以前紹介したすんごいジャンクを見てからというもののこれまでに
「こいつはキッツイなぁ」
と思ってたものが実はたいしたことないんでは?と思い始めております。

82bla_1
NO.82-1-2 スカイライン2000GT-Xです。
2008年1月にお台場にて開催されていたニューイヤーミーティングのフリマ会場にて入手した一台です。
ジャンク箱の中で見つけた時は思わず絶句。
・Aピラー左右欠損
・窓まで含めてマジックによる着色
・前後グリル欠損
パッと見で10人中9人が手にしたものをポイっと戻すと思われますが、「これください」と言った稀有な人がここにいます。

82bla_13
カシメを外してシャーシと分離させてワオびっくり!
車の中にエイリアンが。それともタカアシグモの幼虫か?
実際のところは木の枝だかなにかだったと思いますがこういうトラップは勘弁願いたいです。

82bla_3
バラして洗浄してみました。シャーシなど下回りが結構汚れていたのですっきりしました。
しかしボディやガラスはすっきりどころか、まだまだべっとりです。

82bla_14
剥離剤の時間がやってきましたよ、ということでオリジナル塗装諸共剥離します。
 
82bla_2
塗装の剥離が終わったところで今度はピラーの再生です。
ピラーの残っているモデルから型取り君で型を取った後、エポキシパテで複製します。

 82bla_5
ベースも出ると比較して曲がってないか、ずれてないか、ドアの開閉は可能か?をチェックしながら接合部にパテを入れて補強します。

82bla_6
当然ガラスが干渉しないように裏側も削って整えていきます。

82bla_15
仮組みをして下回りの検査・・・なんてことをしながら作業は続きます。

(続く)