2006年01月22日

ジャンヌダルクと国防思想

 伊藤純子です。連日連夜、新年の年頭行事が重なり、ブログが疎かになってしまいました。ごめんなさいね。また、新規の方の書き込み、トラックバックが多くなり、こうして拙ブログが活発な論議の場所となっていることを大変うれしく思っています。ありがとうございます。

 今日は、この2日間の寄せられたコメントのなかで、「ジャンヌダルクの生き方」に触れているものについて、ちょっとお話しましょうか。

 3年前の選挙のとき、私の知人のイラストレターが私のイメージとして描いてくれたのです。鎧をまとった私の似顔絵−。私は彼女に「『天下泰平』とかかれた扇子を持つ、戦国武将のイメージで」と注文したのですが、後日、西洋鎧姿の私の似顔絵を描いてくれたのでした。
 正直申し上げて、当初、ジャンヌダルクというあだなはあまり好みませんでした。
ジャンヌダルクと聞いてまず思い浮かべるのが「火あぶりの刑」。それから、宗教裁判。私にとってジャンヌダルクは「革新的イメージ」も強かったものですから、抵抗を感じましたね。
 しかし、ジャンヌダルクの功績はすばらしかった−彼女の生まれ育った村がイギリス軍に占領されそうになると知り、彼女は立ち上がったのです。しかし悲劇が彼女を襲います。信じていた国王に裏切られたり、文字が読めない欠点を衝かれ、宗教裁判にかけれてしまうのです。
 生涯、ひたむきに故郷を守ろうとした純粋さが表面にでることはありませんでしたが、ご承知のとおり、500年が経過した後々の後世で彼女の勇敢さ、純粋さが高く評価され、フランスの英雄とされるほどになりました。

 私が彼女の生き方に賛同できる点は「愛国心」。以降、私はジャンヌダルクを「愛国心のシンボル」として解釈するようになりました。

 もう一点、「自分の身は自分で守る」という思想についてお話します。

 若かりし20代−都会生活にウキウキしていたころです。目に映るものは何でも新鮮で美しく、とにかく華やかでした。そんな20代前半、ある体験が「自分の身は自分で守る」という教訓を得るきっかけになりました。
 
 そもそもタクシー代を惜しんで深夜の一人歩きを選んだのがいけなかったのですが、2人組の男性から襲撃されたことがあります。剣道をしていたものの、不意を衝かれた咄嗟の出来事への対処は、そう簡単にはできないものです。

 幸い、背後からの気配を感じていたので、まさかの時は大声を出すこと、民家に駆け込むことを念じていましたが、読みは的中、襲撃されました。
 相手はバイクにまたがる2人組。まずはショルダーバックを引っ張られ、その勢いで私は転倒。少し引きづられましたが、大声と必死の抵抗の甲斐もあり、ついに男はあきらめ逃走、未遂に終わりました。

 あのとき得た教訓は、〔襪琉貎擁發はしない 隙を見せない 5宅が遅いときはなるべく軽装にする… などなど。襲撃にあったとき、数人のサラリーマン風の男性が通りかかったものの、誰として助けてくれる人はいませんでした。このときほど「自分の身は自分で守る」という意識を感じたことはありませんでした。

 私の場合、未遂で済みましたが、多くの女性はなんらかの被害をこうむっているものと思われます。私が声を大にして申し上げたいのは、物事が発生するには、必ずきっかけがあるということです。御身をなるべく危険にさらさないようにしてほしいのです。これは私の願いです。

 私の事務所を「市民相談」の窓口としています。秘密厳守ですので相談内容・詳細は申し上げられませんが、事件を未然に防ぐ方法があったケースもあります。もちろん、事件を防ぎたくても環境上、不可能というケースもありました。いまだにショックによる後遺症で悩んでいる人も存在します。シェルターが存在していても「滞在期間が限られている」問題に直面し、別に住居を構えるという措置をとりました。この際、私は「シェルターに頼らない社会をつくりたい」と思うようになったのです。

 私が議員としてめざす自治体は、秩序、倫理を保つことを必須条件とし、あらゆる犯罪から市民を守る自治体の構築。そのためにも自治体自らに防犯意識を浸透させなくてはならない、と思い、防犯政策を行政課題に掲げ、立候補したのです。この考え方の背景には「自分の身は自分で守る」という国防思想に基づいています。

 「真の強さとは、やさしさからうまれるもの」。私はこの言葉が大好きです。私もよりやさしい人間になれるよう、日々努力していきたいと思っています。

 
 「伊藤純子の活動ブログ」は「日本ブログ大賞」(読み物部門)にエントリーしています。先日も投票をいただきました。ありがとう!

 「日本ブログ大賞」をご覧ください。投票をお願いします!


 

junks1 at 12:24│TrackBack(2)政治信条 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. [歴史]ジャンヌ・ダルク  [ jimusiの昼寝 ]   2006年01月22日 22:03
 ここ数日話題になっている「伊勢崎のジャンヌ・ダルク」伊藤純子氏の記事について。  http://blog.livedoor.jp/junks1/archives/50367170.htmlが発端  続いて、http://blog.livedoor.jp/junks1/archives/50375364.html      http://blog.livedoor.jp/junks1/archive...
2. 立ち位置と立ち居振る舞い  [ Non-Fiction ]   2006年01月24日 17:30
 このあいだ取り上げた伊勢崎市議のブログだけど、その後も彼女自身からの回答があり、また彼女の賛同者たちによるコメントも増えてきている。しかし、どうも話がかみ合っていないというか、実質反論になっていない。どうやら何を批判されているのかを理解していないように...

この記事へのコメント

1. Posted by 大地   2006年01月23日 00:42
はじめまして。
稲田朋美さん、高市早苗さん、山谷えり子さんは自分たちを「和製サッチャー」と言ってましたが伊藤さんは和製ジャンヌダルクですか。どっちにしても頼もしいですね。
ジェンダー問題なんかは女性という立場を利用して推進されると悪者にされるようで批判がしづらい部分がありますからジェンダー問題に疑問を呈する女性というのはすごく応援してます。がんばってください。
2. Posted by しん   2006年01月23日 12:48
ひさびさにここに来ました。なかなか勢いがあってようございますワラ。ジャンヌダルク。世界堂に行くとダルクの石膏像がありますよ。まあるいほっぺで素朴でかわいらしいですよ〜。肖像画も優しい少女に描かれていますね
3. Posted by 便乗商法   2006年01月23日 19:16
 このblogへのトラックバックを辿ると、そこに統一協会系出版社の反ジェンダーフリー本の宣伝のトラックバックを送っている人がいるようですが、たぶん逆効果で宣伝にはならないですよ。
4. Posted by 黒蜥蜴   2006年01月23日 20:16
こんにちは伊藤純子さん。
今回のエントリーで書かれている“防犯意識”の話は、以前の「「男女混合名簿」が引き起こすモノ 」というエントリーと関係があるのでしょうか。
先のエントリーでは「これに乗っちゃう男性も男性だけど、」とか「こうなると、男子から金を巻き上げようとした女子のよこしまな考えがこのような結果を生み出した、と言われても仕方がない気がします。」などと、女性側から仕掛けたかのように書かれています。それについて多くの方がその根拠を求めていますが、貴方はそれを示していません。
女性の方から仕掛けたのならば当然“防犯意識”とは関係なく、今回のエントリーが以前のエントリーを補強するものにはなりません。
5. Posted by 黒蜥蜴   2006年01月23日 20:16
(続き)
貴方が何の根拠も無く被害者を貶めることを書いたのであれば、政治家として、と言うより人間として大きな問題があります。はっきりと根拠を示すか、それができなければ発言を撤回・謝罪するべきです。その上で改めて“防犯意識”について議論しましょう。
6. Posted by Bruckner05   2006年01月24日 01:09
>黒蜥蜴さん

まだ混合名簿のエントリーに粘着しているとは呆れますね。伊藤市議の書かれたことは正論で、新聞報道を元に自分の考えを述べたものであり、何の問題も落ち度もありませんね。根拠云々とあるけど、「自分はこう思う」と書いたらいけないの? 「こうなると、男子から金を巻き上げようとした女子のよこしまな考えがこのような結果を生み出した、と言われても仕方がない気がします。」は全くその通りじゃない。批判したければ、自分のブログなりHPでやればいい。発言を撤回・謝罪せよとは傲慢無礼も甚だしい。
7. Posted by 公職の重み   2006年01月24日 04:20
 Bruckner05さんが、例え「耐震偽装も、豪雪も、男女混合名簿のせいだ。自分はこう思う」と書いたのでも、「ああそうですか」ですみます。
 ただし、公職にある方が、選んだ人にも公開されている場で「自分はこう思う」と書いたのですから、なぜ「こう思う」かその場で表明して然るべきでしょう。
 性犯罪は被害者に非があるという主張をされるについては、その通りと思うあなた以外に、調査もしないでそういう発言をすることが二次被害だと思う人がいるわけです。その上で、どちらが正しいか、最終的に伊勢崎市の皆さんが判断すればいいわけです。
8. Posted by Bruckner05   2006年01月24日 07:00
「公職の重み」はただの口実、攻撃材料にすぎませんね。本当に公職が重いというなら、批判する側にも自ずと節度が求められるはず。匿名の陰に隠れて、言いたい放題の傍若無人は見苦しい。批判したいなら、自分はこう思う、反対だとコメントすればそれでいいじゃない。撤回せよだの謝罪せよだの、質問に答えてないだの、何様のつもりなんだろうか。

「性犯罪は被害者に非がある」は正確には「性犯罪は被害者にも非がある」ですね。市議はそう思う理由も書いてますよ。「事前に金銭授受の約束をしたり、黙ってホテルについていったり」「水着や下着姿などの大胆な格好と報酬額を提示する」等々。

 被害者にも非があると考えるからこそ、防犯意識を高め、狼の餌食にならないように注意しようという認識が生まれるのです。犯罪者を非難するだけで自分の身を守れるはずがない。常識で考えれば分かることです。
9. Posted by ササクレYUKO   2006年01月24日 09:33
□Bruckner05 さん

>根拠云々とあるけど、「自分はこう思う」と書いたらいけないの?

意見を言うのはもちろんよい事ですが。
ソースや根拠のない意見は、その反面に「情報を操縦&捏造できる」という危険性があります。

また、強姦や準強姦罪と、経済の性=すなわち性を商売にすることの危険性は、別に考えるのが妥当でしょう。

だとしたら、強姦罪や準強姦罪ではなく、むしろ経済の性、売春防止法や児童ポルノ禁止法等々について語るのが妥当だと思います。それはそれでまた、ブログが大変なことになるとは思いますが。










10. Posted by ササクレYUKO   2006年01月24日 09:34
それを「被害者にも非がある」「性被害は男女混合名簿によってうまれる」という極端な言い方をしてしまうのは、公人としてあまりにも言い回しを白無すぎるし、法に対して無知&不用意すぎる。誤解を招く情報や知識を公人として口にしたなら、謝罪して仕切りなおしたほうがむしろ支持されるのではないですか?

また、被害者にも非があるという言い方は、「被害を防ぐ」という防犯意識とは、何のつながりもないと思います。公人として公の場で口にするなら、「被害者になる危険性を回避する」という言い方をするのが妥当でしょう。

それと現行法の刑罰区分や、ソースや根拠の提示を怠って市議会議員が語るということは、「事実に基づかない情報をもとに法を制定する可能性」が生じるわけです。






11. Posted by ササクレYUKO   2006年01月24日 09:35
そのうえ、メディア規制は、ますます激しくなっています。「情報の門人=ジャーナリスト」が口封じされているのであれば、国民自身が「門人」として、公人を監視するのは、当然の行為かと。

それと、公人なら、自分と他者との「常識」には必ずズレがあること、その中にはある他者にとっては、命を脅かすものも含んでいること。それを常に意識して公の場で言葉を発するべきです。

私としては、是非婦人相談所やシェルターに自ら出向いて、実際に現場の人間や被害者達がどういう精神状態でコミュニケーションを取っているのか、想像や自分の狭い認識の中だけではなく、体験してもらいたいです。地震防止対策のために政治家が現地に視察するのなら、性被害対策のために現地を視察するのは当然のことではないですか?想像の世界だけで口にするより、むしろ伊藤議員を成長させる良い機会になると私は考えますが。
12. Posted by ササクレYUKO   2006年01月24日 09:36
4月に選挙があるそうですが、今のままでは「情報を操縦&捏造して、法や条例を制定しても何らおかしくない議員」とその筋の人間にはレッテルを貼られるでしょう。伊勢崎市民はそういう方に票を入れることになるのですよね。党としてもスキャンダルは避けたいでしょうから、伊藤議員は保身のためにも何らかのきちんとした対処を取られたほうが良いのではないですか?

軽率だった発言にはきっちりと謝罪したうえで、当事者の声を聞いたうえで学びなおし、その上でもう一度発言しなおしたほうが、むしろ伊藤議員にとっても、伊勢崎市民にとっても良いと思います。
13. Posted by 裸の王様   2006年01月24日 13:27
>何の問題も落ち度もありませんね。

 伊東市議は件のエントリーで著作権法違反をしています。

 主義主張を支持することと犯罪行為を容認することは別だと思いますけどね。

 確かに匿名やハンドルネームで書かれたブログなら書いた人個人のモラルの問題程度に留まると思いますが、公人であることを表明する以上、しかも元ジャーナリストなら尚更、問題ではないでしょうか。

 自らが犯罪を犯しているのに、防犯を訴えても説得力がないと思いますよ。
14. Posted by 失礼しました   2006年01月24日 13:28
伊東市議→伊藤市議 の誤りでした。
15. Posted by Bruckner05   2006年01月24日 19:20
>裸の王様さん
>自らが犯罪を犯しているのに

ほお。伊藤市議を犯罪者呼ばわりですか。著作権法違反は親告罪ですよ。読売新聞社がいつ伊藤市議を訴えたの? 容疑者になったのはいつで、罪名が確定したのはいつですか。きっちり教えてもらいましょうか。

著作権法は運用があいまいなんですよ。合法か違法かの線引きは難しい。特にメディアは人口に膾炙することで影響力が増すから、少々のことで文句は言わないものです。営利性もなく、出所も明記してあり、この程度で法律違反に問われる可能性はゼロですね。
16. Posted by Bruckner05   2006年01月24日 19:50
>ササクレYUKOさん
>ソースや根拠のない意見は、その反面に「情報を操縦&捏造できる」という危険性があります。

だからどうした。

>また、強姦や準強姦罪と、経済の性=すなわち性を商売にすることの危険性は、別に考えるのが妥当でしょう。

それが何だというの?

>だとしたら、強姦罪や準強姦罪ではなく、むしろ経済の性、売春防止法や児童ポルノ禁止法等々について語るのが妥当だと思います。

語りたかった自分のブログで語りなさいよ。
17. Posted by Bruckner05   2006年01月24日 19:55
>ササクレYUKOさん
>それを「被害者にも非がある」「性被害は男女混合名簿によってうまれる」という極端な言い方をしてしまうのは、公人としてあまりにも言い回しを白無すぎるし、法に対して無知&不用意すぎる。

そんなことないよ。現に伊藤発言を支持する書き込みがいっぱい来てるじゃない。

批判は自由ですよ。気に入らないならいくらでも批判したらいい。しかし、いつまでもねちねち粘着するのがおかしいと言っているのです。このブログはおたくらのものじゃない。支持者も大勢見てるんだから、下らないことにこだわるのは不愉快なんですよ。

批判したかったら余所でやればいいじゃん。それとも売名行為でやってるの?
18. Posted by Bruckner05   2006年01月24日 20:07
>ササクレYUKOさん
>それと、公人なら、自分と他者との「常識」には必ずズレがあること、その中にはある他者にとっては、命を脅かすものも含んでいること。

そんなこと言うなら、「日朝友好」の旗を振って拉致問題の解決を遅らせている連中、拉致はでっち上げだと騒いできた連中を批判しなさい。被害者救出の先頭に立とうとしない一部の国会議員らを糾弾してもらいたいね。彼らこそ「命を脅かす(した)」公人なのだから。

>是非婦人相談所やシェルターに自ら出向いて、(略)体験してもらいたいです。

こういうのを押しつけというのです。伊藤議員を成長させる? 傲慢で独善的な思考しかできず、他人の考えを尊重できないおたくこそ、人格の陶冶に努めるべきでしょう。もっと謙虚になりなさい。
19. Posted by Bruckner05   2006年01月24日 20:18
>ササクレYUKOさん
>今のままでは「情報を操縦&捏造して、法や条例を制定しても何らおかしくない議員」とその筋の人間にはレッテルを貼られるでしょう。

「その筋の人間」ておたくのことじゃないか(笑)。

>軽率だった発言にはきっちりと謝罪したうえで、当事者の声を聞いたうえで学びなおし、

軽率ではありません。おかしな思想が蔓延している世の中、伊藤市議のような正論こそ国民は求めています。

それに、学び直す必要があるのはあなたですよ。この際、「『自分の身は自分で守る』という国防思想」を味わい噛み締めるべきでしょう。
20. Posted by 黒蜥蜴   2006年01月24日 20:21
ruckner05さん

>まだ混合名簿のエントリーに粘着しているとは呆れますね。

粘着でも何でも良いですが、伊藤氏が「喉元過ぎれば…」と考えているなら問題だと思いコメントしたまでです。

>新聞報道を元に自分の考えを述べたものであり、何の問題も落ち度もありませんね。

新聞報道を元に、というよりも、新聞記事を転載しつつ一部を自分の都合の良いように改変して、でしょうね。こちら(http://konvdoor.fc2web.com/mortify/itou_yomiuri.html)で詳しく検証されています。
21. Posted by 黒蜥蜴   2006年01月24日 20:21
(続き)

>根拠云々とあるけど、「自分はこう思う」と書いたらいけないの?

書いてもかまいませんが、それを批判するのも自由です。
仮に私が「アンチフェミ・アンチジェンフリは大抵が某宗教組織の回し者」と何の根拠も無く書けば、あなたはどう思いますか?それを批判しませんか?
そもそも、良い年した大人が「私はこう思うんだもん!」と子供のような理屈で本当の子供を傷つけ、時には自殺に追い込むようなことを書くのは許しがたいことです。“男らしさ・女らしさ”が大切だと主張したいなら好きにすれば良いですが、その前に“大人らしく”あるべきではないでしょうか。
22. Posted by 黒蜥蜴   2006年01月24日 20:21
(続き)

>全くその通りじゃない。

何を見て“全くその通り”なのかが全くわかりません。

>批判したければ、自分のブログなりHPでやればいい。

コメント欄に書くのがもっとも伊藤氏の目に触れやすいのだからここに書いただけです。

>発言を撤回・謝罪せよとは傲慢無礼も甚だしい。

公の場での発言には責任を持つべきです。伊藤氏が先の発言の責任をとるには、根拠を示すか、撤回・謝罪するかの二択しかないと思います。
23. Posted by 黒蜥蜴   2006年01月24日 20:59
“転載”ではなく正しくは“剽窃”でしたね。すみません。
24. Posted by Bruckner05   2006年01月24日 22:04
>黒蜥蜴さん
>新聞報道を元に、というよりも、新聞記事を転載しつつ一部を自分の都合の良いように改変して、でしょうね。こちらで詳しく検証されています。

これのどこが詳しい検証なのか知りませんが、新聞記事を引用しつつ、自らの信念に基づいて批評した、としか読めませんよ。伊藤市議のエントリーには読売にはない独自の主張があり、記事はその素材として使われている。問題はありません。

>仮に私が「アンチフェミ・アンチジェンフリは大抵が某宗教組織の回し者」と何の根拠も無く書けば、あなたはどう思いますか?それを批判しませんか?

批判するかどうかはケースバイケースですが、少なくとも小生はねちねちいやらしく相手のブログに粘着するような人間らしくない行動はとりません。小生なら、誰であれ人様のブログを尊重し、言うべきことを言ったら、あとは自分のブログでやりますね。TBでもリンクでも手段はあるのだから。
25. Posted by Bruckner05   2006年01月24日 22:12
>黒蜥蜴さん
>そもそも、良い年した大人が「私はこう思うんだもん!」と子供のような理屈で本当の子供を傷つけ、時には自殺に追い込むようなことを書くのは許しがたいことです。

自殺? まるでやくざのいいがかりだね。というより脅迫だよ。「子供のような理屈」は当たらない。勇気ある正論です。あなたの物の見方が歪んでいます。

>公の場での発言には責任を持つべきです。伊藤氏が先の発言の責任をとるには、根拠を示すか、撤回・謝罪するかの二択しかないと思います。

何の責任を取るんです? 正論だと言ってるじゃないですか。件のエントリーが名誉毀損罪や侮辱罪を構成すると信じるなら、堂々と名乗りを上げて訴訟を起こしたらどう? だらだらと陰湿な書き込みを続けるより、その方が余程“大人らしい”よね。

>“転載”ではなく正しくは“剽窃”でしたね。すみません。

正しくは「引用」です。
26. Posted by 裸の王様   2006年01月24日 22:13
>ほお。伊藤市議を犯罪者呼ばわりですか。
>著作権法違反は親告罪ですよ。
>読売新聞社がいつ伊藤市議を訴えたの?

 それはつまり、バレなければ訴えられなければ、なにやってもいいってことですよね。

 そういえば性犯罪も親告罪ですよね。

 被害にあった女性が訴えなければ、加害者は犯罪者にはならないんですよね。

 そうするとつまり、伊藤市議のいう防犯って、被害者を自業自得だと責め立て罵り、親告することのないようひとりのこらず自殺や重度の鬱病に追い込んで性犯罪を作らないってことなんですね。

 やっとわかりました。

 Bruckner05さん、御丁寧に教えてくださってありがとうございました。
27. Posted by 一見さん   2006年01月24日 22:15
>発言を撤回・謝罪せよとは傲慢無礼も甚だしい。

その通りだと思います。
あまりにも読んでいて腹が立ってきたので、以下「私の意見として」「あえて」逆説的に問います。

「被害者には全く非がない」
「性被害は男女混合名簿によって絶対にうまれない」
というソースや根拠を示してください。
できないなら撤回・謝罪してください。
28. Posted by 一見さん   2006年01月24日 22:27
>伊東市議は件のエントリーで著作権法違反をしています。

親告罪以前に引用は著作権法違反ではありません。
29. Posted by 【読売新聞記事等の使用条件】   2006年01月24日 22:44
1.読売新聞社の名誉や品位を損ねるご利用はお断りします。

2.ウェブ上での使用に際しては、記事の末尾等に「この記事・写真等は、読売新聞社の許諾を得て転載しています」、または、これと同主旨の文言を明記したうえで、「読売新聞社の著作物について」、「著作権の説明」などとして、 http://www.yomiuri.co.jp/policy/copyright/ へのリンクを貼ってください。

3.出所を明示してください(例:読売新聞[またはヨミウリ・オンライン]○年○月○日付)。

4.内容の変更は認めません。
 
 著作権法で規定される「引用」などの場合は、記事の主旨に沿った要約、引用に限ります。

http://www.yomiuri.co.jp/policy/copyright/
30. Posted by こんぶダルク   2006年01月24日 22:49
1 >Bruckner05さん
>一見さんさん
http://konvdoor.fc2web.com/mortify/itou_yomiuri.html
伊藤氏の記事のどの部分が、読売の記事を「引用」しているのかを詳しく説明してみましょう。
31. Posted by 一見さん   2006年01月24日 23:18
新聞を読んだ感想だから別に問題ないよ。
そんなこと言ってたら、小論文も何も書けたもんじゃない。
アホらしい。


32. Posted by 黒蜥蜴   2006年01月24日 23:31
Bruckner05さん

どうやら日本語が不自由な方のようですね。“引用”や“正論”の使いどころが無茶苦茶です。

“引用”はすでに上の方々が書かれていますが、いくつかの条件を満たす必要があります。

根拠の無い言論は“正論”とは言いません。

私は日本語以外は話せないので、今後あなたのお相手はできません。残念です。
33. Posted by 黒蜥蜴   2006年01月24日 23:32
一見さん

“ないことを証明する”のはとても困難なことで、通常の議論では求められません。
また、元々伊藤氏が根拠を示さずにいい加減なことを書いたのが論争のキッカケなので、まず伊藤氏が根拠を示すべきです。

それでもあえて書けば、どんな状況であろうとも合意の無いセックスは犯罪なのだから、全ての非は犯罪者側にあります。防犯意識などは別の次元の話です。夜道を女性が一人で歩いていたからといって襲って良いわけありません。
また、伊藤氏が根拠を示せないことが根拠だとも言えます。

ちなみに私は男女混合名簿については言及していません。批判するなら相手の書いた文章をもう少しちゃんと見ましょう。
34. Posted by 一見さん   2006年01月24日 23:51
黒蜥蜴さん

誤解しないでください。
私はもちろん性犯罪については絶対に許せません。
特に幼児性犯罪者は、厳罰に処すべきだと考えています。
しかし、この読売新聞の記事を読む限り、未成年といえども「被害者には全く非がない」と言い切れるのか・・?と考えたくなるのも当然だと思います。
35. Posted by Bruckner05   2006年01月25日 02:39
29の方、あなた自身が読売の「使用条件」に違反していますよ。

>ウェブ上での使用に際しては、記事の末尾等に「この記事・写真等は、読売新聞社の許諾を得て転載しています」、または、これと同主旨の文言を明記したうえで、「読売新聞社の著作物について」、「著作権の説明」などとして

とあるのに、全く指示に従っていませんね。

29のコメントは著作権法上、「引用」ではなく「転載」です。よって読売新聞社の許可なく転載し、クレジットも明記せず、丸ごと転載したあなたは立派な著作権法違反です。

なお、著作権法上、引用に関しては、読売の使用条件1は無意味です。「著作権法で規定される『引用』などの場合は、記事の主旨に沿った要約、引用に限ります」も、記事を批判したり、記事の主旨と別の文脈に置いてはならない、という意味なら、法的には無意味です。ちょうど「無断リンクお断り」が法的には無意味であるのと同じです。
36. Posted by Bruckner05   2006年01月25日 02:55
>黒蜥蜴さん
>根拠の無い言論は“正論”とは言いません。

根拠ならちゃんと書いてありますよ。小生は大いに納得し、我が意を得たりと思ったものです。

>“引用”はすでに上の方々が書かれていますが、いくつかの条件を満たす必要があります。

著作権法はファジーな法律。厳格にやると言論活動に支障が出ます。だから実態や慣行が重視される。条文も「公正な慣行に合致するもの」とか「正当な範囲内」とかあいまいな表現になってますね(32条)。

学術論文と軽い読み物とでは自ずと慣行も異なります。杓子定規じゃなく、そういうことまで考えると、この程度で著作権法違反とは言えない、と言っているのです。
37. Posted by Bruckner05   2006年01月25日 03:04
>裸の王様さん
>それはつまり、バレなければ訴えられなければ、なにやってもいいってことですよね。

違うんですよ。当事者の読売が、市議を「著作権法違反の犯罪者」と見ていると、どうして断定できるのか? と聞いているのです。

>被害にあった女性が訴えなければ、加害者は犯罪者にはならないんですよね。

法律的にはそうなります。被害女性の訴えが正しいとは限らないでしょう。違いますか? 痴漢だって冤罪が起きてますよね。痴漢被害を装った恐喝までありますよ。

>伊藤市議のいう防犯って、被害者を自業自得だと責め立て罵り、親告することのないようひとりのこらず自殺や重度の鬱病に追い込んで性犯罪を作らないってことなんですね。

脳内妄想ってやつですね。
38. Posted by Bruckner05   2006年01月25日 03:10
>こんぶダルク
>伊藤氏の記事のどの部分が、読売の記事を「引用」しているのかを詳しく説明してみましょう。

逆におうかがいしたい。(1)具体的にどの部分がどのように著作権法に違反するのですか。(2)それは市議の責任を問わなければならないほどの重大な違反なんですか。

無料公開の日記風エッセイという性格を考えれば、伊藤市議のエントリーは常識的な線に収まっていると小生は考える。出所は読売と明記し、記事に従って内容を紹介しつつ、市議独自の見解を折り込んでいる。市議の見解が主で、内容紹介は従という関係になってるしね。
39. Posted by Bruckner05   2006年01月25日 03:49
>黒蜥蜴さん
>防犯意識などは別の次元の話です。夜道を女性が〜

これはおかしい。それなら、不審者による殺害事件が起こった地域でも、特別な防犯対策を採る必要はないことになります。第二、第三の被害が出ても、「犯人が悪いんだから、防犯対策なんか要らない」と言うつもり? 治安の乱れた地域で鍵もかけずに寝たら、泥棒にゴーサインを出しているようなもの。不注意を咎められても仕方がない。

>全ての非は犯罪者側にあります。

確かにどんなに気を付けてもどうにもならないケースはある。しかし注意すれば防げるケースもある。被害を受けるのは本人だから、それが嫌なら被害を受けないように気を付けるのが当然。未成年ならなおさらです。未成年に防犯を教えず、相手が悪いとだけ教えるほどの非常識はないですね。その子を大切に思うなら、万一のことを考えて行動せよ、見知らぬ人に付いていくな、と教えるのが親心です。
40. Posted by ササクレYUKO   2006年01月25日 10:20
■Bruckner05さん
>万一のことを考えて行動せよ、見知らぬ人に付いていくな、と教えるのが親心

親心ねぇ・・・。「万一のことを考えて行動せよ、見知らぬ人に付いていくな」と子供に言うことはできても、万一の時に自分がどういう対処をすればいいのかなんてことには全く疑問を持たず、いざ起こってしまったときに慌てふためいて二次被害を引き起こす親のほうが圧倒的に多いですよ。

たとえば、幼児が痴漢にあったときに、「何があったの!」「何かされたのっ!」と聞いてしまう親がほとんど。親は心配だからそんな聞き方をしてしまうのだけれど、この言葉によって、幼児は「自分は悪いことしたんだ」と感じて、事実を親や周囲の大人達に話せず、大人になってから性交の際にその後遺症が出ることもある。
41. Posted by ササクレYUKO   2006年01月25日 10:21
「少女にも非がある」という言葉も同じ。この言葉は「私は被害を自白しちゃいけないのだ」と被害者に思い込ませる威力があります。誰かに打ち明けることができなければ、医療的なケアも受けられないし、それが長期化すれば命の危険性も出てきます。

妊娠だったり、STDだったり、精神的なダメージだったり。何よりも優先しなくてはいけないのは、誰に否があるか、誰を罰するかではなく、被害者の心身のケアだと私は思っていますが。そりゃ少女達との交流をろくに持とうともせず、天空から国防だ教育だと謳っている方達にはわからないことかもしれませんね。

レイプ自体より、二次被害や三次被害のほうが傷ついたという子達も多いですよ。しかもそのほとんどは、性に嫌悪感を持つ親や世間体を気にする親、過剰干渉の親や、性被害に対して無知な親によって引き起こされています。そして教師や友達。あと、マスコミの報道やネットの情報。

42. Posted by ササクレYUKO   2006年01月25日 10:21
子供の無知には干渉するけど、自分の無知には不感症の大人達。性犯罪はその場限りのことと見限り、二次被害や三次被害については一切見向きもしない議員達。男女混合名簿なんかより、そっちのほうがよっぽど問題だと思いますけど。

手首に傷のある少女だって、風俗嬢だって、同じ視線で辛抱強く向き合えば、ちゃんと口は開くし、涙だって流します。元はとっても純粋なんですよ、とっても。

そういう子達の成長や再生の可能性を封じ込めて、「いけないこと!」「それはお前の否だっ!」と責め立てるだけの人間が「教育を考える会」やら「あらゆる犯罪から市民を守る自治体の構築」ね。それこそ何様?ってかんじですが。

「聞いてくれる大人」を追い求める子達からしたら、「一番関わりたくない大人」であることは間違いないですね。


43. Posted by レッドパージ   2006年01月25日 15:52
http://jujo.seesaa.net/
このブログに噛みついているクソフェミは南京虐殺論者のクソサヨク。
まさに大衆団交の暴力だなwww

CIAに通報するぞこのボケ
アカめ!

こいつら議論の場に出てこずに山東議員とか伊藤議員とか要所攻撃を仕掛けてくる卑劣漢、生きる価値無し。
44. Posted by レッドパージ   2006年01月25日 16:05
ササクレyukoクン犯罪をネタに愛国運動をゆするフェミのサヨクプロ市民だということは良く解っただけでも収穫だな。フェミをかじったなどといっているのだから言い逃れは無理だ。
極左中核派=親の会は日本から出ていけ。いいか、皆生活では辛いことがあり辛抱している。オレだって身内に被害者がいるがサヨク叩きにダシにしたことは一度も無いぞコラ。
貴様たちクズのように被害を笠に着た偽善我侭は愛国人民によるパージをかけられて当然だ。被害者だからなんだ?甘えるなボケ。
トイレを別にしないのも純潔意識が無いからだろう。自分は実際にアカ教育を受け組合教師と殴りあった。純然たる事実だ。純潔意識があればスペースの都合などと寝ぼけたことは言えないはずだ。
教育の神、戸塚先生の元で、儒教を学べ!人権撤廃!
日本人は空気で動く。いい気になっていると振り子は反対に振れるぞ。
ぎゃっはっはっ!!!!!!
45. Posted by レッドパージ   2006年01月25日 16:07
性器教育こそ国民へのレイプだ!
広義のレイプだ!

我々の娘の心の純潔を奪う左翼共産党性教育協会に正義の鉄槌を!

傷つけられているのは我々だ!
46. Posted by レッドパージ   2006年01月25日 16:16
よいか、

貴様ら純潔剥奪者は我々親米愛国市民に蛇蝎のごとく恨まれ、監視されていることを忘れるな。

貴様らの真のサイレントマジョリティに対する搾取と盲動のサンクチュアリは永遠に来ない。

我々反共戦線が確実に貴様らの理想を粉砕してやる。

貴様らの乗っ取った政府権力があるなら我々は直ちに闘士となり紛い物政府を傾国させるであろう。

悪行を重ねるな。
よいか、決められた運命の制限の元に戻り粛々と謙虚に生きよ。
47. Posted by じる・ど・れ   2006年01月25日 16:57
ここにいらっしゃるレッドパージ君は20日の方に書きこんでいた方とは別人ですか?
返答がないので尋ね人の張り紙でもようかと思っていたのですが、前に書いたことをとりあえず再掲しておきます。

>君は多分男なのだろうと思うが、自分を振り返ってみて夜外を歩いている女性がいたらレイプしたい劣情に駆られるのか。あるいは、学校で、ある男性教師が教室に女子生徒と二人きりでいて、少女に猥褻行為をしたとする。その場合、この教師は児童性愛者でしかも抑制の利かない異常者だと考えるのが普通だ。君の上げたシチュエーションはこうした異常者を想定しているに過ぎないのだが、それをなぜ一般化しているのか。君は誰を男の基準としているのか?
48. Posted by 男女板住民   2006年01月25日 17:14
1 ササクレゆうこさん

>性に嫌悪感を持つ親

嫌悪感を持ってはいけないのですか?
嫌悪感を持つ人間に、死ねと仰いますか。
自称被害者の満足の為に、関係のない人間に「ペニス・バギナ」と叩きこめと仰いますか。
責める相手(犯人)をお間違えのようですね。

>世間体を気にする親

世間の視線つまり公意識を尊重する人は死ねと仰いますか。

>過剰干渉の親

親の躾をする者は死ねと仰いますか。

>性被害に対して無知な親

無知でいる権利を主張する奴は死ねと仰いますか。

シルドーレさん

ロリコンは死ねと仰いますか。
冗談でしょ?

人権を尊重する皆様は、随分な差別者であらせられるようで何よりですね。

まさか犯罪者の厳罰論になると、途端に沈黙しないでしょうね。

正義の人権を愛する皆様方のメッキが剥がれて何よりです。

全く、気分悪い人たちですね。
49. Posted by dochitebouya_usa   2006年01月25日 17:32
ササクレYUKO さんへ
「周囲の反応の仕方によって、自殺まで追い込まれる」と言う人たちにたいしてできることはとても限られていると思います。

究極のところ、本人の生命力に希望をも持つしかないのではないでしょうか。
(だから気にしなくていいというわけではありません。)

50. Posted by dochitebouya_usa   2006年01月25日 17:34
ものの見方や感じ方が異なる人の存在は無限です。

ササクレさんの話もたくさんありますが謝罪要求がいちばん必要ですか?

「『真相は実に情けない、女の破廉恥な挙動に辿り着きます』というコメントが、実は、その少女の真相ではなく、真相への入り口で発せられているにすぎない『かも』知れない。」

ということを伊藤議員や世間にどう伝えるかのほうが大事だと思います。

困難な状態にある少女達の気持ちを伝えいるというより、検察官みたいな部分が目立っていて、
何がいちばんしたいことなのか、見えにくくなっているような気がします。

見当はずれなコメントでしたらすみません。
51. Posted by じる・ど・れ   2006年01月25日 18:48
→男女板住民
事件を起こしたロリコンは当然処罰されるべきでしょ。当たり前のことだね。でも、別に死刑と言ってないのに、脳内補完するのはすごいね。たいしたものだ。
52. Posted by 裸の王様   2006年01月25日 20:16
  こんぶダルクさんじゃありませんが、代わりにお答えします。

(1)具体的にどの部分がどのように著作権法に違反するのですか。

(同一性保持権)

第二十条 著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。

引用元は↓です。

http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#2_1

【元の文章】

 神奈川県警の幹部は、「同様の被害がここ数年増えているが、統計上は表面化していない」と指摘する。

【伊藤市議の文章】

 神奈川県警によると、モデル被害はここ数年増えているもよう。統計好きなあの警察が「統計上では表面化していない」として発言を曇らせていますが、

 他にも多数箇所あるのですが、この一文をとってもあきらかに改変していますね。
53. Posted by 裸の王様   2006年01月25日 20:30
 まあわざわざ私がこんなこと言わなくても伊藤市議は元ジャーナリストなのだから、著作憲法についてはよくご存じでしょう。


(2)それは市議の責任を問わなければならないほどの重大な違反なんですか。

 別に私は責任を問うているわけではないですよ。
 たんに著作憲法に違反していますよ、と指摘しているだけです。

 その指摘をどう受け止めるかは市議の心持ちやモラルの問題でしょう。


>脳内妄想ってやつですね。
 うふふ、伊藤市議やBruckner05さんの壮大な脳内妄想に比べたら足元にも及びませんけどね。
54. Posted by ソレル   2006年01月25日 22:33
コメント欄が盛り上がっていますが…。

結局、男女混合名簿は犯罪を誘発すると言えるのか?これまでのエントリーを読み返しましてもよく分かりません。
この件についての伊藤先生のご回答はいただけないのでしょうか。

ところで史実のジャンヌ・ダルクって
「教会を通さず神の声を聴いた」ことの他に
「男装したこと」
を理由に異端と判断されたんですよね…。
一度は裁判で男装をやめると言ったにも関わらず、牢獄内で再び男装したのでとうとう火刑に処せられたのです。
この二度目の男装は、獄中でレイプ未遂(未遂ではなく実際に陵辱されたとの説も)があったためやむなくしたと言われています。
まっ、ただの余談ですが。
55. Posted by 虚構の論敵   2006年01月26日 03:26
○結局、男女混合名簿は犯罪を誘発すると言えるのか?
○事実確認もせずに性犯罪の被害者を責めるのは道義的に許されるのか?

コメント欄で最も問題にされている、この意見は全く無視のようです。コメントは政治信条への批判だと思いこみ、百万人言えども我行かんと頑張ってられるようです。

政治信条を批判する人はコメントなんかしないで、他で冷笑してるだけなんですがね。
56. Posted by Bruckner05   2006年01月26日 05:15
>ササクレYUKOさん

万一のこと、というのはたえず危険回避行動を取れという当たり前のことなんですね。柵のない池が近くにあれば、近寄るなと教え、不審者情報の出た場所があれば、そこは通るなと教える。見知らぬ人に付いていくな、夜遅い時間に出歩くな、等々、注意すべきことはいっぱいある。親や学校の教育上の責務であると同時に、子供が成長する過程で身に付けなくてはいけない常識です。それがある子とない子では、性被害に遭う確率も当然違うはず。

あなたは、根本的な思い違いをしている。個々の子供たちをどうケアするかという問題と、起きている現実の原因を推測し、対策を立てるという問題。両者は別次元にある。あなたは前者のことしか考えず、前者の視点ですべてを見て、それ以外を認めない近視眼です。しかも感情的で傲慢。そんな単線思考の感情的人間に、複雑な人間の心が理解できるのか極めて疑問ですね。
57. Posted by Bruckner05   2006年01月26日 05:21
>ササクレYUKOさん

子供たちの注意不足、自己防衛力の欠落、親や学校の教育上の問題が、性犯罪の誘因になっているのではないか、というのは、正当な物の見方です。しかし、被害者たちをケアする際、そのことをそのまま伝える必要は必ずしもない。「君が悪いんじゃない」と言うことも必要だろうね。しかし、それは教育や社会政策の視点とは別個の次元にある。

>レイプ自体より、二次被害や三次被害のほうが傷ついたという子達も多いですよ。しかもそのほとんどは、性に嫌悪感を持つ親や世間体を気にする親、過剰干渉の親や、性被害に対して無知な親によって引き起こされています。そして教師や友達。あと、マスコミの報道やネットの情報。

(つづく)
58. Posted by Bruckner05   2006年01月26日 05:25
だから何なのです?

性被害の起きない社会、そういうことに抵抗力を持った教育現場を作ろうという伊藤市議を非難するのは筋違いです。自己防衛力を備えた子供たちを作ろうというのは、方向性として全く正しい。被害に遭った子のケアのことしか考えないあなたと、視点が異なり、考え方が異なるのは、当たり前。

だいたいあなたのコメントを見ていると、親が悪い、世間が悪い、教師や友達が悪い、報道やネットが悪い。全部責任転嫁だ。親が悪いと言って、じゃああなたがその子たちの親になれるの?

被害に遭った子供たちは悪くないが、それ以外のすべてが悪いと言うあなた。あなたはこの社会に反抗するために、被害者らをダシに使っているだけじゃないか。
59. Posted by Bruckner05   2006年01月26日 05:35
>裸の王様さん
>他にも多数箇所あるのですが、この一文をとってもあきらかに改変していますね。

冗談で言っているのか。こんなのが著作権法違反であるわけがない。元の文章の主旨に沿って要約的に引用しているだけ。こういう書き方は広く行われており、「公正な慣行」に逸脱するものでは全くない。ばかも休み休み言え、という感じだね。

>別に私は責任を問うているわけではないですよ。
>たんに著作憲法に違反していますよ、と指摘しているだけです。

なら、もう言いたいことは言ったのだから、潔くねちねちつきまとうのは止めなさい。もちろん、著作権法違反というおたくの主張は的はずれだが。
60. Posted by Bruckner05   2006年01月26日 06:18
>結局、男女混合名簿は犯罪を誘発すると言えるのか?

こんなの答える必要ないじゃない。元のエントリーに書いてあるのだから。混合名簿によって、男女間の接触が近くなりすぎ、男女間の区別意識が希薄になった。ためらいや恥ずかしさを感じない男女が増えた。それが安易に男からの誘いに乗ってしまう女子を増やした。

>事実確認もせずに性犯罪の被害者を責めるのは道義的に許されるのか?

これも誤った問いの立て方だ。性犯罪発生の背景は読売の記事に書かれている。少女側にも落ち度がある場合が多いとある。子供たちの判断力に問題があるのだから、その事実をありのままに認め、そこから対策を考えようということ。

今の世の中、ネットは危ない、出会い系は危ないとさんざん警告されているのに、「軽い気持ちで面識のない男と会う」なんて、厳しく叱責されて当然。甘やかしても子供のためにはなりません。
61. Posted by 裸の王様   2006年01月26日 09:03
>Bruckner05さん

 黒蜥蜴さんも仰っていますが、日本語をもう少し勉強されたほうがいいですよ。

 せめて「要約」「引用」「改変」の意味くらいは、そして著作権法20条の主旨くらいは理解して発言しましょう。

 ご希望通り、私も日本語の通じない方とはこれ以上やり取りするつもりはありませんので、これで失礼いたします。
62. Posted by じる・ど・れ   2006年01月26日 09:56
はーい、某所から引用しますねー。

>新聞を読んでいたら「『モデル募集サイト』で少女の被害が増加」なる記事を発見!「女心をもてあそぶ、とんでもない事件」と思いきや、真相は実に情けない、女の破廉恥な挙動に辿り着きます。

>こうなると、男子から金を巻き上げようとした女子のよこしまな考えがこのような結果を生み出した、と言われても仕方がない気がします。

以上引用終わり。
ということは、「個々の子供たちをどうケアするか」という立場からは、「君が悪いんじゃない」と言い、「起きている現実の原因を推測し、対策を立てる」という立場からは「お前の破廉恥でよこしまな考えがこのような結果を生みだした」と言えばいいんですかね。Bruckner05様。
ちなみに、後者が被害者個人に向けられてないという理由が私にはわからないんですが?
63. Posted by ササクレYUKO   2006年01月26日 10:16
■dochitebouya_usaさん

>困難な状態にある少女達の気持ちを伝えいるというより、検察官みたいな部分が目立っていて、何がいちばんしたいことなのか、見えにくくなっているような気がします。


丁寧なコメント、ありがとうございます。確かに私の前の書き方だと、親御さんを批判するような言い方をしているように読めますね。すみません。気づかせてくれてありがとうございます。


親が悪い、学校が悪い、子が悪い、男女混合名簿が悪いというよりは、むしろふだんからの親子コミュニケーションのあり方が、性に対する意識に一番影響しているように思います。これは少女のみではないですけど。























64. Posted by ササクレYUKO   2006年01月26日 10:16
■dochitebouya_usaさん

自分の人生に大きな影響を及ぼしたこととして、男性の場合は、学校のいじめをあげる人も多いですけど、ほとんどの場合が親、特に母親との関係をあげます。父親は「不在」くらいの感覚。トランスジェンダーの子達も親との関係が多いかな。

出会い系やチャットに手を出して被害に遭った子に聞いてみると、「親とセックスの話をきちんとしたかった」とか、「幼いころから抑圧されていたから、早く親から逃げ出したかった」「親と自分は考え方が違うから、話しても疲れるだけ」とか「親や友達に話せないことを、ネットで出会った相手は聞いてくれたからついていった」という子達が多いんですね。そこに「学校」という言葉はほとんど出てきません。

65. Posted by ササクレYUKO   2006年01月26日 10:18
何かあった時に一番話したいのは親だけど、親はそういうことを聞いてくれるようなタイプではないからほかの相談者を見つけようとする。じゃあ友達は?と聞くと、学校もいじめが流行っているし、休むと次の日には自分がいじめられているかもしれないから友達は信用できない。くどい話をして友達に嫌われるのは嫌だし、とそういう返事がくる。で、じゃあ、次に誰に相談するかというと、それが保健室の先生だったり、気の許せる担任だったりするわけですが、それもいない場合や、それを飛び越してチャットやネットの見知らぬ人に走る傾向があるように感じます。彼ら彼女らにとっては「私の話を聞いてくれる優しいお兄さん。話を聞いてくれたから脱いでと頼まれたから脱いだ」という感覚。「NO」という訓練がされていなかったり、自己尊重意識が薄いから、そうなるのだと思いますけど。
66. Posted by ササクレYUKO   2006年01月26日 10:19
さいしょはちょっとした「好奇心」なのですけど、それがエスカレートして、掲示板やチャットで自ら注目を浴びるために脱ぎだしたりする子もいるわけで。もちろん最初から「脱ぎたかったから」「アイドルになりたかったから」という子もいますけど。

その根っこは、やっぱり「親に相談したかったけど、相談できなかった。だからネットで話し相手を探していた」という部分が一番強い気がしています。

私自身が「過激なジェンダーフリー&性教育論争」にどうも首を傾げてしまうのは、「学校教育」が母体となっている点なんです。それよりは親に子供とのコミュニケーションの取り方(技術面)や性についての話し方を学んでもらったほうが、親も子も先生ももっと楽になるのではないかしら?というのが今の私の見解です。誰を責めるというよりは、そりゃみんなきついわな、っていう感覚です。



67. Posted by ササクレYUKO   2006年01月26日 10:21
私が伊藤議員に「現場を見てください」「当事者と話してください」といったのは、正直、彼女の性被害の臨床的見地(特に二次被害の影響)や性教育、ジェンダーやフェミニズム、性被害関連の法の知識は、はっきり言って批判されている側が笑いのネタにする程度のど素人レベルですし、政治活動ブログでソースや根拠を掲示しないまま情報をアップしたり、「男女混合名簿は性犯罪を増やす」なんていう論理的とは言いがたい論を平気でアップしたり、党本部が一番嫌悪するであろうネット上での炎上を引き起こす書き方をしてしまっている点で、政治家としてここまで脇が甘くて選挙大丈夫?とは思うのですけど、
68. Posted by ササクレYUKO   2006年01月26日 10:22
その反面、メールや手紙を無視し続けたり、メディアに圧力をかけて言論操縦やセンサーシップを試みている国会議員さんがうようよいるなかで、コメント欄を公開にしたうえで、「ブログ」という議論の場を提供しているのは、えらいなと評価しているからです。考えや立場はもちろん違いますけどね。


私は賛成派であっても、反対派であっても、「性被害」に無関心でいられるよりは、関心を持ってくれる人達がいることはうれしいですし、だからこそ、そういうことを語る議員さんがいるのであれば、力をつけてもらいたいと思いますよ。

でも、今のままでは、結局「今までの議員と一緒か。都合の悪い&論理で返せない意見や反論は無視&うやむやのままごまかして、学ぼうとも聞こうともしないのか。」という心象のままです。それではもったいないなぁと思うし、せっかくの成長の機会を無駄にする行為のような気がしています。