2017年10月30日

平成30年度 予算要望書を提出しました

H30予算要望

 





 



 

 伊藤純子です。しばらくのご無音、恐縮いたしております。早速ですが、去る10月27日、伊勢崎市議会会派「正論の会」の代表として、五十嵐清隆市長と執行部に「平成30年度 予算要望書」を提出いたしました。内容は下記に掲示いたします。ぜひ、ご覧ください。

平成30年度 予算編成に対する要望事項

◆主要項目◆ 

地方分権の確立  
・自治体の資産運用をつかさどる「専門チーム」の設置
・地域活性化対策として「IR Integrated Resort・統合型リゾート施設」の整備
・スーパーモール等における期日前投票の実施 
・職員による「選挙勤務」を廃止し、地域住民に「選挙手当」を支給

国際交流      
・修学旅行先を台湾、シンガポールなどに変更

地域医療       
・医師不足を解消するため、医師専用住宅を整備
その他 福利厚生の充実

教育行政    
・学校図書館の充実 全校に図書司書を配置 
司書資格取得希望者には、試験費用を補助


1 さらなる地方分権の確立

職員等の人事管理−市職員の有効配置
自治体の資産運用をつかさどる「専門チーム」の設置
オートレース場の代替に関わる研究委員会の発足 ex.カジノ「IR・統合型リゾート施設」構想
新たな都市間連携の構築 ex.伊勢市、伊勢佐木町
市営墓地の整備・造成
台湾、トルコなど親日国との国際交流、友好姉妹都市締結へ
修学旅行先を台湾、シンガポールなどに変更
市営施設(市役所、各支所など)駐車場の有料化
絹産業遺産群「田島弥平旧宅」の保存・管理の強化 
周辺のアクセス道路整備 島村地域全体の環境整備の促進
適正な受益者負担の考えに則り、補助金等各種事業への公金支出の在り方を徹底検証
ex.「地域コミュニティ助成金」→ 市内全学校区における「教育助成金」に充てる
3年後に開催される東京五輪・パラリンピックに向けた事前キャンプ地の誘致
スーパーモール等における期日前投票の実施
職員・臨時職員による「選挙事務」を廃止 学校区で選任された市民に「選挙勤務手当」を支給

2 子育て・高齢者支援政策

ジェンダーフリーなどの過激思想の撤廃
行過ぎた「男女共同参画社会」の見直し
3才まで在宅で子育てする家庭を対象とした「子育て専従者控除」の創設
高齢者の自立支援策、高齢者を支える家族に対する環境整備、政策研究
新規パチンコ店など遊戯施設の増加を制限する条例制定
在宅による高齢健康優良者の家族に対する報奨制度の制定
里親制度 里子の生活費・養育里親への手当支給

3 環境政策の推進と農業振興

緑地の拡大(特に学校・公共施設などの芝生化)
ゴミの減量化・リサイクル事業のさらなる推進
農業振興 遊休農地の有効活用
リサイクルセンターおよび周辺地域の環境保全、維持対策
猫の不妊・去勢手術費助成(補助)制度の導入
「動物愛護セミナ―」を実施し、ペット飼育の徹底化
超高齢社会に向けた新たな公共交通への取り組み(ゴムタイヤトラム・トランスロールの敷設)
雨水利用の促進 公共施設に大型雨水タンクを設置
汚水処理普及率・汚水処理率の低下に歯止め 
市独自の空き家対策 空き家の再利用

4 生活道路・通学道路の整備促進

通学路における信号機や交通標識の設置 
交通危険個所の確認とその安全対策
道路・橋梁の補修・改修、必要に応じて新設

5 治安・防災対策 安全安心のまちづくり

自治体と伊勢崎警察署・境署とのさらなる連携強化
外国人対策の推進(マナーアップ、基本条例の策定)
「犯罪被害者等支援条例」の制定
自転車保険加入の義務化 
防犯カメラ内蔵型防犯灯の増設
地震防災対策のさらなる推進
災害援護ボランティア窓口の設置
集中豪雨の対応 浸水・防災体制の構築 
市内学校区に「災害対応型LPガスバルク供給システム」を配備
緊急時のヘリサインの大幅拡充 (災害発生など緊急時のヘリコプターが飛行しやすい環境を作るため、建物の屋上に施設名や住所などを表記するヘリサインを大幅に拡充)

6 企業誘致および地元企業の育成と雇用の確保

雇用を重視した企業誘致
本市主力の製造業等の環境設備対策への支援
機械装置や防音壁などの設備に対する補助金制度の創設 
観光協会に民間手法を活用
観光課内に「いせさきフィルムコミッション」事務局・窓口を設置
高年齢者の働き方と活躍のための環境整備、支援

7 福祉・保健・医療

乳がん検診‐マッモグラフィでは見落とす危険のある「デンスブレスト」(高濃度乳房)に対する超音波・エコーの併用検診の実施
肝炎ワクチン‐「ラテックス」(ゴム、木になる果物、果実)や「酵母」アレルギーの人に副反応症状が見られる傾向があることを注意喚起することで副反応リスクを回避する対策
リスクの高いワクチンに頼らない無料検査によるがんの早期発見
医師不足を解消するために医師確保対策推進事業の拡充 ex.医師専用住宅の整備、その他福利厚生の充実
「医療政策課」の主管課を設置
消防本部における「救急専用ダイヤル」の開設
市民病院における透析治療の「完全夜間」対応 

8 教育・家族の再生

新教育基本法に基づいた教育改革の断行
ジェンダー思想を相対化する「家族の絆を守る運動」の推進
市立四葉学園の私立化
全国テストの市町村別・学校別結果の情報開示
「子ども」表記を取りやめ、常用漢字「子供」もしくは「こども」表記へ
学校図書館の充実 全校に図書司書を配置(有資格者)図書司書希望者に試験料を補助
不登校児童・生徒への対応と対策 (全校にスクールカウンセラー・臨床発達心理士の配置)
不登校、ひきこもり児童・生徒の実態把握とその後の追跡調査
不登校、ひきこもり児童・生徒の問題解決に取り組む主管課を設置
いじめ問題等に対応する専門家の配置拡充
スポーツ特化・強化選手に対する支援
個人主義イデオロギーを見直し、家族の絆を重視する「家庭科授業」を実施
中学校(中等教育学校も含む)弓道部の創設
2020年東京五輪・パラリンピック競技大会等を契機としたスポーツ振興
優秀児童・生徒(各技能検定合格者等)市長表彰


最後までお目通しいただき、ありがとうございました。
政策実現を目指して、訴え続けていきたいと思います。
伊藤純子の政治・議会活動に対するご理解のほど、よろしくお願いいたします。



junks1 at 11:42│Comments(0)議会だより 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字