この連休に 寸又峡温泉に行ってきた。
今年は2月にも行っているので今年は二回目

通算………10回目かな………。

寸又峡との出会いは前回のブログに書いているのですが
今回も お金で買えないような色な出会いと体験をさせて頂きました。





















えいやー!

これは岩魚を火で炙り旨味を閉じ込めてから ぬる燗の日本酒に入れる岩魚酒………

まじでうまいです………女将に頼んで おかわりをしてしまった………。

悪酔いしません!、まじでうまいです!



























これは集落唯一の蕎麦屋でいただく 1300円のスペシャル蕎麦

お盆とゴールデンウィークと正月が
全部来ちゃったーぜーーどーーーん!という感じ。

岩魚、山菜、川海老………蕎麦も手打ちなのだ。

寸又峡に着くと必ずこの蕎麦屋でビール飲みながら
この蕎麦をやっつけるのが常


というわけで今回もいろんな事があった寸又峡

実は長男と次男と三人+今回は 後輩を連れてきました。

その後輩はこの4月に転勤で東京を離れてしまうので 送別会を兼ねて 一緒に
二泊で旅行に行ったのです。

正確に言うと 愛車アルファードにて車中一泊なので三泊四日

彼は社外の後輩で三年前に仕事で出会ったのですが、心がキレイだなと思った第一印象。
仕事以外でも仲良くなり、共通の趣味が釣りという事でしょっちゅう釣りに行ってたんです。
長男と一緒に行ったりしていたので、長男とも仲良し

後輩というかたまたま年下だったというだけです。

しかし今回初めて一緒した
長女が懐くこと懐くこと………。

一緒にお風呂に入るは(うん将来はこういうやつを選んでくれ!と思う父)………手をつないで 夢の吊り橋1時間半のハイキングコースを歩いてしまうは…………。おんぶをせがむは……ナンダカンダ……。
ベッタリ。

心がキレイな彼なので お前さんたちもわかるんだなーーと思いながら仲良く四人旅



彼の事も 私の常宿の主人、女将も気に入ってくれ とってもいい時間を過ごせました。

私が好きな人と 好きな人をつなぐことでまた好きになってくれる……。

これって人生のとっても大きな楽しみ方のひとつだなあーー。としみじみ


彼はまたクリスチャン(プロテスタント)なので 一緒にいる間、色々………カトリックとの違い、歴史、想いなど
など興味津々で色々初めて聞くこともでき大変にいい時間。


日本史オタクの私には 仏教伝来から鎖国までという日本とキリスト教との関わり程度しかしらないので……新しい知識ばかり……


この後輩との出会いと思い出は 今度書きます!

というわけで

彼と一緒にいった足湯カフェがこれ!

寸又峡のお湯は 湯の華が浮きまくってます。
こんなに湯の華が浮いている足湯……初めてです……^_^



























宿には今度中学生になる男の子と 4歳の女の子がいます。

長男と長女と仲が良くさせてもらってるのですが

お客様の食事の後片付けをその宿の子供達がやるので
いつもの如く
長男と長女も手伝わさせて頂く

手伝えーと言ったわけでなく
彼と彼女が自発的に手伝うんですね!

なぜなら……

早く片付けが終わる→時間ができる→一緒に遊ぶ時間が増える というロジックなのです。

このような何人も食べ終わったような食事の後片付けを させてもらっている子供達を見ながら

なんて素晴らしい経験をさせてもらえるのだろう?
私は子供のとき、このように 宿で片付けなど一回もやらさせてもらったことがない。
まさにこれこそが リアルキッザニア……。すげえなあ……。

また宿の主人、女将も 当たり前のように 色々指示を出してくれるので

大変に家、塾、学校で学べないような社会勉強をさせてもらえるのです。

長男が お客様の為に 日本酒やら ビールやら なんらやらを運んでいると


































なんと!そこの同じく常連のお客様はヨガの先生!

というわけで子供達に即興のヨガ教室が開校したのです!

興味津々で色々やる子供達!

父親の私は先生にすかさず………日本酒ビールを注ぎに………

ヨガの先生に直接指導を頂くこと30分!

素晴らしい経験をさせてもらいました。

私は飲んでいただきですが………。


おかげさまですっかりお手伝いにも慣れてきた二人

父親としていいぞ!お前たち!と思いながら帰るときに………。


お支払いをお願いします と主人と女将に言うと

この封筒を渡されたのである。




































女将より 長男と長女がこの三日間 本当に手伝ってくれたからこれは
お駄賃です。お父さん 何も文句を言わず 二人に渡してあげてください……。
本当に二人は頑張ってくれた!

中身はお札だった……。

今まで宿に泊まり、お支払いをするという事が何回もあったが、逆にお金をもらったのは初めてである。

受け取れません……こちらこそが 色んな勉強をあの二人にさせてもらいました。

と固辞するも、頑なに……という事で 頭を下げて頂くことにした。

次回は いりません……。もうちょっとこき使ってください!と言い返す。

こういう出会いができるからこそ、旅が大好きなのだ。

このように出会えて、そして受け入れて 付き合ってくれる
宿に出会えたことに感謝をし これから先も一生付き合っていこうと心から思った。

この宿での色んな体験はお金では買えないものだ。
こういった目に見えない価値こそが

私がとても価値を感じるもので 生きていく
活力になるのである。

いい……。やっぱりいいな………。






















何度も何度も申しあげるが……寸又峡いいところです。

この宿との出会い、price less.......