歌舞伎町 のコマ劇前で 学んだ事

今日も暑いっすね



今日 リオ五輪開幕


早朝から上野公園のライブサイトに行ってきました。


マジでとろけるように暑かった…………。







さておき……

今日から時間を見つけては


前回の天才漫画家との事件簿が予想に反して

好評だったため、勝手ながらこれをシリーズ化させて頂き

数々の珍事件をこの場に書き起こしていきます。


『漫画家から学んだ教訓シリーズ』

記念すべき2回目はこれ…………



『瞬時に歌舞伎町に擬態化事件』


 擬態(ぎたい、mimicry, mimesis)とは、

  • 他のものに、ようすや姿を似せること[1]
  • 動物が、攻撃や自衛などのために、からだの色や形などを、周囲の物や植物・動物に似せること[1]。本項では、動物以外の生物によるものも含めて扱う。
(出典:ウィキペディア)


 

今から20年前、マンガ家の悪友とほぼ毎日歌舞伎町のコマ劇の前でナンパをしまくっていた。

彼は 最初に声を掛ける勇気がないので 私が声を掛け

「いやいあ・・・どうしたんだい?お嬢?」と真打登場ぽく 現れる

挙句の果てには、サインペンと紙を持っていて 女の子の前で

スラスラと彼のマンガを描きながら

 

「この作者っておれっち!」と文化人とは思えない行動に出ていた。

 

そんなナンパなど成功するわけもなく

いつも コマ劇前で 彼と二人ふらふらしていた。

 

当時は彼は十代とは思えないほどのお金を滅茶苦茶持っていたが

私と居る時は いつも私の 金銭感覚に合わせてくれて

いつも一緒のものを 割り勘で食べていた。

そういう彼の気遣いが嬉しくて 私は滅茶苦茶貧乏だったけど

とっても居心地が良かった。

 

いつも毒舌ばかり・・・そんな女の子に優しくもない二人が

モテるはずもない

 

だけど心はいつも充実していて楽しかった。

彼と一緒に 同じ空気を吸って、同じものを食べ、同じものを見て、過ごせたからだ。

 

そんな中、いつものように歌舞伎町で 遊んでいると

 

突然、滅茶苦茶怖いお兄さんたちに囲まれた私。

 

私の方が背が高かったので目立ったのだろう。

私がまず捕まった。

 

おそらく 女の子に声を掛けているのが目障りだったのだろう。

 

「お前、ここで何してんだ!?ここは俺の縄張りだぞ・・・」というような事を言われ

その場で いきなり 殴られた。

そして ボッコボッコにされたのだ。突然である・・

 

 

殴られながら・・・

(あれ?彼はどこにいったのだ?どうして助けてくれないんだ・・・?何してんだ?)と 両手でガードをしながら

目を配り探してみると彼を発見する。

 

彼は目の前にある牛めしの松屋に入り、普通に食券を買っており

そのまま普通に 牛丼を食べ始めた。

 

そう・・・街と同化、擬態化をしていたのである。

 

「あいつなんで助けてくれないんだ!まじかよ!」と思うのを通り越して

思わず心の中で笑ってしまった。殴られながら あいつスゲーなと心から思った。

 

全く彼に怒りなど感じないのだ。

 

私はこれ以降、彼の呼び名を 歌舞伎町に溶け込み擬態とする

 

また彼をみると牛丼に真正面から向き合い、紅生姜を乗っけていた。

 


というわけで ボッコボッコにされ うずくまっていると食事を終えた彼が来た。

 

「いやあ 大変だったなあ・・・牛丼食いながら心配だったよ・・・大丈夫?」

 

とくる彼

 

歌舞伎町の擬態士、曰く、非力の彼が助けに入ったところで 二人ともやられてしまう。

それよりは被害を最小限に抑える為に 瞬間、松屋に入り 食券を買ったとの事。

 

むしろ 俺のおかげで大事にならなかったんだぜ!感謝しろよ!

 

と助けてもらえず ボコボコに殴られた私に感謝しろよ!とおなか一杯の彼の一言を聞いて

 

「・・・・・・。」

 

心の底から天才だと思った。

全く彼の頭の回転にはかなわないと思った。

マジでこいつ天才だなって思った。

 

神様が与えた才能というのは本当にあるのだと思った。

 

こいつには勝てない。。。。

 

 

と 傷だらけの私と おなか一杯の擬態士と がっはっは!と笑って煙草を吸った。

 

楽しかったなあ。

 だけど 一切彼に 怒りの感情がないのである。

今でもこの当時を思い出しても全く彼には怒りはない


感謝をしているぐらいである。


むしろ それを通り越して すごいと思わせてしまう。


天才ってマジでいるんだな……と思った。



この事件から学んだ教訓

 

「最悪の状況になった場合には 瞬時に自分の置かれている状況を判断し 被害を最小限に食い止めるべく判断をする

 この場合、自分が無力だった場合 行動を起こすと逆に被害が大きくなるという前提を踏まえなければならない。

 また回避する際には どうやったらそういう回避方法が思いつくのかという魔術的な方法が最善である。」

 

彼と体験した珍事件からは 学んだ教訓は 今、金言として私の中に生きている。

 



『まとめ』

歌舞伎町で仲間が怖いお兄さんに絡まれたら 松屋に逃げ込み食券を買いましょう

その際には一切、殴られておる友達の事は忘れ牛丼に向き合いましょう。

もし若干でも気になった場合には 紅生姜を牛丼に守る事でその気持ちを抑えましょう。

ぼったくりバーを経験した人生から学んだ事

というわけで 今日も飲んでます……

いやあ ビールの美味しい季節です!


二杯目突入ですわ………。























最近、よくニュースで歌舞伎町のぼったくりバーのニュースを見る

歌舞伎町大学出身としては………
歌舞伎町も強くなったな……と思うが

その昔、私は ぼったくれれるとわかっていながら 火中の栗を拾いに行った事がある。
拾う事で 人生のネタになると逆転の発想をしたからだ。


詳細は以下

高校生の時に仲良くしていた友人が 現役の漫画家だった。
同級生で同い年ながら 講談社と契約する売れっ子のギャグマンガ。
お互いの趣味がバイクいじり ということで 学校は違うのに毎日一緒にいた。



彼は 漫画の取材になるということで 私も好奇心旺盛という事で
様々な分野の いろんな人に会い、色んな世界に 取材を兼ねて
ギャグマンガのネタを、私は暇つぶしを兼ねて 無謀なところに飛び込んでいった。


「人生は二つしかない
ぼっったくりバーを経験するか してないかだ ! おれと一緒に経験した人生を歩こう!一生言えるぞ!」

と口車に乗せられ20年前の夏……
新宿までバイク2ケツで 行き
免許証、大金などは バイクの荷物入れにかくして
ジーパン、サンダル、Tシャツの二人が財布に5000円だけ入れ 歩きタバコしながら歌舞伎町の
セントラルロードを歩く

「お兄さん どう?かわいい子いるよ!」と声をかけられ

「マジっすか?キレイ系がいいっすね!」と

5000円でいいからと吸い込まれたバカ二匹

座った瞬間 女の子が10人つき ビールの小瓶をポンポンポン!
がっはっは・!!!!と 飲む私たち

それはもう 最高の夜モテるモテる………。

さて会計は見事に13万……うん ぐらいだったと思う。

5000円ぽっきりというのは我々だけでお姉さんの分は違うとのこと。

後ろには ものすごい喧嘩が強そうなお兄さんが睨んでいる。

こっちはガリガリのバカ二匹


そこで 漫画家の友人が これしかねえ!5000円を出し、そして続けざまに
ツタヤのカードを出し 「これで好きなものを借りてくれ!それを売ってくれ!」と切り出す。

それがめちゃくちゃ受けた・・・・マジで笑いが取れた 。

北野武監督が言っていたが、めちゃくちゃ緊張する場面では ちょっとした笑いが 悪魔のように押し寄せてくるものらしい
……。


明らかに若い、格好も含めお金がなさそうな我々に同情をしたのであろう。

「この状況でそのツタヤのカードを出す度胸に一本取られた。俺たちもこれは長いが
 この切り返しは初めてだ。お前らどうせ金がないんだろう・・・・?5000円でいいから
今日はいい社会勉強をしたと思って気を付けて帰れ!それから人生はそんなに甘くないぞ!お前たち!」と約束通り5000円だった。

「いやーやまちゃん これで俺たちは ぼったくりバーを経験した男だ!」とがっはっはと帰宅する。

そこから二人は見事、ぼったくりバーを経験した人間となったのである。


ここから得た教訓は……

『絶体絶命のピンチでも諦めず なんらかしらの打ち手がある事

私の人生場合には、その打ち手とはユーモアがあったほうが、その打ち手が解決に繋がる確率が高い』


という事だ。

仕事でもプライベートでも絶体絶命のピンチが多々あったが、ちょっと自分の置かれておる状況を第三者的に
上から見ることで どうやったらそういう発想になるのか?というような悪魔的な、魔術的なユーモアある発想で乗り切る事が多々あった。自分絶体絶命のピンチ!を救ったには なんでこんな発想になるの?という魔術的な戦術であった。

絶体絶命の時こそユーモアを忘れない


その漫画家の彼が教えてくれた金言である。


ユーモアのある人生を!




三毒の追放を改めて実感した話


本日は
麻布十番!





























夕方から飲みますよーーー。

というわけで帰りに電車で久しぶりにブログ更新

昨日、
実家の目の前にできたコンビニで
3時ごろウロウロしていると
結構ご年配の男性の方が滅茶苦茶店員さんに怒ってた。
こういうのに関わると負のパワーをもらってしまいそうなので
あんまり興味無かったのだけど、あまりにその方が怒っているので
また
人があんなに怒っているのを久しぶりに見たので ちょっと見ていると

『夕刊!来てんじゃねーの!』とコンビニに納品されるであろう夕刊が買いたいらしく
本当に怒ってた………

『夕刊はまだ来る時間じゃないんです……』と高校生っぽいアルバイトと社員ぽい
店員さんが平謝りで 事情を説明する

さらに憤慨するおじさん……

『てめーーーそこにあるじゃんかよーーー。早く売り場に並べろよーーーー』

と見ると 確かに束になった新聞(カラー刷りだったのであれは夕刊フジ?)と思っていると


『これは昨日の売れ残りで 返す奴なんです』

………………
その場にいた お客様含め、、、一瞬だけシーーーーン…………。

挙げた拳の落とし所どうするんだろう?あんなに怒っちゃって………。

完全に自分の拳の戻し場所も、タイミングも見失ったおじさんが

『てめー見せてみろよーーー!』と日付を確認させろとさらに怒る


ビビりながら見せる高校生……。

日付を確認したおじさん……


ここでありえない言葉を言う。

『昨日のでいいからよーーー今すぐ売れよーーー』と

昨日の夕刊を買わせろーーーー!というおじさん………。

そこでオーナーらしい年配のスタッフが登場

おじさんに 頭を下げ 何時頃であれば 夕刊が来るので
それまで イートインのスペースでお待ちいただくか?もう一回来ていただくか?と
頭を下げながら事情を説明する


おじさん……『わかったよーー(がオーーー)』と文句を言いながら
退店する


なんであんなに夕刊で怒るのか?


・どうしてもすぐに読みたいなんらかの事情があった
・そのアルバイトスタッフの対応に問題があった
・機嫌がただ単に悪かった

私は
社会人になってからほとんど お店に対して怒ったことがない
人に対しても……。

仏教の三毒の追放という考え方がありそれを知ってから意識して排除してきた。

 仏教では知恵をなくす三つの毒を三毒、これは、怒ること、ねたむこと、愚痴ることの3つ

ズバリ、"三毒追放"とは、ひとりひとりがもっているエネルギーを、ポジティブな行動につなげるための源

考え方が変われば、まず行動パターンが変わる

行動が変われば、自分を取り巻く環境もどんどん変わっていく。

最初は小さな心がけでも、継続することで、人生や運命だって変えることができると

信じているからだ。

だから怒る事がない、妬むことがない、愚痴ることがない

昔、コーチングセミナーで怒りは二次感情であると習った。

自分の思い通りにならない事がある→思い通りにならなくて悲しい→目の前の人に怒る


事件→悲しい→怒る

これが二次感情の流れ

まず一次感情の悲しいをぶつけてみる

私は、〇〇があったのでとっても悲しいんだ→という〇〇があったので悲しいです……というのをぶつけてみる


それができない人を 感情のコントロールができない人、うまく感情と付き合えない人

と当時習った。


この辺の感情のコントロールについてはまた書きます。

というわけでコンビニで滅茶苦茶憤慨していたおじさんにあった話。






このページのトップヘ

見出し画像
×