ブログランキングライブドア&ヤプログランキング にほんブログ村 格闘技ブログへ 週刊ブログランキングランQ

それぞれ1日1回ワンクリックしてください!ランキングにご協力をお願いできればまことにありがたいことであります!!

 さて今回は、新生オシムジャパン!!日本vsトリニダード・トバゴであります。屈辱のW杯から初めて日本代表の試合を行ないました。

日本2−0トリニダード・ドバゴ

この試合、2点目のゴールを奪ったのも三都主

オシムジャパン幸先の勝利!!

サッカー日本代表は9日、「KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ 2006」のトリニダード・トバゴ戦(東京・国立競技場)のメンバー!!

GK:川口能活(cap)
DF:三都主アレサンドロ、田中マルクス闘莉王、坪井慶介、駒野友一
MF:田中隼麿、鈴木啓太、長谷部誠、山瀬功治
FW:我那覇和樹、田中達也

前半17分 日本 GOOOOOAL!! ゴール正面約20メートルの位置で得たFKを三都主が左足でキック。ボールは鋭く曲がり落ち、ゴールに吸い込まれる。三都主がオシムジャパン初ゴールをマーク!

前半22分 日本 GOOOOOAL!! センターサークル付近でボールを受けた駒野が、DFラインの裏に浮き球のパス。2列目から飛び出した三都主がパスを受けてGKと1対1となり、落ち着いてループシュート。これが決まり日本がリードを広げる

サッカー日本代表、オシム新監督の初戦となるキリンチャレンジカップ2006のトリニダード・トバゴ戦が9日、国立競技場で行われ、日本が2−0で勝利し、オシム監督の初陣を飾った。

 日本は前半18分、ペナルティエリア前中央、約25Mで得たFKを、三都主が左足で直接ゴール左隅へきめ、先制した。さらにその4分後、前半22分には、ハーフウェー付近左サイドからの駒野のロングパスをDFライン裏へ抜けて受けた三都主が、GKとの1対1を冷静にループシュートで決め、この日2点目を挙げた。

 前半を2−0で折り返したオシム監督は後半、ベンチのメンバーを5人投入。やや押され気味の時間帯もあったが、合宿で行われた複数の選手がボールに絡む攻撃もみられた。後半から途中出場した、注目の小林大悟もミドルシュートを放つなど積極的に攻撃に絡んだ。守備面では、FWグラスゴー、MFワイズらを中心とした素早いトリニダード・トバゴの攻撃にヒヤリとする場面もあったが、闘莉王、鈴木啓太を中心とした守備陣が持ちこたえた。

 上々のスタートが切れたね。ちょいと危ない場面もあったがなんといっても新鮮さを感じた。まだまだ松井とか見てみたい選手もいるし今後のメンバー召集も気になるところ。楽しみだね!!

 後半の一回でつなげるパスなど今までに見られない連携も見られたしね。オシムのことだから先の先まで考えているのだろうね。