2006年05月16日

『エンジェルスノー』みましたぁ!

スノーエンジェルポスター『エンジェルスノー』イソンジェ、コソヨン共演
하루(A DAY)...一日 ハンジスン監督.....2001年作品
junsanga的評価 ★★★★☆ (4つ...うーんなかなかの感じ)
〇匐 弊屬舛磴鵝砲箸いΕ董璽泙なかなか重いので、観る人によってはかなりツライし実際子供を欲しているのに不妊治療で悩むカップルが観たらシビアすぎる内容なのかもしれないけど.....ともかくいろいろ考えさせられました。韓国ではR−15指定だったみたいです。ほんのちょこっとお気をつけを.....
⊆膠藹優コソヨンさん...私は『恋風恋歌』でこの女優さんみたことあるのですが...独特の雰囲気があってなかなかですよね!この作品で2001年第38回大鐘賞の主演女優賞を獲得してます...なるほど!納得と思いました。この年は韓国映画は名作揃いで『JSA』が作品賞(大賞)です。

3イソンジェさんに関しては初見だったのですが、この映画の作りがいいのか?演技も勿論いいと思いますけど.....キャラクターとして優しさ旦那さんとしての優しさ一杯なのが良かったかも...ネタばらしみたいな部分が3回私は感じて...どれも『そっか...』と思って微笑みが印象に残りました。
せ笋蓮∪議召覆箸海蹈劵蹈ぅ鵑鯀缶姪に思い入れしてわかる〜って観ていませんでした。むしろ私は自分のエゴなんじゃないの?と思いつつ鑑賞 ⇒ 鑑賞を終えて...でもそうなのかもなぁ〜と...わかる気もする!に変化...途中は結構叔母(育ての母)に感情移入出来ていたかも...
タ郵授精による不妊治療、臓器移植、養子縁組などの現代的な問題.....韓国では昨年の出生率が1.08人(DCN2006/05/08)日本でも少子化が問題になってますよね〜... まぁ〜いろいろ考えさせられちゃいました。悲しみに大号泣はしなかったけど、二人の夫婦間の愛情にほろっと涙するそんな感じでした。 観てソンした気分はしないし、ちょっと...気持ち的にはハッピーエンドに思いたいけど...どうかな?って感じで...

1【ちょこっとイントロ】..........幸せそうな結婚式のシーンからオープニングシーンから...おもちゃデザイナーのソンギュン(イソンジェ)&アパレル関係に勤めるジヌォン(コソヨン)のカップルはとても幸せそうな雰囲気....でも結婚して6年、強く子供の出産を望むジヌォン...ジヌォンは幼い頃、両親を亡くし叔母が母親がわりとして育っていたので、『結婚して子供がいて...』という家庭に強く憧れていて...なに不自由ない生活に一つ足りないのは子供がいないことだった... これまで夫婦協力をして不妊治療を行ってきたが夫に原因がある様子... これを最後とする覚悟で人工授精で妊娠するのですが...

2【ちょこっと感想】(ネタばれですのでお気を付けください)..........このヒロインのジヌォンのキャラクターが 綺麗な絵に描いたようなヒロインすぎない!むしろすごく自分勝手で自己中心的すぎる!って途中少し怒ってもいました。特に育ての親=叔母さんにツラクあたるシーン『子供を産まなかった人にはわからない!』...このヨジャなんてこというんだぁっ!って...ジヌォンがいて結婚もせずに生きてきたのに叔母さんのほうがよっぽどかわいそうに思ってました。 このコソヨンさんの演技ってエキゾチックな雰囲気のわりに細かい表情で台詞の間を埋めるような感じがちょっとしました。 最後のトライは見事成功して...喜びのシーン結構良かったです。テパートの売り場での『キム次長@冬ソナ』はコメディー系のご出演で笑いとして”とてもおいしい”かな!? 妊娠に大喜びのソンギュンだったのにチョット冷たくなっていた理由が 子供部屋のドアを開けるとわかるシーンは、一つ目のビックリでとっても良かったです。 胎児に問題があってからの展開...実は妊娠できなかったのは夫ソンギュンではなく妻ジヌォンに問題があったらしく、それを隠してウソをついていたソンギュンの優しさ...これが私は2つ目だったです。 中絶するのか?どうなのか?...実際は精神的に耐えられないから諦めるとは思いますけど...それでも出産を決意するジヌォン...そしてソンギュンも..........妻ジヌォンが精神的に持たないかなぁ〜?って鑑賞していたのですが...出産までの描き方は観ていてホント苦しい...そして予定通り(悲)の出産...せっかく女の子を授かったのに8時までにって...病院を抜け出してしまった夫ソンジュンにどうして???って思っていたのですが...生まれてきた女の子の寿命は一日...生まれてきた子供とガラス越しに対面する母となったジヌォン...病院に戻ってきたソンギュンの手にはなんと 住民票!!助からない命だとわかっていても出生届けを出していたんだねぇ〜...って(じんわり涙...)...たった一日でも母となったジヌォンが病院の医師に移植手術同意することを自分から言うシーンに...ちょっときますよね... 結局生まれてきた子供は天国に... 二人にはそれでも授かったのかな... この後あの向かった保育園から子供をひきとったのかな?って感じで鑑賞終了! 情緒たっぷりのカメラワークはやっぱり韓国映画的でよかったかなと...エンドロールまでしっかり余韻を楽しめました。

エンジェル・スノー■韓ドラのたまり場.....韓流な映画関連記事はこちらからどうぞ!
■韓たまバックナンバー.....『イルマーレ』『春の日は過ぎ行く』など4作品!
■韓ドラのたまり場....チャンドンゴン、コソヨン共演作『恋歌恋風』鑑賞記事はこちら

■DVDはこちらです ⇒⇒⇒エンジェル・スノー(アマゾンリンク)
※いつもだと『原題=韓題』のほうが作品にしっくりきて『邦題』は何で?っていうパターンが多いですけど....
私はこの作品に関しては『エンジェルスノー』のほうが良かったかな!って思いました。 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『エンジェルスノー』  [ お気に召すまま ]   2006年05月16日 16:07
昨日BS2で放送されたので久しぶりにこの映画を見ました。 [製 作 年] 200
2. 映画 『エンジェル・スノー』  [ ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆ ]   2006年05月16日 22:30
若い夫婦が様々な困難に立ちむかい、 絆を深めていく姿を描いた韓国映画の感動作。 夫はおもちゃ会社に勤め、妻は衣装デザイナーとして働く仲のよい夫婦。 結婚して6年の月日が経つが、子供を授からずに不妊治療を受けていた・・・ 泣きました・・・ 6年も不妊治療を...
3. エンジェル・スノー  [ お気に入りの映画 ]   2006年05月17日 19:29
2001年 韓国映画 監  督 ハン・ジスン 出  演 イ・ソンジュ、コ・ソヨン、ユン・ソジョン、キム・チャンワン あらすじ ソギュン(イ・ソンジュ)とジヌォン(コ・ソヨン)は結婚6年目の夫婦。仕事も家庭も順調な2人にも、たったひとつだけ悩みは...
4. 『エンジェル・スノー』を観て  [ トモトモのヨンヨン日記 ]   2006年05月20日 01:09
 2001年、ハン・ジスン監督。原題は『一日』。 不妊治療に悩む夫婦のお話…とい

この記事へのコメント

1. Posted by キャサリン   2006年05月16日 16:06
こんにちは〜。私も昨日見ましたよ。
ずっと前に見て部分的に忘れているところもあったので今回また新たな気持ちで見ることができました。
前半ジヌォンの結構身勝手な発言や心無い言葉に「う〜ん・・・」と思ってみていましたが彼女の心の傷やさびしさがわかるにつれて少しずつ理解できました。そして子供に語りかけるような日記や子供の異常を解った上で最後まで貫こうとした心に感動し、また胸を痛めました。
イ・ソンジェは氷雨のときも思ったのですが普通の一般的は男性の役がとてもうまいと思います。生まれた子供を見て『僕に似て可愛い子だ』と言うあのシーンは心に残りました。
TBさせてもらいますね。
2. Posted by panda   2006年05月16日 22:38
じゅんさん、こんばんは〜私も見ましたよ。
子供が産まれて、ソギュンがどこかへ行くシーンは、
きっと戸籍を届けに行くと、気付いてはいたのですが、
住民票を持って帰った時は、ジーン。。。

私はジヌォン目線で見てました。でも、確かに自己中ですね^^;
叔母さんに辛く当たるシーンは、
本当の親と思うからこそ、言えたのかな?と思いました。
私も自分の母には、ついキツく・・・

叔母さんが良かったですね。
ドングリの粉が売ってると言ったのに、
自らドングリを取りに山に行ったり、
そして「私とあの子は二人で一人…」の部分のセリフは、感動でした。
全てを知った上で、いいママになれると言ってくれ、
涙を堪えて見送るシーンは、かなりもらいましたよーー
3. Posted by じゅん   2006年05月17日 12:41
■キャサリンさん♪
こんにちは!コメントありがとうございます。
名作系の映画をテレビで放送してくれるのも結構いいですよね♪
この映画 思いのほか満足でした。 私も 最初はジヌォンって身勝手
で ちっとイヤなタイプだなぁ〜とも思ったのですが... 結果なかなかでした。
作品の力も感じるし、映画としてもうまいなぁ〜と思いました。

イソンジェさん...『僕に似て可愛い子だ』 台詞と表情が私も印象に残りました。
また、お立ち寄りください。
4. Posted by じゅん   2006年05月17日 12:45
■pandaさん♪
こんにちは! コメントありがとうございます。
気が付いていたんですか...pandaさんすごーい!(笑)
結構、マジぼけでみていたんで...住民票持ってきたシーンはすっごい感動しちゃった...です。

私は叔母さんがいいなぁ〜と...
ドングリの料理? 作りにきたシーン特にですけど...
ジヌォンも大変な人生だったかもですけど、叔母さんのほうの苦労が
なんか 感じちゃったかな....
「私とあの子は二人で一人…」の台詞...たしかに良かったです。

ドラマの間の映画もいいですよね〜☆
また、お立ち寄りください。
5. Posted by 春花   2006年05月17日 23:25
じゅんさん、こんばんは〜
観たかった映画なので、嬉しかったです。
いつだったか深夜に偶然「美術館の隣の動物園」を見て慌てて録画し、何度も見ました。「美彼女」のシム・ウナさん目当てだったんですが、イ・ソンジェさんの本当にそのままみたいに感じさせる自然な演技にも感動しました。笑顔が印象的でした。
今、「デイジー」が上映されてるようですが、映画館に行けない私にはやっと観られたソンジェ作品で、あのやわらかな笑顔に会えて悲しいストーリーなのに、温かい気持ちになれました。

じゅんさん、レビューしてくださって有難うございました。
6. Posted by じゅん   2006年05月18日 08:49
■春花さん♪
こんにちは! コメントありがとうございます。
この映画私も 鑑賞して得したなぁ〜って思いました。とても好印象です。
「美術館の隣の動物園」...も評判いいんですよね〜またチャンスがあればチェックしてみようかと...シムウナさんも素敵な女優さんなのでいいかも!

人それぞれで...全部が全部映画館で観るのは大変だし、
テレビで映画の名作放送はホント大歓迎!って感じで.....

レビューなんて...そんな 走り書きの感想ですけど...
同じ観た人がいると.....あーだった こうだった って楽しいですよね♪
また、お立ち寄りください。

P.S.勢いで『純愛譜』みたんですけど...こちらは私はダメでしたぁ〜
まぁ〜そういうのもあったりしますけど(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔