JUNNYの意気地ナシ奮闘記

横浜発ヴィンテージロックデュオ・もりきこの低音Vo&エレキギターJUNNYが、転がり続けるミュージックライフと意気地なしの自分との闘いを熱く綴る青春の軌跡。

IMG_2327
山形2日目、遅くまで飲み明かして珍しくビジネスホテルのシングルで爆睡。
フツーにノンアラームで7時頃に目が覚めそれ以上眠れない爺体質なので、チェックアウトまでのんびりシングルライフを満喫しておりました。
IMG_2355
外は完全に雪化粧されて昨日到着した時とは別の様相でしたが、にわか雪のような感じで日差しも時折覗かせながら雪もハラハラ舞ってええ感じでした☆

早めに舞台となる南陽市赤湯を目指して、1時間程ドライヴ。

全く前情報は無かったのですが、赤湯はラーメンと温泉が有名ということを知って、もりきこ的にはヒャッフ〜♪ということで、午前中からラーメン。。

前日地元の方々からも激推し頂いた有名店「龍上海」にて、開店時間から並んで看板メニューのからみそラーメンを食しましたが、美味しくてカロリーとかどうでも良くなりました。

続いてググって寛げそうな温泉施設へ。
露天風呂meetsにわか雪のコラボが幻想的で、このまま世界が終わってもいいかもと一瞬よぎる程サイコーでしたね。

IMG_2356
さらに仮眠もとってフル充電で会場のSUNNYへチェックイン。

気さくなマスターや仮装をしたハウスバンドの皆さんに迎えて頂き、開場時間になると続々と地元の方が集まって満席状態でパーリーが始まりました。

クリスマスイベントということでハウスバンドの演奏で常連さんが歌ったり、クイズなどのアトラクションも充実して、大いに盛り上がって中盤に差し掛かったところでゲストタイム。

まずは地元のほりけん君が登場、カバーを織り交ぜながら爽やかに実直にがっちりとオーディエンスのハートを掴みつつ、しっかりとお膳立てまでしてくれました。

Dt-TvvmVsAAgpbd
我々はほぼハジメマシテでドキドキでしたが、営業ギア全開で攻め込んでいきました。

自己紹介のブルーライトではお姉さまがステージに乱入してきて、おひねりのお札を胸に挟んでくださる場面もあり、徐々に浸透していきました。

ビートルズではフロアの一部がダンスホールになり、調子にのって3曲コンボできめて盛り上げ、さらにS&Gも愛ありも好感触でした。

オリジナルは少なめでしたが、アンコールまで頂き、存分にもりきこを売り出すことが出来ました。

Dt-TvvYVAAAWNXI
SET LIST@SUNNY
1、メロディ
2、君のもりきこに恋してる
3、ブルーライトヨコハマ〜ラブユー東京
4、HELP!!
5、ALL MY LOVING
6、I SAW HER STANGING THERE
7、Scarborogh Fair
8、愛をありがとう
9、首都高1号羽田線
10、すぺさん
En、AIR

47571248_340277726786164_6618059039903318016_n
パーリーは佳境に差しかかり、オールディーズのダンスコーナーや生カラオケなど盛り上がりました。そんな勢いに乗じてCDも沢山お届けすることが出来て嬉しかったです。
IMG_2357
終演後は、ほりけん君がお世話になっている地元の方に中華料理屋に連れていって頂き、再びのラーメン。
さらに唐揚げやレバニラ等も登場して、とても美味しくお腹もギガマックスに満たされて帰路につきました。

夜まで積もった雪の影響でだいぶ走行が厳しくなってきて、困ったところでほりけん君が自分たちが予め積んできたチェーンを装着してくれて、さらには安全なところまで伴走してくれて、雪道をクリアすることが出来ました!!


何から何まで世話してくれた神様仏様ほりけん様に感謝してもし尽くせません!
おかげさまで2日間幸せいっぱいの山形遠征となりました。また来年帰ってこれるように日々精進してまいります!!
出逢ってくださった皆さん、会いに来てくださった皆さん、ありがとうございました!!

48355484_1245690435570048_1592175437830684672_n
前週の関西が遠い記憶の彼方ですが、この週末は山形へ1年1ヶ月ぶり3度目の遠征でした。
何気に山形は、自分の親父方の田舎があって子供の頃行ったことがありまして、JのDNAに組み込まれております。
IMG_2335
ちょうど週末から全国的に寒波に見舞われて、日本海側は雪がヤバいとの情報もありましたが、楽観的にノーマルタイヤのリバちゃんで出陣。

渋滞にも巻き込まれることなくスムーズに東北自動車道を北上していきましたが、宮城県あたりから徐々に雲行きが怪しくなり、温度も0度近くまで低下。
山形に入ると雪がチラチラ舞ってきましたが、まだ積雪はなく予定通りにチェックインしました。

会場のミュージック昭和セッションは、昨年初めて山形を訪れた際に出演させてもらった思い出の舞台。

メジャー系のアーティストもツアーでまわる立派なライヴハウスで楽しみにしておりました。

早々にリハーサルを気持ちよくおえて、腹ごしらえということで暗黙のコンセンサスでラメーン店を検索、食べログ評価高めなヴィンテージなお店に突撃したところ、あっさり美味しくて大正解でした。

今回山形県米沢市出身のうたうたい、ほりけんこと堀謙太郎くんに仲介していただき、店主催のワンコインイベントに参戦。
IMG_2336
地元の高校生バンドからスタート、瑞々しくて眩しくて昔の自分達と重ねてみたりして、楽しませてもらいました。
ヤバT(ヤバイTシャツ屋)や夜ダン(夜の本気ダンス)のカバーとの事でしたが、時代の流れを感じずにはいられませんでした。おっちゃんは、イエモンやルナシー、グレイやったで〜!

2番手の医大生のバンドさんのフレッシュなステージに続いて、東京から全国行脚中のアイドル星乃ちろるさんが登場、全力のパフォーマンスにくわえてオーディエンスが客席を巻き込み、会場の空気を一変させたのはすごかったですね。

そして地元の弾き語り勢が登場、酒田出身のゆう希くんは幅広い邦楽カバーを中心にしっとりと自分の世界観をアピール、そして、ほりけん君は優しい人間性が滲み出たハートウォーミングな楽曲で良い感じに和ませてくれました。

47575665_1927127647334709_4514213487991324672_n
そしていよいよもりきこオンステージ。
山形で待ってくれていた方に加えて初めて観て頂く方も多かったので、自己紹介も交えつつギュッと魅力を詰め込んだ選曲で攻め込みました。

2曲目でダニーの弦がきれるハプニングが発生、自分がバンザイで繋いでいるうちに速攻でほりけん君のギターが登場、この日はジョンの命日ということでノルウェイの森を一節歌って復帰。

ギターがそれがまた良い音で後半戦イイ感じに盛り上げることが出来ました。
最後は大きいステージに相応しいグッドラック〜を選曲し、伸びやかにハーモニーを轟かせてきました。
47578835_2258630254187525_4348076692623851520_n
SET LIST@ミュージック昭和セッション
1、MAGICAL HARMONY HOUR
2、メロディ
3、バンザイ〜Norwagian Wood
4、首都高1号羽田線
5、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり
6、Good Luck See You Again



嬉しい再会もあり、二重想も生産者自らお届けすることが出来ました☆
ありがとうございました!!

終演後外を見ると一面雪化粧、リバちゃんもすっかり白くなっていました。

IMG_2278
この日は珍しくビジネスホテルを確保して、山形市に骨を埋めることが出来るので、ほりけん君御用達の素敵な居酒屋さんに連れていってもらって、ゆう希君も交えて4人でがっつり打ち上げ。

山形の郷土創作料理のコースと日本酒呑み放題ということで、魚に肉に鍋にひたすら美味しい料理に感動しながら、山形の地酒を色んな銘柄をチビチビやって、とどのつまり幸せの極みってヤツでした。

これまでゆっくり滞在することが出来なかったので、初めて山形を味わうことができてHAPPYでした〜!

師走に相応しくライヴも週末を中心にギッシリ詰まっていて、ストレートなロン毛は伸び続ける一方、何とかランニングも軌道にのって、寒空の下駆け抜けてます。
Dt25MFSUwAAqcqa
12/21の東京すぺさんリクエストワンマンは、続々と容赦ないリクエストが届いてビビってます。笑

12/7は久しぶりの渋谷HOMEにて、夢見る港の7周年忘年会ライブにお招き頂きました。

全バンド初共演でいつもとは全く異なる界隈といいますか、出会う機会のなかったバンドさんとの共演で楽しみにしておりました。


我々はイベントのトッパーとして出演、初めて観て頂く方も多く自然とチカラが入るもんで、
途中DANNYもタイトルコールした曲と弾き始めた曲が異なるというミラクルを巻き起こす場面もありながら、新譜の推し曲からレギュラー曲まで盛り込んだ幕の内な選曲でガッツリ盛り上げてきました。

IMG_2334
SET LIST@HOME
1、MAGICAL HARMONY HOUR
2、君のもりきこに恋してる
3、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり
4、街
5、公園にて
6、首都高1号羽田線
7、すぺさん



早々に出番を終えて、後はイベントを楽しむのみ。バーカウンターにはメンバーさんが用意したこだわりのおつまみも用意されていて、お酒もすすみますね。

IMG_2333
骨太なギターロックを奏でるガールズバンド・ミチノヒに腰を揺さぶられ、
シンムラテツヤ&ジョンとヨーコのパブロックは、ビートリーかつお洒落で洗練されたサウンドでかなりツボでしたね。

そして主役の夢見る港は、良質な歌をトロンボーンやバンジョーなど大所帯のバンド編成で彩った味わい深いグッドミュージックを奏でていて、ノンアルながら酔わせていただきました。

それぞれスタンスやフィールドは違えど、自由に音楽してる感じがとても良くて刺激になりましたし、前のめりがちな自分達を見つめなおす良い機会にもなりましたね。


素敵な縁に感謝、そして貴重な週末の夜を一緒に過ごしてくれてすぺさんです!

次回都内でのライヴはこちらの2本立て。

千葉で出会った熱い歌うたい、古木衆くんのイベントに参戦。共演者も知り合いで大好きな顔ぶれ!

◇12月20日(木) 東京・新宿SACT!
古木衆企画「東京に生きる vol.6」
開場 18:30 開演 19:00
前売り /当日¥2,000 (drink別)
【共演】古木衆、ささきちか、荒井光

そして、噂のリクエストワンマン。確実に異色のセットリストが予想されます。
まだ受け付けてますので、迷ってる方は無茶ブリ大歓迎です。
DtkSRRPV4AAsE5A
☆12月21日(金)東京・豪徳寺leaf room
もりきこ結成20周年ツアー『翡翠色の革命時代 東京編〜すぺさんリクエストワンマン』
開場 18:30 開演 19:00
前売り 2,500円 (+2drink)
※前売り予約頂いた方に限り、オリジナル・カバー問わずに1曲リクエスト出来ます。


今年の汚れは今年のうちに!もりきこのライヴで発散しましょ〜!!

IMG_2177
遠征最終日、今回も市村家にお世話になりたっぷりと睡眠をとって、美味しい自家製カレーをご馳走になってから出陣し、長野県の駒ヶ根を目指しました。
IMG_2196
大阪から名古屋を経由して、なかなかの距離で5時間近くのロングドライブでしたが、天候にも恵まれて紅葉の山々に癒されながら、ほぼ予定通りにチェックイン。

実家のように温かく迎えて頂き、リハーサルも問題なく終えるコトが出来ました。

開演前の空き時間にいつも応援してくださるシラトリ時計店さんにお邪魔して、中国茶をご馳走になりまして上品な香りと味わいに癒しのひと時を過ごしてきました。



スイッチが良い感じに駒ヶ根モードに切り替わったところ、イベントがスタート。
IMG_2197
忘年会イベントということで県内外から縁のある強力な演者が集結。

いつもは気鋭な若手との共演が多いニルバですが、この日はアダルティな先輩方が中心でかなり濃ゆいメンツが勢揃い。

トッパ―の朱音さんから強烈な世界観に圧倒され、
中でも大先輩のHURDY GURDYさんは、アコギとコントラバスのデュオで、タイムスリップしてきたような風貌とユニークなアンサンブルがステキで、ビートルズや洋楽ロックの日本語カバーが秀逸で聞き惚れてしまいました。

そして地元のオトナロックバンド「STRAWBERRY JAM」は、華のある4人の佇まいとコダワリのサウンドがひたすらカッコよくて、フロアを熱くしておりました。

そんな素敵な先輩方の後にトリとして登板させて頂きました。
今回は遠征組が不在ながらも、ご当地なキコラーさんが沢山来て下さり、共演者のみなさんも含めて完全にホームな状態で迎えて頂きました。

IMG_2198
二重想を引っ提げて初のニルバということで、新譜を軸とした王道セトリでガツンとかましてきました。

誠店長からリクエスト頂いた首都高を熱唱し、来年もワンマンやる的な宣言もしながら、すぺさんで締めくくりました。

アンコールでは、ダニーがアポなしでビートルズのレットイットビーを歌い始めて、途中からこの日の出来事を歌詞にした替え歌を披露し、がっちりと盛り上げました。

そして最後はAIRで弦を叩ききる勢いで盛り上げてきました。


SET LIST@NIRVASH
1、MAGICAL HARMONY HOUR
2、君のもりきこに恋してる
3、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君は陽だまり
4、公園にて
5、帰り道ひとりきり
6、首都高1号羽田線
7、すぺさん
En1、Let it Be(替え歌)
En2、AIR

CDも沢山お買い求め頂きまして、さらに3.31のチケットまで買ってもらえて感無量でした。
打ち上げでは、皆さんと交流して楽しいひと時を過ごして、深夜の高速ヘロヘロになりながら朝方に帰還しました。

3日間の弾丸遠征でしたが、毎日のように奇跡が起きて様々な縁が繋がり、二重想も沢山お届けすることが出来ました。
出会ってくださった皆さん、ありがとうございました!!

IMG_2137
日付変わって師走に突入、通信制限がめでたく解除されたところで、もりキャスを久しぶりに配信しながら睡魔をぶっ飛ばし、深夜高速をかっ飛ばして西へひた走りました。
IMG_2191
眠らない京都祇園の繁華街にあるサウナに深夜にチェックインしました。

しかし週末ということもあり、寝床がなかなか確保できず、ようやくたどり着いた簡易ベッドは隣りから怪獣のような鼾が轟いて、なかなか眠れずハードでしたね。。

2日目は大阪での昼夜ハシゴライヴということで、午前中に吹田市の万博公園にある巨大なららぽーとエキスポシティへ出陣。

この日お世話になる市村順平の繋がりで島村楽器のインストアイベントに出演させて頂きました。

『ちょこっと気の早い Christmas Live』ということでX'masソングも織り交ぜながら、順平と2ステージずつ、不特定多数のオーディエンスにむけてライブを展開していきました。
sT7KRyQF
音量制限やロケーション等少々苦戦を強いられる現場ではありましたが、時間が経つにつれて客足も増えてきて良い感じで少なからず大阪の人達にアピールすることは出来たハズです。

SET LIST@1st STAGE
1、メロディ
2、MAGICAL HARMONY HOUR
3、ブルーライト・ヨコハマ〜Yesterday
4、HELP!!
5、Silent Night〜きよしこの夜
6、首都高1号羽田線
7、すぺさん


76NaIIaX
SET LIST@2nd STAGE
1、Silent Night〜きよしこの夜
2、MAGICAL HARMONY HOUR
3、鶴見川
4、バンザイ〜Blackbird
5、All My Loving
6、冬の散歩道
7、公園にて
8、すぺさん
9、首都高1号羽田線




2ステージがっつり歌って、身体はヘロヘロ、お腹はペコペコでしたが、息つく間もなく大阪市に向けて南下、ミナミエリアの繁華街にほど近い四ツ橋5th Streetへ。

IMG_2192
1年前にも同じハコでツーマンやらせてもらいましたが、とにかく音がイイ☆

全国数々の舞台を踏んできましたが、ここの音響は当社比ベスト3にはいるレベル!

アコースティックの音へのこだわりが凄くて、リハからとても気持ちの良いサウンドで疲れも吹っ飛びましたね。

先攻は市村順平。
ルーパーを自在に操りヒューマンビートと絡み合うグルーヴィーなギターにのって、幅広いバックボーンが覗えるグッドミュージックを届けてくれました。


そして後攻のもりきこオンステージ、
フーセンさんから始まるイレギュラーな選曲で中盤からはたっぷり二重想の世界を極上のサウンドにのせてがっつりとハモリ倒してきました。
5thだけに5th Floor仕込んでくればよかったですね。誤解誤解誤解〜♪

q3liUUjx
SET LIST@5th Street
1、フーセンさん
2、MAGICAL HARMONY HOUR
3、君のもりきこに恋してる
4、公園にて
5、街
6、負け犬アンセム
7、向こう岸のあなたへ
8、すぺさん
9、AIR
10、Good Luck See You Again



IMG_2134
この日もミラクルな出来事がありまして、昼のインストアイベント後に島村楽器主催で開催されたコンテストに出場していた小6女子のミーパワフルちゃんが、ご両親と一緒に駆けつけてくれたのでした!

折角なのでアンコールのタイミングで、彼女に無茶ブリして歌ってもらうことに。
いきなりのガチステージ、怯むことなく堂々と熱い弾き語りをみせてくれました☆
日本の音楽シーンの未来は明るいで!


そんな想定外の出来事も挟みつつ、最後はお楽しみのコラボステージ。
ZaMuiogq
お得意のビートルズを3曲ほどハモリ倒してから、初めてお互いの楽曲をセッション。
首都高はより深みを増して、最後はラブ&ピースな順平ワールド全開でHAPPYに締めくくりました。

SET LIST@セッション
1、A Hard Day's Night
2、Two of Us
3、All My Loving
4、首都高1号羽田線
5、バナナ


昼夜にわたって1年ぶりの大阪でたっぷりと歌って最高に贅沢な時間を過ごすことが出来ました。
ステキな1日を組んでくれた市村順平、5th Streetのスタッフの皆さん、そしてはるばる遠征して頂いた皆さん、ありがとうございました!!

IMG_2109
11月最終日から師走をまたいで二重想を西に直送すべく1年ぶりの名阪と駒ヶ根をめぐる3日間のショートツアーを敢行しました。
IMG_2190
初日は名古屋へ、絶好のドライブ日和で久しぶりの東名ハイウェイを快走、渋滞に巻き込まれることなく、ほぼノンストップで駆け抜けていきました。
高速道路によって見える景色や雰囲気が違うものですが、東名の歌を創るにはまだ実績が足らないですねww

予定より早く上前津にあるMUSIC BAR BOBにチェックイン。
だいぶ内装がおシャレにリニューアルされて良い感じ、店長渡部さんもボケ倒して舌好調、リハーサルも絶好調に終えました。

空き時間に下北と吉祥寺が合体したような巨大な大須の商店街へ。

将軍おススメのラーメンチェーン店スガキヤのラーメンを食し、衣装の仕入れをすべく散策するも攻めあぐねて撤退しました。
S6Rdpt9b
日が暮れていよいよ開演、この日はスリーマンで店長自らトッパーとして登場。
圧倒的な歌唱力とギターテクニック、軽快な<Cは健在で、素敵な新曲も増えて、見事なパフォーマンスで会場を温めてくださいました。

続いてもりきこオンステージ。
全体的に男性比多めでお初なオーディエンスも多かったので、マジカル、メロディの最強コンボから自己紹介がてらのきみもりを投入して掴みにかかりました。


40分の持ち時間で現時点ベストな選曲で、MCもわりと気の利いた感じにやれて、初めてご覧いただいた方にもとても好評でCDを届けられて嬉しかったですね。首都高の破壊力は健在で、愛永遠をお買い求めて頂く方もチラホラいらっしゃいました。

IDr15bXz
SET LIST@Music Bar BOB
1、MAGICAL HARMONY HOUR
2、メロディ
3、君のもりきこに恋してる
4、公園にて
5、帰り道ひとりきり
6、首都高1号羽田線
7、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり
8、すぺさん


トリは名古屋出身の男女デュオ・仙人掌人形(サボテンドール)。
お名前は存じ上げていて共演を楽しみにしてましたが、思わぬ繋がりがありました。

IMG_2105
Voのかなこちゃんが10年程前に知り合いに連れられて行ったライヴハウスで出てたのが、偶然にもツアー中のもりきこだったそうで!
いつか共演したいと思って夢が実現したと本番前に告げてくれて、こういう時こそ長年活動を続けて良かったと思えますね。

ギターの幸朋くんとはタメで意気投合、伴奏がギター1本にも関わらず存在感があって、
力強く突き抜ける歌声に客席を巻き込む前向きなパフォーマンスもイイ感じで存分に楽しませてもらいました。必ずやまたご一緒したいですね。



そんなミラクルもありつつ、平日にも関わらず遠方から駆けつけてくれた方、名古屋で待ってくださった方との嬉しい再会もあり、まさに平日の殻を被った最高の日になりました。
ありがとうございました!!

会場で軽く打ち上げて親睦を深めまして、そのまま関西方面を目指して夜のハイウェイに繰り出すのでした。つづく。

IMG_2071
師走に突入して例に漏れず時の流れに翻弄されてますが、先週末の関西遠征のメモリーズを綴る前に1本やり残しておりました。
IMG_2179
1週間遡って、27日は急遽決まったソロライヴで、板橋に初上陸。

噂はカネガネながらニアミスが続き、今年ようやく出会えたナイスガイ・チョモLaラテ君の企画『チョモLaパラダイス』にお呼ばれしました。

久々のソロで十分な仕込みも出来ないまま、街もハコもハジメマシテでドキドキしつつ、ファイト!にチェックイン。

ライヴだけではまく舞台等もやっているウッディでお洒落な空間で、音響も照明もしっかりしてて早速気に入りました。


本番前に思わずヴィンテージなコロッケ屋を見つけて突撃して、そわそわしながら本番を迎えました。

IMG_2181
オープニングのチョモ君から全開でぶち上げて、続くTetsuriくんが初めてのピアノ弾き語りを交えたホッコリするナイスアクトが続き、自分の出番。

ドンクライからクールに入って、お馴染みのシュラバ〜ではフリースタイルで煽り倒しました。

初めてご覧頂く方も多く、必要以上にチカラが入り若干空回りした感もありましたが、温かく迎えて頂き、徐々に空間に馴染んでいきました。


中盤は自分らしいミディアムな楽曲陣を歌い上げて、最後はAIRで盛り上げにかかりました。
コール&レスポンスも強要して応えて頂き、何とかやり切ることが出来ました。

IMG_2182
SET LIST@板橋ファイト!
1、ドンクライ
2、シュラバ de ダバダバ
3、4次元の森
4、君に会いに
5、のんびりいこう
6、月想歌
7、AIR


トリは主役のチョモ君オンステージ。
ギター1本でドラムが聞こえてくるようなスラム奏法で奏でられるドラマチックな楽曲と関西弁の軽妙なMCとのギャップがクセになって、楽しませてもらいました。

DtA_VkoVYAM_XRS
ライヴはエンターテイメントだということを体現していて、シンパシーを感じつつ、陽気なキャラの裏に潜む音楽への真摯な姿勢がステキですね。

アンコールは3人で登場して、TOKIOの『ラブユーオンリー』をセッション。
高校の学園祭ぶりの演奏(当時は山口メンバー役)でしたが、今回ハンドマイクで歌わせてもらって、大いに盛り上がりました☆


チワワのまろ様にも初めてお会いして触れあうことが出来ました。
とても刺激的なイベントで自分を見つめなおす良い機会になりました!
ありがとうございました!!

IMG_2185
次回のソロライヴは、毎年恒例になりつつあるイヴのアレです!

◇12月24日(月)東京・live labo YOYOGI
有田健太郎×代々木labo Presents『炸裂、サンターズブロッサム2018』
開場 15:00 開演 15:30
前売 2,800円 当日 3,300円(ドリンク代別)

※サンタのモツ鍋屋あります
※再入場、要1ドリンクオーダー
※オープニングアクションあります
【共演】
有田健太郎、カトウマサタカ、Yuya Takahashi、
坂彩加&まつばらひろゆきDUO、南努、中野隆司、furani、TADASHI

一緒にメリクリしましょ〜!


IMG_2039
3連休最終日は地元横浜にて20周年特別企画。
新潟遠征の余熱もキープしながら、長年にわたって縁の深いライヴハウスBAYSISへ。

『ヨコハマノスタルジー』と題して、BAYSISの前身とも言える『CLUB24WEST』時代からBAYSIS初期の時間に苦楽をともにしてきた仲間を一同に集めました。
IMG_2085
オープニングアクトには、時代にのりきれなかった伝説のフォークデュオ『森の木狩り達』が時空を越えて参戦。
登場SEも当時のもので、往年のヒット曲から隠れた名曲まで届けてくれました。

巨大なメキシカンハットを乗りこなすのは大変そうでしたし、右のスカーフを巻いた派手な人の動きのキレも固め?


時の流れを感じずにはいられませんでしたが、色あせないメロディと類まれなる楽曲センスで盛り上げてくれました。

IMG_2084
『のどあめをくれよ!』と歌いながら、のどあめを配るシュールなパフォーマンスで締めくくりました。

SET LIST@森の木狩り達
1、夜明けのノスタルジー
2、メキシカンスカイ
3、サンドイッチ
4、のどあめをくれよ


そして本編がスタート、15年以上の付き合いとなる同期のガムシロップmomoちゃんにChuliplity、数々の名場面を共有してきた戦友の咆哮は変わらず魅力的で、熱いものがこみあげてきましたね。

IMG_2081
そしてBAYSIS時代に出会った後輩・市川聖は最近よく共演する機会も増えて、横浜を背負って頑張ってる頼もしい存在になりました。

そして今回サプライズ的な出演となった山下雄平、最近はユニットでのマイペースな活動でしたが、偶然ツルミマの打ち上げの時に再会したのがキッカケで誘ったところ、3年ぶりにソロで出演してくれて、澄んだ歌声で華を添えてくれました。

トリ前に出演してくださったのは音楽活動25周年を迎えた大先輩・三輪美樹生さん、安定感抜群&トルク全開のパフォーマンスでガツンとかましてくださいました。

4曲縛りでショートムービーのようにテンポ良くバランス良く進行したイベントの締めは、当然ながらリアルタイムなもりきこ。
IMG_2083
あえてみんなと同様4曲入魂で挑み、アッパーなステージを展開していきました。

ひとしきり盛り上げた後、時代を越えて歌い続けている魔法を歌いましたが、客席の期待値が高くて巻き起こった歓声がとても嬉しかったですね。

みんなの熱演に感化されたJ氏は暴走甚だしく、ワケのわからないカミ発言を連発。

すぺさんを熱唱した最後お馴染みのダニーギターを自分が鳴らすパフォーマンスでカッコ良く締めようとした際、空振りして大コケする自損事故も発生。。

アンコールのAIRもハチャメチャでしたが、大いに盛りあがってきました。

SET LIST@もりきこ
1、MAGICAL HARMONY HOUR
2、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり
3、君は魔法を信じるかい?
4、すぺさん
En、AIR

恒例の打ち上げでは、三井店長を挟んで仲間達と談笑して素敵な時間を過ごしてきました。
楽しすぎて帰り寝過ごしてタクシーを使ったことは反省のため記しておきましょう。

大一番のホールワンマンを4ヶ月後に控えて、地元ヨコハマで原点回帰できる企画をやれてとても有意義で、沢山の縁に支えられて今も歌えていることを再確認することができました。

出演してくれた仲間達、足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました!!

46521159_2059302804127707_1162402112336822272_n
新潟遠征2日目、毎度ながらディープな時間まで呑んで、早めにテクニカルノックアウトを喫しましたが、早起きして新潟市の岩室温泉へ。
IMG_2079
5月の岩室温泉響、9月のいわむロックフェスと記憶に残る名演を刻んできた大好きな温泉地にある観光施設「いわむろや」でのフリーライヴでした。

何度も足を運んで今年は田植え経験もした長閑な田園に囲まれた癒し基地は、天候も回復して最高のシチュエーションでした。

まずは施設内の足湯をきめて、リハーサルも順調に終えてから、空き時間を活用して温泉へ!
岩室エリアの中でお気に入りの「だいろの湯」でチャージ、泉質が極めて濃厚で毎回自分の右手のシルバーリングが変色するのが密かな楽しみだったりします。

スッキリしたところで正午からハートフルなイベントがスタート。
初共演のナニワの若きホープ・松本一希くんにはじまり、新潟の鶴巻くん、そして福島のハヤミイワオ兄貴のパワフルなアクトで館内の温度はだいぶ上がってまいりました。

地元在住のたむちんは自らのバンドを引き連れて登場、いつもの楽曲がよりカラフルに生まれ変わって素敵でしたね。
46521032_1258971340912747_5830561023651741696_n
もりきこはイベント後半に登場、前日のダブルステージとダブル打ち上げに声がハスキー気味でしたが、前日から参加してくだったキコラーの皆さんをはじめ沢山の人が集まってくれて気分は全開でした。

メロディから先制点を狙う勢いではじまり、自己紹介カバーも織り交ぜてからのマジカルな共鳴時間をはさんで、この日も替え歌な関越自動車道もイイ感じでした。

我ながらテンションが高いことに比例して、カミ具合も凄かったですが、目を潤ませながら聴いてくださる地元のおばさまもいらして嬉しかったですね。
IMG_2077
SET LIST@いわむろや
1、メロディ
2、ブルーライト・ヨコハマ〜Blackbird
3、MAGICAL HARMONY HOUR
4、関越自動車道
5、AIR
6、すぺさん


長岡ワンマンのチケットも届けられて、持って行った分が足りなくなるという嬉しい悲鳴状態でした!

IMG_2080
最後は地元のブラスロックバンド「JUST FINE DAY!」がご機嫌なインストカバーで華やかに盛り上げてイベントは終了。

共演者とラーメンで軽く打ち上げて、ビューンと関越自動車道を下って帰路につきました。
足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました!!

今年も沢山足を運んできて、着実に縁を繋げて勢力を拡大してまいりましたが、その集大成として来月12/15に長岡ギャラリー沙蔵にてガッツリぶちかまします!!歴史を塗り替える時がきたぜ!!

IMG_2075
頻繁かつ濃密なライヴデイズが続き、だいぶ乗り遅れてきておりますが、ランニングは絶賛継続中ですよ〜気づけば師走がやってきますので、何とか追いついておきたいところだぜ!

IMG_2076
柏崎でのオイシーランチワンマンを終え、ゆっくりする間もなく次の街・長岡を目指して、下道ドライヴィン。
あいにくの雨模様でしたが、何度も往復してる道中をスムーズに快走、3年連続ワンマンをやっている僕らの聖地とも言えるギャラリー沙蔵に、昨年末ぶりに無事チェックイン。

PAも今や新潟のオジキ、春川さんということで、将軍とのコンビで快調にリハーサルを終えました。

この日のイベントは、長岡出身の歌姫・嘉瀬遥ちゃんのレコ発企画をヤギ氏のハートフルミュージックがサポートする形で我々が送り込まれました。

満員のオーディエンスに共演者も個性派揃いで、東京からの遠征組も含めて、センス光る楽曲たちと見応え十分のパフォーマンスで楽しませてもらいました。

IMG_2073
良い感じに刺激をもらって、我々は後半戦に登場。
初めての方も多かったので久しぶりの君もりを投入してツカミはOK、テンションもかなりオーバードライブした状態でトークも絶好調。
新潟で産まれた楽曲を立て続けに披露して、最後はブキボクで盛り上げました。

男性のオーディエンスの反応も良くて、CDも沢山お届けすることが出来ました。

IMG_2072
SET LIST@ギャラリー沙蔵
1、MAGICAL HARMONY HOUR
2、君のもりきこに恋してる
3、虹のプレゼント
4、関越自動車道
5、首都高1号羽田線
6、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君はひだまり



主役の遥ちゃん、縁のあるミュージシャンが次々にサポートで登場するレコ発ならではのスペシャルなコラボが続き、1曲ずつ艶やかな歌声で大切に紡いでいくステージが素晴らしかったですね。

IMG_2074
我々もアンコールで参戦、CD収録たむ様作詞作曲の「ブレンドコーヒー」をセッションして盛り上げて、さらにダブルアンコールでセッションの代名詞「糸」をみんなで歌って大団円でした。

今回縁あって私JUNNYがCDのジャケットデザインを担当させて頂く縁もありまして、昼のワンマンと合わせて新潟での縁が確実に広がっていることが感じた1日でした。



1215sakura
さあ!いよいよ来月!
聖地ギャラリー沙蔵での4年連続のワンマンライヴ!!
お馴染みのアフターパーティに、今回はもりきこ原画展も開催、盛り沢山な内容になっております。
既にチケットもだいぶ売れてきてますので、是非ともご参加ください!!

◇12月15日(土) 新潟・長岡ギャラリー沙蔵
もりきこ結成20周年ツアー『翡翠色の革命時代〜レコ発ワンマン長岡編』
開場 16:00 開演 17:00
前売り¥2,500/当日¥3,000 (drink別)


※同会場でアフターパーティ(料金別途)も開催。地元の寿司と日本酒を堪能しつつ交流できます。


このページのトップヘ