9件の陽性を確認14件の陽性を確認

2020年10月22日

令和3年度 予算要望書を提出しました

 令和3年度予算編成に対する要望書提出 令和2年10月19日
 伊藤純子です。去る10月19日、「令和3年度 予算編成に対する要望事項」を五十嵐清隆市長に提出いたしましたので、ご報告いたします。予算編成にあたり、新型コロナ感染症の克服と経済活性化の両立が視野に取り入れられるものと思われますが、地方自治体のICT化や地方創生臨時交付金を活用した地域の実情に応じた、きめ細やかな取り組みがなされるものと推測します。その一方で、景気の落ち込み、税収の確保、自然災害がもたらす恐怖、インフラの老朽化、そして高齢化による社会保障給付費の増額など、さまざまな課題が逼迫しており、これらの課題を克服するためにも、伊勢崎市が地方都市としての自己決定、自己責任による、活力ある地域社会を構築しなければならないと感じています。

 これまでと同様、歳出の抑制を含む歳出全般にわたる見直しを行いつつも、必要な出費は惜しまないといった活気にあふれる街づくりを望むものであります。そして、従来の公的機関の常識、固定概念を取り払い、資産運用、第三セクターの構築を手掛ける必要があるものと捉え、ここに次世代を見据えた要望書を作成いたしました。なお、※印は新規要望事項です。


◆令和3年度 予算編成に対する要望事項

1 総務・財政
副市長2人制−中央省庁から1名を副市長に ※
市民のワンストップ相談窓口「(仮称)すぐやる課」の創設 ※
移住促進に不可欠な「(仮称)移住しません課」の創設 ※
市庁舎内(支所も含む)に郵便局出張所を開設 ※
AIなど先進技術でさまざまな行政課題を解決 ※
公民館での各種証明書の発行可能へ ※
人事管理−民間(金融、自衛官など)退職者の雇用
資産運用をつかさどる専門チーム「資産運用課」の創設
資産管理・運用−市営施設(市役所、各支所の旧議事堂、駐車場や空き空間など)有料開放
「義援金配分委員会」を設置し、赤十字社を交えない市独自の災害義援金窓口の設置
災害援護ボランティア窓口の開設
自治体公文書の元号表記
滞納整理事務 収納率の更なる向上
適正な受益者負担の考えに則り、補助金等各種事業への公金資金の在り方を徹底検証

2 治安・防災 安全安心のまちづくり
外国人のマナー向上、基本条例の策定
児童・生徒、高齢者の自転車保険加入の義務化と一部助成 ※
防犯カメラ内蔵型防犯灯の増設
地震、集中豪雨等の災害対策−各学校区に「災害対応型LPガスバルク供給システム」を配備
災害対策−公共施設に大型雨水タンクを設置・増設 雨水利用の促進
聴覚・言語障害者のためのスマホによる「Net119」の導入 ※
「犯罪被害者等支援条例」の制定
新規パチンコ店など遊戯施設の増加を制限する条例制定
緊急時用ヘリサイン(災害発生など緊急時のヘリコプターが飛行しやすい環境を作るため、建物の屋上に施設名・住所などを表記する)の拡充
消防本部における「救急専用ダイヤル」の開設
ワクチン副反応による健康被害を回避するため、ワクチン不適合者への注意喚起を徹底

3 子育て・高齢者支援政策
ジェンダーフリーなどの過激思想の撤廃
行過ぎた「男女共同参画社会」の見直し
3才まで在宅で子育てする家庭を対象とした「子育て専従者控除」の創設
保育支援を受けないで育児に励む家庭に保育料同額支援の実施
高齢者の自立支援−在宅介護家族に対する報奨制度の制定 ※
2世帯、3世帯を新築する家庭に固定資産税を減免 ※
里親制度−里子の生活費・養育里親への手当支給

4 特色あるまちづくり
オートレース場の代替に関わる研究委員会の発足(カジノ「IR・統合型リゾート施設」構想)
新たな都市間連携の構築 ex.伊勢市、伊勢佐木町
台湾、トルコなど親日国との国際交流、友好姉妹都市締結
絹産業遺産群「田島弥平旧宅」の保存・管理の強化 周辺のアクセス道路整備 島村地域全体の環境整備の促進
境島小跡地の有効活用
観光課内に「いせさきフィルムコミッション事務局」を設置
婚活支援−東館ロビーor境赤レンガ倉庫を開放し、年間2組程度の「無料結婚式」を抽選で開催(費用全額市が負担)※
修学旅行先を国外は台湾、国内は三重県伊勢市(伊勢神宮)、沖縄県石垣市(‘西の防人’海上保安庁の職業見学)などに変更 ※
移住促進事業−リバースモーゲージ等を活用し、移転を誘導(シニア世代に助成)※ 
都内からの移住者対象(現役世代)に運転免許取得の補助 ※
建設予定の「健康管理センター」内に県施設や図書館、商工会議所などを入居、複合施設化へ※

5 環境政策の推進と農業振興
市営墓地(6割緑地、4割墓地)の整備、造成
ゴミの減量化・リサイクル事業のさらなる推進
リサイクルセンターおよび周辺地域の環境保全、維持対策
耕作放棄地の再生
環境部「空家対策係」を建設部に移行 ※
空き家対策−空き家にならないよう事前に登録「(仮称)お家長生きプロジェクト」の創設
猫の不妊・去勢手術費補助制度の導入
超高齢社会に向けた新たな公共交通への取り組み(ゴムタイヤトラム・トランスロールの敷設)
次世代モビリティ社会に向けた「自動化運転」導入を検討
水処理普及率・汚水処理率の低下に歯止め

6 生活道路・通学道路の整備促進
通学路の整備・点検で常に安全を確保
交通危険個所の確認とその安全対策
道路・橋梁の補修・改修、必要に応じて新設
道路維持管理−AI(アプリ)による道路の損傷などの不具合を可視化 ※

7 企業誘致および地元企業の育成と雇用の確保
雇用を重視した企業誘致
本市主力の製造業等の環境設備対策への支援
機械装置や防音壁などの設備に対する補助金制度の創設 
高年齢者の働き方と活躍のための環境整備、支援
公用車(最低でも8割)は富士重工の車両に ※

8 健康・保健福祉・医療
乳がん検診‐マッモグラフィでは見落とす危険のある「デンスブレスト」(高濃度乳房)に対する超音波・エコーの併用検診の実施
肝炎ワクチン‐「ラテックス」(ゴム、木になる果物、果実)や「酵母」アレルギーの人に副反応症状が見られる傾向があることを注意喚起することで副反応リスクを回避する
医師不足を解消するために医師確保対策推進事業の拡充(医師専用住宅の整備など福利厚生の充実)
「医療政策課」の主管課を設置
「子宮頸がんワクチン」定期接種再開の動きから…
・副作用被害者に対する治療法の確立、治療体制の構築
・副作用に苦しむ女子とその保護者に対する救済支援の継続
・中高生対象にワクチンによる危険性(副反応の発症や、ワクチン接種不適合の人への注意喚起の徹底)
「子宮頸がんワクチン」副作用問題−予防接種法に基づく救済制度の適用を
在宅難病患者の医療機器に「非常用電源購入費」を助成 ※
市民プラザ敷地内に25、50メートルプールを造成 ※

9 教育・家族の再生
新教育基本法に基づいた教育改革の断行
ジェンダー思想を相対化する「家族の絆を守る運動」の推進
市立四葉学園の私立化
全国テストの市町村別・学校別結果の情報開示
「子ども」表記を取りやめ、常用漢字「子供」もしくは「こども」表記へ
学校図書館の充実 全校に図書司書を配置(有資格者)図書司書希望者に試験料を補助
不登校児童・生徒への対応と対策 (全校にスクールカウンセラー・臨床発達心理士の配置)
不登校、ひきこもり児童・生徒の実態把握とその後の追跡調査
不登校、ひきこもり児童・生徒の問題解決に取り組む主管課を設置
いじめ問題等に対応する専門家の配置拡充
スポーツ特化・強化選手に対する支援
個人主義イデオロギーを見直し、家族の絆を重視する「家庭科授業」を実施
優秀児童・生徒(各技能検定合格者等)市長表彰
優秀生徒に対する奨学金制度(返済不要)の開設 ※
理数系トップレベルの人材育成重点枠「スーパーサイエンス」校の認定
肢体不自由・視覚障害児の義務教育支援の実現

※印は新規要望事項




junks1 at 17:47│Comments(0)議会だより 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
9件の陽性を確認14件の陽性を確認