2009年03月

2009年03月25日

祝!WBC連続優勝!!

7774aee1.jpg 祝! 侍ジャパン、WBC連続優勝!!

 伊藤純子です。今大会で2回目となるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝戦が23日(日本時間24日)ロサンゼルスで開かれ、延長10回にもおよぶ接戦の末、日本が韓国を破り、見事優勝を果たしました。

 韓国チームも奮闘、とても見応えのある決勝戦だったように思います。しかしながら、敗れた韓国側のメディアやネットユーザーの反応をみると、ガッカリしてしまいます。夕刊フジがおもしろい記事を掲載していますので、早速ここにご紹介いたします。 

◆ 韓国、今回は“大人”の対応!?両チームへ批判と称賛
(夕刊フジ - 03月25日 17:03)

 日本中を歓喜の渦に巻き込んだ日本代表のWBC2連覇だが、敗れた韓国側のメディアやネットユーザーの反応はさまざま。“日本批判”やWBCの“制度批判”がみられる一方、自戒の声や歴史的激闘を演じた両チームへの称賛も多く、前回大会の終了後よりは、かなり“大人の対応”になった印象だ。

 【運が良い日本−たった4カ国に勝って優勝】

 韓国最大のポータルサイト「NAVER」は、WBCの「ダブルエリミネーション」制度を取り上げ、≪韓国は第1回大会に続き、第2回大会でも不合理な試合方式の犠牲になった。日本は変な方式で再び最大の受恵者になった≫と批判。ただし、同制度がなければ、アジア予選で日本にコールド負けした韓国が本戦に出られなかったことには触れていない。

 【日本はダーティー・サムライ】

 在米コリアン系メディア「UKOPIA」は、≪日本は、試合には勝ったがマナーでは基本もできていない無頼漢レベル。その主人公は日本のショート中島裕之≫と名指しで批判。朝鮮日報も≪国際大会ではあまり見られない非紳士的な守備妨害≫と決勝戦7回表の走塁と、6回裏に二盗を試みた韓国選手へのタッチプレーを非難した。

 【試合中ずーっとあいまいな判定】

 ソウル放送(SBS)は、自社サイトで≪審判は「誰が見ても」おかしな判定を繰り返した。しかし、韓国選手たちは承服した≫と報じ、中島批判も展開した。

 【恥辱の大敗】

 聯合ニュースは、昨夏の北京五輪で日本を破った「日本キラー」の先発、金広鉉が東京ラウンドで2回までに8点を失ったことに≪プロデビュー後、最悪の投球≫と失望。スポーツソウル(電子版)も≪守備はぎくしゃく、打線は沈黙≫と攻守そろって不振のチームを批判した。

 【韓国野球が打ち上げた勇気と希望のメッセージ】

 「世界日報」は≪わが国の選手よりも年俸が数十倍・数百倍に達する大リーガーにスポーツの価値が何なのかを教えた真のチャンピオンだ≫と代表チームを称賛した。

 【100年に一度の名勝負】

 韓国ネットでは≪両チームともすべてを注ぎ込んでいて涙が出た≫≪100年に一度の名勝負≫と試合内容を評価する好意的な書き込みが多数見られた。


     −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

 韓国の監督は「イチローを敬遠するサインを読み違えた」と述べ、ベンチの意図がバッテリーに正確に伝わっていなかったとする敗者の弁を残しています。それも一因かとは思いますが、「おいおい」と申し上げたい。韓国が2次ラウンド勝者戦に勝って、準決勝進出を決めた際、神聖なるマウンドに「太極旗」を立てたりしたからだよ、とあえて苦言を呈します。あの‘太極セレモニー’が、韓国の命運を左右したものであり、日本優勝の効果発生の原因ではないかと、しみじみ思うのであります。


【画像】『goo ニュース』より−日の丸を手に場内を一周する原監督(手前中央)と日本ナイン=ドジャースタジアム(共同通信)