JUNNYの意気地ナシ奮闘記

横浜発ヴィンテージロックデュオ・もりきこの低音Vo&ガットギターのJUNNYが、連日繰り広げられるライブレポートを中心に命懸けで綴る音楽人生の軌跡。

ほんの数日前にいた山形の大自然と現実とのギャップに毎度ながら悶えております。
そんな非日常が散りばめられて行き来できることが幸せな事ですし、それがまた励みにもなりますね。

IMG_8778
遠征から1日空けて18日は、通常営業モードで県を跨いで千葉県へ。
朝から全国的に記録的な大雨が降っていて、道中もなかなか険しかったものの、予定通りにチェックイン。

実に半年ぶりとなった稲毛K’s Dream、BMM(ブッキングムードメーカー)の同級生ユイ様とも再開して、近況や機材の話をしながら、リハーサルも順調に進行して本番を迎えました。

この日のイベントタイトルは
【雨音と歌声】
まだ梅雨入りもしておらず晴天続きの中で、ドンピシャなネーミングをしたBMMに脱帽、ナイスな顔ぶれのスリーマンが始まりました。

わりと年功序列で後半になることが多い中、珍しくトッパーを務めさせて頂きました。

速攻で本番がやってくるもんで、音の感じやフロアの雰囲気も良好につき、歌いながら戦闘モードへの切り替えに時間はかかりませんでした。

1F0CD17F-C991-4E50-941A-7AFF134D1C7C
40分ステージでラナウェイスタートで3曲駆け抜けてから、雨ソング特集で久しぶりのレインスキップからのカラーボールをお届け、良い感じにハモリ倒して終盤は後続に繋げるべくアッパーに駆け抜けました。

SET LIST@K’s Dream
1、真夜中のラナウェイ
2、MAGICAL HARMONY HOUR
3、るろー
4、レインスキップ
5、カラーボール
6、ともだち
7、WALK IN THE RHYTHM
8、ぶれてるぜ


歌い終えてからは、ライブハウスの建物内にある海鮮丼専門店・丼丸の海鮮丼をご馳走になりながら、共演者の熱演を堪能。

IMG_8774
5年以上前に共演していた丸橋ミケさんの鋭くて凛々しい弾き語りにグッと引き込まれて、オオトリは沢山の夜を一緒に越えてきた和製ケビンくん。

新しい曲も増えて歌のトルクもあがっていてとても刺激をもらいました。

帰る頃には雨も止んで、心地よい疲労感と余韻をテイクアウトして帰路につきました。


ご来場&配信視聴すぺさんでした!!

IMG_8755
山形2日目、さくらんぼライブから恒例の打ち上げでは山形の美味しい料理と地酒飲み放題で盛り上がって、初めてのゲストハウスに3人で宿泊。
5F6E2979-AA07-4B5E-A413-7FC20196902D
とても居心地の良い空間でリビングで締めのカップラーメンを食べながら寝落ちしたらしく、気づいたら朝方床で寝てました。。汗

ゆっくりチェックアウトしてから、山形名物の冷たい肉そばを求めて、宿から近い良さげなお店に突撃。

雰囲気も味も最高で一同満たされてから、高畠駅を目指しました。

GWにもお邪魔した高畠駅前の広場にて、毎月開催されている『たかはた駅コン』に前日参加のメンバーが集まりました。

みんなでスタンバイしてこの日も堀謙くんからスタート。
カバー中心の選曲でとても良い感じでした。

C33D2797-0D49-4EE5-8371-382D91D83A40
途中から雲行きが怪しくなり、小雨がパラついてきたので、演奏中に大きなテントを客席に設置して、予定通り進行していきました。

4曲ずつのステージでそれぞれ持ち味を存分に発揮して、沢山の人に楽しんで頂きました。

もりきこは5番手として登板、天気もバッチリ晴れていて、昼下がりのホッコリモードな選曲で序盤から盛り上げていきました。

父の日で青空の下で歌えるということで首都高をセレクト。

すーちゃんリクエストでDANNYメインヴォーカルverでお届けしました。

IMG_8750
だいぶ気持ちも入って、最後はもちろん2ケツでゴーゴーして締めくくりました。

SET LIST@高畠駅前広場
1、メロディ
2、枝豆をゆでよう
3、首都高1号羽田線
4、2ケツでゴーゴーイェイ!




オオトリは、大好きなずれずれ2。
心地よいグッドミュージックに酔いしれていたら、途中から雨が本格的に降ってきて、機材も濡れながら何とかフィナーレ。

IMG_8757
土砂降りのなか物販もほどほどにして、みんなで撤収作業をして、終わりかけた頃に雨は止んで空には虹がかかりました。

ドラマチックな展開でとても思い出深い時間になりました。

みんなでラーメンを食べて語らってから、我々3人だけ駅構内にある銭湯に浸からせてもらって、帰路についたのでした。

演者さんもスタッフさんもお客さんも気持ち良い人ばかりで、そして美味しいものも素敵な場所も沢山あって、また帰りたくなる街ですね!

ご来場&配信視聴すぺさんでした!!!

IMG_8747
遠征続きの6月、毎週思い出が濃すぎて、時間の感覚がバグっておりますが、確実に時間は流れてますね。。3週目は土日と2日間の弾丸行程で山形へ!

10C0BB79-0AB5-40D7-AAF2-3DD8A6654466
同じイベントに共演するすーこと、川上紘史と相乗りデコボコトリオで行動を共にしました。

土曜日早朝の入りの為、前日夜から動いて福島で快活STAYする方向で予定を組んで、作戦通り早めに現着してから、隣接していた魚民で軽く前夜祭。

ちょっぴり贅沢して短時間で満たされてから軽く睡眠をとりました。

初日は上山市の鈴木果樹園で開催された『さくらんぼの木の下ライブ』に昨年に続き出演させて頂きました。


朝の9時頃に現場入りして、早朝から設営をしていたスタッフさんに温かく迎えてもらえって、続々と演者とお客さんが集まってきました。

予報通り30度近い真夏日で、さくらんぼ畑のあるビニールハウスはアツアツ!
C4FD1CEE-C38E-4368-BE71-F7DB53155005
木に生った様々な品種のさくらんぼが食べ放題で自由に摘みながら、木の下に作られて特設ステージでライブが展開していきました。

まずは主催として駆け回るほりけん君の爽やかな歌唱からスタート。

序盤にはキャンセルで空いた枠を利用して、みんなで歌おうというコンセプトでお客さんにも歌詞カードが配られて、有志で参加した演者達で名曲をセッション。

まずは僕らが主導してお馴染みのでいどりーむびりーばー、そして地元の広志さんが奏でる酒と泪と男と女、女性陣が歌うチェリーと続いて、ぐっとお客さんとの距離も縮まって良い感じでしたね。

もりきこは昼下がりの後半戦に登場。
出番前からCITTA Tシャツがバカ売れして、XLしかない在庫も持ってきた枚数がソールドアウト!

IMG_8728
既に着用してくれたキコラーさんも含め、沢山の方が着替えてくれて完全にホーム状態でした。

自己紹介もMCも滑ることなく、気持ちよくハモらせてもらって、最後の2ケツの盛り上がりは凄かったですね。

SET LIST@鈴木果樹園
1、るろー
2、WALK IN THE RHYTHM
3、ステンバミ
4、2ケツでゴーゴーイェイ!

4曲20分のステージを歌いきって色んな意味で熱かったのでだいぶグッタリしながら、、さくらんぼや屋台のフードも食べながら、後半戦も楽しみました。

2BE6FDD2-7CF2-40B8-9890-9253D5546346
最後はほりけん君が締めて、みんなで写真撮影してフィナーレ!!

さくらんぼ畑という非日常な空間で、素敵な音楽と共にピースフルな時間を共有することができて最幸せな時間でした。
各地から集まってくれた皆さんとの再会も嬉しかったですね。

そんな素晴らしい空間を用意して迎えてくれたHumming HEARTの皆さん、鈴木果樹園の皆さんに感謝です。

はるばる足を運んでくれた皆さん、そして配信を通して見守ってくれた皆さん、すぺさんでした!!


IMG_8694
体力的にハードな遠征が続く6月、ブログも含め諸々後手に回らぬよう意識を高めております。
以前よりDANNYとの連携プレーも取れるようになったことで、少しずつ改善してますね。

ある意味『もりきこ』という会社をワンオペならぬツーオペで転がしている訳で、1人で抱え込みすぎずに程よく配分していけたらいいですね。

そんな訳であつーいうちに最速ライブレポいきます!
昨夜はlive labo YOYOGIにて、若手スタッフ・山内てっぺい君の企画にお呼ばれました。
5978011F-FFC2-4887-B59B-5B0074ABC6D1
何ともりきこと同い年(25歳)!
普段共演する機会のない年上の演者に同世代の若手をぶつけてケミストリーを起こしたいという事で、20代前半3組と40代2組というユニークな組合せでした。

トッパーは久しぶりの共演となった竹田侑海くん。
ボリビーラやナデナデ等の必殺チューンもあり、新たな側面も見れて嬉しかったですね。

胡座スタイルで切々と歌う新妻さんの弾き語りが続き、侑海君の言葉を借りれば『アドバンスジェネレーション』の鋭い感性と時代性を感じながら、若き2人の演奏を楽しみました。

続いて一気にシニア枠のナチュキラ兄貴が登場。
ブレることのない当然ながら別格のパフォーマンスでフロアは最高潮、まさにロックンロールジェネレーションでしたね。

我々は兄貴のバトンを受けて4番手で登場、序盤からブレながらアッパーに盛り上げていきました。
IMG_8695
久々にラナウェイも熱唱できて、温かい空気に乗じて気持ちよくやらせてもらいました。

SET LIST@live labo YOYOGI
1、僕らのリバティ
2、ぶれてるぜ
3、真夜中のラナウェイ
4、クラウディーズ
5、拝啓俺達よ
6、WALK IN THE RHYTHM


最後は主催のてっぺい君が登場。
ライブを拝見するのは初でしたが、イメージとは異なるオシャレな楽曲とオケも多用した音楽的なアプローチが面白くて、しっかりアドバンスしてましたね。

そんな感じで異なるジェネレーションでコミュニケーションしてエクスプロージョンな夜でした。。
リアルタイム更新できているからか、文章にもゆとりが出てきました。笑

ご来場&配信視聴すぺさんでした!!!

IMG_8656
大阪2日目、京橋AZYTATEで遅くまで語らって独房で浅い睡眠を貪って朝の8時に出発!
30分圏内にある豊中市服部天神にあるらんどりーかふぇLaciにチェックイン。

元々昼イベント出演予定でしたが、その前に店主まいど!yaichi氏がパーソナリティをしているネットラジオのゲスト収録もして頂けることになった為、早めにインしました。
AA8D6D0B-C89B-44FE-AC2F-D41810709D98
手作りの朝食までご用意頂きしっかり食べてから、1時間分の番組をそのまま収録して、バタバタとリハをして開演を迎えました。

オープニングはyaichi君。
店主でワンオペで店をやりつつ、絵描きで不動産や介護、マッサージ等、マルチなスキルを持っていて、弾き語りを始めたのも昨年という異色の経歴。
そんな自信の経験に基づいた等身大のリリックが印象的で、しっかり届きました。

続いて2度目ましての共演となった地元のフクイヒロキ氏。

保育士ながら音楽活動をされていて、優しい人柄が覗ける素敵な楽曲と心地よい演奏が、カフェの空間とマッチしてとても良かったですね。

そしてトリを務めさせて頂いた我々、目の前に初めて観て頂く親子連れが2組いらして、和やかな雰囲気で迎えてもらえたので、場に相応しいソフトな選曲とアプローチで盛り上げていきました。

IMG_8658
持ち時間たっぷりだったので、レア曲にカバーも織り交ぜてリラックスして歌えました。

SET LIST@らんどりーかふぇlacic
1、枝豆をゆでよう
2、メロディ
3、でいどりーむびりーばー
4、クラウディーズ
5、タリルレロ
6、午前4時のブルース
7、アンサーソング
8、るろー
9、HELP!!
10、2ケツでゴーゴーイェイ!
en、WALK IN THE RHYTHM


終演後にはCDまでお買い求めいただき、とても嬉しかったです!
そして賄いでスパイスカレーもご馳走になって、お弁当まで持たせてくれて感激でした。

IMG_8639
名残惜しく大阪を後にして、ノンストップで7時間駆け抜けて日付変わる前に帰着!
体力的にだいぶ過酷でしたが、とても有意義な遠征になりましたね。

ご来場&配信視聴すぺさんでした!!

今年は長年通いながらもなかなか芽が出て来なかった大阪に花を咲かせるべく、マメに足を運んでまいります!!

来月も大阪2DAYS決まっておりますので、チェックしてもらえたら嬉しいです。

◇7月6日(土)大阪・京橋AZYTATE
『美しき世界へ』

開場 18:00 開演 18:30
チャージ¥2,500(drink別)
【共演】ハマノヒロチカ、森浪漫、快賊guild+、れーみ

▼来場予約は(一括)↓↓
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02ky6ff4zas31.html#detail


◇7月7日(日)大阪・心斎橋Live bar N
【七夕らNight】

開場19:00 開演19:30
チケット \3,000 (drink別)
【共演】市川セカイ、ハマノヒロチカ、のんぺ

ご予約お待ちしております!!

IMG_8628
最近は作業効率を考えて、出先で綴るように心がけていて、今日はスタバでエスプレッソアフォガードフラペチーノを飲みながらやってます。
ここで皆さんに頂いたスタバカードが大活躍してます!続きいきますー!
AD38699C-E718-4232-AA24-0A8D3D8C94D7
西荻からそのまま夜走りして、体力の続く限り爆走して3時半頃に着いた浜松で、お得意様の快活でSTAY。

しっかり8時間コースで休養をとってから、選択の余地もなく必殺の山岡家で満たされて、ひたすら高速で4時間近くかけて大阪に上陸、AZYTATEに予定通りチェックインしました。

この日は大好評につき早くも3回目を数えた男性デュオ3組による『二人組スリーマン劇場』

前回の打ち上げで盛り上がって、新たな試み盛りだくさんでお届けしました。

まずはメンバーをシャッフルしてオープニングアクトを務める企画で、DANNYと三日月さんのデュオが登場。

イエモンの名曲『バラ色の日々』をコラボ、偶然にもイエモンTシャツを着ていた自分はウズウズしましたが、DANNYロビンソンの熱唱と三日月エマさんのギターが炸裂して良い感じでした。

その仕込みもあったので、いつもやっていた駅前ゲリラストリートは断念したのでした。

13F9814D-2937-42B0-8A38-C33D9D2CC60F
本編トップは、三日月とジョン。
毎回MCでは絶妙な2人の掛け合いが楽しくて、楽曲もユニークかつ歌謡曲とロックが融合してグッドテイスト。

後半で新企画として互いのオリジナルをガチカバーするコーナーに突入、快賊guild+の『夜の始め方』を全く違うアプローチでカバーして喝采を浴びてました。

続く快賊guild+は、冒頭から我々のWALK IN THE RHYTHMをカバー。
これまた全然違うアプローチで良い感じに自分のモノにしていて素晴らしかったですね。

そこから熱いパッション漲る2人のパフォーマンスが続いて、見事にフロアに花が咲いてました。

そんな激アツな2組の熱演を受けてのトリ、ギターを2人とも持ち帰るダブル二刀流スタイルで応戦しました。

序盤に本家のウォーキンなどで空気を作ってから、3曲目に三日月ジョンの代表曲『みじめな僕でも恋は素晴らしい』を披露。

自分達は原曲に割と忠実なアプローチでカバー、2人が歌い分けてギターを弾くだけでも自分達流になるもので、何とか形になりました。

アンコールでは特にセッションはせず、僕らが責任を持って締める予定でしたが、ぶれてるぜの中盤からみんなが乱入して、ギターソロバトルがあったり、混沌とした盛り上がりで大団円。

IMG_8636
SET LIST@AZYTATE
1、MAGICAL HARMONY HOUR
2、WALK IN THE RHYTHM
3、みじめな僕でも恋は素晴らしい(三日月ジョン)
4、お願いロックスター
5、もったいないLIFE
6、首都高1号羽田線
7、土曜日の夜はサタデナイ
8、2ケツでゴーゴーイェイ!
en、ぶれてるぜ



カバーコーナーも含めそれぞれの持ち味がより際立って、楽曲を知ることでリスペクトも増して、さらに絆が深まった第3夜でした。

打ち上げの席で第4夜も決まりましたので、楽しみにしとってくださいね。

ご来場&配信視聴すぺさんでした!!

IMG_8608
6月2週目も遠征を含めた濃密3DAYSで、気を抜くとまた置いてかれるのでガンガンいきます。

初日は正月ぶりに西荻窪ARTRIONへ。
MURAHIRO CAHON FESTIVALということでカホン奏者・村岡広司さんが1週間ぶちぬきで開催する主催イベントの5日目にお呼ばれしました。
B9FA6D28-9201-4E35-A21F-C61CA691481F
到着してまずは順番決めのくじ引きでワイワイして、2番目を引き当てました。

そして早速リハーサルでは今までコラボした曲を復習してバッチリ。
年末イベントも含めて回数を重ねてきたこともあって、手応えを感じておりました。

思いがけず支給された久々のダ弁当を美味しく食して、エネルギー満タンで本番へ。

ソールドアウトで超満員のフロアに迎えてもらって、1番手は杉本ラララ。

ワンマンも含めて何度も共演している2人の呼吸もピッタリ、躍動するビートが神声をさらに引き立ててましたね。
そしてMCの毒舌も健在でイジリ倒してくれました。

IMG_8609
続いてもりきこオンステージ、まずは2人のハーモニーを味わってもらうべく心動からるろーと2曲いつのスタイルでお届け。

自己紹介を挟んでラララに応戦してから、村岡さんをお招きしてウォーキンから始めました。

季節外れでしたが因縁の鈴虫を熱く届けてからの首都高。

久しぶりにJUNNYバージョンで歌いきることができて、個人的にも嬉しかったですね。

ブキボク→ニワトリとアッパーにブチあげて締めくくりました。

SET LIST@ARTRION
1、心動
2、るろー
3、WALK IN THE RHYTHM
4、鈴虫リンリン
5、首都高1号羽田線
6、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり
7、ニワトリマン


オオトリは土佐拓也。
ベルベットな歌声と繊細なガットギターに、心地よくビートが絡み合って極上のポップスを届けてくれました。MCも絶妙で良い感じにスリーマンを締め括ってくれました。

IMG_8606
三者三様の歌の世界に、ビートが加わることでよりドラマチックに響きあった素敵な夜でした。

アートリオンの料理は毎度絶品、スパイスと具材がグルーヴしてましたね。

来月にはカホン村岡さん主催のHAKO FESに、もりきことして待望の初ゲスト出演も決まっていて、今年は色々とご一緒する機会が増えそうです。


ご来場&配信視聴すぺさんでした!!

65587DC5-0632-466A-846A-231188A8B6AB
濃密で幸せすぎた新潟2デイズを終えて、最終日は群馬県前橋へ。
昼過ぎに十日町を発っても時間がたっぷりあったので、下道で峠を越えていくコースでのんびり向かいました。

7882A93F-3E6D-4EC0-9F9E-BE8BE1877330
群馬に入った頃からゲリラ豪雨に見舞われましたが、何とか抜けて予定より早く現着。

リハーサルを終えた頃には、空に大きな虹が架かっていて、みんなでテンションあがってました。

新潟ロスのモヤモヤも吹き飛ぶ、リアル虹のプレゼントでしたね。

この日はマスターブッキングのスリーマン、トッパーは地元若手女子の成長株の朙ちゃん。

前回に続いて2度目ましてでしたが、ハイセンスな楽曲と浮遊感のある歌声にうっとり、ツアーミュージシャンから刺激をもらって着実に育ってますね。

D14CE331-3526-4A3F-BAF5-A2FA89F45E94
そして札幌に続いて群馬で共演となった横浜のデュオ仲間のあおしぐれ。

サウンド的にライブハウス映えする2人もすっかりきしんの空間に馴染んで、揺るぎない世界観で包み込んでくれました。

二組の繊細な演奏に感化されつつ、月曜夜にも関わらず足を運んでくれて皆さんの笑顔に応えるべくステージへ。

図らずも1曲目の心動から歌詞がシンクロして勝手にグッときて、カラーボールなどかなり演奏に入り込んでハモリ倒してきました。


反面MCとのギャップが激しすぎて、お客さんを置いてけぼりにする場面もありつつ、アンコールではマスターがNGを出す珍事も盛り上がりました。

IMG_8593
SET LIST@前橋音処きしん
1、心動
2、るろー
3、カラーボール
4、クラウディーズ
5、ともだち
6、拝啓俺達よ
7、WALK IN THE RHYTHM
8、2ケツでゴーゴーイェイ!
en、すぺさん



マスターの音響もステージから見える景色も集まる仲間達も、そして皆さんの笑顔もいつも最高!!
濃密な3デイズを気持ちよく締めることが出来ました。

ご来場&配信視聴すぺさんでした!!

IMG_8385
次回のきしんは、7月19日!!

スペシャルブッキングということで、久しぶりにKAZU OF THE LEGENDと共に強烈なメンバーと盛り上げます!!

◇7月19日(金)群馬・前橋音処きしん
『KISHIN BOOKING LIVE SPECIAL VOL.3』
KAZU OF THE LEGEND COLLABORATION
開場19:00 開演19:30
チケット \3,000 (drink別)
【共演】
KAZU OF THE LEGEND、和製ケビン、キタムラリョウ、前田和亮、大貫永晴

FullSizeRender
遠征2日目、新潟→妙高→十日町へと新潟県内を大移動して、日付変わる頃に宿に着いて、宴を挟んでたっぷりと休養をとらせてもらいました。
17B76FF2-EBB9-4E47-8D6E-FA70391B670E
お昼には担々麺をお腹いっぱい食べた上に昼寝までして、完全回復した状態で夜のイベントが行われる日本料理まえじまにチェックイン。

今回和-SABIのお二人も在籍するフォークサークル・妻有ALWAYSの定例イベント『歌おう会』のゲストとしてお招きいただきました。

宴会場の大広間で豪華な割烹弁当付きのイベントで会食しながら賑やかなムードで第1部がスタート。

地元の皆さんが演奏する名曲のカバーでフロアの温度も良い感じ。

和-SABIのステージでは、カバーとオリジナルでお二人の熟成された演奏を堪能したあと、恒例のタオル回しで異様な盛り上がりでしたね。

ビールもご馳走になりながら楽しんで、我々は第2部にゲストとして登場。
IMG_8569
たっぷり1時間程の枠をいただき、冒頭の関越から良い感じに駆け抜けて、自己紹介がてらにワンコーラスカバーも入れて盛り上がりました。

中盤からはお得意のビートルズやS&G、ムード歌謡からフォークまでたっぷりと持ちネタのカバーを盛り込んでいきました。

青春時代にリアタイだった方が多くて、口ずさみながら聴いて頂き、心が解けて笑顔になる感触が嬉しかったですね。


終盤のオリジナルもさらに盛り上がって、2ケツではタオルが舞い踊りましたね。

IMG_8572
SET LIST@日本料理まえじま
1、関越自動車道
2、はじまりの木狩り達
3、さそり座の女〜青春の影
4、Scarborough Fair
5、YESTERDAY
6、ラブユー東京
7、愛をありがとう
8、帰れない2人
9、WALK IN THE RHYTHM
10、2ケツでゴーゴーイェイ!
en、ぶれてるぜ


2部の後半は、リクエストコーナーで名曲を皆さんが生演奏に合わせて歌って盛り上がっている光景にグッときましたね。

終演後皆さんから嬉しいお言葉を沢山かけてもらったり、CDやグッズもお買い求め頂き、世代も超えて音楽で通じ合える喜びを噛み締めておりました。

2人で歌い続けて、そして十日町に通い続けたご褒美のような時間でした。
また10月に帰ってくる予定です。

ご来場頂いた皆さん、配信をご覧頂いた皆さん、すぺさんでした!!

6月いらっしゃい!
先月末に諸々追いついてスッキリしたところで、今月も予定びっしりタスク山積みでギリギリに攻防が予想されます。出来る限りリアルを追求していきますので、ついてきてくださいね。

501A269E-4036-473D-B94E-5064B791586C
6月は冒頭から遠征3デイズ、初日は新潟県内を跨ぐ昼夜ダブルアクトでした。

朝の4時起きで新潟に向けて出発。

渋滞に巻き込まれることなく、制限速度を超えて関越自動車道を駆け抜けて、予定より早く現着しました。

1年ぶりの新潟市、そして会場の.lagoon20で順調にリハを終えて、タイミングよく開店間際に並んで、三吉屋の淡麗なラーメンを食して、程よく満たされて本番を迎えました。

この日はMusicDropとの共催で『Forest Meeting』というタイトルの下、新潟のアコースティックシーンを牽引する演者が大集合。


07A7FB44-0FA6-4A64-A037-9CE94BE23E5A
いつでも最高なエンターテイナーmondeoでぶちあがって、田村くんの柔和な弾き語りに癒され、進化が止まらないカタソビの世界に魅せられて、初共演のMAI-YANの力強い歌声にグッときました。

新潟勢の素晴らしいパフォーマンスを堪能してから、トリとして登板。

久々の新潟公演ということもあり、県内外からキコラーさんも大集合して地元ライブよりも動員が多いミラクルが起きて完全なホーム状態。

心地よい日差しが降り注ぐ昼下がりに相応しいナンバーで盛り上げてきました。

喉もだいぶ回復して戦力になってきましたが、あえてのDANNYバージョンの首都高からの関越自動車動で駆け抜けて、盛り上げてきました。

IMG_8539
SET LIST@新潟.lagoon 20
1、るろー
2、枝豆をゆでよう
3、WALK IN THE RHYTHM
4、ベランダ
5、首都高1号羽田線
6、関越自動車道
7、ぶれてるぜ
en、2ケツでゴーゴーイェイ!

名物のクラフトビールは我慢して、アイスコーヒーで乾杯して少しだけ談笑して、次の現場へ向かう売れっ子風スケジュールww

新潟市から上越妙高までは、高速で2時間というなかなかの距離。。北陸自動車道の日本海沿いを爆走して内陸の山奥へ、ほぼ予定通りにチェックイン。
30564A23-36F7-44DE-A45B-3E048BF2433B
夜の舞台は、アパホテル&リゾート上越妙高の敷地内にあるヒルサイドデッキ-TAKIBI-

広大な大自然に囲まれた絶好なロケーションで空気もひんやり、音響はかなり良い感じでサクッと準備オーライ。。

20分×2ステージの枠で、心の準備も出来ないままバタバタと本番へ。

時間になるとちょうど日も暮れて、焚き火に火が灯り続々と人が集まってきました。
かなり遠方にも関わらず、沢山のキコラーさんも集結してくれて心強かったですね

ムードに合わせてしっとりメロウなナンバーをやりたくなるもので、カバー多めにハーモニー推しでアプローチしてきました。
IMG_8548
最後には誕生日をお祝いするコーナーも急遽用意して、宿泊客の方をお祝いしました。

SET LIST@1st STAGE
1、メロディ
2、YESTERDAY
3、Scarborough Fair
4、愛をありがとう
5、アンサーソング

少し休憩を挟んで後半戦、さらに夜も深まり、焚き火の周りにも人が集まった状態でライブがスタート。

とにかく森に溶け込むような音響が気持ちよくて心動からスタートし、残念ながら星空は見えませんでしたが、見上げてごらんをカバー。

後方からも温かい手拍子や拍手をいただき、360度LIVE的な気分で気持ちよくハモリ倒してきました。
IMG_8587
SET LIST@2nd STAGE
1、心動
2、見上げてごらん夜の星を
3、でいどりーむびりーばー
4、WALK IN THE RHYTHM
5、すぺさん
en、GOOD LUCK SEE YOU AGAIN


今シーズン1回目の開催だったそうですが、関係者の皆さんからも大好評で嬉しかったですね。

そのまま泊まれたら最高でしたが、、温泉に入らせてもらってスッキリしてから、十日町を目指してさらに2時間近く車を走らせたのでした。。

早朝から移動もしまくって3ステージやって、かなり濃密な1日でした。

ご来場&配信視聴すぺさんでした!!!

このページのトップヘ