キャベツの卸値が10キロ1500円前後と前年同時期に比べ8割高!茨城産ハクサイも15キロ2400円前後と3倍以上の価格になっているのだとか。雨乞いしましょう。

 さて、表題のとおり、7月8日金曜日から10日日曜日の三日間、群馬県庁1階 県民ホールにおいて「台湾フェアin 群馬」が開催されますので、ご案内いたします。

 グルメはもちろん、群馬にいながらにして台湾を思い存分満喫できるスペシャル企画!この機会にぜひ、台湾フェアにお出掛けください。私も9日は終日、お手伝いに徹します。


 「台湾往復航空チケット」が当たるかも!皆様のご来場、首を長〜くしてお待ちしております。

「出張!なんでも鑑定団 in 伊勢崎」が開催されます!

 なんでも鑑定団 伊藤純子です。北海道七飯町の山中で、5月28日から行方不明になっていた北海道北斗市の小学2年の男児が無事、保護されました。「行き過ぎたしつけではないか?」はたまた「虐待か?」など、さまざまな意見が溢れていますが、このニュースを受けて、雄大なミシシッピーの自然を舞台に、愉快な冒険を繰り広げる『トム・ソーヤーの冒険』を思い出したのは、決して私だけではないのではないか、そう思っています。

 さて、表題のとおり、伊勢崎市文化会館会館35周年記念事業として、テレビ東京系列の人気番組『開運!なんでも鑑定団』の名物企画『出張!なんでも鑑定団 in 伊勢崎』が開催されますので、ご案内申し上げます。この機会に、ご家庭で眠っているお宝を鑑定していただきましょう!美術品にとどまらず、お菓子のおまけや玩具まで、何でも受け付けるとのことであります。募集期間は6月16日㈭から7月29日㈮まで(必着)。「お宝」にまつわるエピソードを添えて応募してください。希望者の中から選考され、番組出場者が決定します。

 「お宝」出品応募者はもちろん、公開収録の観覧希望者も募集します。募集期間は6月16日㈭から8月22日㈪まで(必着)。なお、お宝の募集と公開収録の観覧募集についての詳細は、「広報いせさき」6月16日号と一緒に配布されるチラシをご覧ください。

 

 

 

【訃報】喜多八師匠、逝く

喜多八師匠 寄席のあとの懇親会

 伊藤純子です。ニヒルな風貌、渋みのある声で、古典から滑稽噺までと幅広いネタを持つことで知られる落語家の柳家喜多八(やなぎや・きたはち、本名:林寛史=はやし・ひろふみ)師匠が17日、がんのため、東京都内の病院で亡くなりました。享年66歳。

 
 まだ若い20代後半の、会社勤めをしていた頃のこと。落研出身の上司に誘われ、断るに断りきれなくて、寄席に重い足を運んだことがありました。それまで落語になんて、全く興味を示さなかったのですが、その話芸に引き込まれ、結果的には寄席の世話人を務めるまでに発展。私を落語の世界へと導いてくれたのは、落研出身の上司と、他ならぬ喜多八師匠でありました。

 銜えタバコがお似合いの、なんとも毛深い噺家さんでありました。高座では「虚弱体質ですから…」が口癖で、溜息・嘆き調の、漫談ぽい小話から始まり、いつのまにかメリハリのある噺へと展開するという見事な話芸に「完落ち」。すっかり心を奪われてしまいました。

 訃報を受けて一週間が経過しましたが、未だ喜多八師匠の死を受け入れることができないでいます。全身の機能が停止してしまったかのような虚無感から、抜けられないでいます。

 もし仮に、人が何度も転生し、動物なども含めた生類に生まれ変われるのだとしたら、もう一度、喜多八師匠に会わせてほしい− そう願うばかりであります。

 
 【画像】 在りし日の喜多八師匠 

 

 

 

【情報】廃タイヤ、消火器等の有料回収のお知らせ

 伊藤純子です。月日の経過ははやいもので、5月も半ばを過ぎました。当ブログをご覧のみなさま、お元気にお過ごしでしょうか?
 
 表題のとおり、不法投棄の防止や地域の環境美化のため、家庭で不用となった廃タイヤやバッテリー、消火器やブロックなど、ごみステーションや資源回収場所に出せない物を有料で回収します。期日、会場については下記のとおりです。

 ・ 回収期日&会場

 〇6月5日㈰  清掃リサイクルセンター21
 〇6月12日㈰ あずまストックヤード(旧あずまダストセンター)

 ・ 時間 
 
 午前9時から正午まで

 ・ 持ち込むときの注意点

 〇 汚れはよく落としてください
 〇 漬物石のビニールは剥がしてください
 〇 古い消火器は持ち運びに注意してください
 〇 事業所のごみは回収しません
 〇 プロパンガスボンベも回収しません

 料金については、「広報いせさき」5月16日号に掲載されていますので、ご確認ください。
ご家庭で、処分に困っている物はありませんか?この機会に処分してしまうことをお勧めします。
 
 お問い合わせは
 伊勢崎市役所環境政策課 27-2732 へ

【熊本地震】災害義援金の受付について

 熊本県熊本地方を震源とする地震への対応について、ご案内いたします

 4月14日、熊本県熊本地方で発生した地震の被災地を支援するため、伊勢崎市は「義援金の受付」を開始いたします。詳細は、下記のとおりです。

 受付期間
 平成28年4月15日㈮ 〜 同年6月30日㈭ まで

 受付場所
 市役所本館1階受付 平日 午前8時30分〜午後5時15分(平日時間外、休日は当直が対応)
 東館2階社会福祉課 平日 午前8時30分〜午後5時15分(平日時間外、休日は当直が対応)
 各支所住民福祉課  平日 午前8時30分〜午後5時15分(休日は土曜窓口および日直が対応)

 問い合わせは 伊勢崎市社会福祉課 0270-27-2748 へ。


 伊勢崎市議会は、去る15日、「議員親交会」から20万円を寄付いたしました。

 この度の熊本地震で、被災された方々にお見舞いを申し上げますととともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 

献血活動にご協力ください!

 伊藤純子です。今日は「啓蟄」。いよいよ春到来です。当ブログをご覧のみなさま、お変わりありませんか?
 
 早速ですが、「献血」のお知らせです。来たる3月12日(土)、日本赤十字社と私が所属する伊勢崎佐波ライオンズクラブ共催の献血活動をスマーク伊勢崎にて開催いたします。

 今回は400ml献血のみの受付になります。なお、海外から帰国後、4週間以内の方や、血液検査目的の献血はできませんので、ご承知のほどお願いいたします。

よくある問い合せのなかに、献血の年齢制限を尋ねられる方が多いように思われます。全血の場合、男性17〜69歳、女性18〜69歳、ともに体重50坩幣紊侶鮃な方に限ります。

 群馬県では毎日300人分の血液が必要とされています。ここに伏して、みなさまのご協力をお願いいたします。

【速報】平成27年国勢調査における伊勢崎市の人口

 伊藤純子です。本日3日雛祭り、当ブログをご覧のみなさまにおかれましてはお元気のことと拝察いたします。

 早速ですが、表題のとおり、去る10月1日を実施日とした平成27年国勢調査の人口速報集計が、2月26日に総務省より公表され、伊勢崎市の人口208,838人(0.8%増)、世帯数は79,852世帯(4.3%増)でしたので、お知らせいたします。

 なお、男女・年齢別の人口、一人世帯、子供のいる世帯数などの詳しい内容は6月の抽出速報集計にて公表予定とのことです。

 ちなみに、22年国勢調査に人口・世帯は 
 人口 207,221人  世帯数 76,527世帯  です。

平成28年第1回伊勢崎市議会定例会のお知らせ

 伊藤純子です。余寒厳しき折、当ブログをご覧のみなさまにおかれましては、お元気でお過ごしのことと拝察いたします。早速ですが表題のとおり、「平成28年第1回伊勢崎市議会定例会のご案内を申し上げます。今議会は予算委員会があり、会期は26日。日程は下記のとおりです。

 ◇第1回伊勢崎市議会定例会日程◇

 2月22日㈪  本会議 〇27年度関係議案 〇28年度関係議案・各会計予算理由説明聴取
 2月25日㈭  本会議 〇28年度一般会計予算、質疑、予算特別委員会設置、委員選任
                〇28年度特別会計予算・条例案等 質疑、所管常任委員会付託
                〇請願 所管常任委員会付託
 2月26日㈮  本会議 〇一般質問
 2月29日㈪  本会議 〇一般質問(2日目)
 3月 2日㈬  委員会 〇予算特別委員会
 3月 3日㈭  委員会 〇予算特別委員会
 3月 7日㈪  委員会 〇総務委員会 所管事務調査
 3月 8日㈫  委員会 〇文教福祉委員会 所管事務調査
 3月 9日㈬  委員会 〇経済市民委員会 所管事務調査
 3月10日㈭  委員会 〇建設水道委員会 所管事務調査
 3月15日㈫  委員会 〇議会運営委員会
 3月18日㈮  本会議 〇28年度関係議案 委員長報告〜議決
                〇追加議案あれば 議題〜議決
                〇議員提出議案あれば 議題〜議決
                〇採択請願あれば 委員長報告〜議決

 以上です。なお、会議の開始時刻は午前10時。本会議同様、委員会も傍聴可能です。
 また、2月29日㈪の「一般質問」に、伊藤純子が登壇いたします。登壇時刻はおおむね午後2時ごろの予定ですが、多少、時間が前後する場合があります。午後1時30分ごろに入室していただければ、と思います。

 伊藤純子の「一般質問」の内容はコチラ↓

 一般質問(2月29日㈪ 本会議場)

 1 空き家対策について

(1) 現状
(2)空き家および特定空き家の件数
(3)固定資産税軽減措置の見直し
(4)国土交通省の公営住宅に準ずる住宅としての活用に対する考え
(5)空き家の撤去に伴う支援の考え

 2 3世代同居、近居、および専業主婦に対する支援について

(1)現状
(2)3世代同居に対する考え
(3)祖父母による未就学児の育児支援
 ア 個人住民税
 イ 固定資産税
(4)子育て専従者に対する給付金支給の考え

 以上です。

 議会の開会はいよいよ明日です。慎重審議に臨みます。お時間の許す方は、この機会にぜひ、市議会の傍聴にお出かけください。

謹賀新年

c22bbcce.jpg



 謹賀新年

 謹んで新春のお慶びを申し上げます。
 当ブログをご覧のみなさまにおかれましては
 寒気厳しき折、つつがなくお過ごしのことと存じます。

 当ブログに対する格別なご愛顧、ご厚情を賜り、
 この場をお借りして、衷心より感謝と御礼申し上げます。

 近年はどこにいても、気軽に更新できてしまう
 Facebook に心が傾きがちではありますが、
 本年は新たなカテゴリーに「御朱印」を追加。
 時事ネタだけではなく、なるべく多くのジャンル更新に
 努めてまいりたい、と考えております。

 結びに、新しい年が素晴らしい一年になりますよう
 皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 本年もよろしくお願いいたします。
 
 

  平成28年  元旦
       
            伊勢崎市議会議員   伊藤純子

 
 

今年もやります!10大ニュース!!

 伊藤純子です。いよいよ大晦日。今年一年を顧みるころとなりました。当ブログをご覧のみなさまにおかれましては、お忙しくお過ごしのことと拝察いたします。年越しの準備はお済でしょうか?夕方、時間が空いたので、上野国十二社九の宮・倭文(しどり)神社を参拝しました。幼いころ、三つ年上の兄と一緒に足を運んだ思い出の場所。念願だった御朱印をいただくこともできました。

 この一年、当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございました。来年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、ここに謹んでお願い申し上げます。それでは暦が変わらないうちに「今年の10大ニュース」をお届けいたしましょう。それでは早速、第10位から!


 【10位】 スカッシュ、再始!
 1月、ほんの出来心からスカッシュを始めました。スカッシュとは、四方を壁に囲まれたコートの中で、小さいゴムの球を打ち合う屋内球技。前回プレイしたのは、豪州滞在時の25年前に遡ります。久しぶりのスカッシュに意気高揚しましたが、実際にプレイでできたのは1カ月に3、4回ほど。来年こそは回数を増やし、上手くなって、試合に出場してみたいと考えています。そこで突然ですが、私の相手をしてくれるパートナーを募集します。性別年齢不問。やる気のある人を歓迎します。

 【9位】 不意の病にダウン!
 6月議会開会中の出来事。就寝中、突然、右脇腹に激痛が走り、夜間外来で診療を受ける失態をさらしました。これまで感じたことのない激痛であったため、よからぬ気配を感じておりましたが、検査の結果、CRPの値が上昇していたことから、泌尿器科の再診を受けることに。尿路感染症、腎盂炎などが疑われ、抗生物質を服用。同時に水分をしっかり摂取することに努め、8月中旬までには完治しました。発症の原因は、日中、トイレに行くことをなるべく避けていたために、水分を取ることを怠っていたこと。以降、水分を意識して取るようになったことは、もはや言うまでもありません。

 【8位】 サクセス、4期目を迎える
 自身が相談役を務める厨房委託業務を主とした株式会社 サクセス(町田賢舟代表取締役)が11月、4回目の決算期を迎えました。社屋の新築計画も順調で、来年1月中旬、竣工式を予定しています。事業も拡大し、創業当初から比較すると、従業員数も増え、年商も伸び、順風満帆。されど現状に満足することなく、これまでどおり社長をしっかり支え、社員とその家族が露頭に迷うことがないよう、微力ではありますが会社経営に尽力したいと思います。

 【7位】 装具、完全にはずれる=歯科矯正=
 2011年9月から治療を始めた歯科矯正、本年10月には上の歯の装具が、11月には下の歯の装具がはずれ、ついに見事な歯並びを得ることができました。一時、「八重歯女性」が注目を浴びて、歯科矯正の意志が薄まったり、装具に負荷がついて痛みを覚えたりと、幾度となく挫折を味わいましたが、装具の完全撤去が実現しました。今後は、親不知の抜歯や、歯茎の治療に専念する予定です。「究極の笑顔」獲得まで、もうしばらくの辛抱です。

 【6位】 ルーマニアから女子高生が来群!
 7月11日〜22日まで、ルーマニアからの来日生・アデリナ・二コラさんのホストを引き受けました。ライオンズクラブ国際協会が主催する「留学プログラム」で来日したアデリナさんは、「外交官」を目指す高校4年生。わずか17歳ですが、すでに隣接する国々への渡航経験があり、母国語のルーマニア語のほか、英、仏語が堪能な「バイリンガール」。現在は学校生活の傍らレオクラブに所属、総勢50人のクラブ会計を務めています。高崎だるまの絵付け体験から始まり、片品の吹割の滝、草津白根、草津温泉などの観光スポットを満喫。東京駅周辺のオフィス街や高層ビルが立ち並ぶ新宿にも出向き、若者のまち・原宿や渋谷ではティーンの素顔をのぞかせ、大衆的な娯楽街・浅草を散策した際は下町情緒を堪能。常にカメラのシャッターを押し続けていたのが印象的でした。

 【5位】 白猫オッディ、伊藤家に仲間入り
 5月の夕暮れ時、夕食の準備をしていたら、微かに猫のかすれ声が聞こえました。もしやと思い、庭に出てみると案の定、幼い白猫が、先住猫たちに付き添われてこちらへ歩いて来るではないですか!発見当初は、生後、数週間は経過していたものと思われ、性別はメス。なんと、右目がオレンジ色で、左が青色といった左右虹彩異色の「オッドアイ」! 拙宅にはすでに8匹の猫が寄宿していたため、飼育の判断に悩みましたが、印象的なオッドアイであることと、極めて愛嬌のある顔立ちに根負けしてしまいました。以来、私に恩を感じているのか、絶対服従で、風呂を強いられても文句ひとつ言いません。「小雪」と命名しましたが、オッドアイが「オッディ」となり、通称名「オデ」に決定。12月上旬には無事、避妊手術を済ませました。

 【4位】 念願の「防衛省ツアー」を挙行!
 10月、後援会恒例行事「研修ツアー」を実施しました。今回は「国防の砦・防衛省見学ツアー」で、募集定数45名を大幅に上回る参加希望者を獲得。急きょ定数枠を増やし、改めて参加者の関心度合いの高さを感じました。それもそのはず、今夏、安保関連法案制定の是非をめぐり、国民的論議にまで発展しました。護憲派が「戦争法案」だの、「集団的自衛権で平和ではなくなる」だの、さらには「徴兵制になる」などのデマを流していましたが、我が国の平和と独立を守る自衛隊員の姿を目の当たりにしたツアー参加者から発せられた言葉は、「実行部隊としての自衛隊をきちんと憲法のなかに位置付ける必要がある」や、「集団的自衛権に関する解釈やこれまでの制度慣行を見直す必要がある」など。これに対し、対案も出せない護憲派は一体、どうやって平和維持に務めると言うのでしょうか?護憲派の危険を煽る言動をよそに、黙々と任務に励む自衛官の姿に共感を覚えました。

 【3位】 ラブパワーたっぷり!? 出雲大社へ
 1月、出張で出雲市を訪問。せっかく訪問するのなら、ということで、日本一大きな注連縄で知られる神々の聖地・出雲大社を参拝しました。お約束の御朱印をいただいたあと、オオクニヌシの祖神・スサノオを祀るお社「素鵞社」(そがのやしろ)や、10月の‘神在月’にすべての縁を結ぶ会議のため、全国から集結する神様たちの‘お宿’「十九社」を拝賀。日本の名松100選に選ばれた「松の参道」は境内へと続く松並木で、歩いているとその空気たるやなんとも清々しい!

 【2位】 日常とかけ離れた貴重な体験、滝修行
 10月、知人の誘いを受け、松井田町の仙ヶ滝へ。そこはなんと、滝修行場でありました。滝行とは、滝に打たれ、無我の中で自分自身を見つめる修行のこと。不動明王の社前で滝行の安全を祈願したあと、一人ずつ滝つぼに入り、「六根清浄」を唱えながら、約15メートルの高さから流れ落ちる水に身をあてると、冷たさと滝の衝撃で不覚にも身を震わせてしまいました。滝行には危険が伴うため、長年修行を積んだ滝導師の立ち合いのもと行われます。「一瞬にして精神統一できることが滝行の魅力。滝の苦しみを思えば、抱えている悩みがどんなに小さなものだったかを気づかせてくれます」と、ストレス社会を生きる現代人に滝行を勧めていました。

 【1位】 安保関連法、ついに制定へ!
 「戦争法案」「徴兵制になる」などと、事実無根の報道や主張を繰り広げたマスコミや知識人の奮闘努力の甲斐もなく、日本の積極的平和主義に不可欠な法律「安全保障関連法」が可決されました。日本の護憲派の人たちに聞いてみたいのは、国内でさんざん「戦争反対!」などとデモで奇声をあげておきながら、中・韓国や北朝鮮が軍事力を内外にアピールする軍事パレードについて一言も声をあげない、そのことに触れないのはなぜなのでしょう?「話せばわかる」と言うのなら、あのデモの時の気勢で、中・韓国、それから北朝鮮に語りかけてみてくださいな。「I am not ABE」と掲げて、平和を勝ち取れるとでも、本気で思っているのかしら?護憲派の主張は極めて薄っぺらいなと、改めて感じさせられた出来事でした。

 
 あと数時間で2015年が暮れていきます。みなさまにとって来年も良い年でありますよう祈念いたしますとともに、これからも伊藤純子の政治、議会活動に対するご理解、ご支援のほどお願い申し上げます。良い年をお迎えください。



犬猫譲渡会の開催について

 伊藤純子です。‘花金’の本日4日、当ブログをご覧のみなさま、お変わりありませんか?
 
 早速ですが表題のとおり、市環境保全課から「犬猫譲渡会」の開催について情報提供がありましたので、ご案内いたします。

 望まれない繁殖により生まれ、最終的には殺処分されてしまう犬や猫を少しでも減少させよう、また、動物の適正飼育への意識や動物愛護精神の向上をはかることを目的に、伊勢崎市は「犬・猫の譲渡会」を開催いたします。日程は下記のとおりです。


 ☆ 犬・猫譲渡会 ☆

日時: 平成28年1月24日(日) 午後1時〜3時
場所: 伊勢崎市民体育館(堤西町93)ピロティ

 譲渡対象は、生後二ヵ月以上、おおむね五ヵ月以下で離乳が済んでいる健康面で問題のない犬と猫。引き取り条件として、引き取った犬や猫を適正に飼育ができる人、また引き取りについて、同居の家族の同意を得ていること、です。

 また、当日には、公益社団法人群馬県獣医師会伊勢崎地区支部の獣医師、および犬の訓練士による「動物の健康相談」や、犬のしつけ方質問等のコーナーが設置されます。

 なお、この譲渡会は事前申し込みが必要です。平成28年1月15日(金)までに環境保全課にご連絡ください。

 
 〖お問い合わせ〗 伊勢崎市役所環境部環境保全課 27-2733(直通) へ。

 


祝・第50回記念 落楽寄席のご案内

 伊藤純子です。長らくのご無音、恐縮です。早速ですが表題のとおり、明日11月28日、「第50回 落楽寄席」が開催されます。おかげさまで、落楽会の寄席も今回で50回目を数えます。これも偏に、落楽寄席のご来場くださる皆々様のご愛顧によるものと、世話人のひとりとして、心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

 お席も若干の余裕がございます。週末のご予定がまだ未定の方は、この際、どっぷり落語に浸ってみてはいかがでしょうか?寄席の詳細は下記のとおりです。


 ☆ 落楽寄席 第50回記念 ☆

日時:平成27年11月28日(土) 
開場:午後6時〜 開演:午後6時10分〜
会場:伊勢崎市境総合文化センター 伊勢崎市境木島818 
演者:柳家権太楼(やなぎや・ごんたろう) 柳家燕弥(やなぎや・えんや) 柳家さん光(やなぎや・さんこう)

 柳家権太楼師匠の高座はさることながら、権太楼師匠のお弟子さんでもある柳家燕弥(右太郎から改名)さんの「真打披露」が行われます。真打昇進のお披露目はあまり見る機会がありませんので、いまからとても楽しみです。

 今回は第50回目にふさわしい寄席になるもの、と確信いたしております。 ぜひ、お出かけください。

マイナンバー通知カードが届きます!

 伊藤純子です。長かった9月議会も終わり、いよいよ秋の行楽シーズン到来です。早速ですが、表題のとおり、社会保障税番号制度である「マイナンバー(個人番号)の通知カード」がみなさまのお手元に届きます。政府広報では10月5日より発送されるとされていますが、伊勢崎市の各世帯には11月より順次発送されますので、しばらく時間がかかります。

 通知カードは、地方公共団体情報システム機構から転送不要の簡易書留で届きます。配達時にご不在の場合、ポストに不在票が入いります。その時は、郵便局にお問い合わせのうえ、必ず受け取って下さい。

 通知カードはマイナンバーをお知らせするためのカード。マイナンバーは税や社会保障などさまざまな手続きで必要となります。例えば、〇源泉徴収票を作成するための勤務先に提示 〇確定申告の際に税務署に提示 などなど。

 個人的な意見としては、各種書類の手続きの簡素化はもちろんのこと、複数の収入先を持つ場合でも、正確な所得を把握することが可能になることから、その正確な所得に応じた課税や年金、社会保障などが可能になります。給付や課税の二重加算といった間違いもなくなることでしょう。それこそ、「所得隠し」や「氏名変更によるごまかし」などが不可能になり、脱税や不正受給といった違法行為が減るものと思われます。この点に期待を寄せています。

 また、お金の面以外でも、緊急医療支援を必要とするお年寄りや病人など、迅速に把握できるメリットも挙げられます。確かに、情報漏洩や犯罪被害などを懸念する声も聞こえますが、やはり、利便性、恩恵という観点から考えますと、社会保障税番号制度の導入は有効と思われます。

 通知カードについての詳細、お問い合わせは

 伊勢崎市役所市民課 0270-27-2727(市民課直通) まで。


伊勢崎市議会定例会(9月議会)のお知らせ

 伊藤純子です。早いもので8月も終盤を迎えました。当ブログをご覧のみなさま、お元気でお過ごしでしょうか?
去る8月25日、平成27年第4回伊勢崎市議会定例会(9月議会)の日程が決定されましたので、下記のとおりご案内いたします。会期は31日間です。

  ◆平成27年第4回伊勢崎市議会定例会(9月議会)

8月31日㈪  本会議 〇全国市議会議長会表彰伝達式 〇先議議案 〇26年度各会計決算

9月3日㈭   本会議 〇平成26年度各会計決算質疑 〇特別委員会設置・付託・委員選任 〇決算特別委員会

9月4日㈮   本会議 〇一般質問
9月7日㈪   本会議 〇一般質問(2日目)
9月9日㈬   委員会 〇決算特別委員会
9月10日㈭  委員会 〇決算特別委員会(2日目)
9月11日㈮  本会議 〇一般議案 〇請願
9月16日㈬  委員会 〇総務委員会
9月17日㈭  委員会 〇文教福祉委員会
9月18日㈮  委員会 〇経済市民委員会
9月24日㈭  委員会 〇建設水道委員会
9月25日㈮  委員会 〇議会運営委員会
9月30日㈬  本会議 〇平成26年度各会計決算 議決 〇一般議案 議決 〇追加議案あれば議決 〇議員提出議案あれば議決 〇採択請願あれば議決

 なお、会議の開始時刻は午前10時です。今回、伊藤純子は9月7日の「一般質問」に登壇いたします。
質問の内容は下記のとおりです。

 
1 消防本部における救急専用ダイヤルの開設について

(1)119番通報件数
(2)救急車の出動件数
(3)搬送人員数
(4)事故種別ごとの搬送状況
(5)搬送された患者の程度別状況
(6)10年前の出場状況との比較検証
(7)専用の救急相談窓口設置の考え

2 地域医療課題を解決するための取り組み

(1)市民病院の現状

ア 常勤医師数
イ 日当直を含む各医師の1カ月の勤務時間
ウ 医師の負担軽減方策
エ 時間外勤務手当の支給状況
オ 医師の平均給与額
カ 理想の常勤医師数

(2)市民病院の医師獲得の方策

ア 住民合意の形成
イ 時間外選定療養費の徴収
ウ 初期臨床研修の現状


以上です。平日午後ですが、お時間の許す方はぜひ、傍聴へお越しください。登壇時刻は午後2時ごろ
(登壇時刻が変動する場合があります)を予定しています。


デザイン決定は「民主党政権下」

 伊藤純子です。立秋とは名ばかりで、厳しい暑さが日々続いております。当ブログをご覧のみなさま、お元気でお過ごしでしょうか?

 ルーマニアからのYCE派遣生・アデリナさんが無事、帰国の途に着きました。約一か月間の滞在でありました。最初の10日間は、時差ボケに容赦なくスケジュールで埋め尽くされていましたが、イヤな顔一つも見せず、予定をこなしてくれました。
 アデリナさんの来群は、私にとっても大きな収穫で、ルーマニアの歴史や文化を再確認する絶好の好機を与えてくれました。わずか17歳の高校生ではありましたが、大人の私以上に冷静で思慮深く、また、さりげない立ち振る舞いから、自然に備わっている人柄の良さがあふれていました。なかなかの17歳。もはや、脱帽ものです。
 そんなアデリナさんは、故郷・ルーマニアでは見ることのできない近代的な街、首都・東京に憧憬を抱いているようでした。都庁のデザインやスカイツリーなどの建築物、東京駅前開発などにとても興味を抱いたようす。また、浅草寺を散策の際、絶えずカメラのシャッター音が止むことはありませんでした。

 そんな彼女が、ニュースで放映されていた、いわゆる「新国立競技場問題」に言及。「素敵なデザイン。何が問題なの?」の問いかけに、私はつい、大人げなく熱く語ってしまいました。

 新国立競技場の建設費問題がこじれにこじれていますが、そもそも事の発端は2011年2月に行われた超党派によるラグビーW杯議員連盟の発足にあります。このとき、ラグビーをこよなく愛する超党派の議員が集まって「国立霞ヶ丘競技場を8万人規模ナショナルスタジアムにする」と明記した決議文を作成。単なる決議だったものを、どういうワケか、当時の文科省は簡単に予算措置を取ったのであります。念のため申し上げておきますが、つい先日、安倍総理が答弁されたとおり、時の政権下はあの「民主党」であったことを、あらかじめ指摘しておきます。

 同年4月、石原慎太郎氏が都知事に再任されると、オリンピック開催地に立候補する意向が加速。その時すでに2016年リオオリンピックで招致が失敗に終わり、当時のメイン会場を晴海と決定していたようでしたが、招致失敗のため、「白紙撤回」されています。
 民主党員全員、誰も発言していませんが、2012年度予算の執行は同年4月からのものでありますが、まだその予算も国会で成立していない同年1月末日の段階で、「国立競技場有識者会議設置要綱」を提出。3月上旬、もうすでに、国立競技場将来構想有識者会議(第一回)を国立霞ヶ丘競技場内で開催されていたというから、フライングと指摘されても仕方のないことであります。
 聞けばこの会議はJSCの会議ではありましたが、文科省の奥村展三文部科学副大臣が出席するなど、当時の民主党政権は新競技場建設にかなり力を入れていたようです。これが後に「フライング」と指摘されることとなるのであります。過日、国会で民主党の辻元清美がこの問題の責任を問う質疑を行っていましたが、安倍総理になり替わり、思わず私が答弁してしまいました。「時の文科大臣・田中真紀子でしょ」。

 有識者会議にはスポーツ界の名士のほか、森喜朗、石原慎太郎両氏に、あの建築家・安藤忠雄氏らが出席していたそうなのですが、会議自体が「非公開」で詳細は不明。この会議は2回、3回と行われ、そのうちあれよあれよといううちに国立競技場の基本計画や都市計画などが決められ、ついにIOCの立候補ファイルとして作成されたもよう。
 ここまでの経緯について、民主党はだんまりを続けていますが、十中八九、新国立競技場計画は民主党政権下でかなりのところまで進められていたもの、と思われます。「デザインを決めただけ」と話しているようですが、建築総工費1300億円を最初に計上したのも、民主党。繰り返し申し上げますが、時の大臣、田中真紀子文科相です。

 政権交代され、その後の有識者会議(第4回〜6回)は自民党政権下で行われましたが、いずれも非公開ではなくちゃんと公開されています。民主党政権下で行われた有識者会議の書類も議事録もないものですから、杜撰だ、と言われても言い訳できませんね。事実として明らかにされたのは、当初のデザインにあった競技場屋根の特殊なキールアーチ構造が、な、なんと762億円のコストアップになっていたのであります。デザインを決める段階でそれが見抜けなかったのは何とも痛い話であります。
 結局、白紙撤回になり、振り出しに戻ったものの、公的事業なので、即、新デザインを採用し、着工へというワケには行きません。それなりの手続きを踏まなければならないので、当然、五輪開催までに間に合わないというのが識者の意見であります。

 その後、自民党は民主党の尻拭いをするような感じでこの問題と向き合っていますが、この経緯が国民に知らされていないことを甚だ残念に思うのであります。先日も民主党議員が「責任逃れ」だとか「安保法制と新国立競技場がダブって見える」などと、まるで安倍総理が政治的利用でもしているかのような発言しています。この問題を踏襲してしまったのは残念ですが、民主党政権下で決定したこの問題を「白紙撤回」したことは英断であり、政権交代されていなかったら今頃どうなっていたのかと思うと、民主党が野党に下落したのも、民主党が未熟政党だった、ということかもしれない、そう思う今日この頃であります。

 
 残暑のみぎり、いまはただ、下村文科大臣のご尽力、采配に期待したいと思います。 


 

「憲法白熱教室in ぐんま大学」にご参加を!

 伊藤純子です。はやいもので今年も半分を過ぎてしまいました。当ブログをご覧のみなさまにおかれましてはますますご健勝のことと存じます。

 早速ですが、表題のとおり「憲法白熱教室 in ぐんま大学」〜集団的自衛権は必要か?〜と題したシンポジウムが開催されますので、下記のとおりご案内申し上げます。


◇憲法白熱教室 in ぐんま大学 〜集団的自衛権は必要か?〜

 開催日時:平成27年7月16日㈭ 10:20〜12:20
 会場:   群馬県前橋市荒牧町4-2 群馬大学荒牧キャンパス・教養教育GB棟155大講堂



 このシンポジウムは、法律の専門家である2人の弁護士を招いて、集団的自衛権の肯定論と否定論の立場からそれぞれの主張を約30分ずつ述べていただきます。その後、参加者全員による徹底討論を約40分行い、最後に投票(無記名)を経て、賛否を決するというもの。「集団的自衛権についての情報を学生に提供し、専門家を交えた討論の機会を設定することは大学がなすべき使命である」と、群馬大学社会情報学部憲法研究室が企画したもよう。

 私も肯定の立場から、このシンポジウムに参画いたします。お時間のある方はぜひ、群大へお越しください。


〖緊急〗突風被害に対する支援の詳細について

 伊藤純子です。平成27年6月15日の突風被害による住宅復旧支援についてお知らせいたします。

 伊勢崎市は、突風により住宅に被害を受け、補修を行った市民に補助金を、車庫、カーポートに被害を受けた市民に見舞金を交付いたします。なお、修繕に関する「悪質商法」には、くれぐれもご注意ください。

◆住宅屋根等補修費補助金◆

●被害届の提出について
補助金の申請には事前に被害届の提出が必要になります(郵送可)。

〖対象〗市内に住民登録があり、住所を所有し、居住している住宅の屋根等が損壊し、補修費用に10万円以上かかった人
〖受付期間〗平成27年7月7日㈫〜8月31日㈪ 午前9時〜午後5時まで(土日、祝日は除く)
〖受付場所〗市役所管財課(本館3階)または各支所庶務課
〖用意する物〗□被害届(住宅屋根等補修用) 区長の証明がある物 □被害状況がわかる写真 □見積書(工事内容がわかるもの)
〖郵送の場合〗〒372-8501 (住所不要)市役所管財課に必要書類を送付してください。※8月31日㈪消印有効

●補助の対象
屋根、外壁、窓ガラス、雨どい、テラス、ベランダ、下屋など
●補助の対象外
アンテナ、エアコン、換気扇、給湯器、立木、外構、門扉、課題設置型太陽光パネルなど

●申請書の提出について
8月31日までに被害届を提出、補修工事が終了後、補助金の申請を行ってください。
〖補助金額〗補修工事費(消費税を含む)の30% ※1000円未満は切り捨て、補助金の上限20万円
〖受付期間〗平成27年9月1日㈫〜12月25日㈮まで 午前9時〜午後5時(土日、祝日は除く)
〖受付場所〗市役所管財課(本館3階)または各支所庶務課
〖用意する物〗□補助金交付申請書 □領収書(写し可) □補修工事証明書(業者の証明)※完成写真を添付してください
       □印鑑(朱肉を使う物) □本人が確認できる物(運転免許証、健康保険証など) 
       □振込指定口座を確認できる物(貯金通帳など)
〖受け取り方法〗申請者の口座への振り込みとなります。


◆車庫・カーポート見舞金◆

〖対象〗市内に住民登録があり、所有、居住している住宅の車庫・カーポートが破損し、撤去が必要な人(すでに撤去を終了した場合でも申請できます)。なお、駐輪場、物置は対象になりません。
〖金額〗一世帯あたり2万円
〖受付期間〗平成27年7月7日㈫〜8月31日㈪まで 午前9時〜午後5時(土日、祝日は除く)
〖受付場所〗市役所管財課(本館3階)または各支所庶務課
〖用意する物〗□被害届(車庫、カーポート用)区長の証明がある物 □被害状況がわかる写真 □印鑑(朱肉を使う物)
       □本人確認ができる物(運転免許証、健康保険証など)
〖受け取り方法〗被害届を提出時に現金で支給します。

※ 被害届、申請書、補修工事証明書の様式は、管財課、各支所庶務課および区長宅にあります。市HPからダウンロードもできます。


お問い合わせは 
市役所管財課 24-5111(代) 赤堀市役所庶務課 62-9790 
あずま支所庶務課 62-9904 境支所庶務課 74-0084

このご案内は、広報いせさき(7月1日号)に掲載されます。ご確認ください。


〖続報〗突風・ダウンバースト被害状況、支援について

 伊藤純子です。15日に発生した突風・ダウンバースト被害状況(6月17日午後1時現在)をお伝えいたします。

 人的被害  軽症2名
 住家被害  一部破損 105棟
         床下浸水  1棟
 その他    ブロック塀等 19箇所
 倒木     77本(18箇所)
 道路冠水  3箇所
 ビニールハウスの倒壊  29件 116棟
 その他(太陽光パネルや物置、非住家一部破損)52箇所
 車庫、カーポート被害 17箇所

 被害状況は以上です。

 なお、表題のとおり、伊勢崎市は突風被害による住宅等復旧支援を行います。支援対象者はこのたびの突風被害を受けた市民の方となります。

 支援内容は
 (1) 住宅修繕(屋根、外壁、窓ガラスなど)10万円以上の修繕で費用30%を助成(上限20万円)
 (2) 車庫・カーポート(使用不能となったもの) 一律2万円の見舞金

 支援内容は以上です。申請方法につきましては、決定次第、お知らせいたします。

 万一、突風被害のある方、支援が必要、もしくは必要と思われる市民の方をお見受けされましたら、伊藤純子までご連絡ください。

 
 このたびの突風被害を受けて、市内外、県外の方々から暖かい応援メールや、「支援に駆け付ける!」とのお声を数多くいただいております。この場をお借りして、心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

 何か必要とあらば、このブログや別枠ブログ「市議会通信」、HPでお願いを申し上げたいと考えております。
その際はなにとぞ、ご支援のほど、お願い申し上げます。


ダウンバースト被害について

 伊藤純子です。HPにも記載いたしましたが、15日夕方、伊勢崎市内において突風被害が発生いたしました。当時、関東上空に強い寒気が南下して、大気の状態が非常に不安定だったことから、積乱雲が急激に発達。竜巻のような局地的突風が吹き荒れました。本日の気象庁の発表によると、「上空の冷たい空気が一気に吹き下ろすダウンバーストが起きた可能性がある」とのことで、まだ、警戒を呼び掛けています。

 さて、

 15日の伊勢崎市内における被害情況ですが、16日午前9時現在の報告は下記のとおりです。

人的被害・・・負傷者2人
住家被害・・・一部損壊22棟
ブロック塀・・・8箇所
倒木・・・72本
道路冠水・・・3箇所
ビニールハウスの倒壊・・・21棟
その他(太陽光パネル等)・・・15箇所

被害に遭われた方々に改めてお見舞い申し上げます。

本日行われた「一般質問」冒頭で、五十嵐市長から「緊急予算措置」を取るとの発言がありました。
現在、早急なブルーシート配付等、必要と思われる対策を、関係各所にお願いをしております。

皆様の周りで、何か必要なことがあれば、ぜひお知らせください。

落楽寄席のご案内

 伊藤純子です。暑気しだいに強くなり、来るべき夏の暑さをうとましく思う頃となりました。当ブログをご覧のみなさまにおかれましては、つつがなくお過ごしのことと拝察いたします。

 さて、表題のとおり、「落楽寄席」のご案内を申し上げます。開催日時、出演者などの詳細は下記のとおりです。

 
 ☆ 第49回 落楽寄席 ☆

 開催日時:平成27年7月18日(土) 開場 18時  開演 18時10分
 会   場:伊勢崎市境総合文化センター
        伊勢崎市境木島 818
 出   演:三遊亭歌る多
 会   費:1800円

 49回目を迎える今回は、平成5年、女性初の真打昇進を果たした三遊亭歌る多師匠をお招きしての興行です。どんな話芸が展開するのか、楽しみです。


 7月18日、落楽寄席にぜひお越しください。




  

熟考「こどもの日」

DSC_2065


 伊藤純子です。本日5日は「こどもの日」。本日は六法から「こどもの日」について考えてみたいと思います。

 そもそも祝日とは、国民の祝日に関する法律(祝日法)(新六法 三省堂 平成22年度版)によると、その意義として第1条に『自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、または記念する日を定め、これを国民の祝日と名づける』とあります。

 第2条「式日の内容」に、それぞれの祝日の‘目的’が記載されているのでありますが、「こどもの日」は下記のとおり記されているのであります。

 こどもの日  5月5日 こどもの人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母に感謝する

 そもそも日本国憲法は、マッカーサーが作ったもの。こどもの日なのに、「母に感謝する」というこの一文に、キリシタン博愛精神が込められているように感じ受けます。

 私は改憲に賛成するものでありますが、この一文は変えなくてもよい、そう思っています。そんなワケで、母に寿司をおごり、夕べにはマッサージを施しました。



「みどりの日」を迎えて

 伊藤純子です。うららかな季節を迎え、華やいだ気分の候となりました。皆さまにおかれましてはお健やかな日々をお過ごしのことと拝察いたしております。

 はやいもので、4月もあっという間に過ぎようとしています。GWだからと言って、何処へ行くあてもなく、正直なところ、平時とあまり変わりがありませんが、4月29日だけは特別な想いで迎えています。4月29日と言えば、昭和の時代に「天皇誕生日」だったということで、昭和天皇とともに存在した昭和の時代に、想いを馳せたりしてみるのであります。

 遡ること昭和64年1月7日、昭和天皇が崩御されたことを受けて、年号が「平成」に改まり、従来の「天皇誕生日」が平成元年をもって「みどりの日」になりました。多くの国民の要望を受けて、平成17年に国会で「国民の祝日に関する法律」(祝日法)が改正され、平成19年より「昭和の日」とすることになったことは、周知のとおりであります。

 毎年4月29日は、自然をこよなく愛された昭和天皇を偲び、猫の額ほどの庭ではありますが、植樹や花を愛でたりして、自然を満喫することにしています。

 ところで11月3日は、ご存じ「文化の日」ですが、この日は明治天皇のお誕生日で、戦前は「天長節」という祝日でありました。昭和23年、近代文化が目覚ましい発展を遂げた明治の時代を念頭に「文化の日」として定められ、文化の日には、皇居で文化の発展に寄与された人々に文化勲章の授与が行われるほか、文化功労者、各種褒章の受章者の伝達式が行われます。

 今年も「みどりの日」がやってきます。アルバムをめくりながら、暫し昭和の時代を振り返ってみたいと思います。

3月議会日程のご案内

 伊藤純子です。春立ぬとはいえ、寒さまだ去りやらぬ毎日ですが、当ブログをご覧のみなさまにおかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます。早速ですが表題のとおり、平成27年第1回伊勢崎市議会定例会(3月議会)開会のご案内を申し上げます。日程は下記のとおり。なお、会期は26日間です。


☆平成27年第1回伊勢崎市議会定例会日程

2月23日(月)  〇本会議 26年度関係議案 〇27年度関係議案・各会計予算 一括議題、提案理由説明聴取
2月26日(木)  〇本会議 27年度一般会計予算 予算特別委員会設置 〇27年度特別会計予算・条例案等 質疑、常任委員会付託 〇予算特別委員会 

2月27日(金)  〇一般質問
3月 3日(火)  〇一般質問(2日目)
3月 5日(木)  〇予算特別委員会
3月 6日(金)  〇予算特別委員会(2日目)
3月 9日(月)  〇総務委員会
3月10日(火)  〇文教福祉委員会
3月11日(水)  〇経済市民委員会
3月12日(木)  〇建設水道委員会
3月17日(火)  〇議会運営委員会
3月20日(金)  〇本会議 27年度関係議案 委員長報告〜議決 〇追加議案あれば 議題〜議決 〇議員提出議案あれば 議題〜議決 〇採択請願あれば 委員長報告〜議決

 なお、伊藤純子は3月3日(火)、「一般質問」(2日目)に登壇いたします。登壇時刻は2時半ごろになると予想しています(前者の質問時間によって、登壇時刻が前後する場合があります)。今回の「一般質問」は、1自転車保険の義務化について、2学校給食の食材に含まれるトランス脂肪酸について、質疑を行います。お時間の許す方は、ぜひ、傍聴にお出かけください。

ナッツ・リターンから見えてくるモノ

 伊藤純子です。長らくのご無沙汰、恐縮でございます。

 はじめに近況をご報告いたしますと、本日2月4日、検診で病院を訪ねました。看護師さんに身長や体重、視力や聴力、それから血圧を測っていただいたのですが、血圧測定で数回、測り直しをするといったハプニングに見舞われました。「ずいぶん血圧が低いですね。気分は悪くありませんか?」と尋ねられ、ちょっと弱気になりましたが、病は気から。深呼吸をすることで、正気を失いませんでしたが、聞けば、私の血圧が「上が100以下、下が40以下」だったとのこと。二回目の測定で「104と44」に僅かではありますが上昇したので、看護師さんもホッとしたようすでした。「いつも(血圧が)低いのですか?」と聞かれたので、「だいだいそんな感じです」と答えると、さらに驚いた表情をのぞかせていました。んま、高血圧症で悩むよりベターなのかもしれませんが、これからは血圧にも注意を払うなどの体調管理に努めたいと思います。

 さて…

 さっそく本題に入りますが、いまや世界中に知れ渡った「ナッツ・リターン」ですが、「ナッツ姫」こと、チョ・ヒョナ被告が実刑判決を受けました。ワイドショーなどで事件の全容を知るにつれ、韓国財閥はもとより、荒廃した韓国社会を見てしまった気がいたします。まさに「特権階級」で、それはまるで「中世の貴族」といったイメージを彷彿させます。

 聞けば、このナッツ・リターン騒動は「ライブ中継」されていたとのこと。ファーストクラスの乗客は、ヒョナ被告を含め2人だったそうなのですが、その乗客は、騒ぎが起きるとすぐに自身の携帯電話で動画を撮影、それをソウルの友人に送っていたというから、痛いです。その原画像は検察に「証拠」として提出されたもよう。

 日本のテレビではあまり報道されていませんが、WiLL3月号の「『呆韓論 ナッツリターン篇』を寄稿されている評論家・室谷克実氏によると、今回の騒動で、国土交通省の公務員が大韓航空機に乗ると座席がファーストクラス、もしくはビジネスクラスにアップグレードされる慣行があることも暴かれてしまった、とのこと。つまり、大韓航空を監督する立場の国土交通省が、監督対象企業に頭が上がらない側面を露呈してしまったようなもの。韓国の官僚、韓国の財閥は「やりたい放題」なのであります。

 「やりたい放題」と言えば、ヒョナ被告の弟・ウォンテ氏(大韓航空副社長)は、車の運転マナーを注意した老女を突き飛ばして負傷させ、書類送検された事実があるのだとか。さらに、ヒョナ被告の妹・ヒョンミン氏(同常務)は、一連の騒動を「社員全員の責任」と直属の部下にメールをして、社内を顰蹙させ、さらに渦中の姉に「必ず復讐してやる」とメールをしたというのだから、恐ろしい。一体、誰に「復讐する」つもりだったのでしょうか。

 韓国財閥のまさに中心的企業・大韓航空ですが、ヒョナ氏やその弟妹だけでなく、父親のチョ・ヤンホ会長もものすごい前科があるのだとか。相続や生前贈与に絡む背任や脱税のほか、大統領選挙での不正献金を摘発され、罰金刑を受けているそうです。室谷氏のレポートには、チョ財閥だけでなく、サムスンやハンファ(旧韓国火薬)などの財閥一族の不埒な悪行三昧が事細かく記載されているので、必読です。言わずもがな、血圧が一気に上昇します。

 室谷氏はさらに、韓国財閥の絶対的勢威がその国を統治していることを実例を挙げて指摘しています。「経済民主化」や「福祉の充実」を謳うパク・クネ大統領がこのナッツ・リターンを韓国世論に炙らせて、公約実績ゼロを回避させようとしているのが、パク政権の狙いではないか、と語っています。さらには、韓国政府が階級闘争に向かわないのはおそらく、韓国の左翼が従北派で占められ、彼らの本質が「王党派」だから、と締めくくっています。

 ワイドショーネタと思われていたナッツ・リターン劇場から、韓国という国の素質というもの、心的傾向を垣間見た気がいたします。WiLL3月号、読み応え、最高です。



 

 

 

謹賀新年

ジャンヌと子羊
「伊藤純子の活動ブログ」をご覧のみなさま

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

この一年が、ブロガー各位にとって
幸せな年でありますようお祈りいたします。

本年も、当ブログに対する尚一層の
お引き立てとご愛顧のほど、お願い申し上げます。

平成27年 正月 伊勢崎市議会議員  伊藤純子

今年もやります 10大ニュース!

 伊藤純子です。本日、大晦日。はやいものでこの一年を顧みるころとなりました。当ブログをご覧のみなさまにおかれましては、大過なくお過ごしのことと存じます。年越しの準備は順調ですか?

 こうしているうちに烏兎匆々と今年が暮れて行きます。暦が替わらないうちに今年の「10大ニュース」を申し述べさせていただきます。それでは早速、第10位から!

〖10位〗 HPをリニューアル

 改選を控えた3月、インターネット選挙の解禁に伴い、私のホームページを一新いたしました。制作を同級生H君に依頼、グレーを基調に、ピンクの配色が「女性らしさ」を醸し出す素晴らしいHPに仕上がりました。画像や市政だよりもトップページに随時更新しています。ぜひご覧ください。H君、どうもありがとう。

〖 9位〗 Facebook 600人超に!

 一昨年11月に開設したソーシャル・ネットワーキング・システム「Facebook」上のお友達が、600人を超えました。他のネットユーザーとの交信はもとより、疎遠の旧友と繋がることも可能となり、今年も親交を深めることができました。Facebookの良さは、何よりも情報伝達の速さ。おまけに、ブログ更新よりも簡単にできる利点があります。とは言え、ブログ更新も怠らないよう努力したいと思います。

〖 8位〗 時事ネタ・朝日新聞が慰安婦報道の一部を撤回

 8月、朝日新聞が吉田清治による‘慰安婦狩り’の証言をめぐり、「裏付けが取れなかった」として、「従軍慰安婦問題の報道に誤りがあった」ことを認め、報道の一部を取り消しました。その翌月には、東京電力福島第一原発事故の経緯を吉田昌郎元所長が政府事故調査・検証委員会に語った「吉田調書」の報道でも誤報を認め謝罪。木村伊量社長の引責辞任を発表しました。

 かねてより、いわゆる従軍慰安婦問題は「捏造」であると再三再四、申し上げておりましたので、さほど驚いてはいませんが、従軍慰安婦の史実について「裏付けができない」とするならば、朝日側も「報道の一部取り消し」などと言わず、あっさり認めてしまえばいいものを、と思ってしまいます。この誤報がきっかけで、アメリカ国内に「慰安婦像」が設置され、「決して癒されことはない」と、韓国は賠償責任まで要求している始末。朝日の誤報が国際政治の駆け引きに利用されるまでに発展しているということを、報道機関として、真摯に受け止めなくてはいけないと思います。朝日新聞の謝罪で幕引きさせることなく、この問題を捏造、政治的に利用した福島瑞穂や植松元記者を国会の場に引き出し、きちんと証言させる必要があるもの、と考えております。政府の毅然とした対応を切に求めます。


〖 7位〗 関東甲信を中心に記録的な大雪 

 2月、関東甲信地方を中心に2週続けて記録的な大雪を観測しました。14日から16日にかけては、内陸部を中心に前週を上回る記録的な大雪となり、伊勢崎市も60儖幣紊寮兩磴魎兮。なんと126年ぶりの降雪量でありました。大雪の原因は、日本列島が強い寒気に覆われていたことに加え、本州の南海上を低気圧が急速に発達しながら通過したことで、まとまった降水となった、とのこと。道路や鉄道の通行止めはもちろん、亡くなられた人もいたりと、伊勢崎市内で大きな被害が発生しました。

 2月の大雪被害を契機に、雪害対策が新たに予算化されることになりました。来年はこの試練が活かされ、市民生活が脅かされないよう、職務に励みたいと思います。


〖 6位〗 サクセス、3期目を迎える

 平成22年2月、幼なじみの友人と厨房委託業務を主とした株式会社「サクセス」を創設。11月、3回目の決算期を迎えました。事業拡大はもとより、お客様のニーズに応えられるよう、誠心誠意を尽くす所存であります。来年は社屋の新築も計画しております。新たな目標を定め、さらなる飛躍の年にしたいと考えています。これからも従来どおり、社長を助け、社員とその家族が路頭に迷うことがないよう、全力を振り絞って働きたいと思います。


〖 5位〗 更年期、突入か?

 恥ずかしながら、更年期を実感しています。肌荒れ、目のかすみなどは常習、近頃は「怒りっぽくなった」などと評される始末であります。ときどき顔だけが熱くなったり、体がだるくなったりと症状は更年期障害そのもの。12月に入ってから、内耳の前庭器官に異変が生じ、「良性発作性頭位めまい症」の疑いがあると診断され、若くはないことを痛感した次第です。それ以外はすこぶる元気ではありますが、病は気から。前向きに、快活に生きたいと思います。


〖 4位〗 台湾に初上陸!

 親日国としてまず最初に思い浮かぶ国・台湾。10月、群馬県台湾総会の紹介で、台南市主催の芸術交流祭に高崎高校の部活動・和太鼓が招待され、私もイベントに出席させていただきました。台湾といえば、東日本大震災が発生した際、いちはやく一億台湾ドルの義援金と、救助隊派遣を表明してくれました。感謝の意をお伝えしたく、台湾に初上陸!台湾の人々はとても親切で、日本人にとても好意的に接してくれました。もちろん小籠包もスイーツもしっかり食べて帰国しました。残念なことに、台湾と日本との間には国交がありません。しかし、地方自治レベルでの交流を重ね、互いの友好を深める必要があると考えています。現在、伊勢崎市は中国・馬山市と姉妹都市交流を続けていますが、日本政府と中国政府との政治的背景を鑑み、交流は控えている状態であります。私は、そんな中国に配慮することなく、台湾の都市と交流することも大切だと思います。今回の台湾訪問は、そんな気持ちをさらに膨らませるものとなりました。


〖 3位〗 世界遺産に決定!「富岡製糸場と絹産業遺産群」

 6月、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会が、「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)を世界文化遺産に登録することを決定しました。絹産業遺産群には、伊勢崎市の田島弥平旧宅が含まれており、感慨もひとしお。産業の近代化に大きく貢献した田島弥平の栄誉が、世界の宝として認められたことは、伊勢崎市民としての誇り。今後は、この世界遺産をいかにして継承、保存できるかがテーマになることでしょう。


〖 2位〗 集団的自衛権を限定容認、政府が新見解

 7月、政府は憲法解釈上できないとされてきた「集団的自衛権の行使」をようやく限定容認すると、新たな政府見解を閣議決定しました。同盟国が攻撃され、日本国民の権利が根底から覆されるような危険に晒された場合、必要最小限度の行使が可能となります。こんなの、世界では常識な話で、集団的自衛権の話題に触れることが可能になったのも、偏に、安倍政権のおかげであります。これを受けて、左翼たちは「戦争をする国になる」と怒り心頭のようすですが、とんでもない話。むしろ、日本がきちんと表明したおかげで、世の中が平和になるものと思います。だって、よく考えてくださいな。集団的自衛権行使に反対なのは、中国と韓国、日本の左翼たちです。日本の軍事力は立派な「抑止力」になっていることも忘れてはなりません。



〖 1位〗 市議会議員選挙 4回目の当選を果たす!

 おかげさまをもちまして4月、伊勢崎市議会議員選挙の改選が行われ、4回目の当選を果たすことができました。最初の立候補当初から応援してくださっているみなさま、そして、私の政治信条を承知の上で支援してくださっているみなさまに心から感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございます。

 これからも初心を忘れることなく、また、政治信条を貫く姿勢を曲げずに歩んでまいりたいと思います。これからも伊藤純子の議会・政治活動に対するご理解、ご支援のほど、お願い申し上げます。


 …ところで
 平成16年12月に開設いたしましたブログ「伊藤純子の活動日記」も、ついに10年目を迎えました。これもひとえに、お引き立ていただいている読者みなさまのおかげと心から感謝いたしております。ありがとうございます。これからも当ブログに格別なるご愛顧賜りますようお願いいたしますとともに、みなみなさまのご健勝を衷心よりお祈りいたしております。


 今年も大変お世話になりました。来年も何卒、よろしくお願いいたします。

12月議会、まもなく開会!

 伊藤純子です。小春の頃を思わせる天気に恵まれています。当ブログをご覧のみなさま、お元気でしょうか?

 昨夜22日午後10時過ぎ、長野県北部で地震が発生しました。家屋の倒壊、ケガなどの被害が多数確認されていると聞きました。気象庁は今後一週間ほど、最大で震度5強程度の余震の可能性があるとして、注意を呼びかけています。被害がこれ以上、大きくならないことを祈っています。

 さて…

 表題のとおり、「平成26年第5回伊勢崎市議会定例会(12月議会)」の日程が決定いたしましたので、下記のとおりご案内申し上げます。会期は19日間。

 ◆平成26年第5回伊勢崎市議会定例会(12月議会)日程◆

11月26日(金)   本会議 
12月 1日(月)   一般質問
12月 2日(火)   一般質問(2日目)
12月 4日(木)    総務委員会
12月 5日(金)   文教福祉委員会
12月 8日(月)   経済市民委員会
12月 9日(火)   建設水道委員会
12月11日(木)   議会運営委員会
12月16日(火)   本会議 


 以上です。なお、会議開始時刻は午前10時です。気を引き締めて、議会に臨みます。




「明日の国防を考える会」で国防を考えてみました!

佐藤正久参議院議員と一緒に

 伊藤純子です。去る18日、「ヒゲの隊長」の愛称で知られる参議院議員・佐藤正久氏の「明日の国防を考える会」が明治記念館で開かれ、私の後援会会長、平松俊輔氏とともに出席いたしました。会場は多くの人で埋め尽くされ、熱気ムンムン。現職閣僚や多数の国会議員が応援に駆け付けるなど、佐藤議員の人気ぶりが感じられました。

 集団的自衛権の限定的行使を容認する「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」が閣議決定されたことは、みなさまの記憶に新しいと思います。このところ、日本の領海を脅かす中国の存在、また世界のパワーバランスが変わりつつある状況を見定めれば、日本の安全保障政策が集団的自衛権の行使を容認したのは「至極、必然的なこと」と、断言できます。

 国内には、「集団的自衛権で『日本を戦争する国にする』」などと、やたら煽る人たちがいますが、間違っています。「戦争を未然に防ぎ、世界の平和に積極的に貢献していく」姿こそ、集団的自衛権であります。

 防衛計画の大綱、防衛力整備計画の具現化を進めるためにも、佐藤正久議員の存在は大きいと思います。聞けば、佐藤議員は自由民主党・国会人事で、安全保障法法制整備の要となる「党国防部会長」、「参議院外交防衛委員会筆頭理事」に就任されました。頼もしい。佐藤議員の今後の活躍に期待が膨らみます。




【画像】佐藤正久参議院議員(写真中央。左は平松俊輔会長)
Profile
伊勢崎のジャンヌダルク
歴史の捏造を許すな!
南京の真実

 映画製作の目的は
「真実を追究すること」であって
‘中国叩き’ではありません。

 
Archives
Profile
伊勢崎のジャンヌダルク
趣味 スポーツ(マラソン、剣道)映画・音楽鑑賞 読書
性格 天真爛漫
好きな食べ物 ラーメン 一夜寝かせたカレーライス 
好きな歌手 石川さゆり 
尊敬する人 中曽根康弘元首相
好きな言葉 
「百万人言えども我行かん」


【市民相談】
市政についての質問や提案、
または
地域の悩みや相談ごとなど
随時受け付けています。
秘密は厳守します。
気軽にご相談ください。

伊藤純子後援会事務所
平成17年12月より
事務所が移転しました 

《新事務所》

伊藤純子後援会事務所

〒372-0814
群馬県伊勢崎市田中町232-1
電話 0270-22-4004 
FAX  0270-22-4005
【お知らせ】
市議会議員伊藤純子

議員・議会活動を支援する
「伊藤純子後援会」は、
活動と政治信条に
ご賛同いただける方から
寄付のお願いを
呼びかけています。

ご協力のほど、
よろしくお願い申し上げます。

カンパはこちら

伊藤純子後援会 
郵便振替口座 
伊勢崎田中郵便局
10460−
24063621

【伝言板】
伊勢崎市議会議員
伊藤純子への
励ましのメッセージを
ありがとうございます。
この場をお借りして
感謝と御礼申し上げます。

寄せられたコメント、メールは
なるべく早急に
返信させていただいていますが、
「匿名」あるいは
「メールアドレスのみ明記」
の方には
返信できない場合があります。
ご了承のほどお願いします。

引き続き
伊藤純子の議員・議会活動への
ご理解・ご協力のほど、
心底よりお願い申し上げます。

携帯からもアクセス
QRコード
【ご注意】
当ブログ内に掲載されている
すべての文章の無断転載・転用を
禁止します
(c)2005〜2007
All rights reserved.
Junko Ito
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ