JUNNYの意気地ナシ奮闘記

横浜発ヴィンテージロックデュオ・もりきこの低音Vo&エレキギターJUNNYが、転がり続けるミュージックライフと意気地なしの自分との闘いを熱く綴る青春の軌跡。

どうも、昨日ようやくパーマネントをあててリニューアルしました新生JUNNYです。
あまりの変貌に鏡をみると違和感がありますが、スッキリして気分も一新ですね。
image
珍しくお知らせブログ!!このタイミングで思いがけず連続してラジオ出演が決まりました!公共の電波に乗れることは嬉しいことですね。

まずは本日5/13(土)新潟のFMに生出演が決まりました◎
つい先ほど告知解禁となった『いわむロックフェスティバル』等、新潟エリアでのイベント出演の告知も兼ねてドドンとアピールしてまいりますので、新潟方面の方は是非とも聴いて下さい。

■放送日時 5/13(土)18:00-21:00 ※19時台のゲストで登場
■放送局:FM PORT 79.0
■番組名:TOKYO→NIIGATA MUSIC CONVOY〜SATURDAY SPECIAL〜


応援メッセージはこちら↓↓
https://www.fmport.com/program/index.html

聴けない方も積極的にメッセージ頂けると喜びます(笑)


18403382_1358198820912070_8496062598595636706_n
そして、先日収録してきた有田健太郎さんのラジオ番組!
秘密基地でのハンドメイドな収録が実に楽しく、トークも盛り上がりました★

■番組名『ありけん列車』
FM西東京:5/17(水)23:30〜
http://842fm.west-tokyo.co.jp
FMブルー湘南:5/19(金)22:30〜
http://www.jcbasimul.com/?radio=yokosukafm

こちらはいずれもインターネットで聴けるので、スマホやPCから是非お聞きください。



ariken0602
そして、いよいよ来月に迫ってきた上半期の大一番!!
ありけんさんの一世一代の大勝負に乗っかって、DUOの大舞台でかまします。

◎6月2日(金)東京・渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
有田健太郎Presents 〜花が咲いたらもう一度会おう2017 東京編〜
開場 18:00 開演 18:50
前売り 3,500円 当日 4,000円 (drink別)
【共演】有田健太郎、中井☆隆之、ドミノライン
オープニングアクション:有田健太郎


ライヴ会場で前売りチケット発売中ですが、メールでの予約も受付中です!!

ようやく時間をみつけて待望のヘアサロンへ。
気がつけば今年初だったそうで、そりゃあ伸びるわけです。
image
近年では年1ペースで直毛ロン毛に愛想をつかしてパーマネントをあてる周期になってますが、今回がそのタイミングとなり、容赦なく熱と薬でプレッシャーをかけてきました。

宿主の性格に似るのか頑固で真っ直ぐなもので、相当強力なクスリでトータル4時間。。
待ってる間に店員さんに勧められたテラフォーマーズのディープな世界に飲み込まれてるうちに変貌を遂げてきました。


image
そんなワケで想定よりもギリギリのタイムスケジュールで、慌ただしくスタンバイして新松戸に向けて出発。
なかなか遠いですが、毎回ユニークな対バンで刺激をもらえることもあり、最近では定期的に足を運んでます。
今回も店長からオファーを頂き、素敵なレコ発企画にお呼ばれしました。

前半は地元枠の勢いのある弾き語りやバンドのアクト、そして今回引き合わせてくれた福島の男女デュオ・ミーワムーラ。GAJフェスで見て衝撃を受けましたが、改めて堪能させて頂き、帰りにはCDを買ってる自分がいました。連絡先も交換できて嬉しかったですね。

そして、主役の大御所ことHaruka嬢、初共演でノーマークでしたが、力強くてハスキーな歌声に惹かれました。そんな濃厚なメンツの中、我々は5番手で登板。

image
遠方にも関わらず足を運んでくだった方も多く、ホームな気持ちでステージに臨むことが出来ました。

今回もぶっつけ本番でしたが、おろしたての新ネタ『MY MORIKIKO』を投入、良い感じに盛り上がって、その勢いのままメロディで2人の声とギターのハーモニーをアピール。
そして首都高からクラゲと全力熱唱してきました。



image
自分が指定しておきながら玄関に忘れるという失態を犯し、珍しくおソロではない衣装でしたが、気
持ちはブレることなくハモり倒してきました。

SET LIST@FIREBIRD
1.FOR DREAMER
2、MY MORIKIKO
3、メロディ
4、首都高1号羽田線
5、クラゲライフ

今回の新松戸遠征も刺激的な出逢いが盛りだくさんで実に有意義でした。ありがとうございました!


C_zD8itVwAEMN8i次回は初上陸の越谷にて、ツルミマにも出演してくれた若きモッズロッカー古田くんの初企画に参戦!大好きなメンツで確実に盛り上がるはずです。

◇5月20日(土)埼玉・越谷MOJO:MOJA
古田ミチヒロpre.「Here Comes The "LOVE"」
開場 17:30 開演 18:00
前売り ¥2,500 (drink別)
【共演】古田ミチヒロ、鈴木ナオト、横田悠二、斉藤省悟


予約お待ちしております!

image
GW最終日は唯一のもりきこ公式戦。
いまや愛すべき後輩だけではとどまらないソウルメイト新谷隼平のバースデイ企画『絶望フェスティバル』に参戦してきました。
image
共演者も何度も共演したきた愛すべき仲間たちで、必然的に燃える素晴らしいキャスト。

冒頭からO.Aの『ハッピー野郎と絶望くん』から良い感じに盛り上がり、そのままよこちんのステージ。最近急接近してますが、この日も熱い歌声が闘志に火を灯してくれました。

続いて山梨出身の右ちゃん、音楽に対する姿勢が真摯で気持ちが伝わるナイスアクト、そして沖縄遠征前の耕平ちゃん。旅を経てさらにソウル剥き出しの歌が響きました。


そして前半最後に我々の出番!珍しく2週間ぶりのステージ、手ぶらでいくわけにはいきません。
この日に向けて新ネタを用意してきました。

洋楽クラシック替え歌シリーズ第2弾として誰もが耳にしたことのあるThe Knackの『MY SHARONA』を自己紹介的な歌詞に差し替えてアレンジ。
思った以上に好感触で『も、も、も、もーきこ!フォー!』と連発してきました。笑
癖になるはずなので、是非ライヴで味わいにきてほしいです。

C_N9meKVYAAwbHK
そして誕生日を迎えた隼平に向けて、ちょうど同い年だった10年前にリリースした作品から午前4時のブルースをお届け、最後はAIRで盛り上げました。満席のオーディエンスに温かく観て頂き、実に楽しいステージでした。

SET LIST@天窓コンフォート
1、FOR DREAMER
2、MY MORIKIKO
3、クラゲライフ
4、午前4時のブルース
5、AIR


フェスは後半戦に突入、何気に一番付き合いの長い岩船ひろき、貫録さえ感じさせる安定感抜群のステージ。
続いて、同世代のデュオで勝手にライバル視してる「ききまたく」、この日もヤバかった!毎回確実に悔しい思いにさせてくれる圧巻のパフォーマンスでしたね。
そして唯一初共演の阿部祐也さん、突き抜けるほどキャッチーなメロディで歌声が印象的でした。

オオトリは主役の誕生バー新谷隼平、今回も最強の4人編成の一翼として参加させて頂きました。
もはや他人事でなく客観的には観れないのですが、、
C_VzhikVwAMcnmJ
しっかりとリハーサルとライヴを重ねてきて、メンバー間の呼吸もさらに合って、隼平のエモーショナルな歌声に寄り添うように演奏できた感触がありました。

SET LIST@新谷隼平
1、ことなかれ
2、ありふれたころ
3、無になる
4、あの歌を聞いて
5、つなぐうた
EN.ハローハロー

沢山の共演者とお客さんが集まって、隼平の愛すべき人柄あっての絶望フェスティバルでした。
28歳を迎えた彼の躍進に期待しつつ、自分も全力でサポートしてまいります。

ありがとうございました!!

今月は制作期間につき少なめなもりきこライヴ、今週も1本ございます。
毎回刺激的な対バンが楽しみな新松戸FIREBIRD☆今回もヤバそうですね!!

◇5月12日(金)千葉・新松戸FIREBIRD
〜Haruka レコ発新松戸篇〜
開場 17:30 開演 18:00 (20:15〜)
前売り ¥2,000 /当日 ¥2,500 (drink別)
※START迄に御来場の方は追加1drink present
【共演】Haruka、ミーワムーラ(福島)、アラブ×森口真実、CHARTREUSE、リサキケンヤ、平林啓祐

http://www.aj-group.co.jp/firebird.html

予約・問合せは当日につきツイッターやFacebookのDMでお願いします。

image
ども、久しぶりの更新でございます。JUNNYです。

GWを跨いでしまいましたが、、決してバカンスを楽しんでいた訳でもなく、怠けていた訳でもなく、連日慌ただしく過ごしておりました。

もりきこ的にはライヴは1本のみで、水面下の創作活動が主で引きこもってチクチクPCに魂を吹き込んだり、DANNYと意見交換をしながら曲を産み出しておりました。
最近の我々は実にクリエイティブで、2人の感性をスパークさせて新たなケミストリーが起きつつありますよ。




image
唯一スペシャルな企画としては、地元の先輩が40歳の誕生日に滝に打たれるということで、お供して滝の前で歌ってきました。笑

滝は想像以上に過酷で僕の歌は全く聞こえなかったようですが、道中から『情熱大陸』風に面白おかしく映像におさめて、夜には縁の人を集めて、その日のドキュメンタリー映像を上映して盛り上がりました。劇的な瞬間に立ち会えて嬉しかったですね。

これまで彼の軌跡を追ってきた自分は、2年後には打たれることになると思われます。笑


18301663_1533216343377852_8686158824230804015_n
そんなGWも後半に差し掛かった5月5日は、三軒茶屋赤髭にてソロワーク。
約2年ぶりにVICKYさんとのジョイント企画『VICKYとJUNNYのどこまでやるの!?』を開催しました。
何気に今回で9回目を数えましたが、2人が色んな楽器を弾きながら沢山の楽曲をセッションしまくる音楽エンターテイメント。
初回から鍵盤に挑戦したりゲストを迎えたり、数々の迷演&名演を繰り広げてきました。


18342580_1533216110044542_3768093313280641357_n
直前のリハーサルのみで感触を思い出しつつ、ほぼノープランで本番に突入。
これまでのレパートリーを軸に、惜しげもなく名曲たちをプレイしまくりました。

埃だらけの鍵盤も引っ張り出して久々に演奏しましたが、思いのほか弾けて何とかなるレベル?でした。


VICKYさんのおかげでライヴにおいてその場でパッと対応できるいわゆる現場力(ライヴ力)が養われたので、何も恐れることなく音をぶつけ合って、ただただライヴを楽しませてもらいました。

出来の良し悪しはありましたが、今回もオリジナルにカバーに30曲近くの楽曲をお届けしました。
もはやセットリストは思い出せないのですが、記憶中枢を刺激して何とか絞り出してみます。。

18300926_1533216040044549_2569775387236774554_n
◇演奏曲(覚え書き)
・どこまでやるの!?のテーマ
・Roll Over Beethoven
・火の玉ロック
・Nowhere Man
・白い雲のように
・恋のバカンス
・時代おくれ
・そらからみてる
・オモイ×オモイ
・ドンクライ(solo)
・さそり座の女 (solo)
・Mr.moonlight
・I Saw Her Standing There
・ブルーライトヨコハマ
・デイドリームビリーバー
・奇跡の地球
・もう一度
・揺れる君が愛しすぎて
・FOR DREAMER
・AIR
・新宿コルト
・恋のバスケットシューズ
・こっち向いてベイベー


この企画を初めて持ち込んだ赤髭さんからも合格を頂けたようなので、今後は2ヶ月に1回くらいのペースでやることになりました。
次回は7月4日(火)に決まりましたので、音楽に溺れたい方は是非お越しください。リクエストにもお応えします!

image
週末を中心に展開してきたもりきこ4月の陣締めくくりは地元鶴見にて。

今年から回数を落とし内容を凝縮しているツルミマSHOW。24回目を数えた今回は『春爛漫男盛り』というタイトルの元、先輩同輩後輩とバランス良く3人の男前な実力者をお招きしました。
2017-04-23-14-06-30
穏やかなピクニック日和、久々のホームに安心しつつ快調にリハーサルを終え本番へ。

まずは挨拶がてらの前説アクト、愛永遠から豪快に歌詞が飛ばす自損事故が発生、この後魔の連鎖が続くとは知る由も無く、久々の鶴見川で盛り上げて熱戦の火ぶたをきりました。

SET LIST@前説アクト
1、愛とは永遠にワンダフル
2、鶴見川


image
本編1組目は、地元横浜の後輩・市川聖。
先月BAYSISでの初ワンマンの好演も記憶に新しい同じヨコハマを背負うナイスガイ。安定感抜群の爽やかな歌声で会場に春風をもたらしてくれました。

続いては、最近何かと絡みの多い同輩・タマのミックジャガーことmarcoが登場。
鍵盤のウメちゃんとの心地よい演奏と色気のある歌声で独自の世界にひきこんでくれました。途中飛び入りでギターソロバトルの見所もありつつ、見応え十分のナイスアクトでした。



2017-04-23-15-24-25
そして3組目は新潟出身の大先輩、全国ツアー真っ只中の落合みつをさんが登場。

冒頭から会場の空気を読んで、僕らを招いてビートルズのセッションからスタートする粋な演出もあり、百戦錬磨のパフォーマンスで会場を一気に掴んで、カッコよい生き様を見せてくれました。
個人的には新曲のメッセージが印象的で、ドリーマー達の背中を力強く押してくれました。


2017-04-23-15-57-04
そんな熱演のバトンを受け継いでの本編。
カナリヤ〜AIRとアッパーに攻め込んで、でかどかでは肝心な場所で2人とも歌詞を飛ばす人身事故を起こす場面もありながら、温かい空間に助けられて持ち直しました。。

ガツンと代表曲を歌い合って、最後はご当地なヨコハマで総立ちにして締めくくりました。


アンコールでは完全なる無茶ブリで、スタンドバイミーのセッション。それぞれが即興で歌詞をつけて歌うという展開で大いに盛り上がりました!

image
SET LIST@本編
1、カナリヤ&流れ星
2、AIR
3、でかけようどっかいこう
4、首都高1号羽田線
5、からっぽワールド
6、ヨコハマ
7、スタンドバイミー(即興セッション)


それぞれ持ち味と色気を存分に発揮して咲きあった春爛漫なツルミマSHOWでした。
ご来場ありがとうございました!!

ツルミマはここで終わらず舞台を映して夜のステージへ。まだ明るい黄昏時から深夜まで熱宴が繰り広げられました。
みっちゃん(みつを先輩)の金言連発で実に濃密で忘れられない夜になりました。。


次回のツルミマは、こちら!
★7月16日(日) 神奈川・鶴見RUBBER SOUL
もりきこpresents「ツルミまSHOW vol.25〜初夏の大三角形」
開場 14:30 開演 15:00 (予定)
チャージ¥2,500(ドリンク・税別)
【共演】ききまたく、まっと(岩手)


同世代のライヴァルききまたくがついに来鶴!そして岩手から強力な刺客まっと、もう十分すぎるキャストですが、もう一組投入するか悩み中。。灼熱の空間になること必至。

image
濃厚な遠征レポをようやく終えたと思ったら、早くもウィークエンド。今月は3週連続土日の2本立てでお届け中でございます。
image
22日はあいにくの雨模様でしたが、オフィシャルチルドレンの斉藤省悟の繋がりで、初上陸の池袋FI5VEというリビングバーに出演してきました。
リビングに相応しくレコードやCDが飾られた部屋のようなアットホーム空間での、フレッシュなスリーマンライブでした。

トップの魔法少女シンガーゆりりんのステージからヒートアップ!
続くねぎふぐシーサーは沖縄出身の歌姫いろりんを中心に、埼玉出身の省悟と山口出身のゆうき君のトリオで素敵なハーモニーを届けてくれました。



image
いきなりトリを任され、男性中心のオーディエンスで受け入れてもらえるか若干の不安もありつつ、思い切ってアッパーに攻め込んだところ、かなり熱いリアクションが返ってきました。

2曲目のクラゲライフの段階で異様な盛り上がりで、MCのメンバー紹介では流れに便乗して、じゅにりん、だにりんとコールを頂き、さらに調子に乗りましたね。
色が変わるペンライト(サイリウム)をガンガン振ってくれて良い演出になりましたし、盛り上がるだけでなくしっかりと音楽も聴いてくれるのも嬉しかったですね。

パンク精神が爆発してだいぶ言葉も荒くなりましたが、一体感がハンパなかった〜
福山さんとかUVERさんみたいに男祭り的なライヴもやってみたいですな!

C-A-IbCUMAAbMe_
SET LIST@FI5VE
1、メロディ
2、クラゲライフ
3、さそり座の女〜ラストソング
4、サボテンの花〜タリルレロ
5、カラーボール
6、首都高1号羽田線
7、AIR
アンコール
8、ニワトリマン


また出逢えた皆さんにも再会したいですし、こういうエキサイティングな空間を様々な場所で作れるように精進してまいります。ありがとうございました!!

2017-04-21-17-08-59
駒ヶ根のライヴハウスのソファーで目覚めた月曜日の朝。
身体はバッキバキでしたが、よこちんの残した置手紙をみて、そんな疲労も愛しく思えました。

一般的な出勤の時間は過ぎてスロースタートでしたが、長野からさらに西へ名古屋を目指しました。

道中将軍公のお膝元岐阜県を通過、想いを馳せながら、、目に入り込んだ飛騨牛コロッケを無条件に購入して美味しく頂きました。
快調に進んで昂ぶる気持ちと反比例して天気は下り坂。。愛知県に入る頃には雨模様でした。

名古屋あたりに着くとD氏がラーメンを所望されたため、近隣で良さげな牛骨ラーメンに突撃したところ、美味しゅうございました。

そして入り時間まで3時間あまりあったので、疲れた身体を癒すべくスーパー銭湯へ。
おっと、図らずも初日と同じ展開、、ラーメン→風呂の黄金タッグを決め込んでライヴに備えました。

C9my6_tVYAAVwy4
雨がさらに激しさを増す中、名古屋の繁華街大須エリアにある上前津music bar BOBにチェックイン。
名古屋の最重要パーソン、渡部裕也さんが店長を務めるライヴバーで、ご自身自ら出演&PA&コックもされるなか、素敵なイベントにお招きいただきました。

島根から「みのり」、大阪から「andRE」と各地から実力派男性デュオが集結したスーパーマンデー、いずれも初共演でしたが、リハの段階でその戦闘能力の高さに奮い立ちましたね。


リハを終えて少しばかり大須の商店街をふらつくも、あまりのデカさに何も出来ずに退散、、そうこうしてるうちにイベントが始まりました。

2017-04-21-17-10-40
トップはandRE、クールでお洒落なギターアンサンブルにスウィートな歌声が絡み合うオトナな世界観がとても新鮮で聴き入ってしまいました。

続いて、偶然にも銭湯で遭遇していたことが発覚した「みのり」、突き抜ける歌声に度肝を抜かれまして、力強い2人の熱唱と独特な世界観がとても心地よくて惹きこまれましたね。

デュオとの共演が珍しく、大いに感化されてからのもりきこさん。ツアー最後のステージということで、アッパーに攻め込みました。

冒頭からカナリヤ〜AIRと攻撃的な布陣で臨み、オーバーヒートしたJ氏がMCを買ってでて自爆する場面も挟んで、大雨だけに外せないカラーボールやタリルレロを挟んで、バラエティ豊かな楽曲でアピールしました。
最後は渡部の兄貴に無茶ブリ、カフォンで参加してもらっての「クラゲライフ」、相当良い感じで大いに盛り上がりました。

2017-04-22-02-52-56
SET LIST@MUSIC BAR BOB
1、カナリヤ&流れ星
2、AIR
3、カラーボール
4、タリルレロ
5、愛をありがとう
6、首都高1号羽田線
7、クラゲライフ featuring 渡部裕也


オオトリは店長が務め、スタッドレスを履いた巧みなMCと2人組に対抗したダブルマイクの演出、そして持ち前の圧倒的な表現力でガツンと締めて頂きました。流石でしたね。


17991262_1313832628710558_6950103051328673505_n
タイトルに相応しいスーパーなマンデーになりました。足元の悪い中、足を運んでいただきありがとうございました☆再会できてとても嬉しかったです。
来月!とまでいきませんが、名古屋にも定期的に足を運んで、いずれはワンマンをしたいと思い描いております。

帰路は2人とも満身創痍で早めにツイキャスの手札を使って、大いに盛り上がりましたが、その後が地獄でしたね。。嵐で視界の悪いなか何度も力尽きて休養をとっているうちに渋滞に巻き込まれ、予定の2倍以上かかって何とか生還。。泣

とにかく濃厚な3日間で、紡いだ新しい縁を次に繋げてまいります。ありがとうございました!!


そして今週末も2本立て!
土曜日は斉藤省悟がサポートをするねぎふぐシーサーにお声頂いてFI5VE初上陸!

◇4月22日(土)東京・池袋FI5VE
『ファイヴ、春のウタまつり!〜2017〜第二夜』
開場 18:00 開演 18:30 →出演はトリで20:05〜40分ステージ
前売り ¥2,800 (1drink+おつまみ付)
【共演】ねぎふぐシーサー、木ノ下ゆり

http://fi5ve.com/


久しぶりのツルミマ!新潟出身のみつを先輩を初招聘。仲良しのmarcoに、横浜の有望株市川聖というナイスな男達の共演です。

★4月23日(日) 神奈川・鶴見RUBBER SOUL
もりきこpresents「ツルミまSHOW vol.24〜春爛漫男盛り」
開場 13:30 開演 14:00
チャージ¥2,500(ドリンク・税別)
【共演】落合みつを、marco、市川聖

http://www.beatle-japan.com/livehouse/

予約・お問合せはDMなどで頂けると嬉しいです!よろしくお願いします。

C9knZiiVwAA7rqr
2017-04-21-01-51-55
長野2日目、珍しくビジネスホテルに宿泊したものの、ベッドの上で寝落ちして少し損した気分でしたが、たっぷりと睡眠もとって良い感じ。

ブランチは全国チェーン店ののり弁当を大自然の中で食べることに、鳥の歌声と川のせせらぎをBGMに美しい自然が何よりの調味料でした。

心地よい春風を浴びながら、春眠を貪るD氏を横目に南下して駒ヶ根市に初上陸。
この日は有難いことにインストアとライブハウスの2本立てということで、早々に昼の舞台となる三洋堂書店にチェックイン。


2017-04-21-01-53-42
開放的な本屋さんのど真ん中で歌えるレアなシチュエーション!

ここ最近急接近している宇都宮出身の横田悠二くんと、2度目の共演となる松本出身のツカダコージくんのお2人と再会を果たし、ステージが始まりました。
遠方から集まってくださった皆さんに囲まれて、ぶっつけ本番20分1本勝負が始まりました。

一癖も二癖もある実力派SSWが、それぞれ持ち味を発揮、気持ちよいライヴを展開して良い感じに盛り上がる中、ジャンケンで負けた我々がトリを務めました。


C9qbVymVwAA2z7W
昼間のライヴでの勝率の高いメロディで軽快に盛り上げて、首都高を青空にむけて歌い上げて、最後はAIRでガツンと盛り上げて、コール&レスポンスまで巻き起こしました。

SET LIST@三洋堂書店
1、メロディ
2、首都高1号羽田線
3、AIR


2017-04-21-09-43-33
白昼堂々と公の場で気持ち良く歌わせて頂き、駅前のNIRVASHへ移動しました。
会場はしっかりした造りのライヴハウスで、懐かしさもありつつ、血が騒ぐカンジ。

気持ちよい音響でリハーサルを終えて、共演の2人と一緒に念願の名物ソースカツ丼を食しました。
駒ヶ岳セットという十割蕎麦とカツ丼の最高コンビを美味しく頂きまして、一同ご満悦。。後輩たちと親交も深められて素敵な時間でした。

空き時間に軽く街ブラもしましたが、アルプスに囲まれた素敵な街並みが素敵でした。


日も暮れるころに夜の公演がスタート。地元の男女デュオ・あたりめがパワフルな歌声で盛り上げて、2番手でもりきこが登場。
初めての会場ということもあり、王道な選曲を軸に、2人の自己紹介も兼ねた即興カバーコーナーも交えて盛り上げました。

C9snLEpUIAAIsse
会場からの無茶ブリでDANNYからまさかのABBAが飛び出したり、終始良い感じの空気でやり切ることが出来ました。

SET LIST@NIRVASH
1、FOR DREAMER
2、愛とは永遠にワンダフル
3、さそり座の女〜カサカサの羽根広げて
4、Blackbird〜クラゲライフ
5、首都高1号羽田線
6、AIR


2017-04-21-09-44-42
続いて遠征組のツカダコージ君。
何気にライヴを見るのは初めてでしたが、テクニカルなギターワークと個性的な歌の世界が実に魅力的で、ビートルズ好きということでかなり意気投合しましたね。

そして、よこちんのオンステージ。弾けるようなアッパーチューンからセンチメンタルな世界観まで独自の視点で切り取った歌がとても素敵で、熱いメッセージに胸を熱くしました。

トリは諸事情により地元の高校生ダ・コージ君が登場、、先輩たちに怯むことなく初期衝動全開の熱いステージで見事に締めてくれました。

終演後の打ち上げも盛り上がって、熱い店長と共演者と遅くまで語らい、結局移動を諦めてそのままライヴハウスに泊まらせて頂く事になりました。

イベントタイトルの『つなぐ響宴』に相応しく、素敵な歌が響き合って、新たな縁が産まれた有意義な夜でした。旅はまだまだ続きます。

おひさしぶりですね。濃厚すぎた遠征3デイズから日常生活とのギャップの激しさたるや、、大げさではありますが、生きている喜びを感じておりますJUNNYです。
image
一気に春めいて桜のピークも完全に過ぎ去った4月半ば、もりきこー気圧も桜前線に逆行する形で西へ、初めて長野県へ上陸しました。

中央自動車道を快調に進んで宿にチェックイン、長閑な風景に癒されつつ、まずは挨拶がてらにご当地ラーメン!ということで直感に任させてハルピンラーメンに突撃、個性的なお味で大満足。

そして、諏訪湖で美しい黄昏を見つつ、「千人風呂」で有名な片倉館という大衆浴場へ。
ヴィンテージな欧風の内装に趣きがあって、何の仕事もしていないのに、いきなり至福の時を迎えました。

image
ご褒美を前借りし、ソウルフル充電の状態で、今回紹介頂いたフォークソング酒場1977へ。

初めての場所で不安もありましたが、レトロな空間が実に好みで、とても温かく迎えて頂きました。
今回は昼間野外イベントを終えてきた常連の皆さまの打ち上げの席で、2曲交代で回していくオープンマイクにお邪魔させて頂きました。

演奏順は年齢の若い方からということで、AIRも読めてないなか、いきなり出番がやってきました。


18009264_1342315332523946_1659029007_n
耳の肥えた大先輩の皆さんを前に少なからずプレッシャーを感じながらも、自己紹介がてら元気に愛永遠からスタート。

硬さは否めませんでしたが、続いて得意なSGのカバーを披露して、リアルタイムに経験された先輩方にハーモニーでアピールさせて頂きました。


image
続いて常連の皆さんのステージがスタート。
ハイレベルな弾き語りに加えて、何より楽しそうに演奏している姿に胸を打たれ、オーディエンスとして楽しんでいる自分がいました。

ある程度フォークソングにも精通しているつもりでしたが、知らない曲も多くとても勉強になりましたし、縁を繋げてくれたり、青春時代に連れて行ったりしてくれる音楽のチカラを肌で感じてぐっときてました。

そんな大切な感覚を思い出させて頂き、胸熱な状態でもう1度最後に歌わせて頂く機会をいただきました。

2人のギターとハーモニーが絡み合う軽快なカントリーソング、メロディで盛り上げてから、今度はムード歌謡を披露、思った以上に反響があって嬉しかったですね。

後から知ったことですが、美川憲一さんは諏訪出身だそうで、偶然にも歌えたことはミラクル★
そして僕らの原点とも言えHELP!で盛り上げて、最後は両親に想いを馳せながら、首都高を熱唱しました。

18009426_1342315232523956_484519805_n
SET LIST@諏訪1977
1st STAGE
1、愛とは永遠にワンダフル
2、Scarborough Fair (Simon&Garfunkel)

2nd STAGE
1、メロディ
2、さそり座の女
3、HELP!!
4、首都高1号羽田線


皆さんから温かいお褒めの言葉も頂き、さらに沢山CDをお届けすることが出来て感謝感激でした。ありがとうございました!
また帰りたい場所が増えましたし、再会したい人が沢山出来ました。

無事にステージを終えて、真っ暗な山道を越えて宿に戻り、部屋で祝杯をあげてだいぶ遅い時間まで語らっておりました。(つづく)

image
HEY!WHAT'S UP!? 韻踏合組合に入りたいMC JUNNYだYO。
近年内気な割に軽快なフットワークであちこち奔走してまして、前日はミュージシャンの交流会に参加、初めましての歌い手とセッションして新たな縁を拡げてきました。

image
からのJUNNYソロ、遠征も含めた4DAYSに突入。
ここ最近共演回数の多く6/2のDUO公演の首謀者である有田健太郎さんのレコ発初日ということで、今月2度目の代々木ラボへ。

事前にスタジオに入って小ネタを仕込んで、5組中3番手に登場しました。

冒頭は直前に思いついた会心のアイデア?、最近リメイクされた新曲『新しいレコード』を替え歌にして、ありけんさんのレコ発に絡めた替え歌にしました。


image
ソロでは珍しくもりきこ曲のセルフカバーで、ラストソング〜電線と女々しい男の失恋ソングを披露、アレンジをブラッシュアップしたドンクライ。。そしてソロ恒例のサグラダファミリア。笑
イントロが来るだけで客席から反応があるのが気持ちいいですね。

今回も新たなリリックを追加したライミングをかまして、だいぶ完成形がみえた感じ。。
最後はビシッと首都高で締めました。

自分的にもやりたいことや世界観がある程度できて、力を抜いて楽しめたアクトでした。
それも笑顔で楽しんでくださる皆さんがいてくれたからです。ありがとう!


image
SET LIST@labo
1、新しいレコード
2、ラストソング
3、電線ウォーカー
4、ドンクライ
5、燦々菜々拍子
6、首都高1号羽田線


続いてカティさんのバンド編成でぐっと熱くしてもらってからのありけんさん。


弾き語りでCD収録曲を中心の選曲でゆったりほっこりと聴かせて頂きました。自分も無論本人様からCDゲットしました!これから全国を回って、各地でぶちかましてくれるはずです。

ariken0602
旅のファイナルの大舞台で共演できることを楽しみにしてます!!

◎6月2日(金)東京・渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
有田健太郎Presents 〜花が咲いたらもう一度会おう2017 東京編〜
開場 18:00 開演 18:50
前売り 3,500円 当日 4,000円 (drink別)
【共演】有田健太郎、中井☆隆之、ドミノライン
オープニングアクション:有田健太郎


チケットは物販席で販売しております。
もりきこにとっても久々の大舞台、全力でぶちかまします!!


ということで、これから長野にいってきまーす。良い週末を★

このページのトップヘ