近所の車屋の田中さん(仮称)の心のこもった行動

愛車のアルファードのレーダー探知機を交換した。























今までつけていたやつに

特に不自由していた訳ではないが

結構古いモデルだった……ぐらい

色々調べると最新のレーダーの性能がものすごく

携帯の電波を通じ カメラ用の通信機能がついたSDカードを使って

データを上書きし 本体にさすと

wifiを通じて瞬間で様々な情報が入ってくるとのこと。

どうせ運転するのなら

なんか楽しそうな方が

ストレスなく、楽しそうな気がしたので

結構高く なんだかんだで5万ぐらいかかったが

えい!やー!とやってしまった。




さておき

今日は大変いつもお世話になっている近所の
車屋さんの話

今回、このレーダー設置は

ついでであり 車のバッテリーを交換がメインでお願いしたい事であった。



バッテリーを交換し ついでにレーダーも交換しちゃった!という感じ



前回の某量販店でやったバッテリー交換から5年たち……バッテリーの事など忘れていた最近、
先日ガソリンを満タンにしたエネオスで点検をしてもらったら

そろそろ潮時ですね・・・と言われて思い出した。

そろそろかー。こりゃー交換しないとな・・・

という訳で

色々調べ パナソニックの性能が良さそうなやつを

Amazonで購入し車屋さんに送り 交換……という事になった。


それで交換したのがこれ……



このバッテリーを送った車屋さん……

今から
1年半ぐらい前

それも某量販店でやった経緯のあるタイヤ交換を考えた。

今までは

いつも某量販店で 提案されるがまま……言われるがまま



交換をしていたが、ちょっと色々調べてみると 結構な金額を払ったのに

対した性能、グレードではないタイヤだったなあ……と思い出す。


という訳で その時は 調べて 納得する性能の物を納得する価格でネットで購入、
近所の車屋さんで交換をお願いする

という作戦を取ろうと思った。

いつも自転車で通っている車屋さんが 取り付けだけを請け負ってくれるというのを

これもネットで調べ 電話をして相談

するとその車屋さんが

「まだ 交換するタイミングでは無いかもしれないので、私の停めている駐車場に
  お客様のタイヤの状態を後で見てきて報告しますよ」と言ってくれる。

確かに・・・今回のタイヤ交換は ガソリンスタンドで 10代ぐらいのアルバイトぽい子に

タイヤがそろそろ・・・交換の時期です・・・と言われたのがきっかけである。

本当にそのタイミングなのかは……素人の私がタイヤと睨めっこするも

そのタイミングに見えるといえば見えるし……見えないといえば見えないし…………。



「そんな事 やっていただけるのですか?是非お願いします!」というとその車屋の人(田中さん仮称とする)が直ぐに見に行ってくれて 電話が入る。


「見てきましたけど これぐらいならまだまだです。車はいつも週に何回ぐらい乗るのですか?・・・そのぐらいの頻度なら
 後、半年ぐらいは大丈夫だと思います。また気になったら電話くれれば見に行きますよ!」

とさらりと言ってくれる。

・・・・。

心の底から驚く。


この瞬間、タイミングでは 田中さんには仕事にならないのである。
お金もかからない…………。

といった事を申し上げると

「いえいえ、近いし そんな事ぐらい やらさせて頂きますよ!何かあれば言ってください!」

この一連のやりとりですっかり田中さんの ファンになってしまった。

松下幸之助の「利は元にあり」という言葉を思い出した。



これなんだ。これなんだよ。いい!

と私のようなアナログな人間はこれをやられてしまうと瞬間で落ちる。

そして大手量販店が、ガソリンスタンドができない

顧客とのコミュニケーション、絆とはこのように 心のこもった活動で

できるのだ。これぞ 経営として素晴らしい戦略であると思ってしまった。


また私は一社会人として このように 心を込めて仕事をしているだろうか?

お客様の事情に関係ない、目先の売り上げより、長く付き合うことで得られるものの方が

大きいといつも考えているのだろうか?

。。。。と大変に勉強になった。


そうなのだ。
こういう行動に人は心が動き顧客はつき 信者になるのだ。

儲けるという時は 信じる者と書く


その結果、顧客との信頼関係を作り 信じさせ お互いに相思相愛の
関係になるのである。

商売とはまさにこれなのである。



その田中さんに 心から感謝の意を申し上げ

必ずまた相談をさせていただくと約束をする。

その週末……

感激した私は 田中さんに会いに行った。

顔を見た瞬間、 この人は 付き合っていきたい人だな。

と 心のアンテナが触れ 我が家の車の問題はやっぱりこの人に
すべて相談しようということになった。



そこからタイヤ交換、ドライブレコーダー設置、車検などなど すっかり
量販店から田中さんにお世話になる関係が始まった。


というわけで 先日、バッテリー&レーダー探知機取り付けをお願いした所

ちょうど長男と次男と三人で散歩を兼ねてお支払いに伺った際に

田中さんは 万遍の笑みで我々を迎えてくれ

喉乾いてないですか!?と自分の財布から
 
缶コーヒーとジュースを 3本買ってくれ

まるで友達家族が遊びに来たかのように 振舞ってくれた。


この120円×3=360円 

金額ではないが この360円が私の中で

とても大きい。

ありがとうございます!と申し上げ

心から缶コーヒーをいただく私。

「バッテリーは車の癖を記憶させるために 設定しときましたから!」とさらりと言われ

ありがとうござます!

と お金を払わさせていただいた。


お金を払うのではなく、払わさせていただいたのである。

こういう思いになってお金の払い方をさせてくれる 田中さんに

これからも色々車の相談をしていこうと思う。

さあ 今年は車検切れだぞ!


というわけで 車屋さんの田中さんから



心のこもった行動を学んでいる話

寸又峡との出会いと今

カテゴリ:
 静岡県 寸又峡・・・美人づくりの湯 




昨日まで一泊二日の強行スケジュールで東京から250キロ弱 往復500キロを走り 滞在をしてきた。
6回目 

今回は長女との二人旅である。


出会いは2013年GW 

伊勢神宮へのお参りの帰り

名古屋一泊、伊勢鳥羽2泊、3泊 そして東京に戻る前静岡で一泊と考えお世話になったのがこの街

何も考えず 楽天トラベルで探したのがこの穏やかな温泉宿である。

この寸又峡温泉
調べると金嬉老事件(きんきろうじけん)という日本初の劇場型犯罪と言われたとんでもない事件が
起きた街だった。

うーん・・・この穏やかな街に・・・しかしこの街を逆に有名にしたのはこの事件だったようだ。

山の幸を堪能し翌朝。

朝ごはんを食べていると どうやら
宿には小学生の男の子と3歳ぐらいの女の子と大きな女の子の犬がいるようだ。

夕方に着いたのでその宿の子供達の事などに気づかなかった。

聞くと長男より2つ上の男の子と長女より2歳下の女の子
そして番犬のももちゃん。

朝ごはん後、宿の子と遊んでいい?と聞くので
もちろん!というと 二人は遊ぶ、

2時間ぐらい遊んで帰らなけらばならず
せっかく 仲良くなれたのに・・・・と思いながらも
帰京。

聞くと宿には同年代の子供がいなくて
こうやって 泊まりに来たお客様の子供と遊ぶのが
楽しみのようだ。


もう少し遊ばせてあげたいなあ・・・と思いながらも
帰京

この感覚・・・私はよくわかる。

この時2013年、1年前の GW 一念発起して フィリピンセブ島に
英語を勉強しに行った事がある。

この時の一枚がこれ



この時の詳細は今度書くとして
ここで出会った 10歳以上したの仲間に
会いたくて 2か月後にまた休暇を取り
セブ島に行った事があるからだ。


ということで
その年の秋には 帰り道に寄るのではなく
寸又峡を目指して2泊した。

喜ぶ彼とその子

そして長女も・・・

宿の皆様も 我々のことを

お客様→

その宿の子供の友達の親

としてとてもよくしていただいた。


また寸又峡 お湯がいい。

あれほどまでにヌルヌルしたお湯

そして湯の華が浮いているお湯をみたことがない。

お湯もいい
山の幸もいい
宿もいい
子供も友達同士
我々のことも受け入れてくれて
いい意味で気を使わない


そして絶景の風景

人生で一度は
渡るべき吊橋という 夢の吊橋
がドーン!とある






宿の皆様も私の子供を怒ってくれ
私も宿の子供達を怒る。 


奥方が 大量に子供の本を処分するといった事がある。
すかさずその宿の長女を思い出し 処分するなら あの宿にあげようと
全部送ってあげた。おそらく百冊は超えていたと思う。

電話すると大変に女将に感謝され
そこからこの関係ができたと思う。

まるで
遠い親戚のような感じなのである。


こないだその宿の長男が東京に学校の修学旅行で来た。
お母さんからそのスケジュールを聞き
家族総出で 一瞬だったが 彼に会いに行き
そして そこで撮った写真をお母さんに送ったりした。

彼は嬉しさと恥ずかしさが入り混じった顔で手を振ってくれた。

いいぞ・・・。 


人生でこのような宿に出会える事に感謝をし 
これからもこの絆を大切に生きていこう。 

出会いは偶然だったが
その細い糸を手繰り寄せ 強い糸にし
絆に変える。

春休みは 長女、長男を 四日程度 預かってくれるという。
是非いかしてやりたい…。


というわけで 寸又峡おすすめです。

 

今年の初記事

今日はあまりにも寒く
午前中、近所の公園へ 誰かしら遊んでいるかを見に行くが
誰もいなかった為

さすがに今日はみんな子供達も遊ばないのだ。
遊べる以上の 寒さなのだ・・・

子供は風の子
というけれど・・・

今日のこの寒い風は
子供も廃業に追い込むのだ・・・・


と勝手に解釈

子供達とスーパーで買い物をし
さっさと帰宅

午後3時過ぎ・・・ピンポンを来客
マンションの隣の子供が「すみませーん 〇〇です!」
と来る。

結構、隣の子供とは仲が良く
いつも遊んでいるので

「おお!どうした〇〇!(彼の下の名前)」

「針金貸してもらえませんか?」

「針金!?なんだ!? (博多ラーメンか!?)〇〇
どうした? 今開けるから待ってろ」

我が家のドアを開けると
彼と彼の友人がいた。

事情を聞くに 家に鍵を置きっぱなしで出てきてしまったとのこと。
お母さんが出かけてしまい 家に入れないとのこと。
オートロックは 住民の方がたまたま開けてくれて入れたとのこと

だから針金で鍵をぶち壊して開けようというのだ。

「おいおい ・・・針金で開けちゃまずいだろ・・・母ちゃんに電話してみろ」
「電話したけど6時頃まで帰ってこれないんだって・・・」
「針金はないな・・・お前でもそれはまずいだろ・・・」
「うん・・・」と自転車の鍵を鍵穴に入れようとする彼
「お前 やめとけ!」

とりあえず 寒いし
うちに来るかと 二人に声をかけてみるが
よく考えたら 彼の友達は面識がない

うーん
親御さんの許可を得ないとまずかしら・・・
まずは彼に親御さんに電話してもらって事情を説明し・・・

などと色々考えていると

児童館へ行くという

丁度彼と同級生の我が家の長男も
児童館に行っているのを思い出し

「うちのあいつも行っているので
一緒に遊んであげてくれ!」

と二人は行ってしまった。


と針金を貸してくれませんか?と突然言われてたのは人生初

という話。

今年も身の回りに たくさんの 面白い ワクワクすることが起きますように



 

このページのトップヘ

見出し画像
×