ブログランキングライブドア&ヤプログランキング にほんブログ村 格闘技ブログへ 週刊ブログランキングランQ

それぞれ1日1回ワンクリックしてください!ランキングにご協力をお願いできればまことにありがたいことであります!!!

 さて今回は、PRIDE無差別級GP2006開幕戦のPPV観戦記速報であります。

PRIDE無差別級グランプリ2006 開幕戦
5月5日(金・祝)大阪・大阪ドーム 15時開場 17時開始

<第1試合 スペシャルワンマッチ>
×ギルバート・アイブル( 1R 4分55秒 KO )ローマン・ゼンツォフ○

 1R,開始早々から攻撃をしかけるアイブルだがローマンは難なくテイクダウン。腕ひしぎを仕掛けるがなんろか反転し上になるアイブル。その後はまたもローマンが上になりコツコツパンチを入れる。その後ガードからパンチ一線。アイブルちょっと嫌な表情。さらにサイドからアームロックを極めに入る。なんとか起き上がったアイブルに左フックがもろに入り、KO勝利!!

<第2試合 PRIDE 無差別級 GP 2006 1回戦>
×アリスター・オーフレイム( 2R 3分43秒 アームロック )ファブリシオ・ヴェウドゥム○

 1R、いきなりとび蹴りを見せる、ファブ。その後はお互いスタンドで様子を見る展開。グランドに持っていきたいアリスター抱え込んでテイクダウン。そのごスタンドに戻り、またも様子を見る展開。ファブは攻め倦んでるのかアリスターのテイクダウンはあまり受けたくないのかな??残り時間ないとこでアリスターがサイドを取ろうとしたとこで1R終了

 2R、打撃の打ち合いが激しくなる。ファブがテイクダウンをしたがかいくぐるアリスター。しかし打撃ではファブ優勢かそのごテイクダウンフロントチョークの形に入るがアリスターが場外にでてしまいスタンドから。アリスターはそのままテイクダウン。ガードポジションで息を整える。しかしファブが左腕を取り、そのままアームロックの形。一度はずそうと試みるがファブの技あり1本。素晴らしい勝利だね!!

<第3試合 PRIDE 無差別級 GP 2006 1回戦>
×高阪 剛( 2R TKO )マーク・ハント○

 1R、高坂が突っ込んでテイクダウンを持ち込むがハントが上になる。ハントは密着しながらコツコツパンチを入れる。しかしハントはスタンド勝負。高坂は立ち上がったところ打撃で奇襲。その後高坂のミドルがハントの急所に入った為。中断。再開後ハントの右パンチが決まる。くずれ落ちるも高坂ひるまない。そのごグランドからバックに回り。高坂チョークスリーパーを狙う。なんとか逃げようとするハント。高坂はそのまま腕をとり下から腕ひしぎを狙う。吉田vsハントのような形、しかしハントはなんとか逃げる。ウォー!!大チャンスだったのに。しかし打撃戦勝負。高坂が打撃で前にでる。すごいぞ高坂、高坂も打撃を食らい鼻血がでるが、「こいよこいよ」とすごい形相。倒されても倒されてもハントはスタンド勝負、高坂も膝蹴りから突っ込む。高坂が絶対下がらない。高坂足が利いている。そのままハントの打撃を受けきって1R終了!!涙出てくる!!高坂!!!!!!!

 2R、様子をみる両者。ハントの打撃が決まってくる。高坂もカウンターをあわすようにパンチを返す。高坂、ドクターチェック。再開。ハントが右ハイを狙うが高坂は足をとってテイクダウン。サイドにいくがまたスタンド勝負。今度はタックルに行く高坂。そのたびにきっていくハント。攻めてが欠けてきたか。前に行こうとする高坂にハントの右ハイ。高坂倒れない。しかしパンチが出ない。動けない高坂。ここでレフェリーに止められ、TKO!!

 TK引退!!でもこの攻撃は涙がでた。必死に向かっていく高坂。恐らく足は動かないだろう・・・それでもひるまず向かっていく高坂!!意地を見せてくれたよ!!

<第4試合 PRIDE 無差別級 GP 2006 1回戦>
×エメリヤーエンコ・アレキサンダー( 2R 1分57秒 アームロック )ジョシュ・バーネット○

 ある意味。これが一番勝敗の予想しにくい対決。

 1R、アレキの体の絞り方がすばらしい。アレキが膝を狙うがジョシュはなんとか打撃で応戦。その後まわりから突っ込んでいって攻めてをふさぎなふぁらパンチを放つ。アレキのパンチが決まってくる。ジョシュもひるまず前に行こうとする。しかしアレキちょっと攻撃で有利になってきたか。ジョシュはテイクダウンを狙いたい。その後も打撃の打ち合い。ジョシュもカウンターでパンチをあわす。アレキがアッパーから膝蹴りにいき、ジョシュ出血。ノーガードから攻撃を仕掛けるアレキだがジョシュもパンチをあわす根性比べ状態。ちょっとアレキが疲れてきたか。ジョシュが攻撃を緩めず1R終了!!うーんどっこいどっこいか!!

 2R、アレキがやはり疲れてる。ジョシュが組み付きテイクダウン。ジョシュがサイドからネックロックの体制。そこから膝を入れる。そして腕をとりアームロック。アレキスタミナ切れ!!腕が伸びきって力が入らずギブアップ!!

<第5試合 PRIDE 無差別級 GP 2006 1回戦>
○藤田和之( 1R 8分25秒 KO )ジェームス・トンプソン×

 1R、トンプソン奇襲をしかけない。みていく藤田。藤田は胴タックル入るがきっていく。トンプソン冷静にみていく。コーナーに押し込み膝を入れるトンプソン。藤田は嫌な表情。藤田はタックル入るが踏み込めない。トンプソンがさらに押し込み膝を入れる。ちょっと藤田攻めあぐねてる感じ。しかも場内も静かに見届けてる。藤田はなかなか入れない。組み付きジャら膝が入る。さらに膝が顔面直撃。膝が何発も入る。両者流血戦。トンプソンの膝が上がらなくなってきた。藤田は足をかかえテイクダウンを持ち込みたいが、そのまま押しつぶされコツコツパンチを入れられる。その後スタンドに戻り藤田のアッパーが入る。アッパー連打連打。その後打ち合いになる。激しい打ち合い。トンプソンの動きが止まる。それでもお互い打ち合いをやめない。しかし藤田が殴り勝ち、トンプソン最後は崩れ落ちKO勝利!

 最後の右フックはもろに入った。藤田危なげながらも折れない心!!なんとか勝利にこぎつけた!!

<第6試合 PRIDE 無差別級 GP 2006 1回戦>
×美濃輪育久( 1R KO )ミルコ・クロコップ○

 1R、ミルコの打撃で吹っ飛ばされる感じ。美濃輪はテイクダウンを持っていきたい。しかしミルコはきっちりきっていく。美濃輪は胴回し蹴りをいくがミルコどうせず。そのままグランドの体制から打撃の連打!!たまらずレフェリーも止められ試合終了!!やっぱウェルター級GPに出るべきでしょう!!

<第7試合 PRIDE 無差別級 GP 2006 1回戦>
○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ( 1R 2分17秒 腕ひしぎ逆十時固め )ズール×

 1R、ズールがテイクダウン狙うがノゲはかいくぐってサイドポジションにもっていく。わき腹をコツコツやりながら攻撃。ズールは密着して攻撃させないようにする。ノゲは膝蹴りも入れていく。そのままマウント。顔面打撃から腕ひしぎと教科書通りの勝利!!やっぱズールじゃなあ!!

<第8試合 PRIDE 無差別級 GP 2006 1回戦>
○吉田秀彦( 1R 2分33秒 三角締め )西島洋介×

 1R、やはり様子見る吉田。ハイキックヴぁども見せるが、こーナーでテイクダウン。マウントから密着でしめる吉田。そのまま三角締めが完璧に決まりギブアップ勝ち。吉田、合わせなかったね。ちょっとあっけなく倒れすぎ。吉田もできることならもう少し見せてもらいたかったね。

 ってことで全試合終了しました。ほとんど想定内の試合が続き、なんとなくサクのショックなどもあり淡々と試合が終わりました。それでも高坂の試合はオイラの心にグッとくるものがあったね。とにかく善戦ということではなく打ち合って打ち合って、これは・・・もしかして・・・と思わせるような試合を築いていった。素晴らしかったね。そしてノゲとミルコ、吉田にはもう少しみせてもらいたいという気持ちもあったがまあしょうがないか。これで8人が揃いました。ある意味ここからの8人のカード編成はどれも興味もてるかな!!

ちなみにオイラの希望カードは・・・

ファブリシオvsノゲイラ

ヒョードルvsハント

吉田vsミルコ

藤田vsジョシュ

いやー他のカードもありえるな、皆様、カード予想してみてください!!

それよか榊原社長の桜庭のコメントが気になるオイラでした!!