2017年05月05日

5歳児健康検査モデル事業の実施について

 伊藤純子です。愛媛県今治市で、親子2人が女に刃物で刺され、92歳の母親が死亡した事件で、警察が任意で事情聴取していた30歳代の女性が自殺していたことを明らかにしました。十中八九、この女が怪しいものと思われますが、この事件の真相、犯行の動機などが明らかにされないまま、事件が終息してしまうことを遺憾に思いつつ、なぜ、このような事件が発生してしまうのか、疑問に思う今日この頃。当ブログをご覧のみなさま、いかがお思いでしょうか?

 さて、表題のとおり、伊勢崎市は、平成29年10月より、子供の成長発達の確認と、子育て支援の充実のため、「5歳児健康検査のモデル事業」を市内公立保育所および幼稚園4施設において実施をいたします。詳細は下記のとおりです。

 5歳児健康検査の開始理由は、3歳までには明らかにされにくく、集団保育のなかで見られる子供の発達課題に対して、子供の得意なところ、不得意なところを知り、子供の育ちを集団保育のなかで支援するとともに、子育ての不安を抱える保護者支援を充実するために行う、というもの。対象保育所、幼稚園に「発達相談員」が出向いて、健康診査を実施するものであります。


 5歳児健康検査モデル事業

1 健康診査の開始月   平成29年10月より
2 モデル保育所・幼稚園 
公立保育所 第三保育所、境ひので保育所
公立幼稚園 あかぼり幼稚園 あずま幼稚園

3 対象児          
モデル保育所および幼稚園に通う市内在住の当該年度満5歳となる子供
(平成24年4月2日〜平成25年4月1日生まれ)

 5歳児健康検診についての問い合わせ、詳細については
健康管理センター 0270-23-6675 へ


 


junks1 at 14:54│Comments(0)TrackBack(0)地方自治 | 健康

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字