いよいよ本格始動!臨時議会!

2018年06月06日

ハイブリッド手術室の稼働について

 アーティス・フィノ

 伊藤純子です。暦は6月を過ぎました。はやいもので、今年も半分が経過してしまいました。まさに「光陰矢の如し」。当ブログをご覧のみなさまにおかれましては、充実した日々をお過ごしのことと拝察いたします。

 さて、表題のとおり、伊勢崎市の「重点政策」として掲げている伊勢崎市民病院の「ハイブリッド手術室」の整備が完了、5月中旬より稼働いたしましたことをご報告いたします。

 「ハイブリッド手術室」とは、手術台と心・血管X線撮影装置を組み合わせたもので、内科的治療と外科手術による治療を1つの部屋で行うことができるとのこと。従来は、手術室と撮影装置が別の場所に設置されていたため、患者移動が必要でしたが、これからは迅速な対応ができるほか、患者がより安全に、難易度の高い治療が受けられるようになります。

 導入された血管撮影装置は「アーティス・フィノ」(シーメンス社・ドイツ製)。CTを撮るために患者を動かさずに、患者の周りをアームがぐるっと回って撮影できるという優れもの。CTの撮影時間も6秒と非常に短く(従来は20秒)、被ばく線量の大幅な削減が可能になりました。画像処理技術もかなり進んでいて、造影剤の量を減らすことにも成功しているもよう。こんな最新鋭の機器がうれしいことに、伊勢崎市民病院に導入されたのであります。

 何よりも健康が一番。最新鋭の機器導入にあたり、ここに改めて、日頃の健康維持が大切だと自身に言い聞かせた次第であります。

 【画像】血管撮影装置「アーティス・フィノ」 healthcare-bizより引用

 

junks1 at 22:08│Comments(5)地方自治 | 健康

この記事へのコメント

1. Posted by wasada   2018年06月07日 06:51
伊勢崎市民病院につては、
市民のための病院と思っておりますが、
近年、他県の方の緊急搬送の方が多く
本来の市民の為で病院は無くなっていると
感じておりますが、本来なら患者は平等に受診できる
権利を有しておりますが、市民を優先する事は
将来市民が受診、入院する際に支障を懐のではでは?
と感じておりますが、
2. Posted by 伊藤純子   2018年06月07日 15:27
同様の意見をよく耳にします。市民はもちろんのこと、たとえ他県であっても、救急搬送された患者を受け入れするのは、当然のことだと思います。
ただし、医療も経営がしっかりしていないとサービスも低下します。消防・医療広域のお付き合いのある本庄市、深谷市からの県外搬送も多くなりましたので、それぞれの自治体からそれなりの負担金をいただければ、と私は思っています。玉村町も然りです。
3. Posted by サラリーマン   2018年06月14日 17:39
是枝監督への批判の事。
あんた、自分の立場を分かってないでコメントしたのだろうけど、とっとと謝罪しなよ。
助成金もらったら従わなければならないなら、あんたも伊勢崎市民の言う事聞けよ。
あんたに投票しなかった市民の言う事も、もちろん聞け。
あんたにそれが出来る訳?
所詮、支持者の言う事しか耳貸さないだろが。
自分の事は棚に上げて、モノ言うな。
立場をわきまえろ。
だから日本会議はイヤなんだよ。
4. Posted by 伊藤純子   2018年06月15日 09:32
 「公権力から潔く距離を保つ」と、林文科相の祝意を辞退。その後、2,000万円の公金利用が発覚し、世間の批判を浴びると、慌てて「祝意について」と題したブログをアップ。「助成金をいただきました。ありがとううございました」と弁解。だったらはじめから祝意をすんなり受け取っておけばよかったのに、と言う一連の是枝監督の言動に、「ダサい」と、率直な意見をツイッター上で述べた件について、回答申し上げます。

 謝罪はいたしません。

 あなたが日本会議を嫌おうと、私は信念にもとづいて入会したのだから、私が日本会議首都圏議員連盟の所属議員であろうと、あなたには関係のないことです。

 あなたが言う「立場もわきまえないで」の意味が分かりません。議員がどんな感情を抱こうが、ひとりの人間として、また納税者のひとりとして、世の中の疑問や違和感を口に出すことに、なんの問題はない、と認識しています。あなたの意向に沿わないからという理由で「ダメだ」「謝罪しろ」と言い切る、そんなあなたの物言いにこそ、違和感を覚えます。
5. Posted by 一匹狼   2018年12月14日 16:59
今日、初めて伊藤さんの名前と存在を知りました。「夢猫」さんのtwitterからです。(夢猫@masaharu19759)私はtwitterは見るだけです。

早速、どんな方なのかと検索してみたところ、googleがトランプさんの検索を故意に貶めているのと同じ程、無茶苦茶な内容でした。

アホが幾ら騒いだところで「本物」は殺せないという、至極当たり前の事すら分からない。まあ、その程度の人生しか送ってないのだろうと。

でも伊藤さんを支持する人もネット上には多数居りますので、是非ご安心下さい。私もその内の一人です。独りで戦う事の意味は、私なども経験しております。公務員として地獄の職場で勤務しましたが、最後は全部ひっくり返してハッピーエンドで去りました。

宜しければ、以下

【セルピコ】己の正義を貫いた―汚職に立ち向かう若き警官の物語

で検索して、最後のコメントをご参照下さい。見ず知らずの他人のブログですが、死ぬ前に人生の欠片を残しておきたかったぐらいの気持ちで書いてます。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
いよいよ本格始動!臨時議会!