ゲットだぜ〜 決め手は「書き下ろし 特別編」という…

ポケモンGOのはなしではなく、アドラー心理学のはなしです。
特集が組まれた週刊ダイヤモンド 2016/7/23号、最後まで悩み、結果ゲットでチュ〜

決め手になったのは、「ここでしか読めない!! 書き下ろし 特別編 『嫌われる勇気』」でした。
image


何度か書店で吟味してまして、図の使い方に惹かれてもいました。
image


いずれ積ん読本たちが解消されていったなら、必ずやゲットしようと思っていた「青年と哲人の対話」、
image

その『書き下ろし版』『 ここでしか読めない!!』に、結局抗えず。

これ、昨日読み終えた、脳科学&心理学の知識で書かれたムダづかいやめる本の中で、【心理的リアクタンス】として紹介されている、「特別感に脳が毒され、衝動的行動に出てしまうクセ」そのものなのですが、根っから欲しいのだから、衝動的ではないので、これでいいのだ! ということにしました。

ポケモンGOはGMみたい…

いい悪いじゃないし、否定してるんじゃないですからね。
僕にはまったく合わないとは言いますけど…

ポケモンGO、リリース以来、やってる人をそこかしこで見ますね。
本当、すごい人気。
子供メインではないぶん、大人が相当やってるので、未だかつてないほどのブームのように感じます。

スーパーで長ネギの前でモンスターボールを投げつけてたり、電車待ちしてるホームでスマホの画面をガン見してたり。

テレビで映してた、どこぞの公園に押し寄せてる大人プレーヤーたちの多いこと…

事故もあちこちで起きてるみたいだし…

ポケモンGOは結局、やってなくて、やってみようかな?とも思ってません。

その元となったIngressには、体力の限界までのめり込んでいたわけですが…

そこでこのふたつのゲームの違いはなんなのか、考えてみたところ、Ingressはガンダム、ポケモンGOはGMだというのが結論です。

Ingressはそれが面白いのかどうなのか、知ってる人は周りには皆無で、自分でやらないとわからなかった。
ポケモンGOは、Ingressを元に、いいところを集め、マニアっぽい・偏執な部分は削ぎ落とし、つくられたもののようで、深く掘り下げなくても、大勢の人がとっつきやすいように、楽しめようになっている。

革新的で実験的なガンダムと、その成功から作られた普及版・廉価版・汎用タイプのGMやボールにとても良く似ているな、と思いました。

とても独創的だった1stガンダム、オンタイムではマニアが食いついたのみで、大した視聴率ではなかった。
けれどもどんどんファンは増え、話題になっていったのとダブります。

これゲームのプレーヤーにも言えそう。
ポケモンGOはあまりにも多くの人がやってるので、たぶん、その世界で個性を出したりといったことは、まだあまりないんじゃないでしょか?
別に認証欲求のためにやるわけじゃなければ、そんなの関係ないでしょうけど…

Ingressの時は、なんせやってる人はごくわずかだったのと、当初は主に地元や会社近辺でプレーするのがデフォルトでしたので、個性的なプレーヤーがけっこういましたし、目立ってた。

夜遅く、異常に広範囲で移動し、どんどん敵陣を破壊しまくる人や、真っ暗だろう寺社仏閣でも怯まずにどんどん侵食していく人、何が何でもその場所を死守する人、それに立ち向かう面々…

アカウントで個人の性質や破壊力、陰湿さなどなどを認識でき、ランバラルやマクベやドズルやアムロがいるようでした。
三国志は蒼天航路しか知りませんが、あの中の猛将たちのような、地元で恐れられるプレーヤーがたくさんいた。

楽しみ方が違うんだよ!といえばそうなんだろうけど、ポケモンGOって…

◯ラジオまとめ #215 東浩紀「自民党執行部派?日本会議派? 都知事選は誰に入れても踏み絵の様相」 2016.07.25 #jamtheworld

JAM THE WORLD / J-WAVE BREAKTHROUGH! 2016.07.25
パーソナリテイ : 津田大介
ゲスト:作家 思想家 東浩紀さん

自民党執行部派?日本会議派? 都知事選は誰に入れても踏み絵の様相

津田:
「今夜はこの番組の社説のような存在になりつつある恒例企画、作家・思想家の東浩紀さんをお迎えしてお送りする『月イチあずまんリターンズ』です。
よろしくお願いします。
お元気ですか?」

東:
「元気です。
津田さんは、音楽に政治を持ち込んだりなんだり、いろいろやってたみたいですけど…」

津田:
「はい。
音楽に政治を持ち込んだ結果、会場からヤジを飛ばされたりして、結構大変なことが…」

東:
「新聞でも読みましたよ。
SEALDsの動きには一定の効果があったという演説がおこなわれたっていう…」

津田:
「ま、お客さんはいっぱい来てくれて、場は盛り上がってよかったかな、と。」

東:
「政治的緊張が、そういうところに持ち込まれるのはいいことだと思います。」

津田:
「そうですよね。
東さんもTwitterで『このままいくと、都知事選は小池百合子に入れるか、棄権するかどっちかの2択だ。』という衝撃のツイートをされてましたけど…」

東:
「やめて…
放送メディアで俺はそれを言わなければいけないのか…
厳しい人生ですね。」

津田:
「ww
まだまだ、都知事選、今週末までありますからね。
いろんな考え方もあると思いますからね。」

東:
「やっぱりここで、泡沫候補に入れるってことになるかもしれないしね。」

津田:
「ちなみに、あのツイートした真意を伺ってもいいですか? 1分ぐらいでww」

東:
「真意って特にないんですよw」

津田:
「それぐらい、今回の都知事選に対して『諦めてる』部分がたくさんあると思うんですけどね…」

東:
「ただ結局、何を大事にするのかっていうことは、国政と都政ではちょっと、やっぱり判断基準を変えざるをえないですよね。
で、小池百合子か?増田寛也か?っていう対立で考えた時に…」

津田:
「あっ、鳥越さんはもうそこでオミットされてるんですね。」

東:
「あっ、いや。
まずい感じになってきたので…」

津田:
「いやいや、大丈夫ですよ。
で、その2択を考えた時に?」

東:
「やっぱり、東京っていう都市を主体に動くならどっちかな?ということを考えたわけです。」

津田:
「で、考えると、それだと『棄権』もありえるなということですね?」

東:
「(汗 ま、いろんなことを考えないといけないので… 
ただ、僕思うにですね、今回、全部が踏み絵みたいになってるんですよ。」

津田:
「本当ですね…」

東:
「例えば、増田寛也に入れたら、『じゃあ、お前は今の自民党執行部のあり方を肯定したのか?と。

小池百合子に入れたら、『日本会議か?』と。

鳥越に入れたら、……。

どれを選んでも、踏み絵みたいになっていて、
あとあと必ず『結局、あいつに入れたやつだからな』って言われるのが見えてますよね。」

津田:
「今回ほど『誰々に入れたって表明しヅラい』都知事選はないな〜と思いますけどね。」

東:
「だからこそ、今回は、表明はしようかな、と思ってて…w
いままで僕って、まったくそういうことを表明しない人で、棄権とか白紙ばっかり匂わしてるヤツだったんですけど…
この間『民進党に入れる』とかを書いたあたりから…ポリタスのおかげで…、これからは100%方針を変えて、公開前提でいこうかな、と。
そうすると、当然ながら、『前回こいつに入れたのに、今回こいつかよ?』というのが出てくると思うんですけど、それも含めてリアルなのかな?と。
で、そういうことを誤魔化した方が、一見いろんな人たちとしゃべれたり、いろいろつなげたりするような気がしてたんですけど、逆に真意は伝わりづらくなって、誤解を受けることも多いので、結局ぼくの政治的イデオロギー的な立場はこれだな、とはっきり言ってからいろんな議論をしたほうがいいのかなと思うようになりました。」

津田:
「なるほどね…
その話をしていても、20分ぐらい持ちそうですが…」

〜本題の『憲法改正』の話題につづきます。
アクセスカウンター

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ