2017年06月27日

「障害平等研修」に参加して

DSC_3125

 








 


 伊藤純子です。6月も今週で終わりを迎えます。当ブログをご覧のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 将棋界がいつになく沸いていますね。藤井四段がついに29連勝を達成しました。この偉業を、新聞各紙それぞれ一面トップで掲載しています。わずか14歳の未成年が、話題の焦点になっているのですから、輝いて見えるのは「10代」ですね。10代、されど中学生。学校にも登校してほしいと願っています。

 さて、本日27日、障害者との対話を通じて、障害への理解、差別の撤廃と合理的配慮の提供を推進する「DET研修」が議会棟内で開催され、出席しました。

 DETとは、Disability Equality Training の略。障害当事者が進行役を務め、参加者と一緒に対話をしながら学ぶ「発見型障害学習」です。

 昨年4月、障害者差別解消法施行に先立って、2年前、NPO法人障害者平等研修フォーラムが設立、そこで63人のファシリテーター(進行役)が誕生し、全国各地で、障害への理解等を広める活動を展開しているとのこと。また、国際協力機構(JICA)と協力して、世界37か国から、400人を超えるファシリテーターの育成などを手掛けるなど、ワイルドワイドな活動を繰り広げているもよう。

 群馬県には3人のファシリテーターが存在しています。彼らは、伊勢崎市を拠点に「類似体験」や、プロジェクターを使用するなどして、「障害者の人たちも社会の一員である」 「障害者の人たちの社会参画推進」を、対話を通して、やさしい眼差しで提起しています。

 「障害とは・・・・・である」と問いかけられ、左利きの私は思わず、「右利き社会」と答えてしまいました。ハサミや包丁はもちろんのこと、PCを使うのも、カメラのシャッターを押すことも、はたまたドアを開いたり、施錠の開閉も、電話をかけることもすべて「右利き社会対応」に造られています。左利きの人間にとっては、実に生きづらい社会であります。そんな苦労を知っているはずのこの私が、障害者目線で物事を考えたり、障害者にとっての障害が何であるのか、深く考えたことがなかったように思われます。

 DET研修で殊のほか印象的だったことは、3人のファシリテーターがとても穏やかで、それぞれが明るく、課題に常に前向きであること、そんな姿勢に好感を抱きました。

 知らない、気付かない・・・ そんな無関心をふるまう人間にはなりたくない、そう自分に言い聞かせた昼下がりでありました。




2017年06月07日

第3回伊勢崎市議会定例会(6月議会)のお知らせ

 伊藤純子です。暦は6月へと突入いたしました。はやいもので、今年も半分が過ぎてしまいました。まさに「光陰矢の如し」。一日一日を大切に過ごしたいと思います。

 早速ですが、表題のとおり、平成29年第3回定例会日程について、ご案内いたします。会期は16日間。開始時刻は午前10時となっております。

◆平成29年度伊勢崎市議会定例会(6月議会)

6月9日 金曜日 午前10時 議場 本会議
6月12日 月曜日 午前10時 議場 本会議(一般質問)
6月13日 火曜日 午前10時 議場 本会議(一般質問)
6月15日 木曜日 午前10時 委員会室 総務委員会
6月16日 金曜日 午前10時 委員会室 文教福祉委員会
6月19日 月曜日 午前10時 委員会室 経済市民委員会
6月20日 火曜日 午前10時 委員会室 建設水道委員会
6月26日 月曜日 午前10時 議場 本会議

なお、本会議及び常任委員会(総務委員会、文教福祉委員会、経済市民委員会、建設水道委員会)は、傍聴することができます。また本会議は、伊勢崎市議会インタ―ネット中継のページから視聴することができます。



2017年05月05日

5歳児健康検査モデル事業の実施について

 伊藤純子です。愛媛県今治市で、親子2人が女に刃物で刺され、92歳の母親が死亡した事件で、警察が任意で事情聴取していた30歳代の女性が自殺していたことを明らかにしました。十中八九、この女が怪しいものと思われますが、この事件の真相、犯行の動機などが明らかにされないまま、事件が終息してしまうことを遺憾に思いつつ、なぜ、このような事件が発生してしまうのか、疑問に思う今日この頃。当ブログをご覧のみなさま、いかがお思いでしょうか?

 さて、表題のとおり、伊勢崎市は、平成29年10月より、子供の成長発達の確認と、子育て支援の充実のため、「5歳児健康検査のモデル事業」を市内公立保育所および幼稚園4施設において実施をいたします。詳細は下記のとおりです。

 5歳児健康検査の開始理由は、3歳までには明らかにされにくく、集団保育のなかで見られる子供の発達課題に対して、子供の得意なところ、不得意なところを知り、子供の育ちを集団保育のなかで支援するとともに、子育ての不安を抱える保護者支援を充実するために行う、というもの。対象保育所、幼稚園に「発達相談員」が出向いて、健康診査を実施するものであります。


 5歳児健康検査モデル事業

1 健康診査の開始月   平成29年10月より
2 モデル保育所・幼稚園 
公立保育所 第三保育所、境ひので保育所
公立幼稚園 あかぼり幼稚園 あずま幼稚園

3 対象児          
モデル保育所および幼稚園に通う市内在住の当該年度満5歳となる子供
(平成24年4月2日〜平成25年4月1日生まれ)

 5歳児健康検診についての問い合わせ、詳細については
健康管理センター 0270-23-6675 へ


 


2017年04月14日

伊勢崎佐波LC 北川大介チャリティーショーのご案内

 profile daisuke

 伊藤純子です。はやいもので、暦は4月も中旬を迎えています。春爛漫のみぎり、当ブログをご覧のみなさまにおかれましては、お健やかにお過ごしのことと拝察いたしております。

 早速ですが、表題にも明記いたしましたが、「ライオンズクラブ国際協会創立100周年記念 伊勢崎佐波ライオンズクラブ 結成30周年記念 チャリティーコンサート」「北川大介 オンステージ」のご案内を申し上げます。

 北川 大介さんは、神奈川県足柄上郡松田町出身の「演歌歌手」。『NHK歌謡コンサート』の企画で、竹島宏さん、山内惠介さんと結成したイケメン演歌歌手トリオ「イケメン3」の一人として、芸能活動を展開。芸才は歌に留まらず、高校時代は野球部のピッチャー、大学時代に腕を磨いたゴルフの腕前は「プロ並み」で、大学卒業後、米国へゴルフ留学するなどして、プロゴルファーを目指していた時期があったと聞いています。たまたま腰を痛めていたときに参加したカラオケ大会で、作曲家の中川博之氏にスカウトされ、1998年8月、日本クラウンより「前橋ブルース」で歌手デビューを果たしました。

 「北川大介 オンステージ」の詳細については下記のとおりです。みなさまのご来場をお待ちしております。

 
◆「北川大介 オンステージ」◆

開催日時: 平成29年5月10日(水)
 場 所 : 伊勢崎市文化会館大ホール
開場:16:00  開演:18:00
チケット:  4,000円(税込)
ゲスト : 沢 ゆかり
司会 : 川田 恋

チケットのお求め、またはお問い合わせは

伊勢崎市文化会館      ☎0270-23-6070
ライオンズクラブ合同事務局 ☎0270-23-2777
太田 携帯         📱090-5764-6236 まで

 
【写真】北川大介さん(北川大介オフィシャルサイトより)
 

2017年03月18日

《神社巡り》武蔵一宮 氷川神社(さいたま市大宮区)

 伊藤純子です。「時事ネタばかりじゃ、つまらない」−。そんなブロガーの意見を反映いたしたく、本日より新カテゴリ「御朱印」を開設いたします。
 記念すべき第1回目は、大宮を中心に、埼玉県下および東京都下、はたまた神奈川県下に280数社を数える「氷川神社」。今から2400年有余の昔、第5代 孝昭天皇の御代3年4月の御創立で、「大いなる宮居」=「大宮」の地名の由来にもなった古社であります。仕事運、人間関係運、金運、恋愛運向上のご利益を求めて、毎年200万人もの人々が参拝に訪れると聞きます。

DSC_2497 境内は広大な聖地で、広さは約3万坪。旧国道16号沿いの「二の鳥居」は高さ13mで、ヒノキ造りでは日本一の高さなのだとか。また、美しいケヤキの参道は約2kmにもおよび、これもまた日本一の長さを誇ります。

DSC_2530 御朱印

 武蔵国の一宮として、関東一円の信仰を集め、「大宮氷川神社」の名で親しまれています。『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』(八木龍平 サンマーク出版)によると、心の中が頼み事や悩み事など雑念でいっぱいだと、神様が入り込む「スキマ」ができないので、「無心に近づくほど、神様が入ってくる」とのこと。神社からpowerをいただいて、頑張りたいと思います。



junks1 at 22:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)御朱印 

2017年03月04日

「インターネット中継」配信のお知らせ

 伊藤純子です。日毎に寒さがやわらいできました。当ブログをご覧のみなさま、いかがお過ごしでしょうか? 
 2日、3日と予算委員会が行われ、来週は各常任委員会が開会されます。目下、議会の只中ですが、体調管理に心がけ、17日の本会議最終日まで、気を抜くことなく頑張りたいと思います。

 さて、昨年の9月議会から、伊勢崎市議会は「インターネット中継」を配信することになりました。平成15年に初当選以来、会派・正論の会は、議会内改革の一項目として「インターネット中継」を提言し続けていました。13年後の昨年9月、ようやく陽の目を浴びることとなりました。

 録画映像は本会議終了後、おおむね5日後からご覧になれます。本定例会のようすは3月24日前後に閲覧が可能になります。ぜひ、ご覧いただきたいと存じます。



2017年02月23日

犬猫譲渡会の開催!

 伊藤純子です。こちら群馬・伊勢崎は強風が吹いています。当ブログをご覧のみなさまにおかれましては、つつがなくお過ごしのことと拝察いたしております。目下、28日の「一般質問」登壇の準備のため、パソコンと向き合っています。原稿もだいぶ仕上がってまりましたので、早速ですがここで、表題のとおり、殺処分される犬や猫を減らすため、適正飼育可能な犬、猫を飼育してもらえるよう「犬猫譲渡会」(伊勢崎市主催、群馬県獣医師会伊勢崎地区会共催)の開催告知をいたします。詳細は下記のとおりです。

 「犬猫譲渡会」のご案内

 日時  平成29年3月12日㈰ 
猫の譲渡 午前10時30分から正午まで
犬の譲渡 午後1時30分から午後2時30分まで
 会場  市民体育館ピロティ(伊勢崎市堤下町93)※屋外で行われます。 

引き取り希望者の方へ
1 1月23日㈪〜3月3日㈮までに環境保護課に事前申し込みをしてください。譲渡会当日、免許証などの身分証明書が必要になります。
2 聞き取りの上、犬・猫を適正に飼育できること、不妊・去勢手術をすることに同意いただける人が対象になります。
3 未成年者、65歳以上の犬の取引希望者、60歳以上の猫の引取希望者は、同居家族の同意が必要となります。ご家族とご一緒にお越しください。
4 未登録の犬については登録料3,000円が必要となります。
5 貸家等にお住いの方は、ペットの飼育が可能であると証明する書類を提示してください。

譲渡希望者の方へ
1 市内在住の人が対象となります。
2 生後2か月以上で離乳が済んでいて、おおむね生後5か月以内の犬・猫が対象となります。※当日、獣医師の問診(無料)により健康面で問題なしとされたものに限ります。
3 1月23日㈪〜3月3日㈮までに環境保全課に事前申し込みをしてください。なお、受付頭数は猫20頭、小型犬20頭、中型・大型犬は3頭を予定しています。
4 当日、猫の譲渡希望者は午前9時30分〜10時まで、犬の譲渡希望者は午後1時〜午後1時15分までに受付を済ませてください。
5 譲渡する犬猫に親犬、親猫がいる場合には不妊・去勢手術を受けさせましょう。

 お問い合わせは 伊勢崎市役所環境部環境保全課 0270-27-2733 へ





junks1 at 16:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月07日

第53回落楽寄席のご案内

 竜楽師匠 画像

 伊藤純子です。立春とは申しますが、まだまだ寒い日々が続いております。当ブログをご覧のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 表題のとおり、第53回落楽寄席のご案内を申し上げます。演者、日時等の詳細は下記のとおりです。

 ◆第53回落楽寄席◆

◎開催日時:平成29年3月11日㈯午後2時00分開演(開場:午後1時30分)
◎会場:伊勢崎市境総合文化センター
◎出演:三遊亭竜楽師匠
◎木戸銭:1800円

 さて・・・

 竜楽師匠は昭和33年、本県前橋市出身。中央大学卒業後、故・五代目三遊亭円楽に入門、平成4年に真打に昇進されました。落語三遊派の正統的話芸を受け継ぎ、国立演芸場花形演芸大賞などを受賞。平成20年、フィレンツェ・ジャパンフェスティバルの出演を契機に、海外での現地語口演を開催するなど、国際派の落語家として知られています。
 
 これまでに、ヨーロッパ、アメリカ、中国など45都市を訪ね、160回以上の口演を行っているもよう。日本語はもちろんのこと、英語、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、ポルトガル語、そして中国語を見事に操り、話芸「落語」を世界に発信。多言語DVD「三遊亭竜楽の七か国語 RAKUGO」も好評発売中です。

 前橋市観光大使に就任し、落語はもちろん、幅広い活躍が期待されています。落楽寄席にぜひご来場ください。

 チケット購入等 お問い合わせは・・・
落楽会事務局 0270-25-8756  川端さんへ



2017年01月21日

平成28年中の火災および救急概要

 伊藤純子です。伊勢崎消防本部より「平成28年中の火災および救急概要」について情報提供がありましたので、下記のとおりご報告いたします。

 火災概要

 平成28年中の総出火件数は94件で、前年より8件減少しています。火災種別ごとに前年と比較しますと、建物火災45件(−8件)、車両火災10件(+3件)、その他の火災が39件(−3件)。出火件数を市町別でみますと、伊勢崎市83件(−9件)、玉村町11件(+1件)で、火災による損害額は約2億2千3百万円にものぼり、前年よりも約5千3百万円の増加が見込まれる、とのことです。

 火災による死者は6人で、前年比1人の増加。建物火災による死亡者4人、その他の火災によるものが2人となっています。また、火災による負傷者は15人で、前年比4人増とのことです。

 出火原因が気になるところですが、全火災94件のうち「放火・放火の疑い」23件(24.5%)、「たき火」10件(10.6%)、「電気に起因するもの」10件(10.6%)、「たばこ」5件(5.3%)、「こんろ」4件(4.3%)、「排気管」4件(4.3%)、「焼却炉」4件(4.3%)の順になっています。


 救急概要

 次に、救急車の出動件数は10,857件、搬送人員は10,210人で、前年と比較すると出動件数は484件増、搬送人員は532人増となっています。搬送状況を事故種別ごとにみると、急病6,485人で、全体の63.5%を占め、次いで一般負傷1,311人(12.8%)、交通1,133人(11.0%)、転院搬送867人(8.4%)の順になっています。

 救急隊によって搬送された方々の程度別状況については、入院を必要としない「軽症」が4,566人で全体の44.7%を占めており、次いで入院を必要とするも、重症にいたらない「中等症」が4,129人(40.4%)、3週間以上の入院加療を必要とする「重症」が1,333人(13.0%)の順。一日あたりの平均出動件数は30件で、約48分に1件の割合で救急車が出動したことになるとのことです。

 

2017年01月02日

謹賀新年

received_751820691641917


  謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は拙ブログ「伊藤純子の活動日記」をご覧いただき、
誠にありがとうございました。
日ごろのご厚情に感謝いたしますとともに、
ブロガー各位の益々のご健康とご多幸をお祈りいたします。
今後とも、伊藤純子の議会・政治活動に対するご理解、ご支援のほど、
お願い申し上げます。

 平成29年 正月
                伊勢崎市議会議員    伊藤 純子


junks1 at 20:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年12月31日

今年もやります!10大ニュース!!

 伊藤純子です。年の瀬も押し迫り、新年を迎える準備に追われているころとお察しいたします。はやいもので本日大晦日、大掃除を終え、ようやく一息ついたところであります。年越しの準備はお済でしょうか?
この一年、当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございました。暦が変わらないうちに例年どおり「今年の10大ニュース」を書き留めたいと存じます。それでは早速、第10位から!


【10位】  白黒トビ猫「レオ」、伊藤家仲間入り

 夏日を思わせる5月のある日のこと。庭先から微かに子猫の甘え声が聞こえました。恐る恐る庭を覗いて見ると、家猫たちの後を懸命に追う、可愛いトビ猫の姿を目撃してしまったのです。すでに同居する猫たちの数を含めると10匹目を数えることから、家族審議を諮ることに。しかし、あまりの可愛いしぐさに人間たちはもとより、家猫たちもイチコロ。あまり躊躇することなく、新メンバーとして受け入れることにいたしました。トビ猫とは、柄の少ない猫のこと。頭部と尻尾が黒くて、残りは白色。12月10日に無事、避妊手術も済ませました。最年少なので、みんなの寵愛を一身に集めています。


【9位】  いただきました!「県社会福祉協議会会長賞」

 晴天に恵まれた11月15日、伊勢崎市文化会館で行われた「群馬県社会福祉大会」で、「県社会福祉協議会会長賞」なるものを拝受いたしました。この賞は、保護司功労者に贈られるとのことで、いやはや恐縮しております。保護司とは、保護司法とその他法令の規定により、保護観察の実施やその事務に従事する非常勤の国家公務員のこと。これをきっかけに新たな気持ちで、更生保護の分野に携わっていく所存であります。


【8位】  自重自戒!今度は甲状腺!

 毎年、何らかの「警告」が言い渡される定期検診ですが、今年はなんと「甲状腺の働きに異常が認められる」と指摘されてしまいました。甲状腺は、のどぼとけ(甲状軟骨)下の気管の外側にあり、エネルギー代謝を調節する重要なホルモンを分泌している器官。どうやら正常値からかなりの差が認められたため、再検査をする羽目になってしまいました。その結果、疑われる病気に「バセドウ病」が挙げられましたが、特に薬の投与もなく、経過観察処分となり、今日に至っています。次回の検査は来年4月。それまでに体調が悪化しないよう、万全を期して検査に臨みたいと思います。


【7位】  お友達「890人超」 Facebookの利用度、高まる広がる!

 世界で最も大きなSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)「Facebook」。今年も国内外の知人・旧人を掘り当てたり、新しい友達追加のチャンスに恵まれたりと、多くの人々と親交を深めることができました。オーストラリア滞在中に親しくなった友人ともFacebookを通じて再会を果たすこともできました。また、「ショパン」の愛称で知られる俳優の長谷川初範さんと繋がったことも嬉しい出来事。長谷川さんは、俳優業の傍ら、音楽活動を展開。地道な社会貢献をされています。さて、来年はどんな出会いに遭遇できるかしら…。今からとても楽しみです。


【6位】  姪っ子が大学進学内定へ

 9月、「指定校推薦学内選考会」に推薦願を提出していた実兄の長女に朗報です。希望していた大学への進学が内定いたしました。叔母として、なんとも嬉しい限り。夏休みに苦手の英語を猛勉強して、これを克服。姪ながら、褒めてあげたいと思います。冬休みに入る前、大学側から「合格通知書」も送られて来て、伊藤家分家にも確実に春が訪れる見通しです。本当に良かった。大学生活をエンジョイしてほしいものです。


【5位】  純子、石垣市へ飛ぶ!

7月30日〜8月2日まで、李登輝友の会主催の「日台セミナ―」「李登輝元総統講演会」そのほか行政視察を行うため、石垣市を訪問しました。日本の南西諸島に属する琉球諸島のうち、さらに南西部に位置する先島諸島への上陸は初めて。また、今回初めて、隣接する埼玉県本庄市議会の会派「大地」の岩崎議長と田中議員と計画、石垣入りしました。セミナ―では、「台湾出身者の戸籍表記是正」を求める意見書の作成や先進事例の研究、そのあと、台湾の元総統であられる李登輝閣下の講演を拝聴しました。石垣市で行われた視察内容は、あの「尖閣諸島」を取り巻く現状と、「子育て政策」や「地域創生の取り組みについて」の3点。今回の訪問で、我が会派「正論の会」上程による「台湾出身者の戸籍表記是正を求める意見書」が9月定例会最終日に賛成多数で可決されたことは、議会人としての喜びの極み。李登輝閣下の日本講演を実現してくださった李登輝友の会関係者各位、全国若手市長会会長の吉田信解本庄市長、また、このたび、石垣島に自衛隊配備を断行した同副会長の中山義隆石垣市長に心から謝意を申し上げたいと思います。


【4位】  【訃報】柳家喜多八師匠、逝く

 5月17日、ニヒルな風貌と、古典から滑稽噺までと幅広いネタを持つことで知られる落語家の柳家喜多八師匠が、病気のため、都内の病院で亡くなりました。享年66歳。地元の落語愛好家たちで構成される「落楽会」主催の寄席にも度々登場し、会場を沸かせてくださいました。銜えタバコがお似合いの、しびれるような低音ボイスが魅力的で、落語界には珍しい学習院大卒だったことから、「柳ノ宮喜多八殿下」と称されるなど、「落語界のゆるキャラ」として親しまれていました。7月11日、落語協会と小三治師匠のはからいで、千代田区如水会館で執り行われた「お別れ会」に出席させていただいたのですが、祭壇中央に飾られた喜多八師匠のご遺影に手を合わせたとき、「お嬢さん、そんなシケた顔をしなさんな」と、あの‘低音ボイス’が聞こえたような、そんな気がいたしました。お別れ会に出席できたことで、気持ちの整理もつきました。在りし日の喜多八師匠の姿を偲び、衷心よりご冥福をお祈りしたいと思います。


【3位】  オピニオンリーダーを拝命しました!

 春爛漫の4月12日、埼玉県朝霞市にある陸上自衛隊朝霞駐屯地を訪問。同敷地内で行われた「東部方面隊オピニオンリーダー」委嘱式に出席しました。オピニオンリーダーとは、陸上自衛隊東部方面区内(1都10県)に在住する幅広い業種、職業人から選任され、任期は1期2年。4月現在の委嘱者総数は42名で、新年度から新たに私を含む14名が委嘱されました。主な活動内容は部隊等の行事参加や、訓練・演習見学、さらには自衛隊に対する意見、専門分野に関する発言など。有事に係わることですから、極めて重責であります。10月には、2年に一度開催される「自衛隊記念日観閲式」にも出席することができました。緊迫した東アジア情勢を直視し、「国を守る」ということはどういうことなのか、この機会に、さらに追究してみたいと思っています。


【2位】  台湾人の戸籍表記、認めて!国へ意見書を提出

 9月議会の最終日、伊勢崎市議会は本会議で、日本に帰化、あるいは日本人と結婚した台湾出身者の戸籍などの国籍・出生地表記を、現状の「中国」から「台湾」に改めるよう政府に求める議員提出の意見書を賛成多数で可決しました。同様の意見書提出は伊勢崎市議会が県内初。新聞でも一面で大きく掲載されました。何を隠そう、この意見書案は私が申し出たもの。議会運営委員会の協議を経て、同意した議運メンバーが本会議場で発議。共産党の反対討論があったものの、賛成多数で可決に至りました。台湾出身者に交付している在留カードは「国籍・地域」欄を設けて「台湾」と表記しているのに対し、戸籍は「中国」のまま。実際に、市内に在住する台湾出身者から「自分の出身は台湾であり、中国と書かれるとアイデンティティーが傷ついた気分になる」とのこと。これは歴とした‘人権侵害’にほかなりません。共産党市議団は「国際問題も考慮に入れた判断が必要」などと、それっぽい反対意見を陳述していましたが、はやい話、同じ共産主義者として、中国共産党に反旗を翻せなかっただけ。単に、台湾出身者の悲痛な叫びに耳を傾けなかっただけ。ともあれ、賛同してくれた議員各位に、改めて感謝申し上げたいと思います。


【1位】  「子宮頸がんワクチン」副作用被害者に対し、市が独自助成

子宮頸がんワクチンの接種後に痛みやしびれなどが報告されている問題で、伊勢崎市は治療中の患者に最長1年、医療費の自己負担分などを支給する独自の助成制度を開始しました。県内自治体が患者の経済的支援を実施する制度は伊勢崎市が初めて。県内はおろか、国内でもこのような助成制度を行っている自治体は、まだ少数に留まります。この問題を指摘して6年以上が経過した本年7月、ついに五十嵐市長が英断に踏み切ってくださいました。議員歴10余年、自らの政策提案が実現したもののなかで、最も記憶に残るものだったと自負しております。担当部局から、事前に、市独自の助成が検討されていることを知らされたとき、「これまでの主張が認められた」と、思わず涙が溢れ出ました。議会人冥利に尽きます。


 こうしているうちに2016年が慌ただしく暮れて行きます。顧みますと、あっという間の366日でした。長い間取り組んできたことへの結果が見いだせたことは喜びもひとしおですが、親しい方々との永遠の別れは、切々とした無常観を感じさせられます。

 みなさまにとって、来る年も良い年でありますようお祈り申し上げますとともに、これからも拙ブログに対する変わらぬお引き立てのほど、謹んでお願い申し上げます。



junks1 at 13:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)全般 

2016年12月15日

企業進出について

 伊藤純子です。心せわしい年の暮れ、当ブログをご覧のみなさま、お変わりありませんか?過日の報道発表にもありましたとおり、サカエ理研工業株式会社(愛知県清須市=岡野仁代表取締役社長)の伊勢崎宮郷団地への進出が確実となりましたので、ここにお知らせしたいと存じます。

 同社は、自動車のイメージを決定づけるラジエーターグリルなどの外装部品をはじめ、ドアミラーやターンランプなどの機能部品、インストルメントなどの内装部品など、自動車部品を開発・製造しています。

 同社の工業団地内進出は、関東地区で初めての工場新設!東毛広域幹線道路や高速道路へ近接していることや、取引先へのアクセスに優れていることなど、良好な立地環境が高く評価されたと聞いています。同社の進出により、伊勢崎宮郷団地第1期分譲区画は完売となりました。

 土地取得は12月5日。建設着工は平成29年5月で、操業開始は平成30年5月を予定しているとのことです。雇用も150人規模と想定されていることから、同社に寄せる期待は膨らみます。年末のビッグニュースであります。



junks1 at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)話題 

2016年11月22日

伊勢崎市の人口基本集計

 伊藤純子です。秋のあわれを思わせる今日この頃、当ブログをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 さて、表題のとおり、平成27年国勢調査における「伊勢崎市の人口基本集計」 について、ご報告いたします。平成27年10月1日を実施日としたこの度の集計結果ですが、本年10月26日に総務省より公表され、伊勢崎市は人口総数208,814人 総世帯数80,110人世帯でありました。人口総数のうち、年少人口 29,549人(約7%減)、生産年齢人口 128,354人(約2.9%減)、老齢人口 49,221人(約17%増)でありました。なお、稼働人口の男女・年齢等集計等は、平成29年1月から順次公表予定です。

 ちなみに・・・

 群馬県の人口は、1,973,115人で、男性973,283人、女性999,832人。平成22年と比べると、34,953人、率にして1.7%減少し、過去3回の調査で減少幅が拡大しています。また、市町村の人口に目を向けると、人口増加数は、太田市が3,342人と最も多く、次いで我が伊勢崎市(1,593人)、吉岡町(1,279人)、大泉町(945人)となっており、人口増加率は、吉岡町の6.5%が最も高く、次いで大泉町(2.3%)、太田市(1.5%)、我が伊勢崎市(0.8%)でありました。

 一方、人口減少数は、桐生市が6,990人と最も多く、次いで渋川市(4,939人)、前橋市(4,137人)、沼田市(2,589人)、安中市(2,546人)で、人口減少率は、南牧村が18.3%と最も高く、次いで神流町(16.9%)、下仁田町(15.1%)、片品村(10.5%)、東吾妻町(10.2%)とのことです。

 外国人の人口は37,126人で、平成22年に比べ、4.7%増加。県人口に占める割合は1.9%となっています。市町村別では、我が伊勢崎市が8,889人と最も多く、次いで太田市が7,345人、大泉町が6,302人、高崎市が3,369人。国籍別では、「ブラジル」の割合が最も高く、次いで「中国」、「フィリピン」、「ペルー」。 日本人人口は、1,930,380人で、平成22年に比べ1.7%減少しています。

 国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする、国の最も重要な統計調査。国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、「統計法」に基づいて5年に一度、実施されています。調査の結果は、福祉施策や生活環境整備、災害対策など、さまざまな施策の計画策定などに利用されています。この結果から見えてくる伊勢崎市の全体像を分析し、今後の質疑等に活かしていきたいと思います。



2016年10月28日

平成29年度予算要望書を提出!

DSC_1945~2 伊藤純子です。本日27日、月山や富士山の頂に初雪を観測したとの由、日中は温暖ですが、日毎に、確実に秋から冬へと向かっています。当ブログをご覧のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 表題のとおり、本日午後、五十嵐清隆市長に「平成29年度予算要望書」を提出いたしました。五十嵐市長におかれましては、本年7月、子宮頸がんワクチン副反応被害者とその家族に対し、伊勢崎市独自の救済支援策を打ち出してくださいました。五十嵐市長のご英断に、改めて感謝の気持ちと敬意と表する次第であります。

 そこで早速ですが、下記のとおり、予算要望の内容を添付いたします。ご一読いただきたいと存じます。



 平成29年度予算編成に対する要望事項

◆主要項目◆ 

《地域医療》

乳がん検診‐高濃度乳房(デンスブレスト)に対する超音波、エコー検査の実施
市町村加入の予防接種事故補償保険の精査・検証
肝炎ワクチン‐副作用リスクを回避するため「ラテックス」「酵母」アレルギーは「接種対象外」であることを注意喚起する
医療政策課の主管課を設置
消防本部における救急専用ダイヤルの開設

《地域開発》
絹産業遺産群「田島弥平旧宅」とその周辺地域の環境整備

《経済振興》
企業誘致と雇用創出
主力の製造業に対する環境設備対策への支援

《治安対策》
地震防災対策のさらなる推進
災害援護ボランティア窓口の設置

《教育行政》
不登校児童・生徒の増加に歯止めを
個人主義ではなく「家族」や「共同体」を優先する教育指導

《子育て・高齢者支援政策》
「子育て専従者控除」や「在宅高齢者支援」の拡充

《超高齢社会に向けた取り組み》
コンパクトシティ構想 車社会から公共交通社会へシフト

《国際交流》
台湾・トルコなどの親日国家との国際交流 経済振興および文化交流の推進


1 さらなる地方分権の確立

職員等の人事管理−市職員の有効配置
オートレース場の代替に関わる研究委員会の発足
新たな都市間連携の構築 ex.伊勢市
市営墓地の整備・造成
台湾、トルコなど親日国との国際交流、友好姉妹都市締結へ
伊勢崎発の準急「りょうもう号」の増発、実現
市営施設(市役所、各支所など)駐車場の有料化
絹産業遺産群「田島弥平旧宅」の保存・管理の強化 
   周辺のアクセス道路整備 島村地域全体の環境整備の促進
最高裁判決で確定した「外国人への生活保護費給付の中止」徹底へ
適正な受益者負担の考えに則り、補助金等各種事業への公金支出の在り方を徹底検証
4年後に開催される東京五輪・パラリンピックに向けた事前キャンプ地の誘致

2 子育て・高齢者支援政策

ジェンダーフリーなどの過激思想の撤廃
行過ぎた「男女共同参画社会」の見直し
3才まで在宅で子育てする家庭を対象とした「子育て専従者控除」の創設
高齢者の自立支援策、高齢者を支える家族に対する環境整備、政策研究
新規パチンコ店など遊戯施設の増加を制限する条例制定
在宅による高齢健康優良者の家族に対する報奨制度の制定
里親制度 里子の生活費・養育里親への手当支給

3 環境政策の推進と農業振興

緑地の拡大(特に学校・公共施設などの芝生化)
ゴミの減量化・リサイクル事業のさらなる推進
農業振興 遊休農地の有効活用
リサイクルセンターおよび周辺地域の環境保全、維持対策
猫の不妊・去勢手術費助成(補助)制度の導入
超高齢社会に向けた新たな公共交通への取り組み
(ゴムタイヤトラム・トランスロールの敷設)
雨水利用の促進 公共施設に大型雨水タンクを設置
汚水処理普及率・汚水処理率の低下に歯止め 
市独自の空家対策 空家の再利用

4 生活道路・通学道路の整備促進

通学路における信号機や交通標識の設置 
交通危険個所の確認とその安全対策
道路・橋梁の補修・改修、必要に応じて新設

5 治安・防災対策 安全安心のまちづくり

自治体と伊勢崎警察署・境署とのさらなる連携強化
外国人対策の推進(マナーアップ、基本条例の策定)
「犯罪被害者等支援条例」の制定
自転車保険加入の義務化 
防犯カメラの増設
地震防災対策のさらなる推進
災害援護ボランティア窓口の設置
集中豪雨の対応 浸水・防災体制の構築

6 企業誘致および地元企業の育成と雇用の確保

雇用を重視した企業誘致
本市主力の製造業等の環境設備対策への支援
機械装置や防音壁などの設備に対する補助金制度の創設
(ex. 近隣住民とのトラブル解決等の支援策として)
観光協会に民間手法を活用
高年齢者の働き方と活躍のための環境整備

7 福祉・保健・医療

乳がん検診‐ 
マンモグラフィでは見落とす危険のある「デンスブレスト」(高濃度乳房)に対する超音波、エコーによる検査の実施
肝炎ワクチン‐ 
「ラテックス」(ゴム、木になる果物、果実)や「酵母」アレルギーの人に副反応症状が見られる傾向があることを注意喚起することで副反応リスクを回避する対策
リスクの高いワクチンに頼らない無料検査によるがんの早期発見
医師不足を解消するために医師確保対策推進事業の拡充
「医療政策課」の主管課を設置
消防本部における救急専用ダイヤルの開設
市民病院における透析治療の夜間対応 

8 教育・家族の再生

新教育基本法に基づいた教育改革の断行
ジェンダー思想を相対化する「家族の絆を守る運動」の推進
市立四葉学園の私立化
全国テストの市町村別・学校別結果の情報開示
「子ども」表記を取りやめ、常用漢字「子供」もしくは「こども」表記へ
不登校児童・生徒への対応と対策 
不登校、ひきこもり児童・生徒の実態把握とその後の追跡調査
不登校、ひきこもり児童・生徒の問題解決に取り組む主管課を設置
いじめ問題等に対応する専門家の配置拡充
スポーツ特化・強化選手に対する支援 
個人主義イデオロギーを見直し、家族の絆を重視する「家庭科授業」を実施
中学校(中等教育学校も含む)弓道部の創設
糖尿病などによる肥満児童に対する健康管理体制の構築
2020年東京五輪・パラリンピック競技大会等を契機としたスポーツ振興

 長文をお読みくださり、ありがとうございました。
 引き続き、伊藤純子の議会・政治活動に対するご理解とご支援のほど、お願い申し上げます。 



2016年10月02日

「台湾出身者の戸籍表記是正を求める意見書」可決へ

 DSC_1708

 伊藤純子です。去る9月30日、約1カ月にわたって開会された伊勢崎市議会定例会(9月議会)が閉会いたしました。今回は、一般質問、決算委員会、常任委員会(経済市民)、そして世界遺産特別委員会など出番が多く、議会人として、とても充実した定例会だったと振り返ります。その中で特に印象に残ったことは、私が上程した意見書が、賛成多数で可決したこと。本日は、上程した意見書とその内容についてお話ししたいと存じます。

 まず「意見書」とは、地方自治法第99条において、地方公共団体の公益にかかわる事柄に関して、議会の議決に基づき、議会としての意見や希望を意見書として内閣総理大臣、国会、関係行政庁に提出できることとされるもの。伊勢崎市議会でも、各定例会に会派単位で意見書案を提案、議会運営委員会での協議を経て、議員発議で提案し、採択されます。 また、市民等から意見書提出を求める請願が提出されることもあります。これについては請願の例により取り扱い、採択された場合は、議員発議で意見書を提案し、採択することになります。なお、意見書には法的拘束力はありませんが、住民代表である議会の総意として尊重されます。

 そこで、私が上程した意見書は下記のとおりですので、ご面倒でも一読を願います。


 台湾出身者の戸籍表記是正を求める意見書

台湾出身者が日本人と結婚、あるいは帰化するなど、その身分に変動があった場合、戸籍における国籍や出生地は「台湾」ではなく「中国」もしくは「中国台湾省」と表記されている。伊勢崎市においても台湾出身者を「中国」と表記、手続きの際に担当者が台湾出身者に対して説明をし、一定の理解を求めている状況である。

中国とは中華人民共和国のことであり、中国台湾省とは中華人民共和国の行政区を指す。しかし、台湾がこれまで一度たりとも中華人民共和国に統治を受けた史実はなく、これは台湾出身者の尊厳、人権にかかわる重要な問題である。

そもそも戸籍において台湾出身者を「中国」としたのは、東京オリンピックが開催された昭和39年6月19日付で出された「中華民国の国籍表示を『中国』と記載することについて」という法務省民事局長通達が根拠となっている(参議院平成23年8月19日答弁書256号)。

昭和47年、中国と日本の国交を樹立した際、中華民国(当時の台湾)と断交したものの、平成17年から日本と台湾との間で観光客に対するビザ免除を恒久化、また平成19年には運転免許証の相互承認を行っているが、中国とはいまだ行われていない。東京都は平成20年5月、台湾からの転入、転出の際の住民基本台帳の表記について、「現状に即さず、正確ではない」との判断から「台湾」表記を認める通知を出している。

平成24年7月、これまでの外国人登録証明書を廃止し、新たな在留カード制度に移行された際には、「国籍・地域」欄を設け、台湾出身者は「中国」ではなく「台湾」と表記されている。同時に実施された外国人住民基本台帳においても台湾出身者の「国籍・地域」は「台湾」と表記されるようになった。つまり、同じ法務省内の在留カードや外国人住民基本台帳と、戸籍の国籍欄の整合性がとれていない。
よって、下記の事項の実現するよう、日本政府に強く求める。

1 戸籍の国籍欄および出生地欄を「国籍・地域」と改め、台湾出身者を「中国」ではなく、「台湾」と表記するよう、早急に新たな民事局長通達を出すこと。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。



 −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

 簡潔に申し上げますと、平成24年7月9日から、日本に在留する外国人の新しい在留管理制度が始まり、在留カードと住民票は「台湾」と表記されるようになったものの、戸籍についてはなぜ、「台湾」と表記されないのか、と言うことです。この問題については、かねてより、伊勢崎市に在住する台湾出身者がこの問題に直面し、非常に残念な思いをしている、と伺っておりましたので、いつ上程しようか、タイミングを見計らっておりました。8月に行われた石垣市での「戸籍表記に関する研修会」に出席したこと、また、卓球の福原愛選手が台湾男性との成婚直後と言った、おめでたいムードが冷めないうちに、どうしても上程したかった思いがありました。

 これに対し、ほとんどの市議は賛成の意思表示をしてくださいました。これは本当に嬉しかったです。なかには賛成の意志を示しつつ、「外交問題に発展しないか」など、慎重な意見もありましたが、共産党議員団(2名)の反対だけで、意見書は圧倒的多数で可決に至りました。

 県内でも初の意見書提出で、全国的にも石川県議会、柏崎市議会、そして鎌倉市議会など、まだまだごく少数の議会のみ可決されている状況であります。台湾出身者の尊厳、人権にかかわる重要な問題であることから、多くの地方議会でこの意見書が可決されることを切に願うばかりであります。


【画像】10月1日(土)付の上毛新聞(一面)に大きく掲載されました!

 

2016年09月24日

企業訪問シリーズ ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社

DSC_1687 
 《このトピックはFacebookにも掲載しています。あらかじめご了承ください》

 伊藤純子です。本日23日、経済市民常任委員会が開かれ、4つの議案審議を行いました。昼食を挟んだあと、ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社(群馬工場)を訪問、飲料水や食品事業の製造工程など視察しました。

 御社の拠点は名古屋市ですが、コーヒーやコーンスープなどの飲み物は、我が伊勢崎市にある工場で製造されています。今年8月、新ライン稼働を開始し、生産数がより拡大され、年間1600万ケースの飲み物を生産しているイケイケ企業であります。

 御社からさまざまな企業恩恵を受けているのですが、なかでも「いせさき七夕まつり」での企業飾りは、祭りの盛り上げに大きく貢献してくださっています。また、歩行パレードの際には、参加者への飲料配布のご協力もいただいております。

 画像は、これまた伊勢崎に拠点をおくサンデンが作製した自動販売機第2号。ポッカ社の創始者が飲料を配送する社員に「何とかして温かい飲み物を提供できないだろうか」と、サンデンにホットコーヒー自販機の作製を依頼したことがきっかけなのだとか。そんな心温まる物語を聞いて、中年女は感極まっております。

 



2016年08月31日

第52回落楽寄席のご案内

20160404220446

 伊藤純子です。今日で8月も終わり、いよいよ秋の到来であります。当ブログをご覧のみなさまにおかれましては、益々お元気でお過ごしのことと拝察いたしております。

 早速ですが、表題のとおり「第52回落楽寄席」のご案内を申し上げます。今回は、若手落語家の三遊亭鬼丸師匠をお迎えいたします。鬼丸師匠は長野県出身。平成9年、三代目三遊亭圓歌に入門、前座名「歌ご」で落語界入りを果たします。平成12年、二ツ目に昇進、「きん歌」と改名し、平成22年に真打昇進をして、「鬼丸」を襲名しました。落語のほか、FMナック5「ゴゴモンズ」のパーソナリティーを務めるなど、マルチな才能ぶりを発揮しています。

 さて、どんな話芸になるか、とても楽しみです。この機会に落語鑑賞はいかがでしょうか?みなさまのご来場をお待ちしております。なお、寄席の詳細は下記のとおりです。

 ☆第52回落楽寄席☆

 出演 三遊亭 鬼丸
 
 開催日時:平成28年9月10日(土) 午後1時30分開場 午後2時開演
 場 所 :伊勢崎市境総合文化センター 〒370-0104 伊勢崎市境木島818 ☏0270-76-2222
 会員券 :1,800円


 【写真】三遊亭鬼丸師匠



2016年07月15日

【シリーズ都議選! 曄ー民、17年ぶり分裂

 自民東京都議連の文書

 伊藤純子です。先の参議院議員選挙におきまして、群馬選挙区で中曽根弘文氏が高得票で当選を果たすことができましたこと、県民のみなさまの良識に心から感謝と敬意を表したいと思います。

 さて、長雨降りやまぬ今日このごろ、東京都ではいよいよ知事選の告示を迎えました。私個人、群馬県在住の自民党員ではありますが、私が都民だとすれば、小池百合子氏を支援するだろう、そう考えています。そんななか、東京都知事選をめぐり、自民党東京都連は「都知事選挙における党紀の保持について」と題した文書を11日付で、所属国会議員や都議らに配ったもよう。都連が推薦を決めた増田寛也元総務相以外の候補を応援した場合、な、なんと「処分対象」になるのだとか。これは明らかに小池百合子氏を応援しないよう、都の党員に引き締めを図ったもの、と考えられます。

 都連会長の石原伸晃って、そういう人だったのね。もともと好きじゃなかったけれど、ここまでクズだとは思っていませんでした。「挙党一致で勝利を目指して奮闘しなければならない」とか、「党員は、党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならない」「非推薦の候補を応援した場合は、除名等の処分の対象となる」などと、鼻息を荒くしていますが、ならばお尋ねしたい。先の都知事選で立候補した細川護熙氏を支援した小泉純一郎氏の次男、小泉進次郎氏は、なにゆえ除名等の処分にはならないのかしら??

 マスコミは「自民、17年ぶりに分裂」などと、自民擁立候補の共倒れに躍起になっています。しばらくは、都議選の行方が気になります。そこで、【シリーズ都議選!】と題して、拙ブログで特集を組みたいと思います。もちろん、あの鳥越についても言及します。

 遠隔地ではありますが、小池百合子氏のご奮闘を祈っています。 

2016年07月02日

【子宮頸がんワクチン】治療患者に独自助成!県内初!

 
 DSC_1321  伊藤純子です。暦は7月に変わりました。Facebookのトピックと重複しますが、当ブログをご覧のみなさまに「報告」があります。公明党や、一部の医療関係者たちが推奨している子宮頸がんワクチンを接種後、全身の痛みやしびれなどの副作用を疑う事件が相次いで報告された問題で、伊勢崎市は本年7月から、治療中の患者に最長1年間、医療費の事故負担などを支給する独自の救済制度を始めることを明らかにしました(写真=6月30日付の上毛新聞より)。救済業務を担う医薬品医療機器総合機構(PMDA)の制度は、申請から認定までに最短でも一年弱かかることから、その間の治療費や通院にかかる交通費など、患者の負担を軽減することが狙い。患者に対して、自治体が経済的支援を実施するのは県内初めてのこと。県内はおろか、国内でも、経済的支援を行う自治体は少数なだけに、伊勢崎市が独自で踏み切った被害者救済制度は、国の判断を待たずして、あくまで市行政府として、五十嵐清隆市長の「英断」によって、行われるものであります。この問題に取り組んできた私にとって、忘れられない一日となりました。ここに謹んで、伊勢崎市担当部局の職員各位、そして五十嵐市長に、厚く感謝と御礼を申し上げます。

 当初、「子宮頸がん予防ワクチン」と呼ばれていたこのワクチンに、私が最初に疑いの目を傾けたのは、月刊「WiLL」(ワック株式会社発行 2013年8月号)に掲載された『総力特集 子宮頸がんワクチン 厚労省の拙速行政』と題した木村盛世氏の執筆を読んでから。以前、滞在していたオーストラリアでも、接種した女子が重篤症状を起こすといった、副作用被害の実態が話題になっていた経緯もあり、木村氏の執筆に触れ、戦慄が走りました。木村氏の主張は、,海離錺チンの導入が非常に不自然な形で行われたこと、➁このワクチンがもたらす重篤な有害事象があるにも係わらず、何の論議がされないまま、国はワクチン導入を足早に進めたこと、製薬会社の介入や疑惑についても言及。さらには、て本人のワクチンに対する考え方が「予防」ではなく、「特効薬」と捉えている国民が多く、ワクチンに重篤な後遺症を残すリスクについて、あまり深く考えない、公衆衛生に対する概念が希薄な民族であること、などを理由に、このワクチン導入について、かなり批判的な立場を貫いていたのでした。正論を述べたまでの木村氏でしたが、悔しいことに、この執筆が掲載されたあと、厚生労働省をクビにされてしまったのであります。

 このワクチン導入の背景には、このワクチン導入の急先鋒だった元宝塚ジェンヌ・松あきら元参議院議員(公明党)と、松氏の夫がワクチン製造元の顧問弁護士だったことから、「製薬会社の介入」が囁かれていました。実際に、公明党本部に質問を投げかけたりするなどして、追及も試みましたが、公明党本部はこれを頑なに拒否。この出来事が私を「アンチ公明」に一転させました。

 議会活動として、このワクチンを含む3種のワクチン(肺炎球菌、ヒブ)導入を諮る議案に対する質疑を第一声に、その後は「一般質問」において、このワクチンの危険性、不必要性を訴え続けましたが、「国が勧めるワクチンを反対する意味が分からない」など、嘲笑され続けていました。

 ワクチン接種を阻止することができなかったのは残念の極み。ワクチンによって日本女子が重篤な副作用を引き起こしたことで、ようやく国は「接種奨励」を取り下げましたが、接種希望者には、高額な接種費用を国が全額負担するという、内々に接種を奨励しているという、極めて不可解な状態が今もなお続いています。今回の市の英断を契機に、利益誘導が持ち込まれないよう、国が国民に対して、責任あるワクチン政策を進めるよう働きかけたい−新たな目標を定めたところであります。


 このワクチンによる副作用被害者は、重篤患者から軽度の患者を含めるとかなりの数になります。副作用患者に対する治療法は未だ確立されておらず、何としても医療関係者の方々は医療支援でご尽力いただきたく思います。

 今日の日を迎えるにあたり、五十嵐市長をはじめとする伊勢崎市健康づくり課、健康増進部の職員各位、そして、群馬県議会全会一致で国に対し、意見書の取りまとめにご尽力いただいた原和隆県議と井田泉県議、その知恵を授けてくださった自民党群馬県連事務局の下田彰一氏、「このワクチンはおかしい」と異論を唱えて、県都前橋に働きかけてくれた笹川博義衆議院議員、私の知人で前橋市議会で奮闘してくださった小曽根英明前橋市議、ワクチンの危険性を訴えるためpower point の作成に力を貸してくれた太田市の長濱浩明氏、被害者家族を支援し続けている被害者連絡会事務局・池田利恵日野市議会議員、何かと逆風の強かった伊勢崎市議会のなかで、私の意見に唯一賛同してくれた堀地和子議員と、治療費助成を要望した市内在住の被害者家族の手紙を五十嵐市長に届けてくださった鈴木良尚議員、私を支えてくれた友人、blog、Facebook仲間、そして何よりも、私を訪ねて来てくれた被害者家族の勇気ある行動に、心から感謝の気持ちと御礼を申し上げたいと存じます。ありがとうございました。



2016年06月15日

「台湾フェアin 群馬」開催!

 20160614235510 伊藤純子です。日照不足が続いた4月から、雨不足の5月を経て、ようやく雨が降り始めるも6月半ばを迎えました。当ブログをご覧のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 新聞によると、雨不足で野菜の高値が続いているもよう。東京・大田市場では千葉産キャベツの卸値が10キロ1500円前後と前年同時期に比べ8割高!茨城産ハクサイも15キロ2400円前後と3倍以上の価格になっているのだとか。雨乞いしましょう。

 さて、表題のとおり、7月8日金曜日から10日日曜日の三日間、群馬県庁1階 県民ホールにおいて「台湾フェアin 群馬」が開催されますので、ご案内いたします。

 グルメはもちろん、群馬にいながらにして台湾を思い存分満喫できるスペシャル企画!この機会にぜひ、台湾フェアにお出掛けください。私も9日は終日、お手伝いに徹します。


 「台湾往復航空チケット」が当たるかも!皆様のご来場、首を長〜くしてお待ちしております。



2016年06月05日

「出張!なんでも鑑定団 in 伊勢崎」が開催されます!

 なんでも鑑定団 伊藤純子です。北海道七飯町の山中で、5月28日から行方不明になっていた北海道北斗市の小学2年の男児が無事、保護されました。「行き過ぎたしつけではないか?」はたまた「虐待か?」など、さまざまな意見が溢れていますが、このニュースを受けて、雄大なミシシッピーの自然を舞台に、愉快な冒険を繰り広げる『トム・ソーヤーの冒険』を思い出したのは、決して私だけではないのではないか、そう思っています。

 さて、表題のとおり、伊勢崎市文化会館会館35周年記念事業として、テレビ東京系列の人気番組『開運!なんでも鑑定団』の名物企画『出張!なんでも鑑定団 in 伊勢崎』が開催されますので、ご案内申し上げます。この機会に、ご家庭で眠っているお宝を鑑定していただきましょう!美術品にとどまらず、お菓子のおまけや玩具まで、何でも受け付けるとのことであります。募集期間は6月16日㈭から7月29日㈮まで(必着)。「お宝」にまつわるエピソードを添えて応募してください。希望者の中から選考され、番組出場者が決定します。

 「お宝」出品応募者はもちろん、公開収録の観覧希望者も募集します。募集期間は6月16日㈭から8月22日㈪まで(必着)。なお、お宝の募集と公開収録の観覧募集についての詳細は、「広報いせさき」6月16日号と一緒に配布されるチラシをご覧ください。

 

 

 

junks1 at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)話題 

2016年05月27日

【訃報】喜多八師匠、逝く

喜多八師匠 寄席のあとの懇親会

 伊藤純子です。ニヒルな風貌、渋みのある声で、古典から滑稽噺までと幅広いネタを持つことで知られる落語家の柳家喜多八(やなぎや・きたはち、本名:林寛史=はやし・ひろふみ)師匠が17日、がんのため、東京都内の病院で亡くなりました。享年66歳。

 
 まだ若い20代後半の、会社勤めをしていた頃のこと。落研出身の上司に誘われ、断るに断りきれなくて、寄席に重い足を運んだことがありました。それまで落語になんて、全く興味を示さなかったのですが、その話芸に引き込まれ、結果的には寄席の世話人を務めるまでに発展。私を落語の世界へと導いてくれたのは、落研出身の上司と、他ならぬ喜多八師匠でありました。

 銜えタバコがお似合いの、なんとも毛深い噺家さんでありました。高座では「虚弱体質ですから…」が口癖で、溜息・嘆き調の、漫談ぽい小話から始まり、いつのまにかメリハリのある噺へと展開するという見事な話芸に「完落ち」。すっかり心を奪われてしまいました。

 訃報を受けて一週間が経過しましたが、未だ喜多八師匠の死を受け入れることができないでいます。全身の機能が停止してしまったかのような虚無感から、抜けられないでいます。

 もし仮に、人が何度も転生し、動物なども含めた生類に生まれ変われるのだとしたら、もう一度、喜多八師匠に会わせてほしい− そう願うばかりであります。

 
 【画像】 在りし日の喜多八師匠 

 

 

 

2016年05月19日

【情報】廃タイヤ、消火器等の有料回収のお知らせ

 伊藤純子です。月日の経過ははやいもので、5月も半ばを過ぎました。当ブログをご覧のみなさま、お元気にお過ごしでしょうか?
 
 表題のとおり、不法投棄の防止や地域の環境美化のため、家庭で不用となった廃タイヤやバッテリー、消火器やブロックなど、ごみステーションや資源回収場所に出せない物を有料で回収します。期日、会場については下記のとおりです。

 ・ 回収期日&会場

 〇6月5日㈰  清掃リサイクルセンター21
 〇6月12日㈰ あずまストックヤード(旧あずまダストセンター)

 ・ 時間 
 
 午前9時から正午まで

 ・ 持ち込むときの注意点

 〇 汚れはよく落としてください
 〇 漬物石のビニールは剥がしてください
 〇 古い消火器は持ち運びに注意してください
 〇 事業所のごみは回収しません
 〇 プロパンガスボンベも回収しません

 料金については、「広報いせさき」5月16日号に掲載されていますので、ご確認ください。
ご家庭で、処分に困っている物はありませんか?この機会に処分してしまうことをお勧めします。
 
 お問い合わせは
 伊勢崎市役所環境政策課 27-2732 へ



2016年04月20日

【熊本地震】災害義援金の受付について

 熊本県熊本地方を震源とする地震への対応について、ご案内いたします

 4月14日、熊本県熊本地方で発生した地震の被災地を支援するため、伊勢崎市は「義援金の受付」を開始いたします。詳細は、下記のとおりです。

 受付期間
 平成28年4月15日㈮ 〜 同年6月30日㈭ まで

 受付場所
 市役所本館1階受付 平日 午前8時30分〜午後5時15分(平日時間外、休日は当直が対応)
 東館2階社会福祉課 平日 午前8時30分〜午後5時15分(平日時間外、休日は当直が対応)
 各支所住民福祉課  平日 午前8時30分〜午後5時15分(休日は土曜窓口および日直が対応)

 問い合わせは 伊勢崎市社会福祉課 0270-27-2748 へ。


 伊勢崎市議会は、去る15日、「議員親交会」から20万円を寄付いたしました。

 この度の熊本地震で、被災された方々にお見舞いを申し上げますととともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 

junks1 at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月05日

献血活動にご協力ください!

 伊藤純子です。今日は「啓蟄」。いよいよ春到来です。当ブログをご覧のみなさま、お変わりありませんか?
 
 早速ですが、「献血」のお知らせです。来たる3月12日(土)、日本赤十字社と私が所属する伊勢崎佐波ライオンズクラブ共催の献血活動をスマーク伊勢崎にて開催いたします。

 今回は400ml献血のみの受付になります。なお、海外から帰国後、4週間以内の方や、血液検査目的の献血はできませんので、ご承知のほどお願いいたします。

よくある問い合せのなかに、献血の年齢制限を尋ねられる方が多いように思われます。全血の場合、男性17〜69歳、女性18〜69歳、ともに体重50坩幣紊侶鮃な方に限ります。

 群馬県では毎日300人分の血液が必要とされています。ここに伏して、みなさまのご協力をお願いいたします。



2016年03月03日

【速報】平成27年国勢調査における伊勢崎市の人口

 伊藤純子です。本日3日雛祭り、当ブログをご覧のみなさまにおかれましてはお元気のことと拝察いたします。

 早速ですが、表題のとおり、去る10月1日を実施日とした平成27年国勢調査の人口速報集計が、2月26日に総務省より公表され、伊勢崎市の人口208,838人(0.8%増)、世帯数は79,852世帯(4.3%増)でしたので、お知らせいたします。

 なお、男女・年齢別の人口、一人世帯、子供のいる世帯数などの詳しい内容は6月の抽出速報集計にて公表予定とのことです。

 ちなみに、22年国勢調査に人口・世帯は 
 人口 207,221人  世帯数 76,527世帯  です。

2016年02月21日

平成28年第1回伊勢崎市議会定例会のお知らせ

 伊藤純子です。余寒厳しき折、当ブログをご覧のみなさまにおかれましては、お元気でお過ごしのことと拝察いたします。早速ですが表題のとおり、「平成28年第1回伊勢崎市議会定例会のご案内を申し上げます。今議会は予算委員会があり、会期は26日。日程は下記のとおりです。

 ◇第1回伊勢崎市議会定例会日程◇

 2月22日㈪  本会議 〇27年度関係議案 〇28年度関係議案・各会計予算理由説明聴取
 2月25日㈭  本会議 〇28年度一般会計予算、質疑、予算特別委員会設置、委員選任
                〇28年度特別会計予算・条例案等 質疑、所管常任委員会付託
                〇請願 所管常任委員会付託
 2月26日㈮  本会議 〇一般質問
 2月29日㈪  本会議 〇一般質問(2日目)
 3月 2日㈬  委員会 〇予算特別委員会
 3月 3日㈭  委員会 〇予算特別委員会
 3月 7日㈪  委員会 〇総務委員会 所管事務調査
 3月 8日㈫  委員会 〇文教福祉委員会 所管事務調査
 3月 9日㈬  委員会 〇経済市民委員会 所管事務調査
 3月10日㈭  委員会 〇建設水道委員会 所管事務調査
 3月15日㈫  委員会 〇議会運営委員会
 3月18日㈮  本会議 〇28年度関係議案 委員長報告〜議決
                〇追加議案あれば 議題〜議決
                〇議員提出議案あれば 議題〜議決
                〇採択請願あれば 委員長報告〜議決

 以上です。なお、会議の開始時刻は午前10時。本会議同様、委員会も傍聴可能です。
 また、2月29日㈪の「一般質問」に、伊藤純子が登壇いたします。登壇時刻はおおむね午後2時ごろの予定ですが、多少、時間が前後する場合があります。午後1時30分ごろに入室していただければ、と思います。

 伊藤純子の「一般質問」の内容はコチラ↓

 一般質問(2月29日㈪ 本会議場)

 1 空き家対策について

(1) 現状
(2)空き家および特定空き家の件数
(3)固定資産税軽減措置の見直し
(4)国土交通省の公営住宅に準ずる住宅としての活用に対する考え
(5)空き家の撤去に伴う支援の考え

 2 3世代同居、近居、および専業主婦に対する支援について

(1)現状
(2)3世代同居に対する考え
(3)祖父母による未就学児の育児支援
 ア 個人住民税
 イ 固定資産税
(4)子育て専従者に対する給付金支給の考え

 以上です。

 議会の開会はいよいよ明日です。慎重審議に臨みます。お時間の許す方は、この機会にぜひ、市議会の傍聴にお出かけください。



junks1 at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月02日

謹賀新年

c22bbcce.jpg



 謹賀新年

 謹んで新春のお慶びを申し上げます。
 当ブログをご覧のみなさまにおかれましては
 寒気厳しき折、つつがなくお過ごしのことと存じます。

 当ブログに対する格別なご愛顧、ご厚情を賜り、
 この場をお借りして、衷心より感謝と御礼申し上げます。

 近年はどこにいても、気軽に更新できてしまう
 Facebook に心が傾きがちではありますが、
 本年は新たなカテゴリーに「御朱印」を追加。
 時事ネタだけではなく、なるべく多くのジャンル更新に
 努めてまいりたい、と考えております。

 結びに、新しい年が素晴らしい一年になりますよう
 皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 本年もよろしくお願いいたします。
 
 

  平成28年  元旦
       
            伊勢崎市議会議員   伊藤純子

 
 

junks1 at 00:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)全般 

2015年12月31日

今年もやります!10大ニュース!!

 伊藤純子です。いよいよ大晦日。今年一年を顧みるころとなりました。当ブログをご覧のみなさまにおかれましては、お忙しくお過ごしのことと拝察いたします。年越しの準備はお済でしょうか?夕方、時間が空いたので、上野国十二社九の宮・倭文(しどり)神社を参拝しました。幼いころ、三つ年上の兄と一緒に足を運んだ思い出の場所。念願だった御朱印をいただくこともできました。

 この一年、当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございました。来年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、ここに謹んでお願い申し上げます。それでは暦が変わらないうちに「今年の10大ニュース」をお届けいたしましょう。それでは早速、第10位から!


 【10位】 スカッシュ、再始!
 1月、ほんの出来心からスカッシュを始めました。スカッシュとは、四方を壁に囲まれたコートの中で、小さいゴムの球を打ち合う屋内球技。前回プレイしたのは、豪州滞在時の25年前に遡ります。久しぶりのスカッシュに意気高揚しましたが、実際にプレイでできたのは1カ月に3、4回ほど。来年こそは回数を増やし、上手くなって、試合に出場してみたいと考えています。そこで突然ですが、私の相手をしてくれるパートナーを募集します。性別年齢不問。やる気のある人を歓迎します。

 【9位】 不意の病にダウン!
 6月議会開会中の出来事。就寝中、突然、右脇腹に激痛が走り、夜間外来で診療を受ける失態をさらしました。これまで感じたことのない激痛であったため、よからぬ気配を感じておりましたが、検査の結果、CRPの値が上昇していたことから、泌尿器科の再診を受けることに。尿路感染症、腎盂炎などが疑われ、抗生物質を服用。同時に水分をしっかり摂取することに努め、8月中旬までには完治しました。発症の原因は、日中、トイレに行くことをなるべく避けていたために、水分を取ることを怠っていたこと。以降、水分を意識して取るようになったことは、もはや言うまでもありません。

 【8位】 サクセス、4期目を迎える
 自身が相談役を務める厨房委託業務を主とした株式会社 サクセス(町田賢舟代表取締役)が11月、4回目の決算期を迎えました。社屋の新築計画も順調で、来年1月中旬、竣工式を予定しています。事業も拡大し、創業当初から比較すると、従業員数も増え、年商も伸び、順風満帆。されど現状に満足することなく、これまでどおり社長をしっかり支え、社員とその家族が露頭に迷うことがないよう、微力ではありますが会社経営に尽力したいと思います。

 【7位】 装具、完全にはずれる=歯科矯正=
 2011年9月から治療を始めた歯科矯正、本年10月には上の歯の装具が、11月には下の歯の装具がはずれ、ついに見事な歯並びを得ることができました。一時、「八重歯女性」が注目を浴びて、歯科矯正の意志が薄まったり、装具に負荷がついて痛みを覚えたりと、幾度となく挫折を味わいましたが、装具の完全撤去が実現しました。今後は、親不知の抜歯や、歯茎の治療に専念する予定です。「究極の笑顔」獲得まで、もうしばらくの辛抱です。

 【6位】 ルーマニアから女子高生が来群!
 7月11日〜22日まで、ルーマニアからの来日生・アデリナ・二コラさんのホストを引き受けました。ライオンズクラブ国際協会が主催する「留学プログラム」で来日したアデリナさんは、「外交官」を目指す高校4年生。わずか17歳ですが、すでに隣接する国々への渡航経験があり、母国語のルーマニア語のほか、英、仏語が堪能な「バイリンガール」。現在は学校生活の傍らレオクラブに所属、総勢50人のクラブ会計を務めています。高崎だるまの絵付け体験から始まり、片品の吹割の滝、草津白根、草津温泉などの観光スポットを満喫。東京駅周辺のオフィス街や高層ビルが立ち並ぶ新宿にも出向き、若者のまち・原宿や渋谷ではティーンの素顔をのぞかせ、大衆的な娯楽街・浅草を散策した際は下町情緒を堪能。常にカメラのシャッターを押し続けていたのが印象的でした。

 【5位】 白猫オッディ、伊藤家に仲間入り
 5月の夕暮れ時、夕食の準備をしていたら、微かに猫のかすれ声が聞こえました。もしやと思い、庭に出てみると案の定、幼い白猫が、先住猫たちに付き添われてこちらへ歩いて来るではないですか!発見当初は、生後、数週間は経過していたものと思われ、性別はメス。なんと、右目がオレンジ色で、左が青色といった左右虹彩異色の「オッドアイ」! 拙宅にはすでに8匹の猫が寄宿していたため、飼育の判断に悩みましたが、印象的なオッドアイであることと、極めて愛嬌のある顔立ちに根負けしてしまいました。以来、私に恩を感じているのか、絶対服従で、風呂を強いられても文句ひとつ言いません。「小雪」と命名しましたが、オッドアイが「オッディ」となり、通称名「オデ」に決定。12月上旬には無事、避妊手術を済ませました。

 【4位】 念願の「防衛省ツアー」を挙行!
 10月、後援会恒例行事「研修ツアー」を実施しました。今回は「国防の砦・防衛省見学ツアー」で、募集定数45名を大幅に上回る参加希望者を獲得。急きょ定数枠を増やし、改めて参加者の関心度合いの高さを感じました。それもそのはず、今夏、安保関連法案制定の是非をめぐり、国民的論議にまで発展しました。護憲派が「戦争法案」だの、「集団的自衛権で平和ではなくなる」だの、さらには「徴兵制になる」などのデマを流していましたが、我が国の平和と独立を守る自衛隊員の姿を目の当たりにしたツアー参加者から発せられた言葉は、「実行部隊としての自衛隊をきちんと憲法のなかに位置付ける必要がある」や、「集団的自衛権に関する解釈やこれまでの制度慣行を見直す必要がある」など。これに対し、対案も出せない護憲派は一体、どうやって平和維持に務めると言うのでしょうか?護憲派の危険を煽る言動をよそに、黙々と任務に励む自衛官の姿に共感を覚えました。

 【3位】 ラブパワーたっぷり!? 出雲大社へ
 1月、出張で出雲市を訪問。せっかく訪問するのなら、ということで、日本一大きな注連縄で知られる神々の聖地・出雲大社を参拝しました。お約束の御朱印をいただいたあと、オオクニヌシの祖神・スサノオを祀るお社「素鵞社」(そがのやしろ)や、10月の‘神在月’にすべての縁を結ぶ会議のため、全国から集結する神様たちの‘お宿’「十九社」を拝賀。日本の名松100選に選ばれた「松の参道」は境内へと続く松並木で、歩いているとその空気たるやなんとも清々しい!

 【2位】 日常とかけ離れた貴重な体験、滝修行
 10月、知人の誘いを受け、松井田町の仙ヶ滝へ。そこはなんと、滝修行場でありました。滝行とは、滝に打たれ、無我の中で自分自身を見つめる修行のこと。不動明王の社前で滝行の安全を祈願したあと、一人ずつ滝つぼに入り、「六根清浄」を唱えながら、約15メートルの高さから流れ落ちる水に身をあてると、冷たさと滝の衝撃で不覚にも身を震わせてしまいました。滝行には危険が伴うため、長年修行を積んだ滝導師の立ち合いのもと行われます。「一瞬にして精神統一できることが滝行の魅力。滝の苦しみを思えば、抱えている悩みがどんなに小さなものだったかを気づかせてくれます」と、ストレス社会を生きる現代人に滝行を勧めていました。

 【1位】 安保関連法、ついに制定へ!
 「戦争法案」「徴兵制になる」などと、事実無根の報道や主張を繰り広げたマスコミや知識人の奮闘努力の甲斐もなく、日本の積極的平和主義に不可欠な法律「安全保障関連法」が可決されました。日本の護憲派の人たちに聞いてみたいのは、国内でさんざん「戦争反対!」などとデモで奇声をあげておきながら、中・韓国や北朝鮮が軍事力を内外にアピールする軍事パレードについて一言も声をあげない、そのことに触れないのはなぜなのでしょう?「話せばわかる」と言うのなら、あのデモの時の気勢で、中・韓国、それから北朝鮮に語りかけてみてくださいな。「I am not ABE」と掲げて、平和を勝ち取れるとでも、本気で思っているのかしら?護憲派の主張は極めて薄っぺらいなと、改めて感じさせられた出来事でした。

 
 あと数時間で2015年が暮れていきます。みなさまにとって来年も良い年でありますよう祈念いたしますとともに、これからも伊藤純子の政治、議会活動に対するご理解、ご支援のほどお願い申し上げます。良い年をお迎えください。





2015年12月04日

犬猫譲渡会の開催について

 伊藤純子です。‘花金’の本日4日、当ブログをご覧のみなさま、お変わりありませんか?
 
 早速ですが表題のとおり、市環境保全課から「犬猫譲渡会」の開催について情報提供がありましたので、ご案内いたします。

 望まれない繁殖により生まれ、最終的には殺処分されてしまう犬や猫を少しでも減少させよう、また、動物の適正飼育への意識や動物愛護精神の向上をはかることを目的に、伊勢崎市は「犬・猫の譲渡会」を開催いたします。日程は下記のとおりです。


 ☆ 犬・猫譲渡会 ☆

日時: 平成28年1月24日(日) 午後1時〜3時
場所: 伊勢崎市民体育館(堤西町93)ピロティ

 譲渡対象は、生後二ヵ月以上、おおむね五ヵ月以下で離乳が済んでいる健康面で問題のない犬と猫。引き取り条件として、引き取った犬や猫を適正に飼育ができる人、また引き取りについて、同居の家族の同意を得ていること、です。

 また、当日には、公益社団法人群馬県獣医師会伊勢崎地区支部の獣医師、および犬の訓練士による「動物の健康相談」や、犬のしつけ方質問等のコーナーが設置されます。

 なお、この譲渡会は事前申し込みが必要です。平成28年1月15日(金)までに環境保全課にご連絡ください。

 
 〖お問い合わせ〗 伊勢崎市役所環境部環境保全課 27-2733(直通) へ。

 




junks1 at 12:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)