JUNNYの意気地ナシ奮闘記

横浜発ヴィンテージロックデュオ・もりきこの低音Vo&エレキギターJUNNYが、転がり続けるミュージックライフと意気地なしの自分との闘いを熱く綴る青春の軌跡。

image
ただいま!快調にリアルタイム更新でやんす。
今月は狙ったワケではないのですが、温泉施設でのライブが立て続けに入ってます。

もれなく温泉にもあやかれるワケで風呂好きにはたまらないですね。
休日に湯に浸かって癒された皆さんを湯冷めしないように、心身の心の芯から温めるのが我々のミッションでした。

今回縁があって埼玉県坂戸の温泉施設・ふるさとの湯にて歌わせて頂く機会を頂きました。

新潟遠征御用達の関越自動車道にのってすぐ、予定より1時間半早く到着して、早速リサーチとばかりにひとっ風呂決め込んでからスタンバイしました。

今回は将軍の最強音響機材を持ちこみ、万全の体制で臨みました。
13時からの昼の部は、様子を見ながら年輩の方も多かったので、ビートルズから演歌、ムード歌謡まで幅広いカバー曲中心にお届けしました☆口ずさんで頂いてる方もいらして、名曲の破壊力を体感しました!

image
SET LIST@1st STAGE
1、愛とは永遠にワンダフル
2、HELP!!
3、カントリーロード
4、冬のリヴィエラ
5、ラブユー東京
6、愛をありがとう
7、首都高1号羽田線




image
夜の部まで5時間の空き時間、思う存分施設を堪能させて頂きました。
昼のまかないを召してから、2度目の風呂タイム、青空の下の露天風呂は最高じゃったぞ!
リクライニングシートでお昼寝して、完全に充電満タンで夜の部に臨みました。

夜の部はファミリー層が多かったので、選曲を一新してアッパーに攻めることに。

美川さん、ビートルズ、ザ・ピーナッツからユーミン、キヨヒコまで我ながらバラエティに富んだ選曲に加え、ヨコハマやニワトリでは元気に暴れてきました。子供たちの反応も良いカンジでした。


image
SET LIST@2nd STAGE
1、メロディ
2、さそり座の女
3、YESTERDAY
4、恋のバカンス
5、卒業写真
6、ヨコハマ
7、ニワトリマン
8、また逢う日まで



無事にミッションを終えて、夜のまかないを頂いてから、3度目の入浴。。ふにゃふにゃ&お肌スベスベになって帰ってきました。

今後さらに進化できる手応えを大いに感じつつ、心身ともに充実した一日でした。今年は色々な場所で老若男女問わず響くハーモニーを追及していきたいですね。

次のライヴはこちら↓↓

◇2月17日(金)東京・六本木morph tokyo
新谷隼平2nd mini album「ことなかれ」リリースツアー
ファイナルワンマンライブ『あなた主義』
開場 18:00 開演 18:30
前売り¥3,000 /当日¥3,500 (drink別)
opening guest:もりきこ/松本耕平

http://www.morph-tokyo.com/

JUNNYが全面サポートする新谷隼平のワンマンライブのオープニングゲストで登場!近未来的な舞台でアツイハーモニー届けます☆必見です!

image
2月は一番寒いとは言いますが、ここのとこ寒波がえげつないですね。。先日7日にはソロで新谷隼平と一緒に合同ストリートを敢行、極寒のなか苦戦を強いられましたが、ハートは鍛えられましたし、何より集まってくださる皆さんに逆に勇気をもらいました。

image
さて、大寒波が日本列島を飲み込んでいたフライデー、雪が降ると決まってニュースに映る町・八王子にプチ遠征でした。電車でも車でもなかなかの距離なので、迷ったあげくクルマで向かう事に。雪がちらつくなか、少し押し気味に会場のpapabeatにチェックイン。

昨年初の全国発売をした小田和也のレコ発ツアーに参戦!仙台出身の@なおポップとの贅沢なスリーマンでした。
元々もりきこに合いそうだと紹介してくれたのが和也で、おかげさまで何度も足を運ぶようになりましたが、天井が高く劇場風のノスタルジックな空間がこの3組にマッチしてましたね。


O.Aには思いがけない再会となったRABUTORAの川村いさみ君の熱唱に始まり、1組目は@なおポップ君。以前新潟で2度共演してステキなのは分かっていたので、都内初共演を楽しみにしてました。ほっこり温かくて、時々切なくて、揺るぎない世界観で優しく包み込んでくれました。

image
続いて我々の出番、我々のハーモニーが心地よく響く空間を活かしてフォードリからスタート。最近の特攻隊長、アイラブもりきこで強制的にぶちあげた勢いのままにカサカサ。
そして小田対策で用意したライクアをクールにきめて、フレッシュな虹プレ、そして風格が出てきた鈴虫と新機軸を立て続けに披露しました。
終盤は鉄板の首都高からのニワトリマンでぶちあげてきました。J氏曰く緩急のついたジェットコースターのような世界観?を遺憾なく発揮してきました。

image
SET LIST@papabeat
1、FOR DREAMER
2、I LOVE MORIKIKO
3、カサカサの羽根広げて
4、LIKE A P.S I LOVE YOU
5、虹のプレゼント
6、鈴虫りんりん
7、首都高1号羽田線
8、ニワトリマン




トリはもちろん主役の小田和也。7つのラブストーリーを美しいメロディに乗せて届けてくれて、いつの間にか物語の主人公になっている自分がいました。そして甘酸っぱい気持ちにさせてもらい、カサカサの心に潤いがもたらされました。

image
最後は名曲と謳われている「君と僕と君の歌」をセッション。本番前に軽く合わせただけでしたが、役者揃いなもので、みんなでコーラスしてとても良いムードで締めるコトができました。

それぞれ見事に歌の世界観は異なりますが、美メロだったり、胸キュンだったり、共鳴するところも多くて、まさに極上!なスリーマンになったのではないしょうか!


次回はこのリリースツアーFINALにお招き頂いております。メンツが相当ヤバいですね!燃えちゃいますね!今から予定空けておくべきですわよ★

◇4月9日(日)東京・渋谷LUSH
『小田和也1st album“極上の一枚”全国発売記念!!』
〜極上のリリースツアーファイナル!!〜
開場 17:15 開演 17:45
前売り¥3,000 /当日¥3,500 (drink別)
【共演】小田和也、ハシグチカナデリヤ、河野圭佑、YKJ、the tote


はるばる遠方まで足を運んで頂き、ありがとうございました!!

image
どうも、親知らずの痛みもどこ知らずJUNNYです。
2月に入ってライヴは控えめで、少々物足りなさもありながらも毎回ライヴが楽しみで日々の練習にも力が入ります。さて、ジャスティンビーバーの甘い歌声に浸りながら、リアルタイムなブログを認めるのです。

image
昨日は高田馬場のアコースティックの殿堂・四谷天窓にて今年初のソロライヴ。僕がサポートギターでも参加させて頂く新谷隼平のワンマン応援企画ということで、縁のある歌うたいが集まりました。
親交の深いメンツの中、自分が見事に長老でございましたが、年齢は関係ないですし、むしろ一人で全国を回っている強者達に挑む気概に臨みました。

トップは何気に初共演となる小関峻くん。青春美メロポップということでしたが、ノスタルジックなフォーキーなメロディと綺麗な歌声が素敵でした。そして、来月の陽だまりにも出演が決まっているよこちんこと横田悠二くん、熱さの中に懐の深い音楽性が垣間見えて好感度は増すばかり。今年はこの二人との絡みが増えそうな予感。

そして、今回の首謀者でもある盟友松本耕平、ここにきてさらに迫力を増した激熱のフォークロックが炸裂、彼とはワンマンの前座で盛り上げます。

image
熱いバトンを受け取って自分の出番がやってきました。今回は実験的に飛び道具的なスーパーサブを務めているアルトギターのアルちゃんで1ステージをやりきることに。

冒頭から隼平の「ハローハロー」を1コーラスカバーしてから4次元の世界に誘い、僕の中の絶望ソング負け犬アンセムを届けました。
続いて首都高ではなく、新潟ワンマンで披露した関越自動車道をソロでは初披露、からのドンクライ。最後は残された時間を未完成の実験作「燦燦菜々拍子」、新たなライムを追加してフリーキーに届けました。途中自損事故に遭いながらも最後は強引なシンガロングで締めくくりました。そろそろ完成させます。笑

image
課題は多々あれど、もりきこヒットソングに頼らずにソロ曲中心にステージをやれたことは収穫ですし、ソロのシンガーソングライターとしても磨きをかけていきます!

SET LIST@四谷天窓
1、ハローハロー〜4次元の森
2、負け犬アンセム
3、関越自動車道
4、ドンクライ
5、燦燦菜々拍子


image
続いて、1年ぶりくらいの共演となった市川セカイ君。飾らない自然体で繰り出される胸をうつ言葉とメロディがすっと胸に響きました。そして、隼平のグッズも手掛ける多才な岩船ひろきがトリ前で登場、しっとりめな選曲で力強い歌声でもって見事に背中を押して主役に繋げました。

隼平のステージは相変わらず他人事ではありませんでしたが、噛みしめるように大切に歌っている姿が印象的で、いつも以上にぐっと言葉が胸に響きました。
彼がワンマンの大舞台で最高に気持ちよく歌えるように、全力で魂をぶつけていこうと改めて感じました。



いよいよ10日後に迫ってきました!!自分はもりきこでも登場するため、物理的には主役よりも登場時間は多くなりますが、素敵な音響と照明のなかハーモニーを響かせて、リリースツアーファイナルを飾ります!

◇2月17日(金)東京・六本木morph tokyo
新谷隼平2nd mini album「ことなかれ」リリースツアー
ファイナルワンマンライブ『あなた主義』
開場 18:00 開演 18:30
前売り¥3,000 /当日¥3,500 (drink別)
opening guest:もりきこ/松本耕平

*JUNNYは新谷隼平サポートを兼任


そして本日2/7、余韻も冷めやらぬなか、新谷隼平と2人合同路上ライヴを19時〜池袋駅前で行います。
もちろん前売チケットも持っていきますし、直接歌を聴きにきてもらえると心が温まるはずです!温かくしていらしてくださいね☆

image
image
ごきげんよう、節分は珍しくオフでのんびりイエモン〜ビーチボーイズのライヴを見ながら魂を燃やしてます。先月末からのオヤシラ痛も消えないままに2月に突入、時の流れは残酷ですがしがみついていくわよ。

2月2日、ツインテールの日?は、世田谷区にある豪徳寺に初上陸。行きしな閑静な住宅街に迷い込み、軽く車をガリッとする場面もありましたが、予定通り会場のleaf roomにチェックイン。

東急世田谷線という見慣れない路面電車と小田急が交差するノスタルジックな街並みが良い感じで、軽く街ブラしてからリハーサルに臨みました。

image
今回縁があってマスターからお誘いを頂き、気になっていたleaf roomに初めて足を踏み入れることが出来ましたが、温かくて風通しのよい空間でマスターがシェフもやられて開演中も美味しいフレーバーが漂ってました。

共演は珍しく女性シンガー2人とのスリーマン、トップの優理ちゃんは学生時代からの縁で、5年ぶりくらいの競演!当時の曲なども聴けて、しっかりと成長した姿を確認できて嬉しかったですね。ぬくもりフォークロック!
そして初共演のmiinaさん、小気味よいギタープレイと優しい歌声にぐっと惹きこまれました。かなりツボでした。



2017-02-03-11-01-58
そして我々はトリで登板、オーディエンスもお初な方も多く、男性が大半を占めていて新鮮な気持ちで闘志全開で臨みました。
女性シンガーからの流れはダニー曰く『カルパッチョ、ムニエルからのホルモン』的な組み(食べ)合わせでしたが、マスターの采配も冴えわたり、とてもムードで演奏させて頂きました。

定番の曲から、S&Gのカバーや新曲に久しぶりなバラードからの愛をありがとう、、幅広い選曲でハモリ倒してきました。

2017-02-03-11-00-55
最後はAIRでぶちあげて、アンコールはお約束にコケコッコー!と誰もが頭をよぎりましたが、、DANNYが意表をついて共演者を呼び込み、ノープランなセッションを決行。
即興でメロディと歌詞をつけて歌いましたが、さすが皆さんシンガーソングライター、良い感じにまとまりました。この企画面白いのでまたやりたいですね。



2017-02-03-11-00-12
SET LIST@leaf room
1、カナリヤ&流れ星
2、愛とは永遠にワンダフル
3、A HAZY SHADE OF WINTER(Simon&Garfunkel)
4、新しいレコード
5、HAPPY MY LIFE
6、愛をありがとう
7、首都高1号羽田線
8、AIR
9、即興セッション


平日にも関わらず、沢山の人に観てもらえて嬉しかったです。ありがとうございました!

次回のもりきこライヴは、めでたく全国リリースをした小田和也のレコ発ツアーに参戦。
久々な@なおポップ君とのまさに極上なスリーマン、たっぷりと歌いますよ〜

◇2月10日(金)東京・八王子papabeat
『小田和也1st album“極上の一枚”全国発売記念!!』
〜極上のリリースツアーin八王子3マンライブ!!〜
開場 18:30 開演 19:00
前売り¥2,500 /当日¥3,000(drink別)
【共演】小田和也、@なおポップ (O.A) 川村いさみ


予約お待ちしております!

image
どうも、親不知後遺症に苦戦中のJUNNYです。
木曜日に意を決して討伐に臨みましたが、麻酔のおかげで手術自体はノーペイン、後から鈍い痛みや腫れがきておりますね。これまで自分の低音ボイスの響きを支えてくれてありがとうと伝えたいですね。
さて最近ブログの回転率が速くて我ながらストレスフリーでございます。何事も借りは作らないのが良い事ですね。
image
海の向こうではトランプ氏が大統領令を乱発するなか、我々は昼前から稼働、都内で密なる打ち合わせをして、入り時間までの空き時間を活用してサシミーティングからの代々木公園でのリハ。
わりと暖かく気持ちよく今夜演奏する新曲のセッションをしていたら、若者が立ち止まって聴いてくれて、急遽その場でセッション。世代を越えてロビンソンを合わせて、即席で心地よいハーモニーが産まれました☆
そんなマジカルな時間を過ごしてから、池袋サニースポットにチェックイン。

昨年から「陽だまりジャンモリ―」とタイトルで、まさに陽だまり感全開の空間に色々な場面で出会った歌い手を招いて交流する企画の第3弾を開催してきました。
今回流行りのインフルに屈した斉藤省悟が欠場、事実上スリーマンとなりました。
image
サクッとリハを終えて、近くのバーガーキングで共演者とお茶しながら、歓談して盛り上がり、開演時間に会場に戻り即本番。。

まずは前説アクトということで、アットホームな空間を活かして完全生音によるパフォーマンスで会場の空気を温めにかかりました。とかく至近距離であれば、マイクに縛られることもなく、生楽器である声とギターの特性も出せて最強であります。

今年最後となる新年の歌からLEGENDクラスのカラーボール、そして温かみMAXなメロディの3曲をお届けしました。

image
SET LIST@前説アクト
1、HAPPY NEW MORNING
2、カラーボール
3、メロディ

本編一組目は、新年のツルミマのジョージ君に続き、自分が単独で参加したセッション会で出会った逸材オカダユウト君。産まれも育ちも池袋という思いがけない縁もありましたが、正統派でありながら、武骨な印象もあり、人間性が滲み出た良歌を聴かせてくれました。

続いて去年共演して親睦を深めた工藤直也くん。器用なギターアプローチとキャッチーなメロディが秀逸、MCも含めて惹きつけられるナイスアクトでした。

何気にこの2人はGAJフェス繋がりということで、昨年オーディションを勝ち抜いて越生のステージに立った同志でもありました。省悟にも出会わせたかったですね。

2017-01-28-19-20-32
そしてプラグインしたもりきこ本編、まずは省悟が大好きだったカナリヤ&流れ星からスタート、その後はレア曲のオンパレード。
通好みな夜明け前から、久しぶりに登場ホッコリセンチメンタルなでかどか、DANNYのリクエストでJボーカルバージョンに生まれ変わった虹プレ、そして新曲として披露された「新しいレコード」は、キコリだった頃に自分が書き下ろした数少ない曲のフレーズをDANNYがメロディと歌詞を加えてリメイク、軽快なオサレナンバーとなりました。

現存しているJUNNY曲で最古のナンバーであり、今も色褪せない午前4時から首都高へと歌いあげて、最後はニワトリました。
アンコールではサニスポ名物の打楽器全員参加して頂く方式でAIRで大盛り上がりでした。
2017-01-28-19-20-24
本編
1、カナリヤ&流れ星
2、夜明け前
3、でかけようどっかいこう
4、虹のプレゼント
5、新しいレコード(NEW)
6、午前4時のブルース
7、首都高1号羽田線
8、ニワトリマン
9、AIR(アンコール)



心地よい陽だまりに集ってくださった愛すべき皆さんに乗じて、ゆったりとハーモニーを届けることが出来ました。ありがとうございました!!

次回のジャンモリ―も既に決まっております。これまた個性溢れる男性シンガーを集めましたので、是非とも予定を空けておいてもらえると嬉しいです。

★3月10日(金)東京・池袋SUNNY SPOT
もりきこpresents「陽だまりジャンモリーvol.4」
開場 19:00 開演 19:30
チャージ¥2,500(drink別)
【共演】有田健太郎、横田悠二、タカノトモノリ


次回のライヴはこちら↓↓
◇2月2日(木)東京・豪徳寺leaf room
kaku presents「幸せをあなたに...」
開場 19:00 開演 19:30 →21:10〜(45分ステージ)
チャージ¥2,000(+2order)
【共演】miina、優理


初上陸のleaf room、珍しく女性シンガーとのスリーマンというフレッシュな顔ぶれ。
たっぷり45分の舞台、ハモリ倒しますので、是非温まりにきてくださいね。

ij_e4A17
2017-01-23-14-53-14
今年初の遠征は栃木!見事な快晴でしたが、昨年末の波乱の新潟ワンマンぶりということで、些か不安もありつつ快調に北上!
SAではご当地のアイスも食べてツアー感を満喫しつつ、3時間ほどで無事に足利市に到着。

舞台は半年ぶり2度目のグリムカフェ、ここを根城にする葉月那央くんにお誘い頂き、2周年を祝して盛大に開催されるフェスに参戦させて頂きました。

リハーサルを終えて軽く街ブラ、前回奇跡の不戦勝(歌わずしてCDをお買い求め頂いた)カフェへの営業を試みるも満席のため断念。。

2017-01-23-14-54-10
趣のある路地にステキなお店が立ち並ぶなか、呉服屋をひやかしてから、良さげなカフェでランチ。インドカツカレーが美味かったですね。

15時開演で総勢10組の長丁場でしたが、下のお洒落カフェで休憩したり、スタジオステージとの行き来もあり、通常のライブとは一味違うフェス感がありました。
前回共演したkiiちゃんのナイスアクトに始まり、個性溢れる弾き語りライヴが続きました。ソロで以前対バンしたりゅう君との思いがけない再会も嬉しかったですね。

共演者のライブを楽しみつつ、すこし抜け出してお得意のひとり散歩をして足利の街並みと空気をインストール。

image
渡良瀬川では、必然的に森高千里さんが脳内BGMで再生、アナタが見た風景を眺めてキュンとしてみたり、足利学校まわりを徘徊しながら、歴史と文化の街を堪能しました。

後半戦に突入して、すっかり日も暮れて、出番が近づくなか、我々は近くのチキンハウスなるローカルな唐揚げ屋を発掘。
唐揚げ弁当300円!という誘惑に負けて、トリオでトリあえず鶏チャージ!ハートをトリにいく準備は整いました。




image
遠征時には外せないBOOM BOOMからスタート、最近ブチアゲ特攻隊長に名乗りをあげたI LOVE MORIKIKO!で一体感を増してからのAIRでぐっと掴みにかかりました。

ダニーが寒暖差により窓ガラスに出来た結露を活かした機転の利いたMCもはさんで、後半はそれぞれ熱唱してから先ほどチャージした?ニワトリマンをぶちかましました。

地元のお客さんや共演者にも好評いただき、CDも沢山届けることが出来て嬉しかったです。ありがとうございました!!

image
SET LIST@GRIMM CAFE'
1、BOOM BOOM
2、I LOVE MORIKIKO
3、AIR
4、タリルレロ
5、首都高1号羽田線
6、ニワトリマン

オオトリは、地元で人気のフォークデュオ『ゆでたまゴン』、全力のパフォーマンスが好感度大、今後おもしろいことになりそうですね。

温かいオーディエンスに囲まれ、テンションがあがったDANNYから出ました!わぉ!ワンマンやります宣言!もちろん聞いてません(笑)新潟の例もありますし有言実行は大切です。
詳細はこれから詰めますので楽しみにしててくださいね。

帰路は恒例のもりキャス。ハイテンションでワイワイしながら今年の抱負を語ったりしてきました。今年はエリアも含めて活動の幅を広げていきたいですね。深夜にお付き合いありがとうございました。

次回のライヴはもりきこプレゼンツ!アットホームな陽だまりに素敵なシンガーソングライターを招きました。
至近距離で良歌が堪能できますので、温まりにきてくださいね。

★1月27日(金)東京・池袋SUNNY SPOT
もりきこpresents「陽だまりジャンモリーvol.3」
開場 19:00 開演 19:30
チャージ¥2,500(drink別)
【共演】斉藤省悟、工藤直也、岡田雄人

予約お待ちしております。

image
今週末もラジオ生出演からライヴ2デイズともりきこ三昧。正月モードも完全に抜けて、酉にあやかるのも程々にしていかなきゃと思いつつ、ニワトリマンをここぞとばかり強化してます。
image
20日は大塚ハーツプラスにて、岩船ひろきと新谷隼平という2人のシンガーソングライターの共同企画にお呼ばれました。年齢的には後輩ではありますが、同じ戦線で切磋琢磨しているライバルですし、何かと縁の深い最重要パーソンでもあります。

年齢的にも20代後半という脂がのって真価が問われる世代で、全国規模で駆け回る2人の活動や姿勢には頭が下がりますし、刺激をもらってます。


『希望と絶望の間』というタイトルの下、2人のキャラクターから「絶望」の新谷と「希望」の岩船という立ち位置でイベントは展開。オープニングの「あらふね」では、それぞれ象徴的な2曲をアレンジを変えて披露されて盛り上がりました。

2017-01-22-23-39-50
我々は2番手で希望サイドとして紹介されて登場。流れ的にもアッパーな選曲で攻め込み、鉄板のカナリヤから好評だった替え歌紹介ソングでがっちり掴みにかかりました。
久々に2人のギターワークが光るライクアからクラゲラとハスキーセンチメンタルボイスが炸裂し、まさに絶望と希望の間をドライヴする首都高から、鶏男でもがきながら希望に導きました。
最終的には半強制的なスタンディングで盛り上がって頂き、実に楽しく歌いきることが出来ました。

2017-01-22-23-40-24
SET LIST@大塚hearts+
1、カナリヤ&流れ星
2、I LOVE MORIKIKO
3、LIKE A P.S I LOVE YOU
4、クラゲライフ
5、首都高1号羽田線
6、ニワトリマン

共演者は強者揃いで見応え十分。
トップの福田詠一郎君とは初共演でしたが、センスが光るナイスアクトに魅せられて、先日の西荻での狂演も記憶に新しい聞間拓さんソロ、よりダイレクトにエモーション全開の歌声が突き刺さりました。桃の香りという曲では思いがけず母親を思い出して、ウルっときました。

image
名前は良く存じ上げていた片山遼くんは、包み込むような甘い歌声と上質な楽曲に納得させられました。

そして主役のお二人、隼平はここ最近一緒にステージに立つことが多かったこともあり、他人事じゃなくいといいますか、ドキドキしながら聴いてました。新曲も良い感じだったし、来月のワンマンに向けて客観的に見れて良かったです。

トリのひろき君は、5年近い付き合いで新潟進出のキッカケを作ってくれた恩人でもあり、確実にステップアップを続けてます。出会った頃の名曲から最新曲まで前向きなメッセージと力強い歌声がとても素敵でした。


絶望と希望の間を行ったり来たりしながら、それぞれの感性で表現して伝えていくのがシンガーソングライターで、その空間を共有することで、歌い手も聴き手も未来への望を繋げていることをイベントを通じて再認識しました。引き続き歌で未来を切り拓いてまいります。ありがとうございました!

170119_jpop_morikiko
♪声は電波に乗ってあなたの街に〜

19日は久しぶりにRADIOに生出演してきました!ラジオ世代といいますか、学生の頃は大好きな吉井さんやYUKIちゃんのオールナイトニッポンをドキドキしながら聴いていたもんです。

今ではツイキャスをはじめ、誰でも世界中に発信できるものですから、以前より特別感は薄れ在り方が変わってきた感覚はありますが、公の電波に乗せて声や歌を届けられるのは貴重な事ですし嬉しいものです。


光栄なことに年イチペースで出演させて頂いているNHK横浜の『横浜サウンド☆クルーズ』にゲストで呼んで頂きました。
14年の付き合いとなる恩師長谷川代表(NPO法人ARCSHIP)がMCということで、天然キュートな熊谷キャスターとコタツを囲んでいるようなアットホームな空気で語らってきました。
応援メッセージも沢山頂き、トークも弾んであっという間、生演奏もさせて頂き、楽しい時間を過ごしてきました。

早速インターネットにアーカイブが公開されましたので、お聞きください。

NHK横浜放送局 横浜サウンド☆クルーズ
2017年01月19日放送 よこはまJポップクラブ
「もりきこ」
http://www.nhk.or.jp/marukana-blog/cat/radio/post-142761.html


image
前夜の熱も冷めやらないまま、翌日は新宿御苑駅にあるインドカレー屋パペラへ。

新潟の快進撃を全力サポートしてくれている長岡のイベンター八木氏の企画「ハートフルミュージック」が初めて都内に進出するということで、所縁のある演者が集結しました。

いずれも長岡での共演を機に親交を深め、今ではライバルでもあり友人でもある愛すべき仲間たち。
そして2度目の共演となる新潟出身の落合みつを先輩。和やかなムードの中、闘志は密かにバーニングしてました。

image
トップは、昨年の長岡ワンマンでもゲスト出演してくれたよっさんこと、大橋よしやす。アコギの枠を越えた重厚なギターオーケストラと切ない楽曲のコントラストがステキ、アレンジも加わってニンマリでした。
続いてmarcoのナチュラルにロックしてるご機嫌な弾き語り、最近似てる説が出てますが(笑)飾らなくてもカッコいいのが羨ましい。
そしてタッキーのアニマルデュオ、鍵盤のつよし君との隙のないスリリングなアンサンブルで魅せてくれました。

仲間達がそれぞれ持ち味を発揮したナイスアクトでつないで、我々はトリ前を務めさせて頂きました。


image
今回八木氏からの期待に応える形で珍しくバラード無しの超攻撃的布陣でひたすらアッパーに攻め込みました。

ハイライトは長岡ワンマンでダニーがソロで書き下ろして好評を博したその名も『NAGAOKA』。僕らが長岡で懇意にしている店を散りばめた軽快なご当地ナンバーで実に良いですね。自分にはかけないテイストで個人的にも気に入ってます。


image
中盤以降もノンストップで駆け抜け、最後は酉年につきスタメンの座を守っているニワトリマン。ヒートアップしたJ氏は、ギターソロでいつものように客席に乱入、思いがけずマルちゃんが絡んできて面白いことになりました(笑)攻撃は最大の防御、たまにはこういう布陣も良いですね。

SET LIST@PAPERA
1、AIR
2、クラゲライフ
3、NAGAOKA
4、BOOM BOOM
5、ニワトリマン


image
締めはこの公演のキッカケを作った落合みつを先輩。イベントのAIRを読んでの緩急のついた圧倒的なパフォーマンスで魅せていただきました。
最後はみつをさんの粋な計らいで、当初予定していなかったセッションを敢行。ボブディランの名曲をその場で合わせて、良い感じ。先輩の采配にみんな良い感じで応えて素晴らしいエンディングを迎えるコトができました。ご来場ありがとうございました。

今年も八木氏にはいっぱいお世話になって、長岡の音楽シーンを盛り上げていきます!

早速来月遠征が決まっております。寒波が落ち着いていることを切に願います。

◇2月18日(土)昼 新潟・十日町ふれ愛ひろっぱ ほくほく
『雪まつり関連フリーイベント』
☆観覧無料☆

◇2月19日(日)新潟・長岡 花の宿よもやま館 蓬仙の間
「ふゆおとフェス」
開演 18:00 チケット¥5,000(お弁当、1ドリンク付)
【共演】ビートニック、Cream&Jam


詳細↓↓
http://www.morikiko.com/live.html

o0960054013846081859
2017年もあっという間に2週間、寒さも本格的になってきました。体調は極めて良好、気分も上々、本格的にリーグ戦が開幕という感じで今週からライブワークがスタート。
14日は西荻窪アートリオンにて、アツすぎる1日を過ごしてきました。

C2MNRpwVEAAnlvE
昨年GAJフェスやツーマンライブなどで火花を散らした同世代最強の2人組ききまたく!
存在は知っていながらも交わる事がなくて、ようやく急接近。今がそういうタイミングなのかもしれません。
そんな彼らの名物イベント、その名もききまたく会にお呼ばれしました。
個人的にずっと出たかっただけに新年早々に実現して嬉しい限り、自然と気合が入りました。

以前はただの飲み会だけだったそうですが、今では昼のガチなライブと夜の飲み会の2部構成。1日がかりの魂の交流に臨みました。
まずは昼の部、リハーサルを終えみんなで良い感じの喫茶店でランチをして、トップバッターということで間も無く開演。


C2HNuKAVIAAbPi-
満席のオーディエンスに囲まれ、まずは挨拶がわりのフォードリから熱くハモリ倒し。
そして、この日の為にダニーが仕込んだ替え歌、その名もI LOVE MORIKIKOを初披露。ラルクもカバーして有名なロッククラシック(by Joan Jett& The Blackhearts)に、気の利いた歌詞が散りばめられ思った以上に好感触!会場がまとまったところで、カナリヤからハピモと勢いよく駆け抜けました。

続いてききまたくとの共演時に感じた敗北感からDANNYが書き下ろしたフォークロック鈴虫から首都高、からっぽと熱唱系を次々に叩き込んで、最後は酉年ネタでニワトリでガツンと盛り上げてきました。

image
SET LIST@昼の部
1、FOR DREAMER
2、I LOVE MORIKIKO
3、カナリヤ&流れ星
4、HAPPY NEW MORNING
5、鈴虫りんりん
6、首都高1号羽田線
7、からっぽワールド
8、ニワトリマン




image
2番手は、初共演となるMiya Takehiroさん。
ウクレレとピアノの心地よいグルーヴと素敵な歌声に惹きこまれ、言葉が自然に入ってくる感じがとても素晴らしかったですね。
そしてききまたくは、この日初めて組んだリズム隊を連れてのカルテット。バラード無しのアッパーな選曲で、2人の熱量と呼応するグルーヴと共に熱いメッセージがガンガン胸に迫ってきました。
三者三様のパフォーマンスが良い感じでスパークして、めちゃくちゃ刺激をもらいました。

終演後に頂いたアートリオンのレアハンバーグも絶品でしたね☆

夜公演までの空き時間、共演者みんなで近くの居酒屋へ。
打ち上げさながらに同世代のバンドマン達の熱い音楽&人生トークが炸裂して、必要以上にアルコールも進んでしまったワケで、、、だいぶ仕上がった状態で夜のアートリオンに突撃しました。

image
今回69回を数えるという最強の飲み会、良い感じに緩んだアットホームな空間に豪華な飛び入りゲストが続々と登場しました。

昨年ツーマンを仕掛けてくれた愛すべきブラザー松本耕平に、若手のホープ前田大志くん。
クワトロワンマンを控えた大野賢治くんに、ソロで何度か共演した水戸部くん、、そしてクレイジーなベースマン坪光くんの弾き語りも良い感じでしたね。途中でリズム隊やピアノの徹くんがその場で加わったりする場面もあって、実に楽しかったですね。



image
我々も目が見えない発言を連発するDANNYと酔いどれヨコハマで盛り上げてから、リズム隊とピアノに無茶ブリをしてAIRを演奏して実に良い感じでした。
ただワイワイやる訳ではなく、自然と演者もお客さんも音楽を楽しんでいることが素晴らしかったですね。

SET LIST@夜の部
1、ヨコハマ
2、AIR
3、STAND BY ME


o0960071913846081882
おかげさまで新年早々思い出深い1日になりました。ありがとうございました!!

ききまたくとは今年色々切磋琢磨していきたいですね。

言ったそばから早速今週金曜に拓さんとの共演が決まってます☆希望の岩船ひろきと絶望の新谷隼平という親交の深い2人の共同企画にて。かなり熱いメンツが揃ってます。負けられないぜ!


◇1月20日(金) 東京・大塚Hearts+
岩船ひろき×新谷隼平 presents『希望と絶望の間』
開場 17:30 開演 18:00
前売り¥2,500 /当日¥3,000 (drink別)
【共演】岩船ひろき、新谷隼平、片山遼、聞間拓、福田詠一郎
O.A あらふね

http://hearts-web.net/plus/

予約お待ちしております☆

このページのトップヘ