ついにDVDが我が家にも届きました。

ってかあたしが単に受け取れなかっただけなんだけど…
ざっと一回見た感じです。



やっぱり泣けた。



思い出して、感動して。



んで、前回のニッキにたらたら愚痴書いたけど今嵐は世の中に求められてるんだなってなんだか思った。



前はさ、どうして嵐ってこんなすごいグループなのに世の中はわからんのかなって思ってた。


それが単純に今世の中に認められて求められるようになったんだなって。


それだけなんだよね。



今日DVD見て改めて思ったよ。



またじっくり見ます。
しかし30日のあの雨はないねー。
あの豪雨の中に自分もいたんだなあ。
ある意味あんなことは多分自分の人生でも数えるほどしかないだろうし、もしかしたらあれで最後なんかもしれないしね。

映像化してくれてよかったな。