JUNNYの意気地ナシ奮闘記

横浜発ヴィンテージロックデュオ・もりきこの低音Vo&エレキギターJUNNYが、転がり続けるミュージックライフと意気地なしの自分との闘いを熱く綴る青春の軌跡。

IMG_7865
宇都宮での熱い夜を越えて横田家にて快適に迎えた2日目の朝、やり残したことがひとつ。
パブリックイメージとして定着している餃子を食べなければ。

よこちんの導きでチェーン展開している有名店にて、行列に並んでガッツリ食してきました。
焼き、水、揚げと3種類を堪能させていただきやした!!あざっした!!

心身ともにサティスファイして睡魔が忍び寄るなか、下道を南下して次の目的地・越谷を目指しました。


ひたすら一本の国道を直進していく感じが気持ちよかったので、眠くなるのも致し方ないですね。笑

会場のMOJO:MOJAは昨年の5月以来2度目の出演で、雰囲気も良い好印象なハコでやっと帰ってこれました。

IMG_7866
この日は店企画のアコースティックナイト、20歳の若手から50歳間近のレジェンドまで一癖も二癖もある演者が集結。

それぞれ強い個性と実力を発揮していくなか、年功序列とはいかず我々がトリ。。
その前に4月に赤坂ブリッツワンマンに挑戦するさとうもとき兄貴が登場。客席を巻き込む熱いパフォーマンスで、直接タマシイを注入して頂きました。

いよいよ待ち焦がれたもりきこオンステージ。
冒頭のカナリヤからはち切れんばかりのテンションで攻め込んだところ、いきなり自分のギターの弦がはち切れました。。泣

DV9jDo8UQAA8VSK
弦きったる!くらいの気概はありましたが、1曲目は完全に想定外。。

ここでもときさんの百戦錬磨のアコギをお借りすることになり、その間に機転を利かせたDANNYが、十八番の『青春の影』を繋いでくれました。

まさに魂のギターを抱えて、さらに昂りながらBOOM BOOMを駆け抜け、中盤は予定通りハーモニー推しな4Dと鈴虫を熱唱。最後は魂が憑依したかたのごとく、ブキボクをぶっ放して締めくくりました。

DV9jDo4U0AEc8Mr
SET LIST@MOJO:MOJA
1、カナリヤ&流れ星
2、青春の影(DANNY)
3、BOOM BOOM
4、4D
5、鈴虫リンリン
6、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり



自分自身と楽器の管理が至らなかったことは反省すべきですが、結果もときさんのソウルギターを弾けて、この日この空間でか出来ないパフォーマンスを届けられて良かったです。

遠方から沢山足を運んでくださって心強かったです。ありがとうございました!!

IMG_7857
来月はそんな兄貴を地元に迎えて応援企画を開催します。
夢に向かって勝負する男はカッコいい!!もりきこも全力で応援する所存です。

★3月18日(日) 神奈川・鶴見RUBBER SOUL
もりきこpresents「ツルミまSHOW vol.28〜魂のブリッツ激励交流戦」
開場 12:30 開演 13:00
チャージ¥2,500(ドリンク・税別)
【共演】さとうもとき、有田健太郎、荒井光、田中さとる、884


その前に!!
今週末ですよ〜いよいよ明日からワンマンライヴを絡めた真冬の新潟に突撃します!!
天気予報は大雪。。これから一足先に向かう事にしましたが、お互い無事に会えるようにたどり着きましょう。来て頂いたからには全力で暖めますから!!駆け込み予約も大歓迎です★

jircon180218
☆2月18日(日)新潟・柏崎うたげ堂
もりきこ19周年&レコ発ワンマンツアー追加公演
『ジルコン the 19ボックス in柏崎』
開場 14:00 開演 14:30
前売り 2,500円 当日 3,000円(1drink付)
<ゲスト> marco


※終演後は、萌’s Cafe ぴぃすにて美味しい料理とレアなセッションが楽しめるアフターディナーパーティ開催(会費2,500円)

■メール予約・問合せは、各SNSのDMやリプライにて受け付けます!

それでは、いってきまーす!!

IMG_7835
2月は週末遠征が続きます。北関東エリア攻略に向けて、前週の高崎に続いて初めての宇都宮市へ。
宇都宮在住で全国的に活躍しているよこちんこと、横田悠二氏よりご指名を頂き、彼の庭でのツーマンライヴが実現しました。
IMG_7859
よこちんとは2年程前に出会ってから急接近、昨年30代キッズのレコ発では20代キッズ代表として盛り上げてくれましたし、秋の野外フェスでは3週連続で共演し、熱いドラマを共有してきました。
今回満を持して地元に迎えてくれるこということで楽しみにしておりました。

昼頃に出発し3時間あまりで到着して、無事にBARルシファーにチェックイン。
良い感じにリハーサルを終えて、街に繰り出しました。

IMG_7860
有名なオリオン通りを練り歩いて軽く腹ごしらえしようという事になり、インパクトのあるヴィンテージな焼きそば屋さんに突撃。

地元のよこちんでさえも子供の時以来という通称ゴム焼きそば。
麺とキャベツでメニューも一択という男気に惹かれましたが、味は懐かしいとしか形容できない感じで、とても良い思い出になりました☆


会場に戻るとあっという間に開演のお時間、良い感じにお客さんも集まって賑わうなか、もりきこが先攻で登場しました。
DVw22hiU8AEci-I
初上陸ということで不安材料ゼロな盤石な選曲で攻め込み、アットホームな空気に乗じて、良い温度感でかますことができました。

後半にはよこちんを迎えてのコラボレーション、鈴虫リンリンにカフォンで加わってくれて、3人でリリンリリンリンしました。

最後のブキボクも大いに盛り上がり、初陣を良い形で完唱することができやした!

遠方から沢山キコラーの皆さんが駆けつけてくれて、とても嬉しかったです。

DVw23DSVoAEdfbz
SET LIST@BARルシファー
1、メロディ
2、君のもりきこに恋してる
3、クラゲライフ
4、フーセンさん
5、タリルレロ
6、首都高1号羽田線
7、鈴虫リンリン with よこちん
8、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり

続いて、よこちんオンステージ。ホームという事で水を得たフィッシュ状態で炸裂されてました。

DVwHZKTVwAAimiC
ユニークな歌詞と独創的なコードワーク、そして弾けるテンション感、いつ見ても彼のステージは爽快で、こうして共演する機会が増えてきたことも必然かもしれません。

終盤に逆にもりきこが乱入する形で、MVも素敵でオシャレな楽曲『Take me out to the nude night』をセッション。

まさにMVでも撮影された同じ現場で、もりきこにギターを委ねてハンドマイクでよこちんが練り歩いてカンパーイ!!して、大いに盛り上がりました。

アンコールのセッションでは、まさかのイエモンの『プライマル。』をセッション。
解散前ラストシングルで知名度はソコソコですが、再結成の1曲目でも話題となったゴキゲンなロックナンバー。
IMG_7861
よこちんからの提案でカバーするのは初めてでしたが、無条件に楽しくぶちあがってきました!

そんな訳で見所満載だったツーマンライヴは大団円で幕を閉じました。
CDも沢山お届けすることが出来て嬉しかったですし、かなり満足度の高いイベントになったのではないでしょーか!

終演後は会場で美味しい料理を食べて談笑してから、横田家にて朝方までディープにトークセッションを繰り広げましたとさ。宇都宮また来るぜ!!ありがとうございました!!

平昌オリンピック開幕しましたね〜!運動神経最弱ですが昔からスポーツ観戦はすきで、この期間ばかりは多くのジャパニーズ同様にわかに盛り上がってしまいますね。
一瞬の勝負にかけるアスリートの皆さんのプレイを見るだけでウルウルしちゃいますし、勇気をもらってます。がんばれニッポン!!
IMG_7810
ってことで少々遡って2月9日、肉の日。もりきことしては初上陸となる渋谷スカーレットヴァニラにて、店長みさこさんの退職にあたり企画されたニクいキャストのスリーマンでした。

渋谷からだいぶ歩いた住宅地の一角にある隠れ家的なロケーション、そして店名にちなんでスカーレット一色の壁面に、所せましなシャンデリアが素敵なラグジュアリーな地下室が舞台でした。

IMG_7806
トップはイケメンかつナイスガイなツカダコージ。
テクニカルで小粋なギタープレイとハイセンスな楽曲で、冒頭から良い感じに盛り上げてくれました。
ホント謙虚で気持ちの良い男で、彼の優しくて繊細な人間性が投影された歌詞にもぐっとくるものがあって、今後も仲良くしていきたいですね。

続いて我々オンステージ。
初めての場所でお初な方もチラホラいらしたので、王道ヒットパレードで攻め込みました。

大きなミラーボールを活かして、ディスコチックな自己紹介カバー「きみもり」やムーディな「愛あり」等も盛り込んで、存分に持ち味を発揮させていただきやした。
DVlt0HpV4AAIApa
SET LIST@ScarletVanilla
1、FOR DREAMER
2、君のもりきこに恋してる
3、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり
4、愛をありがとう
5、向こう岸のあなたへ
6、鶴見川
7、AIR



そして、熱気も冷めやらぬなか自分は早着替えして、スイッチも切り替えて、新谷隼平with JUNNYとして再び舞台へ。
2ヶ月ぶりのサポートということで、事前にバッチリリハビリをして、臨みました。

DVo34zPVwAAieMd
導入から2人が敬愛するRadioheadの内省的なバラードから、昨年リリースした新譜の世界に繋げるコンセプチュアルな構成で、不穏な世界への憂いをエモーショナルに歌い上げておりました。

自分はクールを装いつつも熱い歌声に感化されて、ギターとコーラスで応戦。
新曲も披露して、シンプルでストイックながらも2人のスタイルも良い感じになってきました。


もりきこと世界観も表現方法も異なりますが、人間性や音楽的な趣向でシンクロするところが多いので、こうして一緒に音楽を奏でられております。
今後も必要としてもらえる限り、全力を尽くしていきたいですね。

三者三様の音楽ながら、魂は三位一体となり絆を深められたスリーマンで、このハコでの共演は最後ですが、新たな始まりの日になりました。ご来場ありがとうございました!!

IMG_7793
2月1週目のウィークエンド、珍しくライヴのないサタデーナイトはOFFるわけにもいかず、もりきこで公共の電波をジャック。
DVJwOiPUQAEMX4y
新潟のFM PORTの「MUSIC CONVOY SATURDAY SPECIAL」にゲスト出演してきました。

2週間をきった十日町雪まつり〜柏崎ワンマンの告知も兼ね、気さくなDJさんと料理やサウナ等音楽以外のトークで盛り上がってきました。

リアルタイムで聴いたくださった方の反応も応援メッセージも嬉しかったです☆


翌日は高崎へ日帰り出張。の前に早起きして、埼玉県にあるギター職人のお宅に立ち寄って久しぶりにメンテナンスをしてきました。
一番の目的は、長年調整のため入院していた愛器、通称オレンジジュース(Gretch Rancher)の引き取り。匠によって手術が施されて完全復活を遂げて帰ってきました。

IMG_7799
購入したのは2000年ということで、もりきこの歴史と共に戦ってきた大切な相棒なので、久々の再会は感慨深いものがありましたし、音もパワーアップしてました。

そんな寄り道もして、関越自動車道を北上していつもスルーしていた群馬県高崎市予定どーりチェックイン。
何気に群馬県でのライヴは初!でワクワクしつつ、早速サツアイがてらご当地なラメーン(鶏白湯)を美味しく頂き、ご当地野菜もゲット。

今回地元で活躍するデュオ「ゆでたまゴン」のひで君主催の企画「ほっとるーむ」。

舞台となったcoco.izumiは、とても明るくて風通しの良いスペースで、音響機材を使わない生音スタイルでイベントは開催されました。

IMG_7800
共演者は、会場のオーナーでもある春くんにはじまり、サニークラッカーのみのる君、そして主催のひで君と、各々HAPPYでエンターテイメントなライヴで盛り上げて、まさに会場はホットルームでした。
年功序列という古き慣習に従い、いきなり我々はトリを任されました。

ストリート育ちの野良犬なので、生音アクトは原点回帰。
早速帰ってきたばかりのオレンジジュースを投入、DANNYも数日前に衝動買いしたNEWギターという即席コンビで臨みました。


DVL0LypVQAYagtP
マイクもケーブルも無い環境は、いわば放し飼いのドッグラン状態。
縦横無尽にフロアを駆け回って、3次元を超越したパフォーマンスを繰り広げました。

スピーカーを経由せず、いわば刺身で2人の歌声とギターの音色を提供させていただき、2つの意味でレアなアクトになりましたね。まさに灼熱オブザイヤー。笑



DVLV6MRU8AABe7N
SET LIST@coco.izumi
1、メロディ
2、カサカサの羽根広げて
3、HAPPY MY LIFE
4、向こう岸のあなたへ
5、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり
6、ニワトリマン
7、ヨコハマ(アンコール)


神奈川、そして新潟から遠征してくださったキコラーの皆さんがいてくれて心強かったです!

終演後は、噂に聞いていた居酒屋希仁(ちひろ)にて打ち上げ。名物おかんが強烈なキャラクターで素敵すぎました。
IMG_7802
お休みなのに開けてくれて、元々値段もない美味しい手料理でおもてなし。
美味い酒しか置いてないんだよ、バカヤローというお言葉通り、上質な日本酒を呑まれていて羨ましい限り。。

さらに常連さんも加わり、おかんのカラオケが素晴らしくて感激した後、僕らも歌わせて頂ける流れになり、カラオケでラブユー東京、そして生演奏でさそり座の女や愛をありがとう、そして首都高まで歌わせて頂きました。

おかんにも喜んでもらえて嬉しかったですね。必ず帰ってきたいですし、ライヴもやりたいですね。

そんなわけで群馬初陣も新たな縁の種を蒔くことで出来て、実に有意義な時間になりました。
ありがとうございました!!

次回のもりきこさんはこちら↓↓
◇2月9日(金)東京・渋谷ScarletVanilla
「愛しさと切なさと絶望とFINAL〜弥咲子店長バニラ卒業してもよろしくね〜」
開場 18:30 開演 19:00
前売り¥2,500 /当日 ¥3,000 (drink別)
【共演】新谷隼平、ツカダコージ 

http://scarletvanilla.com/

大好きな後輩とのスリーマン!新谷隼平のステージでは自分もサポートさせて頂きますので、必然的に自分は沢山ステージにあがることになりますので、見守ってください。
予約お待ちしておりまーす!!

2月です。JUNNYフェブラリーです。ここのところ音楽的好奇心が旺盛で林檎音楽で気になるアーティストをリサーチしながら、新しい音を探す冒険をしております。
お気に入りの音楽に出会った時の喜びは代えがたいものがありますし、掘っても掘っても素敵な音楽は泉のように湧いてきます。
最近採掘を怠っていたJの泉からもメロディを掘り出さねば。。
ということで、今月はインプットしまくって、新しい曲を産み出していくことを公言することで、自身に圧力をかけていきます。笑
IMG_7738
2月1本目のステージは、既に今年3回目となる新宿にて。
2月2日にちなんで、2ピースの演者が11組×2=22組集結した2会場サーキットイベント「2ピースフル」に初参戦!出演時間やチケット代まで2を絡めている徹底ぶりでした。

小劇場として使われているTHEATER MIRACLEにてリハを終えて、同じステージで出演する2度目ましての大柴広己氏と初めてお目にかかったTOZYさんと空き時間に楽器屋をひやかしにいくことに。

レアな中古楽器を安く扱っているとのウワサで行ってみると、確かに見たことのないヴィンテージギターが沢山あって、一同少年に返ってギターを試奏して盛り上がりました。
IMG_7711
すると早々にTOZYさんがその場で潔くお買い上げ、さらにまさかのDANNYがもう1本別のギターをお会い上げするというミラクルが起きました。

なんと購入した2本のギター、価格は同じで2万円!!すごくないすか?

トレードマークの帽子までかぶっている(2つの意味で)2人がギターキッズのようにはしゃいでたのが微笑ましかったですね。

全く想定外の珍事もあって迎えた本編、初共演の方も多く、噂はカネガネで共演したかった方も多数、とにかくみんな凄かったですね。

IMG_7748
トップのヒカガミからマイク1本で対面で歌い合うスタイルは鮮烈でしたし、カエルバナシは世界観に圧倒されましたし、拓さんと村岡さんは言わずもがな最強だったし、じゃりんこサンシャインはほっこりストレンジだったし、815-ハチイチゴ-はメランコリックで感動、アイアムアイの炸裂したパフォーマンスには度肝をぬかれ。。

フツーにサーキットしてたら、本番まであと5分。。汗
選曲も定まらずオメカシもままならないままステージへ。

ハーモニー推しな熱唱系な選曲で、MCでは本番前の出来事について語られ、早速舞台センターには新しい相棒が鎮座してました。笑
良い感じに集まってくれて、共演者にも見てもらえて嬉しかったですね。

SET LIST@THEATER MIRACLE
1、FOR DREAMER
2、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり
3、4D
4、鈴虫リンリン
IMG_7749
無事にステージを終えて、いよいよイベントも終盤。

huenicaさんの優しいハーモニーにときめいて、TOZYさんと大柴さんの10年越しの熱演に盛り上がり、最後はAndareさんの美しい世界にのみこまれました。

このままフジロックに持ち込んでも通じるくらいハイレベルなライヴで、存分に楽しませてもらいました。
1+1の可能性は∞、2ピースの醍醐味をいろいろ味わえて、自分たちもより純度を高めていきたいと刺激をもらってきました。
またどこかの場面に再会したいですね。足を運んでくれた皆さん、ありがとうございました!!

IMG_7707
終電ギリギリで吉祥寺から帰宅した翌日は朝8時起きというハードスケジュール。
何とか起きて愛車リバちゃんに乗って、制限速度を越えて柏までハイウェイを駆け抜け、1時間強で無事にStudio WUUにチェックインしました。
IMG_7706
初めてのハコでしたが、音響がとても上質で会場のムードも温かくて居心地の良い空間でした。
この日のイベントは、DANNY軍団にも所属している天真爛漫な不思議ガール・はなざわりずむの初企画「うたいあい」
若き才能が爆発した共演者のナイスなパフォーマンスが続き、圧倒的な長老な我々はトリ前の大役を任されました。

以前からりずむに独特の呼び名で呼ばれており、DANNY⇒スナフキン、JUNNY⇒ダイヤモンド(ユカイ)ということで用意してくれた手書きの名札をつけてステージへ。

女性シンガーが3組ということもあり、客層も男性が多くとても新鮮な雰囲気。
オリジナル推しで冒頭からアッパーに攻め込み、りずむ曰くカワイイ曲、クラゲラで盛り上げて思いのほか好感触。
27497661_855337797988008_245154514_n
中盤首都高を歌い上げてから、この日のハイライトとも言えるコラボコーナー。
バンドアレンジと奇抜なメッセージにつき登場回数の少ない「レタヲ」を大抜擢、イントロが始まるとヲタ系のファッションを纏ったりずむが乱入、レタヲになりきってくれました。

アコースティックで演奏するのは初めてでしたが、思った以上に良い感じで沸きました。
終わるとステージから消え去り、その勢いのままブキボクで締めました。

27394821_855338204654634_1396777545_n
SET LIST@Studio WUU
1、メロディ
2、クラゲライフ
3、首都高1号羽田線
4、レタヲ featuring りずむ
5、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり

CDも初めての殿方達にも届けられて嬉しかったですね。

オオトリはスペシャルバンドを引き連れて登場したりずむ。
鍵盤には親交の深い佐倉の後輩ヒトイロもいたり、頼もしいメンバーの演奏に乗って、泣いたり笑ったり飾らない人柄が垣間見えて、とても良かったですね。

出会ってから4,5年?一人前の歌うたいとして成長した姿が見れて嬉しかったし、これから待ち受ける荒波の中でもピュアな感性のまま歌い続けていってほしいですね。
はるばる柏までご来場いただきありがとうございました!!

IMG_7703
1月最後の週末も土日としっかり楽しいライヴワーク。
舞台は一般的に住みたい街ランキング上位で、個人的にも好きな街ナンバーワンの吉祥寺にあるライヴハウスSHUFFLEにて。
最近共演の多い天才こと中野隆司さん(Carnivorous Party)の生誕祭に初参戦。
毎年3デイズに渡って繰り広げられている恒例行事ということで、縁のある演者が大集結しました。

珍しく電車で出勤していると、うっかり中野駅で乗り換え時にアイフォンを線路に落とすハプニング。。
幸いにも無傷で駅員さんに救出してもらい事なきを得ましたが、中野駅というのも天才の悪戯かもしれません。

そんな天災、いや人災も乗り越えて、無事に会場入りすると既にイベントは賑わっておりました。
徐々に臨戦態勢を整えつつ、共演者のライヴを楽しみましたが、中でも気になっていた「笛ラジオ」は独創的でとても良かったですね。

写真2018-01-27-18-24-48_preview
我々は後半折り返した夕方ごろに登板。ぶっつけ本番で若干の不安材料もありましたが、いざステージにあがると、温かく迎えて頂き、熱唱ヒットパレードでぶちかましてきました。

先日新宿のライヴで骨折した中野さんを車に乗せたからではなく、これまで共演を重ねて親交を深めてきたからこそ出来た空間でしたね。

写真2018-01-27-18-22-49_preview
SET LIST@SHUFFLE
1、FOR DREAMER
2、君のもりきこに恋してる
3、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり
4、首都高1号羽田線
5、AIR

その後はBEERを呑みながら戦友のよっさんやありけん先輩の熱演を堪能、不死ズムも素敵だったし、お初のKINGさんは別格でした。

IMG_7652
そしてオオトリは主役のカニパ、中野さんのスーパーヴォーカルと盤石のロックサウンドが心地よくて、聞き惚れてしまいました。
7月のクアトロ公演では共演が決まっていて、強力なライヴァルとして立ち塞がりそうです。

沢山の魅力的な演者とオーディエンスが集まるのも、中野さんの人柄あってのもので、そんな素敵な仲間に入れてもらえて嬉しかったです。ありがとうございました!!

DUTT5TGVoAEidCD
1月も終盤に来て完全に遅れをとっております。。泣。毎回濃すぎるもんだから、綴るにも時間と労力を要するワケですが、出来る男はちゃんと遅れずにやれるんです。そんな自問自答してるヒマあるならさっさといきます。
IMG_7607
ようやく濃厚な遠征から戻ってきたところ、関東は4年ぶりの大雪に見舞われました。
雪慣れしてない為、相変わらず交通機関が乱れてパニックに陥る始末で、そんななか自分は久しぶりにtheKyotoのライヴで代々木ラボへ。

行きの電車はカオスで心とギターが折れそうな勢いでしたが、何とかたどり着いて公演自体は予定どおり開催しましたが、お客さんが全員キャンセルとなり、無観客試合となりました。


これもまた良き思い出って事で久々に狂乱のリハビリして、帰りはガラガラな電車で帰りましたとさ。。
IMG_7685
翌日は新宿オレバコにてもりきこ、思えば自分は5日間連続ライヴとなった訳です。
OREBAKOが改装により生まれ変わるため、鈴木ナオト兄貴の声かけで実現したオレバコラスト企画でした。

共演者も素敵な演者揃いで、仙台ぶりの再会となった島根出身のみのりの2人に、GAJのオーディション以来の対バンとなった大貫永晴くん。全国47都道府県を各々のスタイルで回ってきた自信と貫録を感じさせるアクトでした。

そして今年既に2回目の省悟、最近地に足がついたような安定感と歌の説得力が増して良い感じでした。
我々はトリ前に登板、後輩たちの熱演で既に導火線に火はついている状態で後はスパークさせるのみ!
IMG_7689
既に温まったオーディエンス〜!に向けて、火に油を注ぐごとくぶちかましてきました。

問答無用のセットリストで、次々と入れ替わる諸行無常の音楽業界に向けて唯一無二のハーモニーを響かせてきました。
後半はナオトさんが動画を撮影・編集してくれた思い出のある首都高〜ニワトリマンで締めました。

IMG_7691
SET LIST@OREBAKO
1、FOR DREAMER
2、君のもりきこに恋してる
3、AIR
4、首都高1号羽田線
5、ニワトリマン





IMG_7623
オオトリは今回の首謀者ナオトさんがフルバンドで登場。
何度かサポートもさせてもらって純粋に楽曲が好きですし、大人の男の色気が滲み出て憧れる存在で、予定時間を大幅に超えた激熱なパフォーマンスを楽しませてもらいました。

OREBAKOは無くなってもそのまま会場は名前を変えて再出発するそうですし、
ナオトさんと出会った思い出の場所でこうして再会して、愛すべき仲間達と音を交わし合うことが出来て実に良い夜でした。
雪が残って足元の悪いなか、ご来場ありがとうございました!!

26805331_1518807591501868_7892854459496341338_n
大雪と極寒の影響でマイブレインが凍結していたってのは言い訳で、遠征から戻れないまま1週間も時間が流れてしまいましたが、現実では既にライヴを重ねて、確実に時間は過ぎております。

さて、山梨ブラウンシュガーでのライヴ後、そのままカフェ2階のスペースで快適に休ませてもらいまして、朝は手作りのモーニングをご馳走になって、近くの温泉でリフレッシュしてから出発。
IMG_7677
目的地は栃木県足利、関東を横断していくイメージと思いきや、高速を使うと八王子あたりを経由してなかなかの回り道でしたが、天候にも恵まれて快走。

少し遅れ気味で会場のグリムカフェにチェックイン、馴染みの後輩たちと再会を果たしてほっと一息。思えば、この場所でワンマンライヴをしたのは3ヵ月前ですってよ!おくさん。

この日は3周年を記念して2日間に渡って開催されたグリムフェス、総勢9組の演者が集結しました!


数々のバトルを繰り広げた親愛なる後輩たちから名前は存じ上げていたお初な演者まで全国から集まった豪華ラインナップ、会場も常に満席で熱気が満ちていて、湿気が増して酸素が薄くなる勢いでしたね。

DUDwpE-UQAI0P3R
個々のレビューをツラツラしたい気持ちをぐっと押さえて、7組のバトンを受けてトリ前を任されたもりきこオンステージ。

序列的には長老ですが、後輩達の熱演を受けて燃えた闘志を遠征の疲労で若干ハスキープラスな歌声でぶちかましました。
スペシャル感をだしたくて、2曲目にOH YEAH!!を抜擢したプログラムで盛り上げて、最後はAIRで主催の葉月くんへのリスペクトを込めて不器用に叩きまくりました。いつになったら彼のように華麗に叩けるのでしょうか。笑

良い感じの熱気に包まれて、会場は一体となりAIRなんて読まないHAPPY空間になりました。

DUD47XhU0AAal0Z

SET LIST@GRIMM CAFE
1、BOOM BOOM
2、OH YEAH!!
3、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり
4、首都高1号羽田線
5、AIR


オオトリの葉月那央は、グリムカフェを背負っているプライドを感じさせる見事なステージ、ギター捌きも華麗でホレボレしてしまいました。

昨年に続きグリムカフェの周年をお祝いできて嬉しいですし、今後も共に年月を重ねてステキな音楽空間を作っていきたいですね。ありがとうございました!!

IMG_7563
IMG_7631
遠征2日目。濃厚な駒ヶ根ナイトを越えて、ライヴハウス内で持ち込んだ毛布で包まって安眠して、アラームなしで早起き。

少々余裕があったので、寝ているDANNYを置いて街に繰り出して、朝の透き通った空気を吸い込みながら、駒ヶ根の穏やかな街並みを堪能しました。
小一時間ほど徘徊したのち、NIRVASHを後にしました。

IMG_7632
駒ヶ岳方面に足を延ばして、前回利用したこまくさの湯でゆっくり。
露天風呂から見えた河原とアルプスの山々の絶景がビューティフル!

さらに隠れ家的な名店で美味しいお蕎麦まで頂き、ツアーの醍醐味を存分に味わいまして、心身ともにチャージ満タン!のんびり下道で甲府を目指しました。

リアルなカントリーロードに合うようなご機嫌なUSインディロックをBGMに快適に駆け抜けました。

山を越えて4時間ほどして、この日の舞台、甲府近郊のカフェ・ブラウンシュガーに無事チェックイン。

IMG_7633
外観から素敵で、あちこちにストーンズやビートルズのポスター等が飾られてましたし、嬉しいことにもりきこのフライヤーも店内あちこちに貼っていただいておりました。気さくなマスターに迎えられて、本番に向けて会場のスタンバイしました。

今回初上陸にしていきなりのワンマンライヴが実現。
元々諏訪1977のオープンマイクで共演した青沼さんのご縁で紹介頂き、短期間で沢山の人に宣伝してくださり、開演の時間にはほぼ満員!不安も一気にぶっ飛びました。


27047178_1999983520269338_1819961206_o
とはいえ、ほぼハジメマシテなお客さんを前に洋楽自己紹介やカバー等ふんだんに盛り込んで、もりきこをプレゼンテーションさせて頂きました。
途中から今回偶然の縁で再会したサックスプレーヤーのサニーさんも呼び込んで、打合せ無しのコラボが実現、どんな曲でも良い感じに合わせてくれてドラマチックな味付けになりましたね。

だいぶ良い感じに盛り上がったところで、遠方からお越し頂いた常連のタカシさんを迎えて、お馴染みのノーウェアをやったり、エンドレスにビートルズを歌いまくりました。

IMG_7634
SET LIST@1st STAGE
1、愛とは永遠にワンダフル
2、君のもりきこに恋してる
3、さそり座の女〜Yesterday
4、HELP!!
5、Scarborogh Fair 
6、The 57th Street Bridge Song
7、FOR DREAMER
8、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり
9、And I Love Her
10、Here Comes The Sun
11、Nowhere Man (with タカシさん)
12、In My Life
13、Two of Us

27018857_1999983630269327_479160720_o
インターバルを挟んでの後半戦、まずは2人で仕切り直して、ガッツリとオリジナルでアピール。愛ありの破壊力は凄かったですね。

今回縁を繋いでくださった青沼さんとS&Gを3人で歌って、まさに世代を越えたハーモニーが響き渡りました。


そしてお客さんのリクエストに応えながら、ビートルズのレパートリーをだいぶ使い果たしまして、最後はお約束のヘイジュードの大合唱。会場がひとつになって感激でした。
そして最後はビシッとAIRで締めて、アンコールは総立ちでヨコハマ!!物凄い熱気でしたね★
終わってみれば計2時間半、全27曲の熱唱でした。

IMG_7635
SET LIST@2nd STAGE
1、メロディ
2、カナリヤ&流れ星
3、愛をありがとう
4、首都高1号羽田線
5、The Boxer (with 青沼さん)
6、A Hazy Shade of Winter (with 青沼さん)
7、Let it Be (with ミニーさん)
8、Oh Darling (with タカシさん)
9、I Saw Her Standing There
10、Please Please Me
11、All My Loving
12、Hey Jude
13、AIR
14、ヨコハマ(アンコール)

終演後は、元校長だったマスターのありがたいお話を聴きながら、ママさんの作ったナポリタンを食べて団らんタイム。
ライヴが好評でみなさんに喜んでもらえてとても嬉しかったですね。
時代を超えるエバーグリーンな音楽と、紡いできた様々な縁が繋がって出来たミラクルハッピーな夜でした。ありがとうございました!!また近いうちに必ず帰ってきます!!

このページのトップヘ