これぞ「中世の魔女狩り」−韓国編親日国家・ポーランド 

2007年05月10日

真っ赤な嘘

 伊藤純子です。本日9日、日本列島は高気圧に覆われ晴天が広がり、都心では最高気温がなんと28.8度にもおよび、今年一番の暑さを記録しました。

 関東・東海でも、浜松市の33.6度をはじめ、わが郷土・群馬県は館林市で30.9度、お隣り埼玉県熊谷市で30.2度など、はやくも「真夏日」を迎えています。寒暖の差で頭痛を患っていますが、みなさん、お変わりありませんか?
 
 前置きが長くなりましたが、日本列島がホットなのには理由があります。さっそくですが、今話題の「youtube」からの掘り出し物をご紹介します。題して「南京大虐殺はやらせだった」。

 「南京虐殺」が‘ヤラセ’映画だった、という証拠フィルムがネット上で注目を集めています。みなさんにもぜひお目通ししていただき、歴史の再検証をしていただきたいと思います。

 日本軍人による「南京陥落時における虐殺」が史実として言い伝えられているのは、「南京虐殺」という映像が残されていたからでした。しかし、この「南京虐殺」が「バトルオブチャイナ」という、蒋介石配下で繰り広げられた中国国民党が中国国民を射殺する映像と酷似していることが明らかになったのです。酷似している以上に、画像そのものが同じであることが判明しているのであります。

 私の説明はこのくらいにして、まずは動画を見てください。

THE FAKE OF NANKING - 1


 当時のアメリカは、勢いづく日本を何とか制圧したいがために1本の映画を製作したのでした。それが「南京虐殺」なのです。日本人がしたことになっている虐殺映像ですが、その画像、実は「バトルオブチャイナ」に収録されている中国人による、中国人の虐殺なのであります。

 早い話、日本人による「南京虐殺」の事実は‘真っ赤な嘘’であり、アメリカがアメリカ国民の反日感情を煽る目的で制作された「やらせ」映像なのです。

 映像をしっかりご覧ください。アメリカのプロパガンダのおかげで、約80万人以上の民間日本人が空爆によって命を落としたことになります。

 この映像を世界に公表した勇気ある人物「TAMAGAWABOAT氏」に敬意を表します。

 それと同時に、「南京大虐殺」を取材したルポライターの本多勝一に告ぐ。素直に「嘘」だと認めなさいよ。もし、本多が正しいというのであれば、変名・変装なんかしないで、正々堂々とテレビの前に出て、主張しなさいよ。               

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. [南京事件]南京事件否定論史上もっともシンプルな主張  [ Apes! Not Monkeys! はてな別館 ]   2007年05月15日 17:35
をば展開してくださったのは、「伊勢崎のジャンヌダルク」こと、性犯罪の原因はジェンダー教育だと「定義」し、「男女共同参画」の陰に潜む陰謀を喝破し、「女は女らしく、でなにが悪い」と主張しながら、男装で戦場にでた女性に自分をなぞらえ、甲冑姿の自画像をプロフィー

この記事へのコメント

1. Posted by 十条   2007年05月15日 13:36
伊藤議員の認識では、

>日本軍人による「南京陥落時における虐殺」が史実として言い伝えられているのは、「南京虐殺」という映像が残されていたからでした。

とのことですが、これでは「『南京虐殺』という映像」が「南京虐殺」の唯一の根拠である、としか読めない文章ですね。

しかし南京事件論争では、肯定派・否定派ともに「映像」が唯一の根拠などというデタラメな主張はされていません。「南京虐殺」の根拠となっているのは主に史料・証言です。

したがって、「映像」がウソだから「南京虐殺」そのものが嘘、という主張なのでしたら、恥ずかしいほどの勉強不足ですし、そのように誤解される文章を書いてしまったということでしたら、伊藤議員の国語力を問題にせざるをえません。
2. Posted by 十条   2007年05月15日 13:55
ちなみに南京虐殺の根拠は、主には中国人・欧米人・日本人の史料・証言です。一例として
日高信六郎証言
http://www.geocities.jp/yu77799/hidaka.html
陸軍中枢メンバーの日記。証言
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjin.html
阿南惟幾・陸軍省人事局長の報告/田中新一・陸軍省軍事課長の所見
http://d.hatena.ne.jp/bluefox014/20060718
日中戦争全体では三笠宮親王や徳川侍従長の認識
http://www.geocities.jp/yu77799/nihonjin.html


伊藤議員は「南京虐殺は真っ赤な嘘」と強固に主張されています。ということは当然、上の証言も「真っ赤な嘘」ということですね?
陸軍中枢メンバーの証言や日高参事官の証言が「真っ赤な嘘」である根拠はどこにあるのですか?
3. Posted by やりちゃん   2007年05月16日 07:06

>十条君へ

伊藤純子さんの文章力に難がある、という君のブログを閲覧してみて唖然とした。ネット上で起こしたイザコザの相手を嘲る内容のエントリーがズラーッと並んでいたのだ。ハイパーリンクされているということは、君はこの知性や気品が微塵も感じられない文章群を武勇伝か何かのつもりで誇示するつもりなのだろうか。当該ブログへの君の書き込みこそ、ヘイトスピーチそのものではないか。

コミンテルンの組織原理を持ち込んだだけで自称インテリによる観念遊びの域を出ることのなかった日本共産党に対して、ほぼ同時期に発足した中国共産党は、当時の国内情況を冷静に分析し、みるみるうちに農村社会の中に浸透し、党勢を拡大した。真性保守政治家の我らが伊藤純子さんは、このしたたかな中国共産党が、いわゆる「南京虐殺」を政治利用することを憂慮している。
4. Posted by 国粋は必ずしも愛国の体をなさず   2007年05月16日 08:27
1938年の国連における中国国民党代表の演説で「南京において日本軍による虐殺がおこなわれた」と演説があったのですが、どうして中国共産党が関わっているのですかね?
http://www.geocities.jp/yu77799/chuugoku.html
>南京で日本兵によって虐殺された中国人市民の数は二万人と見積もられ、その一方で、若い少女を含む何千人もの女性が辱めを受けました。
5. Posted by やりちゃん   2007年05月16日 11:47

私は文章を現在形で結んでいます。「日本軍は残虐非道であった」と喧伝することにより、中国共産党が歴史的正統性を唱える材料として利用する可能性はあります。

おっちょこちょいなツッコミは必ずしも愛国の体をなさず。わざわざリンクまで張って頂いて、ご苦労なことです。
6. Posted by 国粋は必ずしも愛国の体をなさず   2007年05月16日 21:56
「日本軍は残虐非道であった」=「中国共産党が歴史的正当性がある」となぜなるのです。

国共合作により日本軍に対して抵抗したのですから国民党(台湾)の歴史的正当性を訴えるということにもなりかねませんが?
7. Posted by やりちゃん   2007年05月16日 23:08

>なぜなるのです。

ハハハ、そんなの中共に聞いてよ。大陸の歴史教育や「記念館」は国民党を礼讚する為のツールだ、とでも言うの?

共産党は、蒋介石のクーデターで酷い目に遭わされたというのに何で彼らをヨイショしなくちゃならないのさ?

ジオシティなんか証拠にならない、と私が言ったらサッと引っ込めたね。意外と素直なんだなぁ…。
8. Posted by 国粋は必ずしも愛国の体をなさず   2007年05月16日 23:47
「日本軍は残虐非道であった」=「中国共産党が歴史的正当性がある」と言ったの私ではありませんが?

是非ともどういう推測においてこのような考えに及ぶのかお聞きしております。
9. Posted by 元伊勢崎市民   2007年05月17日 01:09
>「日本軍は残虐非道であった」と喧伝することにより、中国共産党が歴史的正統性を唱える材料として利用する

当時、中国国内は他民族であるとともに、中共が“自分たちが日本から中国を救ったヒーローである、自分達のやっている事は正しい”と国民に思わせ、未来永劫中国全土を統一(思想も含め)するのに格好の材料だったからでしょう。
10. Posted by やりちゃん   2007年05月17日 07:19

>このような考えに及ぶのかお聞きしております。

私はあなたと違ってコミュニストに何のシンパシーも覚えないから、中共の考えていることはわからない。中共と自分を同一化してものを考えることはない。歴史教育や記念館などの情況から見て、いわゆる「南京虐殺」を政治利用しようとしているのだろうな、正統性を補強したいのだろうな、と勝手に想像しているだけだ。貧困層の鬱憤が昂進しているとも聞くから。

右翼の中には、日本が戦ったのは中華民国であって、中華人民共和国ではない、という立場をとる人々がいる。君は彼らと歩調を合わせたい、ということなのかな。
11. Posted by 国粋は必ずしも愛国の体をなさず   2007年05月17日 08:17
>当時、中国国内は他民族であるとともに、中共が“自分たちが日本から中国を救ったヒーローである

ですからそのロジックを使ってしまうと国共合作により日本軍に対して抵抗したのですから国民党(台湾)の歴史的正当性を訴えるということにもなりかねませんが?

>コミュニストに何のシンパシーも覚えないから、中共の考えていることはわからない。

>>「日本軍は残虐非道であった」と喧伝することにより、中国共産党が歴史的正統性を唱える材料として利用する可能性はあります。

一体どちらなんです?
「日本軍が残虐である」=「正当性の補強になる」とどうして推論できるのか理由をお聞きしているのに未だに返答がありませんけど。
12. Posted by やりちゃん   2007年05月17日 09:41

>一体どちらなんです?

中共が何を考えているのかはわからないから、「可能性はある」という表現で断定を避けてるわけでしょ。別にこの二つは矛盾しないわよ。君に義務教育修了程度の読解力があるのならわかる筈だけどね。

>未だに返答がありませんけど。

10.で回答済みだよ。

>国民党の歴史的正当性を訴えるということにもなりかねませんが?

だからどうしたと言うのさ。共産党は日本に抗戦しているのだから、「全国制覇の野望に駈られた国民党は豹変したのです。共産党は勇敢にもこの国民党を国外に追放しました」とか何とか言えばいいんじゃないの。国定教科書でさ。幾らでも言い方はあるだろうし、私は共産党じゃないからどうやっているのかは知らないよ。君に説明する義務も無いし。

よくわからないけど、ここらへんが君のツボなんだね。何だか面白くなってきたから幾らでも遊んであげるよ。
13. Posted by 国粋は必ずしも愛国の体をなさず   2007年05月17日 18:44
>中共が何を考えているのかはわからないから、「可能性はある」という表現で断定を避けてるわけでしょ。

ひょっとして「よくわからないが」とか「なんとなく」程度のことだったので?
買いかぶってましたがなにかしら深い思慮があってのことだと考えてました。伝聞程度の代物だったのですね。
14. Posted by やりちゃん   2007年05月17日 19:58
ハハハ、ものは言い様だな。アンタだってゴッド・ハンドで現地から動かぬ証拠を掘り出した訳でもあるまい。ジオシティのHTMLが伝聞と憶測の域を超える、とでも言うのかい?だとしたら驚きだ。…そのオメデタさにね。
15. Posted by 国粋は必ずしも愛国の体をなさず   2007年05月18日 03:04
例えば。
1945年8月9日日ソ中立条約をソ連が一方的に破棄。満州に侵攻し民間人を虐殺。
20万人が日本に帰ることなく中国大陸にて眠る、となってますが。
ソ連が民間人に対して虐殺を行ったという証拠はどのような代物になりますか?

南京大虐殺に対する”証拠”のハードルを高くすればするほど満州における虐殺の”証拠”のハードルも同じように高くなってしまいますが。
16. Posted by やりちゃん   2007年05月18日 07:21

私は、いわゆる「南京虐殺」の政治利用を危惧している。前回の私のコメントは、あなたも私も証拠の信憑性については変わりがないだろう、と指摘しているに過ぎない。

以降は余談。

私の父方の祖父は満州でパン屋を営んでいた。そして後にシベリアで不当に抑留された。ソ連軍人による虐殺の証拠を今ここで出すことはできないが、伝聞と憶測により確信はしている。欧州各地でも彼らの残虐性は長く伝えられている。

日本共産党の徳田球一は、共産主義を受け入れないシベリア抑留者を、転向するまで収容所に留め置くようコミンテルンに要請した。いわゆる「徳田要請」だ。徳田は、帰国した抑留者が受け取った政府からの見舞金から、党へのカンパを強要した。これも伝聞と憶測に基づく知識だ。日本共産党の体質、当時の社会情勢から見て、真実だろうと確信している。ラーゲリでのアクチブを利用した洗脳の様子も本当のことなのだろうと想像している。
17. Posted by やりちゃん   2007年05月18日 07:29

日本共産党は、「私達は戦前から一貫しています」とよく言うが、それは、彼らが一貫して鬼畜だ、ということに等しい。
18. Posted by 国粋は必ずしも愛国の体をなさず   2007年05月18日 08:50
>伝聞と憶測により確信はしている。

南京大虐殺の”証拠”のハードルを高くしてしまい伝聞と憶測は証拠にならないと言っているのが南京大虐殺否定論者だというのがわかりませんか?
19. Posted by やりちゃん   2007年05月18日 21:50

>ハードルの高低

高さをどう調節しようが、インチキ画像はインチキだろうに。真相を究明する、ということは、ハードルの高さを変えることではない。

重要なのは、日本がロシアに対して虐殺を政治利用する意図が無いのに対して、中共はいわゆる「虐殺」を外交カードにしようとしていることだ。今後日本が毅然とした態度を示し、この件がカードとして利用価値が無いと中共が覚れば、まるで潮が引くように両国間での感心が薄れる可能性が高い。中共は新たな材料を探すだろう。

その後に、現地から遥か遠くに離れた日本で、十条とその取り巻きのような者達だけがこの件について延々と語り続ける、というカリカチュアのような光景が見られることだろう。
20. Posted by Apeman   2007年05月18日 22:22
>高さをどう調節しようが、インチキ画像はインチキだろうに。

「玉音放送を聴いて泣き崩れる国民」の写真にはヤラセ・捏造があることが判明しています(佐藤卓巳、『八月十五日の神話』、ちくま新書)。玉音放送も、日本の敗戦もマボロシだったんですかねぇ。
21. Posted by やりちゃん   2007年05月19日 05:06

「十条は人畜無害で無視していいけど、エイプマンは切れ者だ」とか言っている方がいましたね。これの何処が?ハンドルネームそのままに見えますけど?

ネット討論初心者が陥りやすいのが「例え話病」。適切な例え話をするというのは意外と難しい。図らずも、命題に対する理解の浅さを露呈する結果になったりする。

「南京虐殺」→偽映像
日本の敗戦→偽映像

この中で共通項になるのは偽造だけ。それぞれ二者の関係性が異なるので、例え話として成立していない。がらんどうだね、この人。乾いていい音がしそうだ。叩いてみようよ、トン!トン!とね。まあ、ジオシティ貼ってこないだけましか。別のエントリーではまだやってるんだよね。

国粋さんはクドいところがあるけれど、話題が広がりそうな気がしないでもない。エイプマンは南京の話しかできんのだろうな。
22. Posted by 国粋は必ずしも愛国の体をなさず   2007年05月19日 09:54
そもそも南京大虐殺否定論を”映像”から導いてしまったのが伊勢崎のジャンヌダルク伊藤純子議員でして。

映像だけではなくて証言や史料。それも旧日本軍が虐殺をおこなったという軍の記録があると掲示したら次は「虐殺を政治利用させてはならない」

南京大虐殺に関して日本政府が「虐殺はおこなわれたが正確な被害者数はわからない」という態度をしてカードの価値を高めないようにしているのに伊藤純子議員曰くの「虐殺は無かった」などという発言そのものがカードの価値を高めてしまうということがわかりませんか?

23. Posted by やりちゃん   2007年05月19日 10:54

>南京大虐殺否定論を”映像”から導いてしまった

何が悪いの?件の映像は最近の話題なんだろう?タイムリーじゃないか。私は今、ネット環境が貧弱で見ることができないけれども。

>掲示したら次は

私は、中共がいわゆる「虐殺」を政治利用することへの懸念を一番最初の書き込みから続けているし、伊藤さんともよくその話になる。何も昨日今日言い出したことではないし、そもそも保守系議員の間では半ば常識のように語られている内容だ。伊藤純子さんは、「こちらは真性保守でございます」という看板をデカデカと掲げている。コンマ1ミリのブレすら無いね。

>「虐殺は無かった」などという発言そのものがカードの価値を高めてしまう

ハッハッハッ…。我々支持者で大いに盛り立てていこう、と思っているけど、今のところ伊藤純子さんに日本国政府外交カードの価値を上げ下げする力は無いよ。今後の活躍にご期待下さいませ。
24. Posted by 国粋は必ずしも愛国の体をなさず   2007年05月19日 12:43
>何が悪いの?件の映像は最近の話題なんだろう?

プロパガンダの映像にひっかからないように事象、事件に対しては多種多様の証言、史料を見比べて判断しよう、です。
映像のみで判断したのは”悪い”です。

>私は、中共がいわゆる「虐殺」を政治利用することへの懸念を一番最初の書き込みから続けている

伊藤議員は「虐殺は無かった」という認識を広めるためにブログの中で文章を綴っていると思いますが、それは虐殺の政治利用、カードの価値を高めることにつながります。
是非ともそのような態度に苦言を呈して頂きたいのですが。
25. Posted by やりちゃん   2007年05月19日 16:44

>映像のみで判断

何を根拠に?伊藤さんは以前から「南京虐殺」など無かった、と言っている。アンタの方こそ直近のエントリーだけで勝手な断定をしている。悪い態度だ。苦言を呈しておくよ。このブログを隅から隅まで読んでみるがいい。伊藤さんは、いわゆる特定アジア3カ国には強硬に臨むべし、と常に主張している。(私は相互の経済依存度が低い分、ロシアの方が脅威であるし、持久力もあるのではないか、と憂慮している。)

>カードの価値を高めることにつながります。

不見識な決め付けで誤りだ。伊藤純子さんの主張を全国民が受け入れれば、カードの価値はゼロになり、中国は他のカードを探すだろう、ということは前にも書いた。アンタも本当にクドい人だね…。
26. Posted by 国粋は必ずしも愛国の体をなさず   2007年05月20日 10:11
>何を根拠に?

日本軍側の史料に関してコメントして頂きたいのですけど未だに無視してますね。

>伊藤さんは、いわゆる特定アジア3カ国には強硬に臨むべし、と常に主張している。

魑魅魍魎跋扈する外交において深慮遠謀あっての強硬論ではなくて、戦前戦中並の”無策”な強硬論だと考えますよ。現に都合の悪い史料を突きつけられたら無視をするなどという浅はかな行為をしてますし。

>不見識な決め付けで誤りだ。伊藤純子さんの主張を全国民が受け入れれば、カードの価値はゼロになり

先の大戦に対して、それを正当化するような態度をしたら米国が黙ってませんよ?
中国だけではなくて、米国からも反発をくらって世界から孤立化するような状態ってそれこそ北朝鮮と同じですけど。
27. Posted by 裕仁   2007年05月21日 20:53
 いやいや、虐殺はあったんだから仕方がないのじゃ!
 旅順虐殺の頃からかのう・・・・・虐殺は日本人の得意技じゃった。
 平頂山では片っ端から殺したんじゃが、殺したりんかったようで、生存者がおってバレてしもた。悪いことはできんもんじゃのう。
 ワシが靖国を参拝せんのは、東条のアホを合祀したからじゃ!不愉快じゃのう。
28. Posted by 加油!伊勢崎のジャンヌダルク!   2007年05月28日 21:26
5 市議会議員で、こんなに見事な見識の持ち主がいるなんて、伊勢崎市民は幸せですね。と言うか、伊勢崎市民が立派な見識を持つ人が多いということの反映ですね。今度、伊勢崎に行ったら一杯買い物します!^^)/ 
29. Posted by 国粋は必ずしも愛国の体をなさず   2007年05月29日 18:42
旧日本軍史料を無視しているのはとても”見事な見識”だとは考えられませんが。
30. Posted by 工作員乙カレー   2007年07月10日 12:59
5  こんなところまで工作員の方々が出張されているなんて、乙カレー様ですね。

 それだけ、伊藤純子様の発言が真実をつき、工作員の方々が無視できない存在と言うことになるんですからね。

 伊藤純子様、いざというときの退路は確保しつつ、伊藤純子様の信じる道を突き進むことを応援いたします!
31. Posted by やりちゃん   2007年07月11日 07:00
退路ですか。断ちまくってますね。そういう方なんです。

そこがいいんです(慈英風味)。
32. Posted by 鰌   2007年07月20日 03:14
どうも通りすがりです。

東京裁判のために南京での虐殺の証言を中国か連盟国が得ようとしたが、「知らない」とか「そんなのない」というような証言しかなかったようです。蒋介石や毛沢東、国際連盟も虐殺があったとされる当時は南京虐殺に対して全く言及していません。

仮に地方の小虐殺だったから後になって実態がわかったとしましょう。当時塀に囲まれていた都市で数百数千の虐殺があれば噂はたちどころに広まり、統治前後で人口の数万単位の増大がありうるでしょうか?

ラーべは日本大使館へ日本軍の犯罪を報告していますが、どれも中国人により一方的な証言のみで現場には遭遇した事無いそうです。その報告が全て本当だとしても死者は数十人前半だそうです。後にラーべは日記を書き直し、妄想を世に広めてますが、内容は子供が論破できる程度です。

33. Posted by 鰌   2007年07月20日 03:15
恐らくいま肯定派の唯一の拠り所は幾つかの日本軍人の日記だけです。それを崩せば有る無しの議論は終わりです。BOAT氏の動画は議論の一端を示したにすぎません。反撃の狼煙です(動画消されたけど)。正直、左巻きの空気さえなければ、裁判で確実に無罪をとれる内容でしょう。慰安婦も同様です。

ちなみに虐殺が得意なのは中国ですよ。セイヤ作戦しかり、文化大革命しかり、チベット侵攻しかり、東トルキスタンでの核実験しかり。

ミラクルピース以降虐殺なんて我々には出来ません。”戦争”なら出来ます。

是非、伊藤氏には頑張っていただきたいです。
34. Posted by Ponda   2008年03月20日 11:27
十条さんへ
たしかに元日本兵の証言がたくさんありますね。でも、それはことごとく、中国軍兵士の殺害の証言であって、民間人の無差別殺害の証言は皆無ですよ。これらの証言の信憑性の高さから考えて、民間人の殺害はなかったと言えそうです。
ごく一部、便衣兵の誤抽出に関する問題がありましたが、これはあくまでも誤抽出であって、無差別殺害とは言えません。
したがって、南京大虐殺の問題は軍人と軍人との問題だけに絞られるわけです。
民間人虐殺だけについていえば、「南京大虐殺はやらせだった」、と断言していいでしょう。
35. Posted by 産経応援   2013年11月29日 02:52
伊藤先生
古いエントリですが、お邪魔いたします。こちらを拝見いたしますと、看過できない投稿者を見つけるにあたり、これに関して以下の通り申し上げる次第です。

先生のマイミク「やりちゃん」とやらは、韓国の慰安婦問題は、韓国の言い分こそ正義であり、日本の保守層や右翼層の主張は嘘吐き呼ばわりします。ところが、以下参照先ブログ※において、韓国の言い分を全面的に肯定しない当該ブログの大物常連のコメントについては「親近感を感じていますが、戦地の性という問題について「自由契約」の一言で切り捨てるのには賛同できませんね」と、嘘吐き呼ばわりしない。つまり、相手によって態度を変え、主張を変える。

これまで、先生のシンパをよそおいながら、実は特ア三国のシンパであると嘘をつくというのでは、先生に対して失礼にあたるのではございませんでしょうか。

※コメント参照先
http://kinpy.livedoor.biz/archives/52075371.html

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
これぞ「中世の魔女狩り」−韓国編親日国家・ポーランド