ブログランキングライブドア&ヤプログランキング にほんブログ村 格闘技ブログへ 週刊ブログランキングランQ

それぞれ1日1回ワンクリックしてください!ランキングにご協力をお願いできればまことにありがたいことであります!!!

 さて今回は、ドイツワールドカップ予選リーグ戦の試合結果です。

終了間際、ヌビルが勝ち越しゴール

 スペイン4−0ウクライナ

 チュニジア2−2サウジアラビア

 ドイツ1−0ポーランド

 スペインが初戦大勝で好発進。前半から中盤を支配すると、13分シャビのCKからシャビ・アロンソが先制点を挙げ、16分にもゴール前25mのFKをビジャが直接決め2点リードで折り返す。後半に入ると3分にビジャのPK、36分のフェルナンド・トレスのゴールで突き放し、守備陣もシェフチェンコに仕事をさせず完封した。ウクライナは得意のカウンターが再三オフサイドに掛かり不発。後半開始早々には退場者を出し完敗した。

 チュニジアが辛うじてドローに持ち込んだ。前半23分、FKのこぼれ球をジャジリがボレーで決め先制。後半逆転を許したが、敗色濃厚なロスタイムにジャジリのクロスをジャイディが頭で合わせ追いついた。サウジアラビアは後半38分に途中出場のアル・ジャベルの98年大会以来となるゴールで一時は勝ち越したものの、終了間際に失点。勝ち点3は失ったが4度目の出場で初めて初戦で勝ち点を獲得した。

 ドイツが辛勝ながら決勝T進出へ大きく前進した。前半は復帰のバラックを中心に速攻を仕掛けるが無得点のまま終了。後半30分にポーランドのソボレフスキが退場となり数的優位に立つと猛攻を開始。しかしポーランドDFの必死の守りの前に得点を奪えず、そのまま終わると思われたロスタイム、オドンコーのセンタリングをノイヴィルが押し込み貴重な勝ち点3を挙げた。ポーランドは最後に力尽き、2連敗で苦しい状況となった。

  〜以上スポナビ抜粋〜

 昨日はスペイン戦でダウンしてました。ってか圧勝でしたね。スペインの猛撃をかいくぐる為の手段でカウンター攻撃せざるおえなかった感じのウクライナ、全部読まれていましたね。

 その後の試合はチュニジアが踏ん張った感じ、ドイツは相変わらず危ない試合が続いており、まあドイツらしいといえばドイツらしいか。

 一方に日本の情報ですが、先日のオーストラリア戦での審判が叩かれてるみたいで、日本の得点は明らかにキーパーチャージだったが、駒野が倒された場面でPKにしなkったのも誤審をみとめたらしい。なんか日本はそういうの多いね。ここでPK決めてたら流れも変わっていたのかな。まあの試合だったらモチベーションを戻すのが難しいと思うが・・・。

 そして、今度のクロアチア戦は4・4・2で挑む事になりそう。中盤に小笠原を入れて坪井をはずす戦術。これでメンタル的に危機感をもってやってくれれば勝利できるであろうか。後は、奇跡を信じるしかないですかな。