ブログランキングライブドア&ヤプログランキング にほんブログ村 格闘技ブログへ 週刊ブログランキングランQ

それぞれ1日1回ワンクリックしてください!ランキングにご協力をお願いできればまことにありがたいことであります!!!

白鵬(左)と2敗で並んだ優勝決定戦、朝青龍は豪快な下手投げで制し、16度目の優勝を飾った【写真は共同】

 さて今回は、大相撲千秋楽の話題であります。朝青龍が優勝決定戦において白鵬を下し優勝を飾った!!

 大相撲春場所は26日、大阪市浪速区の大阪府立体育会館で千秋楽を行い、史上初となったモンゴル勢同士の優勝決定戦の末、東横綱朝青龍(25)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、高砂部屋=が、場所後に大関に昇進する東関脇白鵬(21)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、宮城野部屋=を下し、2場所ぶり16度目の優勝を果たした。
 モンゴルのエンフボルド首相が観戦する中、本割では白鵬が大関魁皇に、朝青龍は大関栃東に敗れ、ともに13勝2敗。決定戦は朝青龍が右下手投げで貫録を見せた。また、今場所の三賞はモンゴル勢が独占した。
 西大関魁皇(33)=本名古賀博之、福岡県出身、友綱部屋=は8勝7敗と勝ち越し、9度目のかど番を脱出した。

▽殊勲賞 白鵬(3)
▽敢闘賞 旭鷲山(2)
▽技能賞 白鵬(2)安馬(2)

〜以上スポナビ抜粋〜

 オイラ、ここ最近あまり相撲をじっくり見ることなかった。そんなオイラが今日の千秋楽は素晴らしかったと感じてしまった。

 まず、13勝2敗の白鵬と7勝7敗の魁皇であるがどちらも負けられぬ大一番になったんだよね。白鵬は優勝を狙える負けられない取り組み。一方魁皇はかど番で負けたら引退も匂わしてる為、魁皇はここ最近ないような鬼神のような表情であった。

 従ってこの取り組みには日本人である魁皇の声援が凄かったし、その魁皇も期待に応えた。魁皇は右上手をとるとそのまま寄り切ったまさに渾身の大相撲であった。こうなると朝青龍の負けも期待する。

 ぞの朝青龍もらしくない相撲で栃東に寄り切られた。栃東も12勝3敗にしたため来場所の綱取りに挑む事になった。

 そして行なわれた優勝決定戦の朝青龍と白鵬だが朝青龍は支度部屋でどっしり精神統一をしていたが白鵬はぶつかり稽古で体を動かしていた。もちろんその後の取り組みは大相撲になった。でもこのときの心情の流れか勝ち急ごうと出てきた白鵬に見事上手投げ。この辺の精神力の持って生き方は横綱らしかったね!!

 今後は朝青龍の一人勝ちは無くなるだろうね!!今の相撲の面白くないとこはこの一人だけが抜きん出て強いとこ。日本人の栃東が横綱になりいい形で東西に横綱を従えて引っ張り、琴欧州とい白鵬が面白くする。この形ができれば盛り上がってくるんだけどね。

 その為に栃東には絶対優勝しなくてはならないだろうね!!