JUNNYの意気地ナシ奮闘記

横浜発ヴィンテージロックデュオ・もりきこの低音Vo&エレキギターJUNNYが、転がり続けるミュージックライフと意気地なしの自分との闘いを熱く綴る青春の軌跡。

image
お久しブリットポップ!OASIS派かBLUR派かと問われたら、後者なJUNNYです。
ここ最近は創作意欲高めでギター弾くことに夢中で、少々更新が遅れをとっておりました。。汗
そうこうしてるうちに師走が忍び寄り、次のステージが迫ってますので、先週末の収穫カーニバルの続きいきやす!
image
17日は2か月ぶり、3度目となる山梨甲府への日帰り遠征が実現。
昨年新潟で共演して意気投合した山梨出身のJUBILEEのフロントマン大久保俊臣くんの熱いラブコールに応える形で、彼の主催イベント「How To Go」の記念すべき20回目にゲストとしてお招きいただきました!

何気に山梨は隣県なのに未開の地で遠いイメージがありましたが、実は3時間以内で行ける距離。
ちょっとしたドライブ気分で午後からゆっくり向かって、予定通りに会場のハーパーズミルにチェックインすることが出来ました。

今回もギター職人でもある坂田マスター自らPAの舵をとって頂き、とても心地よいサウンドで快調にリハーサルを終えました。
image
オープニングに大久保が挨拶がてら1曲歌って、トップの名取公園の内省的なエモーショナルな弾き語りで良いムードになったところで登板。
スリーマンで40分の持ち時間を頂きまして、たっぷりとオイシイ所を詰め込んだ選曲でお届けしました。
前夜初披露したプリモリを無事故で駆け抜け、自己紹介カバーも挟んで、後半は濃厚なバラードの応酬で良い感じでかますことが出来ました。


SET LIST@Harper's Mill
1、愛とは永遠にワンダフル
2、プリティもりきこ
3、虹のプレゼント
4、ブルーライトヨコハマ〜YESTERDAY
5、4D
6、鈴虫リンリン
7、首都高1号羽田線
8、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君は陽だまり

image
無事に魂を絞り切った後、トリを務めた主催の大久保君のアクトは素晴らしかったですね。
何より楽曲のメロディが秀逸で、全国発売される音源のサウンドもハイセンスでした☆

平日にも関わらず沢山地元の方を集めてくれて、我々のCDを300回以上もリピートしてくれたと公言してリスペクトしてくれる彼の心意気が嬉しかったですね。


今後の活躍に期待しつつ、何かと絡んでいきたいと思います。ステキな出逢いと再会に感謝!
恒例のカレー打ち上げで和んでから、帰り道はハイテンションでもりキャスして無事に生還。
こちらもお付き合いありがとでした!!

image
お久しぶり大根の季節ですね。昔のステージネームはじゅんじゅんだったJUNNYです。
先週は収穫の秋ライヴカーニバルで、ソロライヴも含めて週末にかけて熱演&熱宴が連発して、時間に取り残されてましたので、しっかり追いついていきます。

ジュニソロから1日空けて16日の舞台は代々木。体育館ではなく、長年懇意にしているLive labo YOYOGIの13周年企画にお招き頂きました。
image
ラボはステージが上下のフロアから見れる斬新な構造と豪華な照明システムが魅力的で、演者が映える素敵空間。もりきこのみならず、ソロやtheKyoto等でもお世話になっております。

この日はOVER30の男性シンガーが集結したガチな企画で、珍しくパイセン多めでした。

トップの小迫くんの男気溢れる歌声から、タレント揃いのメンバーを引き連れて骨太なロックサウンドを届けてくださった加茂さん、上質なポップセンスを感じる山内さんに続き、4番サードもりきことして登板。

ホームランを狙って、キラキラ照明を活かした4Dで冒頭から内なるエモーションをエクスプロージョン!させてから、予想外の新ネタを初披露。

2017-11-21-01-37-48
恒例の誰もが耳にしたことがある洋楽スタンダード替え歌シリーズ第4弾として、TV等でよく耳にするプリティウーマンをアレンジ。
通称プリもりってことで、若干慣れないところもありながらも、しっかり盛り上げさせていただきやした。

その勢いにのってブキボクって、フーセンでキュイーンして、鈴虫でリンリンして、最後にはだいぶテンションが爆発してあらぶってAIRで〆ました。

2017-11-21-01-37-07
SET LIST@Live labo YOYOGI
1、4D
2、プリティもりきこ(新)
3、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君は陽だまり
4、フーセンさん
5、鈴虫リンリン
6、AIR




続いて百戦錬磨の先輩方お二人が登場。大昔からバンドで共演していたものの、ソロでのガチ対バンは初なタマキングさん、圧倒的な人間力でハートを掴まれました。
締めは愛すべきアリケン兄貴、温かい歌声に導かれ、素敵なヤケクソドライブに連れていってもらいました。そこになぁにもないよ〜♪

ってことで人間味溢れる歌声を堪能して、もっと人間を磨いていきたいと思ったステキな代々木の夜でございました。ご来場ありがとうございました!!

今週はライヴカーニバルやで〜!
先週少なかった分、図らずもお互いのソロもありつつ、遠征に企画にもり沢山や!
なぜにエセ関西弁?意気込み十分ってことで、まずはJUNNYソロ。
image
お初の下北沢ERA BARにてカトウマサタカさん企画のカティコレクションにお呼ばれしました。

共演には同じ横浜の先輩で昔何度も悔しい思いをさせてくれたリトルキヨシさん、そしてGAJフェス関連で色々と絡ませてもらった海月ひかり嬢、と不思議な縁の巡り合わせもありつつ、闘志を燃やしてました。

何気に7月の誕生日以来のソロ公式戦ということもあり、何かしら成長した自分を見せたくて、水面下でひたすら曲作りをしておりました。


決定打に恵まれずモヤモヤしつつ、選曲に悩んでいたところ、当日未明にちょっとしたアイデアが降臨して一気に形にしました。そういう時の高揚感たるや、何物にも代えがたい喜びがあります。
朝起きてみるとわりとガッカリすることも多々ありますが、時間が経ってもフレーズは思い出せたので良しとしました。
image
ソロ特有の意欲作ではありますが、自分的にやりたかった方向性にまとまり、出し惜しむことも煮詰めることもなくその日にやることにしました。笑

そんな挑戦もありつつ、ソロ音源自主再発ということもあり、CD収録曲も交えながら、最後はフーセンさんをソロバージョンでやってみました。

若干緊張もあり、気負いすぎて何だかふわふわふーなカンジで手応えがなく、トークでは面白いくらいにカミ倒しました。。

ソロの難しさ、未熟さを改めて感じつつ、本田風に言えば伸びしろが沢山あったので、定期的にやっていかないといかんですね。
やはりもりきこではDANNYがいてくれるからこそ、好き勝手やれてるんですね。その感覚を肌で感じることができた貴重な機会でした。

image
SET LIST@ERA BAR
1、4次元の森
2、シュラバdeダバダバ(仮)
3、秋空ガール
4、オモイ×オモイ
5、フーセンさん

共演者はそれぞれ世界観があって刺激でしたし、呼んでくれたカティさんに感謝ですね。

足元の悪いなか、5階まで階段を登ってお越しいただいて、とても心強く嬉しかったです。ありがとうございました!!

次回のソロは、12/24のイヴにありけんさん企画に参戦する予定です。ぶちかます!!

image
遠征から戻って一息、魂が抜けかかったところに栄養補給とばかりにライヴ鑑賞してきました。
ずっと観てみたかったMOROHAの企画に、15年以上追いかけてるクラムボンが出演する熱い対バン!想像以上に凄いライヴに見事に泣かされ、早速感化されて創作スイッチが入ってます。
image
そんな翌日はもりきこライヴで久しぶりに西荻窪アートリオンへ。

毎回魅力的な対バンに、美味しい料理とアットホームな空間で迎えて頂き、大好きなハコであります。

今回は実はギラギラしているオトコ達のスリーマンということで、20代の福田詠一郎くん、30代なもりきこ、そして40代のさとうもとき兄貴という世代を越えた共演!

センス抜群な詠一郎くんに、魂ほとばしるもっくん(敬称略)、それぞれ持ち味を発揮しつつ、ギラギラしたライヴが繰り広げられました。


2017-11-08-20-22-45
我々は2番手で登場、お約束の洋楽カバーものは、もとき兄貴に新ネタを用意できなかった為に封印して、序盤からアッパーな選曲で攻め込みました。最近ブキボクがアツいっすね!

中盤は久しぶりにタリルレロを披露し、30代キッズの熱唱モードへ。
最後はクラゲライフでぶちあげる流れで、先輩と後輩に挟まれたいわば中間管理職世代としての役割を全うさせていただきやした!

2017-11-08-20-34-56
SET LIST@ARTRION
1、愛とは永遠にワンダフル
2、AIR
3、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君は陽だまり
4、タリルレロ
5、向こう岸のあなたへ
6、鈴虫リンリン
7、クラゲライフ

平日にも関わらず、沢山のキコラーの皆さんが来てくれて心強かったです!
ありがとうございました!!

お二人とはまた色々な場面でやり合うと思いますので、その時まで魂に磨きをかけておかないと!

珍しくライヴのなかった週末を越えて、今週はお互いのソロライヴもありつつ、怒涛のライヴカーニバルだ!!毎回アツアツなライヴをお届けしてますので、ご都合のよいところにお越しくださいね。

◆11月14日(火)東京・下北沢ERA BAR(JUNNYソロ)
カトウマサタカ企画「KATI COLLECTION〜2017autumn〜」
【共演】カトウマサタカ、リトルキヨシ、海月ひかり、meg(カラブギ)

◇11月16日(木)東京・live labo YOYOGI
「〜labo 13th Anniversary!!〜HAPPY SONGS」
【共演】有田健太郎、タマキング、山内智博、加茂博之&バウムクーヘンズ、小迫竜也

◇11月17日(金)山梨・甲府ハーパーズミル
How To Go Level.20「20回記念スペシャル」
【共演】大久保俊臣、名取公園

◆11月18日(土)神奈川・川崎Teen Spirits (DANNYソロ)
DANNY企画「DANNYと仲間の弾き語り vol.2」
【共演】市川セカイ、三輪美樹生(in state)、大橋よしやす、小貫諒

☆11月19日(日)東京・蒲田 music bar CODA
『30代キッズ 光と風のリリースツアー in 蒲田』
【共演】あざらし、大橋よしやす、marco  (O.A)あずけん

詳細はこちら↓↓
http://www.morikiko.com/live.html

■メール予約■
「フルネーム」「枚数」を記載の上、reserve@morikiko.com までメールください。
直前のライヴについては、各SNSのDMにて受け付けます。

お待ちしております〜!!

image
2017-11-13-00-10-37
長岡での大一番を終えて、ロスるどころか熱気を漂わせたまま、一行は山形に向けて出陣。

隣県ということで近いと思い込んでましたが、フツーに東京長岡間くらいのディスタンス。
さすがに疲労は残っておりましたが、4時間ほどかけて未踏の道路をリバティで駆け抜けていきました。

知らない道を走っていくのは思った以上に楽しく、道中紅葉の山々や川のせせらぎがテーマパークのように押し寄せてきて、眠ることも忘れるほどテンションあがってました。


2017-11-13-00-00-06
ちょっとしたご褒美のような癒しの景色を抜けて、無事に山形に上陸し、さらに北上して東根市のコーヒーハウス・ドリップに無事にチェックインしました。

サザエさんの家みたいな可愛らしい外観に、内装はレトロな喫茶店のような温かいムード、そして山形弁の気さくなマスターという三拍子が揃い踏み。
迎えてくれた山形の歌うたい堀謙太郎くんは、気持ちの良い好青年で、初めての場所でも居心地よくさせてもらいました。

将軍がPAを務めることになり、リハーサルも快調に進み本番を迎えました。

image
ほりけん君主催のスリーマン企画「Humming HEART」が開演。

主催者自らオープニングを務め、カフォンのまさのぶ君とのデュオ編成で登場。
「音は体をなす」とでも言いますか、実直な人柄が滲み出た無添加で雑味のない歌が素晴らしくて、ウルッときておりました。

続いて山形出身のまかろにのお二人。
結成12周年、そしてギターの峯田さんとはタメ年&ビートルズ好きということで親近感をぐっとおぼえつつ、ライヴもナイスセンスで幅広い楽曲とアンサンブルが実に心地よかったですね。

23131953_903779073108471_3712807527281831847_n
そして光栄にもトリを任されたもりきこ。
初上陸した7月のハピホリのアクトが好評で沢山の人が待っていてくださって、いきなりホームのような温かい空気で迎えて頂きました。

初めての場所ということもあり、カバーを織り交ぜながら、もりきこのエキスを凝縮したような選曲で臨みました。
思った以上に盛り上がりまして、CDも沢山お届けすることが出来て感無量でした。


23316346_791728457695338_6235940382114386644_n
SET LIST@ドリップ
1、FOR DREAMER
2、君のもりきこに恋してる
3、さそり座の女〜YESTERDAY
4、メロディ
5、フーセンさん
6、首都高1号羽田線
7、鈴虫リンリン
8、BOOM BOOM
En、AIR



思わず調子乗ってワンマン宣言をしてしまいそうでしたが、ぐっと堪えました。笑
来年は積極的に足を運んで、願わくばワンマンも実現したいという野望を明文化しておきます。
山形名物の芋煮とのコラボの話も出ているので、今回来れなかったキコラーの皆さんも連れていきたいですね。
image
終演後は、地元の方がお裾分けしてくださったつきたてのお餅を、納豆と大根おろしに絡める山形風の食べ方で大量にご馳走になり、お腹も胸もいっぱいでございました。
嬉しい再会と出逢いが溢れた山形の夜でした。

3日間の濃厚すぎる遠征を終えて、帰路は久々のもりキャス等もしながら、無事に生還しました。
沢山の愛をありがとうございました!!また必ず帰ってきますから。

image
どうも、ようやく首が回るようになったJUNNYです。現実は回ってないですけどね。爆
1週間ほど時間が空いてしまいましたが、毎回遠い昔のような感覚をおぼえてしまいます。
「向こう岸〜」ではないですけど、大切な気持ち忘れないようにブログを書いているのかもしれませんね。
ってことで続きいきましょう〜
2017-11-09-23-09-45
ついにやってきた決戦の日。
十日町の春川邸に泊めていただき、チャージ満タンで迎えましたが、天候は完全なるレイニーブルー。
何度予報をみても降水確率は高いまま、抗うことも出来ずカラーボール日和ということで気持ちを入れ替えて、長岡まで下道ドライブ。
虹のプレゼントには肖れませんでしたが、雨の信濃川も悪くなかったですね。

無事にチェックイン、3年目ということで勝手知ったる状態でゆったりスタンバイ。
リハーサル前にDANNY画伯のモデルになり最終調整、昨年に続いてリアルな2人の尊顔がステージを飾ることになりました。

ラーメンを食べに行く余裕までぶっこいて、結局開場間際はさすがにバタバタして、心の準備もままならないまま本番を迎えることになりました。

image
待ち望んだ長岡ワンマン!
ソールドアウトまでは届かずでしたが、ほぼ満席で期待値マックスなフロアに飛び込みました。

冒頭から意表をついたフーセンさんからスタート、お約束の自己紹介も交えつつ、快調にスタート。
中盤はレア枠として投入した電線ウォーカーや、午前4時から早々に首都高も登場、BOOM BOOMと駆け抜けて前半を折り返しました。

2017-11-07-15-27-12
SET LIST@1st STAGE
1、フーセンさん
2、カサカサの羽根ひろげて
3、クラゲライフ
4、ブルーライトヨコハマ〜YESTERDAY
5、鶴見川
6、電線ウォーカー
7、Mr.Birthday
8、午前四時のブルース
9、首都高一号羽田線
10、BOOM BOOM



2017-11-07-15-27-28
休憩を挟んでの後半戦は、ヨコハマを歌いながら登場し、お約束のシウマイ振る舞いタイ〜ム!

和んだところで、昨年のワンマンでそれぞれソロで初披露した「NAGAOKA」と「関越自動車道」を2人で演奏しました。
長岡産のギターも活躍して、今や隠れた人気曲「でかけようどっかいこう」も続き、スペシャル感満載なところから、30代キッズの主力達を熱く歌い、クライマックスに向かいました。


image
アンコールでは「縁縁」を生声で歌い、まさしく4年にわたって育んできたステキな縁の森の中で届けることが出来て感慨深いものがありました。

最後はニワトリマン!勢いよく頭を振ったところ、ピキッっと激痛が走り、筋を違えた状態で最後までやりきりました。



これまで以上に客席との一体感を肌で感じながら振り絞って、最高潮でフィナーレを迎えることが出来ました。
2017-11-07-15-28-13
SET LIST@2nd STAGE
11、ヨコハマ
12、NAGAOKA
13、関越自動車道
14、でかけようどっかいこう
15、夜明け前
16、向こう岸のあなたへ
17、鈴虫りんりん
18、虹のプレゼント
19、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君は陽だまり
20、AIR
En1、縁縁
En2、ニワトリマン



2017-11-07-15-31-49
終演後は、恒例のアフターパーリー。
今回は1Fのフロアでの開催ということで、お寿司からピザ、揚げ物、オードブル、日本酒、豪華な料理が所せましと振る舞われて、会食しながら恒例のセッションが繰り広げられました。

ソロでイエモン歌わせてもらったり、長岡のカメラマン井端さんのカフォンで、将軍や春川さんを迎えてのセッションを繰り広げたり、ここでしか聴けないプレミアムなコラボで大いに盛り上がりましたね。

image
遠征先でのワンマンにアフターパーリーというもりきこ流のエンターテイメント&ライヴワーク。全ては2年前の長岡ワンマンから始まりました。
沢山の縁が繋がって、徐々に幸せな森が拡がっているような感覚があります。

これからも縁を拡げて沢山の人の心と繋がっていきたいですね。
ありがとうございました!!

image
2017-11-07-01-51-26
今年もあと2ヶ月をきった11月の3連休!
いよいよ長岡ワンマンを含む3日間のプチ遠征が始まりました。

初日は8月に初ワンマンを成功に収めた新潟十日町へ。
余裕を持って出たつもりが、これまで見たことないエグい渋滞にハマりまして、出鼻をくじかれました。。

ようやく解消して、いつものスタバをキメて将軍に運転を代わってからは快調に北上し、紅葉がかった山々に夕暮れ時の美しい空に癒されながら、1時間近く遅れて現地入り。


2017-11-07-01-52-27
この日の舞台・ユキマツリは、地元の食材を活かした創作料理を提供するお洒落なカフェで、広くて開放的な気持ちよい空間でした。

早速将軍御用達の機材を運び込んで、スムーズにスタンバイ、お客様を迎え入れる時にはお席に美味しそうな料理が並べられてました。
少しずつ楽屋にもお裾分け頂きましたが、グルメも唸りそうな美味でしたね。

今回はお馴染みハートフルミュージックで、十日町のゴッドファーザー春川さん率いる和-SABIの復帰も兼ねたツーマンライブ。


今春のど自慢に出演した直後、不慮の事故で相方のソネさんが大怪我をされて、声が出ない状態で活動再開も危ぶまれたところからの奇跡の復活を果たしたそうです!

image
そんな嬉しい空間に立ち会うべく沢山地元の方も集まって賑わうなか、我々は先攻を務めさせていただきました。

客層も考慮して、カバー曲ましましな選曲でがっつり50分の濃厚なステージで会場を温めました。

自分は新ネタとしてブルーライトヨコハマを用意して、DANNYは必殺の青春の影でそれぞれのヴォイスをアピール、ラヴユーの破壊力は実証済みで、新潟で演奏する虹プレは確実に盛り上がりますね。

image
SET LIST@ユキマツリ
1、メロディ
2、君のもりきこに恋してる
3、ブルーライトヨコハマ〜青春の影
4、ラブユー東京
5、Mr.Birthday
6、虹のプレゼント
7、鈴虫リンリン
8、FOR DREAMER
9、AIR


そして、そのまま主役のお二人をお招きしてのコラボ、4人で奏でた愛をありがとう、そして神田川と実に味わい深いものになりましたね。
image
そして、和-SABIのオンステージ。
85%まで復帰されたと仰られてたソニー(ソネ)さんの伸びやかな歌声は見事に復活して、ハニー(春川)さんのギターとコーラスがどっしりと支えて、胸アツなフォークソングを届けて頂きました。

デュオは、それぞれの個性の秀でたものと足りないものを固有の黄金比でもって補い合って、1+1が2ではなく∞になるわけで、見事に2人がスパークしていました。

image
イベンター八木氏の繋いでくれた十日町の縁が、雪まつりから沢山の軌跡を描いて、新たな奇跡を起こしてくれました。
ワンマン前夜に熱い夜を過ごせて、とても良い弾みになりましたし、大切な空間を一緒に過ごせて光栄でしたね。

ありがとうございました!!

NEWヘアもだいぶ馴染んで気に入っているJUNNYです。
濃密すぎた10月の締めは、都内のホームグラウンド恵比寿club aimにて、L.A.のレコ発企画に出演してきました。
2017-11-02-09-36-10
L.A.は僕らの恩師でもあり、僕が所属しているtheKyotoのリーダーでもあるテキサス氏(寺岡氏)が立ち上げたデジタルガレージバンド。

メンバーがテキサス、シアトル、ニューヨーク、ラスベガスと名乗り、各都市の偏ったイメージの衣装をまとって、アメリカを皮肉ったシュールな演出がおもしろいですね。


世間はハッピーハロウィーンで異様な盛り上がりを見せてましたが、そのままで全然いけちゃうクオリティ。笑。
この日はDrのラスべガスことDr.Gが子連れで上京中で、楽屋とフロアを駆け回って、みんなに和みと癒しを振りまいてくれました。

共演者も昨年末企画に出演してくれたVM5に、お笑い芸人の錦鯉というキワモノ揃い。
VM5はメンバーそれぞれ実績のあるオールスターバンドでハイブリッドなダンスR&Rで盛り上げてくれましたし、錦鯉の2人の漫才は笑かしてもらいました。

2017-11-02-09-34-33
長い付き合いのバンドマンが多いなかで我々は永遠の後輩としてトップバッターで登板。
ある意味普段から仮装しているようなもんですし、いつも通りにステージに臨みました。

従来のレギュラーナンバーに加えて、長年歌い継いできた魔法を歌ったり、テキサス氏への想いを伝えるべく2人でラップをしたり、楽しく歌わせて頂きました。


2017-11-02-09-34-23
SET LIST@club aim
1、カナリヤ&流れ星
2、君のもりきこに恋してる
3、フーセンさん
4、鈴虫リンリン
5、向こう岸のあなたへ
6、君は魔法を信じるかい?
7、不器用な僕に微笑んでくれるあたりとどのつまり君は陽だまり

月末の忙しいなか、ご来場ありがとうございました!!


12/11恵比寿club aimで予定されていた主催イベント「合縁奇宴」が、会場側の都合により、やむなく別会場での開催となりました。会場の規模が変わるため若干内容に変更がありましたが、ステキな夜をお届けしますので是非ともお越しください。

★12月11日(月)東京・新井薬師前ナカノステレオ
もりきこ年末企画『合縁奇宴リターンズ』
開演18:30 前売り2,500円
【共演】小田和也、小島ゆうすけ、ユースムースアヴェニュー


171103
そして今週末は、長岡ワンマンを含む今年最後の新潟遠征〜山形再上陸ツアーです!!

決戦前夜は、新潟十日町の重鎮春川さん率いるのど自慢にも出演した和−SABIとのツーマンライヴ!
カバー曲盛り沢山、世代を越えたセッションも予定してます。美味しいディナーとハーモニーをご賞味ください。

◇11月3日(金・祝)新潟・十日町ユキマツリ
『Heartful music Vol.93』
開場 18:00 開演 18:30
前売り ¥3,000 (ディナー&ワンドリンク付)
【共演】和−SABI

【問い合わせ】manma and cafe ユキマツリ TEL:025-752-6770 
http://www.snow-food.jp/


jircon1104
≫ワンマンシリーズ第4弾にして天王山な長岡!
連休中日に極上のライヴエンターテイメントをお届けします。

★11月4日(土)新潟・長岡ギャラリー沙蔵
もりきこ19周年&レコ発ワンマンツアー
『ジルコンthe19ボックスin長岡』
開場 17:00 開演 17:30
前売 2,500円 当日3,000円(drink別)

※同会場でアフターパーティ(別途会費2,000円)も開催。
地元の寿司と日本酒、そしてレアなセッションでおもてなしします。

1105drip
≫ワンマンの熱気そのままに2度目の山形に上陸します!初めての土地でのライヴ楽しみですね。

◇11月5日(日)山形・東根ドリップ
‪『Humming HEART』‬
開場 17:30 開演 18:00
前売り/当日 ¥2,000 (drink付)
【共演】ほりけん&まさのぶ‬、まかろに‬


■メール予約■
「フルネーム」「枚数」を記載の上、reserve@morikiko.comま でメールください。
直前のライヴについては、各SNSのDMにて受け付けます。

お会いできることを楽しみにしてます!!

2017-10-29-11-46-31
珍しく5日間のブランクを空けて久しぶりに感じてしまうのは重度のライヴ依存症ですね。
先週に続き台風が迫りくる週末、地元ヨコハマの名所マリンタワーでのフリーライヴでした。

以前は薄いピンク色と水色のタワーで横浜のランドマークでしたが、みなとみらい地区の高層ビルたちが立ち並んでから銀色にリニューアルされてだいぶ佇まいもシュッとした印象になりました。
中華街と同じく地元に住んでると、いつでも行ける感覚があって、意外と行かない場所でもあります。

山下公園と共にクラシックなヨコハマを感じられる最高のロケーションで、天下のFMヨコハマさん主催のイベント「TOWER OF MUSIC」に出演させて頂きました。
2017-10-29-13-14-41
すっかりお洒落になったタワー1階のオープンスペースに組まれた立派な舞台で、初めましてな伊沢ビンコウさん、木村至信BANDさんの上質なライヴが続き、僭越ながらトリを務めさせて頂きました。

冒頭から自分のギターアントニオちゃんがゴキゲン斜め、度重なるライヴでお疲れちゃんなご様子でした。
出鼻からひやひやしながら限られた時間の中で楽しんでもらえるよう平静を装いながら歌い続けました。

最後はDANNYが機転を利かせて、予定を変更して生声でフォードリーマーを歌うことに。
集まってくれた皆さんに応えたくて、精いっぱいシンガソングしてきました。

2017-10-29-13-15-04
SET LIST@マリンタワー
1、君のもりきこに恋してる
2、メロディ
3、鈴虫リンリン
4、FOR DREAMER


予定調和でないのがライブの醍醐味でもあり、難しさでもあって、何かが起きた時にこそ真のライブ力だったり、チームワークが問われますね。


今回のハプニングもプラスに捉えて、次に繋げていければと思います。いつも支えてくれるアントニオちゃんも労ってあげないとですね。ご来場ありがとうございました!!

次回のライヴはこちら↓↓
◇10月31日(火)東京・恵比寿club aim
L.A.レコ発ツアーファイナル
「アメリカ人だから刺身食べれないんでしょ?ツアー」
開場 18:00 開演 19:30
前売り/当日 ¥2,000 (drink別) or飲み放題プラン¥1,500
C/W L.A. /錦鯉/VM5

特別に仮装しなくてもハロウィンのような派手な顔ぶれ、我々は日本人なので通常営業でいく予定です。

jircon1104
そして1週間をきった長岡ワンマン!!

毎月のワンマン、3年連続ということもあって若干伸び悩んでおりますが、ミラクルを起こしてきた大切な空間でのプレミアムなライヴになります。

今回もたっぷりとおもてなしますので、連休中日一緒に過ごしてもらえたら嬉しいです。
予約お待ちしております!!

image
ブログを放置したまま髪型をリニューアルしたJUNNYです。今までにないアプローチで斬新なヘアスタイルになって、気持ち新たに年末に向けて戦ってまいります。
image
さて足利ワンマンを終えた後、O.Aを務めてくれた坂入健太氏の豪邸へ。
居心地の良い空間でゆっくりさせてもらって、一同帰りを惜しみながら、健ちゃんおススメの佐野ラーメン&餃子をたらふく食してチャージ満タンで、相変わらず降り続く雨のなか、北上して長岡を目指しました。

開場時間あたりに無事にチェックインして、仲間たちと再会を果たしました。

この日はお馴染みのハートフルミュージック、年に一度の音楽食堂周年イベントでした。
何気に長岡で初めてライヴのが、4年前の同じ企画。ここから全ては始まりました。

image
そんなメモリアルな日、豪華9組の演者は全員知り合い!これも通い続けてきた縁の賜物かもしれません。

新潟で出会って今は上京して頑張ってるタカノトモノリは、ただでさえぐっときてたのに、もりきこの為に曲を作ってくるもんだから、ヤバかったですね。

そして、先月から共演が続いている三条の市川淳之介兄貴も人間味が溢れ出た熱唱で泣かされました。

富山以来の再会となった腹痛さんとの共演も嬉しかったですね。

今年新潟に送り込んだYTと聖は、安定感抜群のライヴで着実に新潟に根を下ろしていてニンマリでしたし、新潟初共演となった河野圭佑は言わずもがな強力で、闘志に火がついちゃいますよね。

2017-10-23-01-43-18
我々は光栄にもトリを任されまして、仲間達の熱演に感化されて昂ぶる気持ちを押さえつつ、カラーボールからスタート。

君もりで和ませて、まさに長岡の信濃川が舞台の虹プレで弾けまして、鈴虫〜首都高とクリンナップの熱唱をきめこみました。

終盤はまたもやロックなスイッチが入って、私の口からはあらぶった言葉が暴発しつつ、AIRで盛り上げて、アンコールではニワトリで爆発しました。

2017-10-23-01-43-23
SET LIST@音楽食堂ZERO
1、カラーボール
2、君のもりきこに恋してる
3、虹のプレゼント
4、鈴虫リンリン
5、首都高1号羽田線
6、AIR
7、ニワトリマン(アンコール)



足利ワンマンから遠征してくださった方、新潟で待っていてくださった方、沢山の人が集まってくれて、4年前アウェイだった場所は完全なるホームであることを再認識しました。
ありがとうございました!!

そして、もう1週間後に迫ってきましたが、いよいよ来週はジルコンシリーズ第4弾として3年連続の長岡ワンマンに挑みます◎

jircon1104
★11月4日(土)新潟・長岡ギャラリー沙蔵
もりきこ19周年&レコ発ワンマンツアー
『ジルコンthe19ボックスin長岡』
開場 17:00 開演 17:30
前売 2,500円 当日3,000円(drink別)

☆前売り券は物販席及びHeartful Musicにて販売中☆
※終演後、同会場2Fカフェでおもてなし満載のアフターパーティ(料金別途)も開催!

まだまだ席はあるので、気合を入れて新しくフライヤーを作りました。笑
この写真は夏に長岡に行った時に、長岡のカメラマン井端氏に撮って頂いたものです。

予約お待ちしてます!!

このページのトップヘ