JUNNYの意気地ナシ奮闘記

横浜発ヴィンテージロックデュオ・もりきこの低音Vo&エレキギターJUNNYが、転がり続けるミュージックライフと意気地なしの自分との闘いを熱く綴る青春の軌跡。

IMG_8563
緊急事態宣言が解除されて徐々に日常が戻りつつありますが、気分的にはまだ解放されない感じで悶々と過ごしてます。

ここ最近は、ステイホームを活用して重い腰をあげて断捨離に励んでおります。
懐かしい写真やらフライヤー等が山ほどあって、歴史の重さを感じたり、、思いきって捨てると気分がすっきりする感じもありますね。
色々発掘されたお宝やフライヤー等は何らかの形で届けられればと考えてまーす。

IMG_8586
さぁぺこぱ風に言えば、時を少し戻して、5月21日。
前夜に聞間拓さんより急遽熱いオファーを頂き、ライブバーでの無観客配信LIVEに緊急参戦することに。

場所は、地元横浜ながら初上陸となった音楽酒場SARASVATHI弁天。
僕らが育った関内の街にギターを抱えて久しぶりに出勤、軒並み休業でひっそりとした雑居ビルの一角にあるアットホームな空間でした。

ドアを開けるとマスターと拓さんが入念に映像と音響の調整をしていて、本番までに良い感じに仕上がりました。

全国を股にかけて様々な企画を動かす最強の聞間拓×村岡広司のお2人とのツーマン、刺し違えるつもりで挑みました。

ステージ前の飛沫防止のカーテン越しにマスターが鎮座し、左右2つのカメラを手動で切り替えてくださり、ハイクオリティな音響で配信させて頂きました。

14m3wci5
今回は新曲たちはベンチ入りさせて、A代表の楽曲たちをセレクト。

やり慣れた楽曲とはいえ、最近はほとんどプレイしていなかったことで逆に新鮮で、ステージで歌える喜びを噛みしめながら、ハモリ倒していきました。



イベントタイトルにもあるように、DANNYの髭は今回も注目を浴びて、拓さんからは格好のイジリネタに。

Mi9eA2j1
お茶爆をカスタマイズして、DANNYの顔が降ってくる通称『ドロ爆』も大いに盛り上がり、本番中何度もドロボー髭がが降ってきて画面を埋め尽くしておりました。笑

無観客ながらも画面の向こうには全国の沢山のオーディエンス、コメントに背中を押されながら気持ちよく歌いきることが出来ました。

PmmGp-c6
SET LIST@SARASVATHI弁天
1、FOR DREAMER
2、MAGICAL HARMONY HOUR
3、クラゲライフ
4、カラーボール
5、首都高1号羽田線
6、鈴虫リンリン
7、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり
8、すぺさん

後半は、至福のアルコールを呑みながら、お2人の熱演を生で堪能させて頂きました。

g6f__kNk
いつ何度聴いても心を鷲掴みにされる拓さんの歌声と、寄り添いながら油を注ぐような村岡さんのグルーヴ、最高に気持ちよかったです。

途中インカメラでフロアで観戦してる自分たちを映してくれる演出も面白かったですし、音や映像に対するコダワリが素敵☆

こうやって急に集まれるのも、熱く語り合えるのも、今だからこそ出来ることで、思いがけず有意義な時間を過ごすことが出来ました☆

また帰りたい場所が増えました。またライヴハウスで!!


今週末このお2人が企画した前代未聞の企画に、神奈川代表として出演することが決まりました☆
朝早い時間ですが、爽やかに盛り上げたいと思いまーす。

200530
【無料配信中継LIVE】
★聞間拓×村岡広司 企画 supported by AZYTATE
24時間で47都道府県ツアー!!!!​
〜ライブ配信 日本全国の旅〜​​

◎神奈川代表として5/30(土)6:30〜出演決定!

↓↓
https://twitcasting.tv/azytate


そして翌日5/31は、敬愛する鈴木ナオト兄貴との激熱ツーマンが緊急決定!!
素晴らしい音響と照明を有するラボからの有料配信ライヴです◎Jは、ナオトさんのサポートもするとか!?
200531
◆5月31日(日)LIVE labo YOYOGI
鈴木ナオト×もりきこ
〜コロナを吹き飛ばせ!歌うたいのヤベー2MAN!
開演 19:00
配信チケット:2,000円(税込)
【共演】鈴木ナオト

↓↓こちらからお買い求めください↓↓
https://twitcasting.tv/livelaboyoyogi/shopcart/7073

急なお知らせも多くはなりますが、今後も出来る限りお店を救済するためにも、ステージに立っていくつもりですので、引き続きよろしくお願いします☆

f4BuBtfj
5月も半ばになりましたね。
基本的に楽観思考なので、五月病とは無縁ではありますが、LIVEという魂の解放区がないと鬱々としてしまいますね。
IMG_8543
そんな折、かなり久々なソロライヴが用意されておりました。
中止延期が相次ぐなか、リーフルーム豪徳寺にて、無観客有料配信LIVEという形で当初の予定通りのキャストで開催されました。

ここのところ自宅や自転車圏内のティンスピからの配信のみだったので、楽器を持って電車で出勤すること自体が久々で、当たり前だったものが非日常になって不思議な感覚でしたね。

夕暮れ時、世田谷線沿いの階段を登って感傷に浸りながらドアを開けると、リハーサル中で既に先輩方の静かなる淀みないオーラが満ちていて、一気に戦闘モードに。

自分が一番年下という空間で少し緊張しながらも、こだわりの配信環境で良い感じにサウンドチェックが完了。
nOblVakq
19時から配信がスタート、出番までオープニングトークということで、格さんがしゃべり倒した後に3人で登場して、緩めのトークセッション。

拓さんは高校時代の写真をマスクの中に仕込んで、自分は相変わらず存在感も出せないまま、、程よく和んだところでいよいよ本番。

1曲目から意表をついて名刺代わりの首都高を熱唱してから、調子乗って軽くラップ風に自己紹介をして掴めたかも分からないまま、真夜中を駆け抜けていきました。。

反応が先輩方のガヤのみという過酷な状況ではありましたが、目の前のタブレットで観てくれてる皆さんのコメントが見えてきて、勇気をもらいました。

そんなオンラインの恩恵を受けまくりな状況で、4次元〜君に会いに、とタイムリーな楽曲をお見舞いして、コール&レスポンスもやって、盛り上がったような気がしました。

I2K_Fi-8
ある程度既存曲で慣れたところで、先日の新曲ワンマンで披露した最新曲の中から、お気に入りの3曲を立て続けに歌いました。
まだまだ途上ですが、これからいっぱい歌いこんで沢山の人に届けていきたい曲達ですね。

最後は近景タワー、東京の空の下、上京して夢を追いかけている皆さんを前に歌えることに意義がありました。
新曲が仲間入りしたことで、バリエーションが増えて、沢山のメッセージを受け止めてもらうことが出来て嬉しかったです。

_XT0z9fJ
SET LIST@leaf room豪徳寺
1、首都高1号羽田線
2、真夜中のRunaway
3、4次元の森
4、君に会いに
5、いんふるえんさー
6、火種
7、PRECIOUS
8、近景タワー


続いて登場したのは、ミッキーこと三輪美樹生さん。
1ヶ月以上ぶりのライヴだったそうですが、ブランクを感じさせないトルク全開のアクトで、バンドサウンドが聞こえてくるようなグルーヴィなギターとパワフルな歌声に心地よい余韻も吹き飛ばされました。自粛中に創られた新曲も素敵でした☆

IMG_8544
トリは、ソロでは初共演となった聞間拓さん。
コロナ禍でも全国を回って連日各地に熱い歌を届けてこられた百戦錬磨のパフォーマンスが炸裂、ミッキーさんのLIVEを受けてさらに増幅されていて圧巻でしたね。

アンコールでは、数日前にタマキングさんと旗揚げしたライヴハウス支援プロジェクトのテーマソング『またライヴハウスで!』を熱唱、真っ直ぐな想いに共感しました。

これまで数々の伝説を作ってきたタマタクのお2人だからこそ出来る素晴らしい企画、僕らとしても全力で支持しております!!

またライヴハウスで再会できるようにみんなで乗り越えていきましょう!!
詳細はこちら↓↓
https://www.tamataku.info/mata-livehouse-de-pj/

先輩方の歌声に気持ちよくブッ飛ばされて、お酒も出来る限り呑んで、終電ギリギリに駆け込みました。
以前の反省を踏まえて乗り換えも成功して川崎行きの南武線に乗り込んだところまでは良かったのですが、、目を覚ますと武蔵中原!!!
油断したらしく終点の川崎から折り返してしまったようで、ガックリ。。

タクシーに乗るのも悔しかったので、2時間ほど歩いて帰りましたとさ。。しゅん。

IMG_8505
引くに引けなくなった濃密レポート後編いきまーす。
お互いドキドキしながら前半8曲歌いきって少しブレイク。
IMG_8503
調子に乗って乾杯しようとしましたが、お店は休業中なので当然お酒は頼むことはできず、1曲目に演奏した『心動』が少々かたかったので、生演奏でリベンジしました。

後半戦1曲目は、桜ソングバトンでDANNYが書き下ろして、既にもりキャスでも公開していた『外出自粛中の歌』。


軽快なメロディにのせてリアルに今のご時世を歌った曲で、シンパシーを感じる方も多いのではないでしょうか。

続いて再びけいたを呼び込み、今度はDANNYがベースに持ち替えて、3ピース編成でダ作曲のロックンロールナンバー『17』をプレイ。
主人公の10代の不毛な男子と疾走感のある曲調がマッチして良い感じ、自分の語りも今度見どころになりそうですね。
IMG_8504
続いては猫をテーマにしたその名も『ニャーニャーニャー』。
元々は社会派の歌詞でしたが、2日前に全編差し替えて猫サマの歌になりました。

サビはひたすらニャーニャーいう脱力系のナンバーで、いずれはキコラーの皆さんに猫になってもらうかもにゃー笑


さらにもう1丁、ダニーから演出の為にステージ袖からフェイスパックに使う、いわゆるスケキヨマスクを支給されて演奏したのは、『チョコミントDEスケキヨ』。

シンプルなポップロックにのせて何気ない男女の日常を描いた楽曲でしたが、おそらくビジュアルに気を取られて歌が入ってこないかもですね。。笑

IMG_8469
独特の歌詞センスとキャッチーなメロディが光るDANNYワールドが炸裂したところで、自分が作曲しDANNYと歌詞を練った『FIREWORKS』

今年3月に延期になったながおかHeartfulフェスティバルで歌うことをイメージして、長岡の代名詞でもある花火をモチーフに、主催の八木ちゃんと夢を追う仲間達を描いたナンバー。
いずれは長岡の大きな舞台で大合唱したいですね。

いよいよ終盤戦残り2曲は2人で、まずは自分が書き下ろした新機軸のラブバラード『PRECIOUS』。
シンプルなコードワークに起伏のあるメロディとハーモニーを乗せて、具体的な描写を交えて組み立てた普遍的なラブソングになりました。
これからじっくりと歌いこんで育てていきたい大切な曲になりました。
IMG_8465
そして本編最後は、軽快なドライブソング『僕らのリバティ』
先日お別れを告げた機材車リバティへの感謝を込めつつ、当たり前だった日常や皆さんへの想いを詰め込んだ爽快なナンバー、今だからこそ書けた歌詞で気に入っております☆
みんなの手拍子に乗って歌いたいですね。

そんなこんなで蓋を開けたら全15曲、完唱することが出来ました☆
いずれも即戦力になる楽曲で、早くLIVEで歌いまくりたいですね。


アンコールでは、再びスリーピース編成でもりきこヒットパレード!
半端ない解放感の中、ノープランで3曲駆け抜けました。ダベースで一度も合わせたことはありませんでしたが、細胞レベルで沁みこんでいたので、思いのほか良い感じ。
オンラインでコール&レスポンスもやれて楽しかったですね☆


SET LIST@2nd STAGE
1、外出自粛中の歌 (曲:D/詞:D)
2、17 (曲:D/詞:D)
3、ニャーニャーニャー (曲:D/詞:D)
4、チョコミントDEスケキヨ (曲:D/詞:D)
5、FIREWORKS (曲:J/詞:J&D)
6、PRECIOUS (曲:J/詞:J&D)
7、僕らのリバティ (曲:J/詞:J&D)
En1、THE DOWNTOWN BOYS
En2、ダ・ヴィンチ
En3、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり


こちらの模様は、プレミア配信(2,000円)でチケットをお買い求めいただけると5/19まで何度でも視聴です。気になった方はぜひご覧ください。かなり濃いです!
https://twitcasting.tv/junnykiko4969/shopcart/4363

IMG_8487
お久しぶりです☆ようやく髪を切ってリニューアルしたジュです。
イレギュラーな日々が続いて、季節や曜日の感覚がおかしくなってる気がしますね。

今年のGWはどこにも外出できずに巣ごもり生活をされてたと思いますが、我々は連日集まって部屋にこもってひたすらセッションしておりました。
IMG_8462
お知らせしていた5月5日の全曲新曲ワンマンに向けて、試験勉強ばりに追いこんで、2人でビートルズを歌いまくっていた20代初頭を思い出しましたね。

奇しくも今のDANNYは、髭が伸びまくって後期のポールみたいですね。笑

ステイホームをフル活用して、ある程度の手応えをもって無事に健康に当日を迎えることが出来ました。


休業中のTeen Spiritsをお借りしてのガチンコライヴ、会場でもギリギリまでリハーサルをしてあっという間に本番のお時間。。

この日も4/12の救済ライヴと同様、オープニングの演出として無観客ライヴと知らずに来店してしまうお客さんに自分が扮して、スマホのカメラを回していきました。

DANNYと店長が良い感じに芝居をしてくれて、無事にスタンバイといきたかったのですが、またもや回線の切り替えにミスって途切れました。。泣

映像は本編とは別に単独で残っておりますので、マニアの方はぜひご覧ください。

IMG_8488
オープニングトークを挟んでいざステージへ。
DANNYが機転を利かせて、曲名を1曲ずつボードに書いてくれて、視覚的にも良い感じでドキドキしながら本編に突入していきました。

1曲目は新たなもりきこのテーマソングとも言える『心動(しんどう)』
ダニーが譜面をめくり忘れるハプニングもあり、緊張感隠し切れない感じでしたが、二人で全編ハモり倒して新たなページをめくりました。

2曲目『いんふるえんさー』、自己啓発本に影響を受けてメモった熱い文言をそのまま歌詞に引用、ダニーの助言もあり歌詞の深みを増して、曲調も含め今後の新たな武器になりそうな予感。

IMG_8491
3曲目はDANNY節のミディアムバラード『ステンバミ』、元々名曲『STAND BY ME』の替え歌として歌っていた詩に新たなメロディをつけたストレートなラヴソング。

4曲目『火種』、敬愛する先輩SSW鈴木ナオトさんのブログに感化して創った歌詞に、DANNYの熱い言葉が加わり、疾走感のあるフォークロックに仕上がりました。

ここでサプライズゲストとしてもりきこBANDのさとうけいた氏が登場、ここから自分はベースに持ち替えて、即席3ピースバンドとして数曲演奏することに。

2日前にオファーをしてからDANNYが書き下ろしたブルース調のテーマソング『敬太のビート』で
駆け抜けてから、自身のリアルを歌った『DANNY40のテーマ』。
IMG_8489
いずれも初期ビートルズのごとく、ルーツミュージックをベースにしつつキャッチーなメロディやリリックが光るシンプルな楽曲で、演奏する側も良い意味で脱力できました。

続く『AYOQYO』では、ワンコードのみで展開するクールな演奏に乗って、コロナ禍の社会を描いたリリックで韻を踏みまくる意欲作で、こちらも新たな飛び道具になりそうですね。

そして第1部最後は、S&Gテイストなフォーキーなバラード『風来音(ふきね)』
10年以上前に仲良くしていた先輩デュオの名前をタイトルに、昨年病気で天国に旅立ったメンバーにあてた手紙として、想いをリアルに綴りました。

DANNYも同じ想いで熱く歌詞にアイデアをくれて、重厚なバラードに仕上がりました。
歌い回しを合わせるのは大変でしたが、何とか歌いきることができました。

ライトにレビューしようと思いきや、結局真面目なライナーノーツみたいに長くなってしまったので、2回に分けることにします。

IMG_8492
SET LIST@1st STAGE
1、心動 (曲:J/詞:J)
2、いんふるえんさー (曲:J/詞:J&D)
3、ステンバミ (曲:D/詞:D)
4、火種 (曲:J/詞:J&D)
5、敬太のビート (曲:D/詞:D)
6、DANNY40歳の歌 (曲:D/詞:D)
7、AYOQYO (曲:D/詞:D)
8、風来音 (曲:J/詞:J&D)


こちらの模様は、プレミア配信(2,000円)でチケットをお買い求めいただけると5/19まで何度でも視聴です。気になった方はぜひご覧ください。新たな伝説のはじまりかもしれません。笑
https://twitcasting.tv/junnykiko4969/shopcart/4363


後編につづく→

どうも、またまたお久しぶりです。後ろ髪伸びスギなJUNNYです。
STAY HOMEしてますか?

先月からライフワークであったライヴ活動が無くなり、大幅に生活のリズムが変わりました。

これまでライヴレポートで必要以上に?注いでいた時間と情熱の大部分が創作に向かった為、ギターを弾く時間が格段に増えました。笑

普段からそうしなさい!って話ですけどw
808462e9
また週1ペースで配信ライヴ(もりキャス)をやって皆さんと交流することで、心病むことなく生きることが出来ております。

ライヴ同様、配信は楽しくて時が経つのはあっという間、いくらでもやれちゃう感じもありますが、最近では毎回テーマ(縛り)を決めて色々挑戦しながら緩くやってます。
アーカイブを残しておりますので、連休中巣篭もりライフのお供にいかがでしょ?


https://twitcasting.tv/junnykiko4969/show/

「すごもりきこ!」なんちゃってー。。笑

EVvELb0U8AI1pBW
さてこの春はDANNYが歳を重ねて40代キッズとなり、僕らにとっても新たな転機を迎えるタイミング。
この自粛期間は、図らずも大切な充電期間になっていて、情勢的にも感傷的になりやすく曲もバンバン産まれてきてます。

僕らは戦略的に長けている訳でもないので、今後戦っていく為に必要なものは何よりも楽曲、そしてハーモニーだと考えてます。
マニフェスト的に言えば、楽曲ファースト!とでも言いましょうか。


そんな訳で、配信やSNSではお知らせしておりますが、
当初幡ヶ谷36°5で開催予定だった
5/5(火)に全曲新曲のプレミア配信ワンマンライヴを決行します!!

EDdFgaeVAAE-KeV
舞台は4/12の救済ライヴも好評だった川崎Teen Spirits。
ガチンコライヴスタイルで、自粛期間に描き下ろした出来立ての新曲達を出来る限りプレイする予定です。

昨年はひたすらライヴをしまくって、唯一発表したのが「拝啓俺達よ」の1曲のみでした…
果たして何曲披露できるのか?

従来通り2人ともシンガーソングライターである強みを活かして、全く異なる感性でそれぞれ書き下ろし、歌詞やアレンジは意見を出し合いながら磨いていくプロセスで量産体制に入っております。

写真2019-04-14-16-25-46
素材はかなり良い感じで、もりきこ節なモノから新たなアプローチの曲までバラエティに富んでおりますが、どんな曲でも2人でハモってギターを重ねれば『もりきこワールド』!

ソングライティングに関しては唯一無二だと自負しておりますし、お互い無いモノをもっていてリスペクトしている気持ちが長年続けてこられた原動力かもしれません。

熱くなってしまいましたが、、、

そんな意気込みで挑む超プレミアムな配信ワンマン、お茶の間から初披露の緊張感を一緒に味わって、楽しみながら素直な感想やご意見を頂けたら嬉しいです☆

なお前回同様収益の半分はお店に寄付し、残りはお店の飲食代に使用させて頂きます☆お茶爆も大歓迎です。爆

【もりきこ全曲新曲プレミア配信ワンマンLIVE〜不惑のチルドレン】
★5月5日(火・祝)19:00スタート
★チケット:2,000円(税込)


https://twitcasting.tv/junnykiko4969/shopcart/4363  

↑↑配信チケットはこちらで事前にお買い求め下さい。
リアルタイムで観れなくても2週間何度でも視聴可能です!

GWはひたすら新曲のセッションに明け暮れます!!
めちゃくちゃ期待しててください!!

IMG_8310
お久しぶりです。諸々再発行が完了して完全復活のジュです。

緊急事態宣言の発令からさらに事態は悪化して、来月までのライヴ予定はほぼ白紙となってしまいました。。泣
そんな状況下でも音楽と元気を届けようと僕らも例にもれず、配信や動画などに積極的に取り組んでおります。

お互いに安全かつ身軽で実に有意義なコミュニケーションではありますが、反面今後ライヴの存在意義が変わってくるような危惧も感じてはおります。

とにかくポジティヴに今後羽ばたく為の充電期間と捉えて、配信やら創作やら今できることをやっていきます。
FullSizeRender
我々バンドマンはそうやって何とか生き延びることはできますが、ライヴハウスやライヴバーは休業要請をうけて十分な補償もしてもらえず、各地で閉店する店も出ているようです。

今回地元の川崎Teen Spiritsが悲鳴をあげているという情報を耳にして、急遽救済有料配信ライヴを決行することにしました。

初めて最近流行のツイキャスのプレミア配信機能を導入して、次元にチケットを発売。
休業中のお店のステージを拝借して、同い年のmarcoもゲストに招いて、40歳×3人でプレミアムなライヴショーをお届けしました。
FullSizeRender
DANNY発案の粋な演出で、お客さん目線のカメラワークで入店し、大根役者な自分がお出迎えしてオープニングトークに繋げていきました。

勝手が分からずスタートが遅れたり、回線の切り替えがうまくいかず途切れたりもしましたが、本編とは別にアーカイブが残っておりますのでご覧ください。

本編はDANNYソロ→JUNNYソロと2曲ずつ演奏、オーディエンスがいないのは変な感じでしたが、それぞれソロの持ち曲を披露して、久しぶりのステージを楽しみました。
FullSizeRender
2人とも考えることはおんなじで、それぞれの曲を今のご時世に合わせた歌詞に変えたりして、観てくれた皆さんに想いを届けました。

SET LIST@DANNY Solo
1、オーライ
2、休日

SET LIST@JUNNY Solo
1、オモイ×オモイ
2、君に会いに

IMG_8309
そしてマルちゃんのオンステージ。
前半はお馴染みのアッパーな楽曲で駆け抜けて、途中バズった安倍総理の動画をパロってDANNYが隣りで猫を撫でたり珈琲を呑んだりする演出もあったり、後半は胸アツバラードでぐっと聴かせてくれました。

自分は2週間ぶりに解禁したアルコールを摂取しつつ、マメにカメラを動かしながら楽しませてもらいました。

FullSizeRender
そして、ここでTeen Spiritsを根城にして活躍している待良くんが顔を出してくれたので、早速飛び入りゲストとして歌ってもらいました。

絶妙な演奏とトークで3曲しっかりと盛り上げてくれて、熱い想いを届けてくれました☆



そしてもりきこオンステージ。
ガチンコライヴモードでマジハモから飛ばして、恒例の自己紹介も挟みつつ、盛り上げていきました。
IMG_8301
関越からはお店のエレキギターをお借りしてDANNYのスライドギターも際立って良い感じ、月想歌はせっかくMCをしたのに歌詞を度忘れしてやり直すハプニングも。。

終盤はからっぽワールド、そしてすぺさんとDANNYのシャウトが炸裂して熱くハモり倒しました。



SET LIST@もりきこ本編
1、MAGICAL HARMONY HOUR
2、バンザイ〜青春の影
3、笑顔
4、関越自動車道
5、月想歌
6、からっぽワールド
7、すぺさん

IMG_8302
そして最後は3人でお楽しみなセッションタイム。

前半はギター3本でやり慣れたSlow Jazzと首都高を濃厚コラボ、さらに悪ノリしてマルちゃんのドラムにDANNYがベースを持ち出して即興スリーピースバンドで、初合わせのクラゲライフを演奏、思いのほかいい感じでした。
最後はそのままブキボクになだれこみ大いに盛り上がりました。


SET LIST@もりきこ×marco
1、Slow Jazz
2、首都高1号羽田線
3、クラゲライフ
4、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり

おかげさまで沢山の方に観てもらって、売り上げの半額をお店に入れて、さらに残りでガッツリ呑んで食べて語って熱い夜を過ごしてきました。

本編3時間にわたるスペシャルライヴの模様は、ご購入頂いた方は何度でも視聴できますし、見逃した方も今からでも購入いただく事が出来ます◎
存分にお楽しみ頂けると思いますので是非ともご覧になってくださいね。

https://ssl.twitcasting.tv/junnykiko4969/shopcart/2862


今後もマメに配信していくのでお楽しみに☆

IMG_8242
3月31日、1年前の横浜市開港記念会館のワンマンの思い出に浸る予定だったメモリアルな日の未明に事件が起きました。

IMG_8259
前日の夜、奇跡的にもりきこBANDのメンバーで半年ぶりに集まって焼き肉を食べて、楽しくて少々呑みすぎて帰って寝落ち。。朝方二日酔いと共に目を覚ますと財布がにゃい。。

探していると楽天カードから着信があり、深夜に不正な取引がされているとの事で、どこかで財布を落としたことが発覚。。泣

免許証に保険証、キャッシュカードにクレジットカード、ポイントカード、、何もかも失って新年度はまさにゼロからのスタートとなったわけです。


愛車リバティも廃車が決まり新たに買い替えることになり、色々な意味で入れ替わるタイミングでもありましたが、昨今のコロナショックで春を迎えた感覚がないまま日々モヤモヤを抱えております。


そんな新年度1本目のステージは、leaf room豪徳寺にてカティことカトウマサタカさんの誕生日企画に参戦。
IMG_8262
自粛モードでライヴがことごとく中止になっていくなか、開催を決断するのは長いバンドマン生活の中でも一番胃が痛かったと仰ってましたが、演者のキャンセルもあったなかお店の事も考えて決断してくださいました。

お客さんに対しては事前に注意喚起をして、演者も協力して消毒や換気なども行い十分に対策を行った上でお迎えしました。

1番手からRYOJIROCK兄貴がカッコ良くぶちかましてくださり、引き締まったステージに2番手として登板しました。

久しぶりのステージの開放感にテンションはオーバーヒート、冒頭から飛ばしていきました。
お約束の自己紹介をしてから、カティさんが推してくれた『4D』を選曲、図らずも今のご時世にメッセージが響いてが気持ちが入ってしまいますね。

そして鈴虫では髪を切ってリニューアルしたDANNYがセンチメンタルシャウトをかまして、最後はこれも時代にマッチングしてるAIRで盛り上げました。
FullSizeRender
SET LIST@leaf room
1、MAGICAL HARMONY HOUR
2、カサカサの羽根広げて
3、4D
4、鈴虫リンリン
5、AIR

大変な状況のなか集まってくれたオーディエンスの笑顔に支えられて、楽しく歌わせて頂きました!

お酒は自粛してソフトドリンクを飲みながら、共演者のライヴを鑑賞。
IMG_8258
何気にもりきこでは初共演のナチュキラさんは、疾走するエイトビートに乗せて繰り出すポジティブなメッセージが痛快!最年少ながらトリ前を務めた優理ちゃんは、色々な想いが詰まったパフォーマンスが胸に響きました。

そして主役のカティさん、いつも通り飄々としながらもノスタルジックで心地よい歌を届けてくれました。ナチュキラさんとの即興コラボも素敵でしたね☆

アンコール終わりでサプライズでケーキを持って乱入する予定でしたが、まさかのセルフダブルアンコールで一度つけた火を裏で吹き消す珍場面もあり、みんなでお祝いしてHAPPYな空間を過ごすことが出来ました。

当たり前だったライヴが特別なものであることを実感した素敵な夜でした。

今後しばらくライヴが激減しますが、もりキャス等で積極的にお届けしてまいりますので、乗り越えていきましょう〜!

IMG_8209
2020年3月24日、ついにハマのハスキーセンチメンタルヴォイス・DANNYが40歳の節目を迎えました。
今月に入って新型コロナウイルス問題で30代最後を飾るべく準備していた個展イベントは延期となったり、自身のスマホのデータが飛ぶ災難に見舞われたり、もりきこの愛車リバちゃんが故障したり、、何かと受難続きではありましたが、、
無事に当日を迎えて何とかイベントも開催することが出来ました。
IMG_8205
舞台は近年我々のお祝い事には欠かせない川崎Teen Spirits。
昨年9月ぶりでだいぶゴブサタでしたが、お酒もご飯も美味しくていつも好き勝手やらせてもらってます。
この日はお店の誕生日でもあり、ダブルでHAPPYな空間になることが保証されておりました。


今回はワンマンではなく、同じ不惑を迎えた同級生たちを招いたイベントで、自分もソロとして枠を頂き、本人からのリクエストでJUNNY(SINGS DANNY'S SONG)という名義で参加させて頂きました。

まずはウェルカムアクトということで、、もりきこで2曲ばかり定番のナンバーで盛り上げて空気を作りあげてから、本編のトッパーとして登板させて頂きました。
IMG_8201
文字通りJがDの歌を歌う1人ユニットで、稀代のソングライターでもあるD氏の名曲をJなりのアレンジでカバーさせて頂きました。

まずは何度かカバーしたことのある『電線ウォーカー』をお得意のボサ風アレンジでお届けして馴染んでから、もりきこでは一度もプレイしたことのない『忘れ物をしよう』を替え歌に。

お店をティンスピにしたり、途中からデータ喪失をネタにして『バックアップしよう』にすり替えて届けました。
続いて本人からのリクエストで『笑顔』をカバー、こちらもフツーにやりたくない自分は同時期の『街』『でかけようどっかいこう』をメドレーで繋げて1曲するカッコよく言えばマッシュアップしてお届け、完全な自己満足でしたね。。

そして、最近は見かけない隠れた名曲『My Sweet Little Someday』をカバー、こちらはキーを下げたのみでマジメにやりまして、最後は殺人的な名曲『魔法』を大胆にアレンジして締めくくりました。

IMG_8212
ソロの悪い癖で直前に思いつきで色々詰め込んだ為、にわか仕込み感は否めませんでしたが、自分らしく届けることは出来ました。

SET LIST@JSDS
1、電線ウォーカー
2、忘れ物をしよう(バックアップしよう)
3、笑顔〜不惑mix
4、My Sweet Little Someday
5、君は魔法を信じるかい?


IMG_8207
続いて8月生まれのぬまのくんが登場。
コミカルな自己紹介ソングから胸アツな応援ソングまで丁寧に作りこまれた楽曲たちでビシッと締めてくれました。

そして7月生まれのマルコくん。
前半はしっかりと自分の世界に惹きこんでから、Teen Spiritsに因んで我々の洋楽替歌自己紹介シリーズのパロディ「Smells Like Teen Spirits」で盛り上げてくれて笑かしてくれました。

そして定番のセクシーなラブソング「Slow Jazz」を同級生4人でコラボして盛り上がりました。


ここで飛び入り枠として佐倉から足を運んでくれたはぴぐらを迎えて、1曲かましてもらいました。
ちゃんと足を運ぶ姿勢には毎回感心しますし、確実に成長を感じられて嬉しかったですね。

IMG_8211
最後は主役のDANNYくんが登場。

前半はソロ曲を中心に聞かせて、途中からお客さんとして遊びに来てくれたサトウケイタ氏を迎えて、自分と被ったマスリサや首都高のカバー等でガツンと歌い上げて、最後は自分も乱入してのお馴染みのママチャリライダーで盛り上がりました。

アンコールではキコラーさんが用意してくれたケーキでサプライズして、再びもりきこwith All Friendsで『AIR』をセッション、ワイワイして大盛況で幕を閉じました。


終演後には地元の先輩小山さんもお祝いに駆けつけてくれたり、みんなでワイワイしてHAPPYなバースデーナイトになりました☆

大変な時期にも関わらず、沢山のご来場すぺさんでした!!

晴れて40代キッズとなったもりきこ、引き続きみなさんにHAPPYな気持ちになってもらえるよう熱いハーモニーを奏でてまいりますのでご期待ください。

IMG_8135
まさかのトラブルにより大塚から川崎までタクシーを使って未明に帰宅して迎えた春分の日。
ブランク明けの都内2デイズ後半戦は、豪徳寺leaf roomにて釣り仲間でもある有田健太郎さんの生誕祭にお招き頂きました。

近年はレコ発や誕生日など大切な節目には高確率で呼んで頂いておりますが、今年も素晴らしい面々の中で参加させて頂けるということで楽しみにしてました。
leaf0320-5
まずはお約束のオープニングアクション(寸劇)から。
気象庁の会議室を舞台に、『春一番』の発表のタイミングをめぐって熱いディスカッションが繰り広げられました。

黒幕的なポジションに味をしめた?ありけんさんが影アナとして、待良部長の心の声を代弁しながら、演者それぞれ社員・派遣・バイトと割り振られた配役でアドリブで部長に意見を述べていきました。

さすがは経験豊富な役者たち、それぞれ持ち味を発揮してから、終盤はギャグマシーン・山口こうじさんが暴れ倒して、オチはいつもの展開で。。

IMG_8183
だいぶ回数を重ねて、何とも言えない空気にも慣れてきました。笑
毎回おもしろい脚本を考えてお客さんを楽しませてくれる兄貴にリスペクトですね!

だいぶ和んだところで本編がスタート。

まずは最年少のYuya Takahashiが、貫録ある弾き語りで空気を作って、待良バンドが上質なアンサンブルと絶妙なトークでしっかりと繋げ、
年功的には8組中3番手という奇跡の若手枠として早くも出番がやってきました。


まだまだ外が明るくて春の日差しが差し込む夕暮れリーフルーム、陽気な選曲で臨みました。
leaf0320
安定のメロディ〜マジカルでアッパーに盛り上げてから、季節を大事にする兄貴に因んで愛永遠をハモり倒しました。

からっぽワールドでは、MCでも赤裸々に話したスマホデータ紛失の悲しみや不穏な世の中に生きる人たちへの応援も込めて30代最後の絶唱を届けてくれました。

leaf0320-3
最後はブキボクでぶちあげて、この後にひかえる先輩方にバトンを繋ぎました。

SET LIST@豪徳寺leaf room
1、メロディ
2、MAGICAL HARMONY HOUR
3、愛とは永遠にワンダフル
4、からっぽワールド
5、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり


IMG_8184
早めの出番を終えて、あとは呑みながらパイセン達のパフォーマンスを堪能させていただきました。

2日連続の共演となった天才中野さんの圧倒的な歌声、やっと再会できたRYOJIROCKさんのロックでソリッドなパフォーマンスは痺れましたね。
木狩り時代に共演して何度も潰されてきたフロウズンの富田さんは、飄々としながらポップセンスが光る楽曲が素敵、トリ前の北海道の山口さんもトークも歌も絶品で聞き惚れました。

おかげで主役のありけん先輩の頃にはだいぶ仕上がっていて、進化し続けるありけんワールドに惹きこまれました。

leaf0320-4
アンコールでは、出演者全員登場してのフリーセッションタイムで、それぞれアドリブで一節ずつ歌い上げて盛り上がりました。

毎回ドキドキですが、この日しか生まれないメロディと歌詞が産まれて良いですね。

来月にはレコ発初日にも参加させて頂きますし、ファイナルのワンマンにはお客さんとしてお邪魔する予定です。

今年も切磋琢磨しながら、シーンを盛り上げていきたいですね!ご来場すぺさんでした☆

IMG_8119
お久しぶりです。半月以上もご無沙汰してしまいました。。
昨今のコロナウイルス拡散防止のため、30代最後に企画されたDANNY個展イベントも延期、もりきこが実行委員として力を注いできた月末の『ながおかHeartfulフェスティバル』も延期。。

IMG_8073
悔しい気持ちもありますが、日々めまぐるしく悪化していく状況に気を揉みながらも、気持ちは前向きに配信をしたり、創作活動をしたりしております。

日課のようにブログを綴っていた膨大な労力を創作意欲に還元して、今月半ばまでは作曲マシーンのごとくハイペースで曲を量産することが出来ました。

事態が落ち着いた時に戦えるように、今の時期は耐えて色々と蓄える時期にしたいですね。


前置きと言い訳が長くなりましたが、、そんなわけでブログ筋が鈍っていたので更新が遅くなりました。。m(__)m
1週間遡って、、19日は大塚Hearts Nextにて18日ぶりのライヴでした。
IMG_8147
同い年で釣り仲間でもあり、長岡のフェスでも同志として動いてきたmarcoの月イチ恒例企画『ぶらり大塚和み茶屋』に久しぶりにお邪魔してきました。

ライヴハウス側でもしっかりとウイルス対策をしてくださって、アルコール消毒はもちろん転換中の換気もマメにやって頂き、頭が下がりましたね。

毎回予測不能なオープニングショーは、卒業シーズンということで、マル校長から演者一人ずつ卒業証書を授与される体で、大喜利のごとくコメントしていく謎の展開。。


ビミョーな空気で滑り倒して、お馴染みの和み茶屋のテーマをみんなで歌ってイベントはスタート。

共演者はイベント常連のイツメンが勢ぞろい。
ジョニーとmarco、不死ズム、天才中野隆司さんという盤石なラインナップで、最強のホストバンドを交えたグッドミュージックが鳴り響きました。

ET1OeceU4AAPHkh
我々はトリ前として登板、ステージで2人でハモれる喜びを噛みしめながら、冒頭のフォードリから気持ちが乗りまくりました。

マジハモで魂を解放して、ライクアでは不穏な世情の中でアイラブユーを届けました。

ステージの都合上、自分がセンターヴォーカルみたいな立ち位置で気持ちよかったです。笑


ここからゲストとしてドラムにmarco、そして鍵盤にうめちゃんを迎えての即席バンドでコラボレーション。
0319
何度もコラボはしてる首都高とAIRを演奏しましたが、歌心満載のドラムに、華やかな鍵盤が加わり、実に歌わせてもらいました。

SET LIST@Hearts Next
1、FOR DREAMER
2、MAGICAL HARMONY HOUR
3、LIKE A “PS I LOVE YOU”
4、首都高1号羽田線
5、AIR


トリのmarcoは、茶屋の主として素晴らしいパフォーマンスで盛り上げて、MCではコロナ問題に屈しない熱い想いを伝えてくれて胸が熱くなりました。
大変な状況のなか、足を運んでくださった皆さん、すぺさんでした!!

終演後の打ち上げで熱く語らって、胸いっぱいで帰路に着こうとした時にまさかのトラブル発生。。
IMG_8148
立体駐車場に停めていたリバちゃんのエンジンがかかりません。。汗

バッテリーあがりとみて、業者を呼ぶも改善せず、、途方にくれながら別のレッカー業者を待つことに。

待ち時間にDANNYがコンビニに行く途中で、ララララのひろし&真世ちゃんとバッタリ!!

近くでMTGをしていていた帰りらしく、現場近くにお住まいのマルちゃんも呼び出し、真夜中の路上で乾杯してワチャワチャしながら、救援を待つことになりました。


結局リバちゃんはまたもや工場送りとなり、、我々はみんなが見送る中タクシーで地元まで帰りました。絶望の中に奇跡が起きて忘れられない夜になりました。

このページのトップヘ