旅するけもの

Electric Violinist 百瀬巡 Jun Momose

家のベッドにもぐりこんだ。東京にいるのにご無沙汰してた。ツイキャスするって言ったのになかなかできない、連休中には配信するぜったい





おやすみ








はしごがかかっている。でも登るためにあるのではない。




今日、台風が近くを通るようです。



近年住む家はどこも雨戸がなくて、

ないということはそのうち

ある家に引っ越すのだろうなと予感させます。












雲の裏側に星ぎっしり。


夜にも雨は降るのだ












一日よく働きました




せっかく手に入れた元気

を失くさないために


瀬戸際で足に力を入れるも




むしろ元気をなくしたい

という思考回路も同時に進んで行く、






という体験をしたので





これは破滅願望…

と思ったけど


そもそもそんな言葉

が存在するのかどうか

すら

はっきりとは

わからなかったのでした









6時半におじいさんが目覚め、

痰を切る音が聞こえたら寝るのね



でもおじいさんが何してる人なのか

よく知らない…








私は水を大量に買ったので、数日潤う予定です







おやすみ!


いってらっしゃい。















他人の住む家が好きだけど、

行く機会がほぼないから

たまにお邪魔させてもらうと異様にはしゃぐ






それと



後部座席から見る景色が好きだから、

機材車で行くツアーは2倍楽しい








この二つは感覚が似ている















さっき、

気分転換に

近所を徘徊していたら



夏の空を隠している明け方の雲が

とても厚くて



まるで湖畔の朝みたい

だった





涼しくて、薄いコートを着ていきました

東京って不思議なところだね












私は

今年の10月6日で

25歳に

なります





なので記念に、

ワンマンライブをやることにしました




会場は


青山 月見ル君想フ

です






記念にしよう

なんて

中々思わないんだよ


と、



私の中では、そういうことになっています






チケットは今日のお昼12時から、

e+にて発売します。




私を窓口としてダイレクトに取り置きも受け付けるけど、

e+で買うとより早く入場できます。





百瀬巡生誕ワンマン 2016 特設サイト






みなさんが来るのを待っています。















音楽は メロディもビートも数字でできているけど、

人の心は果たして 数値化できるのでしょうか








誰になにを言われても納得できなかった場合、

自分で考える他にはないのです










昨夜は


1000say

アコースティックワンマン

千夜物語 第二夜







ゲストミュージシャン


として


出演しました






ゲスト

というと大抵



2〜3曲



一緒に演奏する

ような印象が


私はあったんですが






来て下さったみなさんもびっくりするほどの


大量の曲たち





これは、もしかして、ゲストというより、、








当初は思い



百瀬個人の制作スケジュールも

大いに詰まっているところだったので



もはやどちらかを極端に優先しないと

まずい、やばい、かなり、

ということになり


考え込んだ数週間でした






ただ


メンバー脱退後の

新体制一発目の

ワンマン



それがどういうことなのか


バンド上がりの私は

さすがに

わかりました





割に合う合わない

ではなく

とにかくこのイベントを

2人の力だけではなく

私の力も添え

成功させて

ばちっと終わらせて

そのあと

ソロの制作に全力を注ごう、


と決めて


取り組みました








結果は観て頂いた通りです。



私は満足


時間内でやれることは

全部やった

と思います






ご来場頂いたみなさん

初めてお会いする1000sayラヴァーズのみなさん


ありがとうございました





努力の甲斐あって


持って行った自分のアルバムも

完売となりました




聴いてワーとなって頂けたら幸いです















ちょうど今朝、

nanoKEY2





image






が自宅兼スタジオに届きました






制作の進行具合は

大変なことになっていますので

とにかくとにかく、今日は やります









それでは












↑このページのトップヘ