春日部の研修所の倉庫に木造軸組の実物大実習棟が完成しました。
大きさは、1間半×2間半の2階建て(2階は床組まで)で、これを使って、構造の勉強や断熱材の施工などについて実地研修します。特に下屋の部分の断熱材の施工は注意が必要ですが、そうしたポイントについて実物を使って勉強できるようにしています。

来年1月から、「省エネ・断熱リフォーム施工実務研修」を行う予定です。
IMG_1695
 

住能協のリフォームマルチ技術研修(多能工育成塾)は、今月から第三期をむかえました。これまで受講生や受講希望者などから「実地研修はしないのですか」との問い合わせが多数寄せられていましたが、このほど埼玉県春日部市に研修所を開設する運びとなりました。現在、講習会が開催できるよう教室の整備、実地研修の出来る実物大モデルを作る準備を進めています。
研修所は、東武スカイツリーライン・春日部駅から徒歩17分、 東武野田線・八木崎駅から徒歩10分、国道16号沿いの近くです。北千住から急行で30分、大宮駅から20分くらいです。駐車場も確保していますので、車もOKです。
 下の写真は、研修所の全景と実物大モデルを建てる倉庫です
IMG_1601
IMG_1599

なお研修所での、最初の実地研修は、リフォーム業界が今一番取り組みたい「断熱リフォーム」の実務知識、現場施工についての研修を計画しています。開催は、11月下旬からの開催を計画していますので、改革が固まり次第、ご案内したいと思いますので、どうぞご期待ください。

 具体的なカリキュラムは次のようなものを行う予定です。

   住宅の省エネ・断熱性能向上の基本知識と技術、最新の知識

   既存住宅の断熱性能把握のための調査の方法

   既存不具合部分の撤去、取り合い部分の処理

   各断熱窓、断熱材等の特徴・性能、リフォームに適した部材

   断熱リフォーム(部分断熱リフォーム)の設計方法、

   各種断熱窓、断熱材等の施工、気密の取り方、通気工法の施工

   断熱施工で使う副資材・施工工具の使い方

   断熱リフォーム施工の現場管理のポイント

   リフォーム後の性能確認調査の方法

   省エネ・断熱リフォームの積算・見積もり方法

   断熱リフォーム(部分断熱リフォーム)提案方法

   断熱リフォームのクレーム対策

 

 研修では初級、中級の2クラスを設定して研修を行います。 

 いま、断熱リフォームでは、部屋単位の部分断熱リフォームが注目されています。部分断熱は有効に機能させるためには、施工に様々な注意、ポイントがあります。この機会にぜひ部分断熱リフォームの実務知識、施工方法を学びましょう。

  

↑このページのトップヘ