仮面ライダーゴーストより「ゴーストチェンジシリーズ GC03 仮面ライダースペクター」の紹介です。
ゴーストチェンジシリーズにもゴースト以外のライダーが参戦です。

 
内容。
仮面ライダースペクター素体、スペクターゴースト、ガンガンハンドの三点。
ゴーストオレ魂と同じ構成です。


スペクター素体。
カラーリングが大きく異なりますが、フィギュア自体はゴーストと全く同じです。
ですので可動などは割愛。


スペクターゴースト。
こちらはマスク部分とコートの折り目?部分が新規造形。
スタンドは付属しません。


ではゴーストチェンジさせてみましょう。

バッチリミロ‼︎バッチリミロ‼︎


いつも通り上から被せてマスクをぐるっと回転させれば変身完了。


レディゴー‼︎覚悟‼︎ドキドキ・ゴースト‼︎


仮面ライダースペクター スペクター魂の完成。
色使いと紋章の柄が非常に派手でちょっぴりサイバーな雰囲気です。


9割以上がゴーストの流用なので可動については全く一緒。
頭部が横に向けないという欠点もそのまま継承。その他可動は優秀です。


付属のガンガンハンドを装備。
軟質素材の長物なので変な曲がり方のまま放置しないように注意です。

かなり特殊な外見ですが本編ではどんな感じになるか楽しみです。
ふざけた感じの武器ですが、前作のシンゴウアックスを見慣れた身としては特に問題ありません。


ゴーストチェンジ規格なので当然他のゴーストを装着することが出来ます。
ただし、スペクターが変身すると二本ツノになる設定とは違い一本ツノのままなよでイマイチ。
TKシリーズのタイヤコウカンにしろ今回のゴーストチェンジにしろ、他のライダーとの兼ね合わせが下手ですね…



以上、「GC03 仮面ライダースペクター」の紹介でした。

ゴーストのカラーバリエーションの一環にすぎない造形ではありますが、カラーリングが大きく異なるのでパッと見だと全くの別キャラに見えますね。
ガンガンハンドの造形もなかなか頑張ってます。

ただし、フィギュアとして見るとゴーストと何一つ変わらないので少し面白みには欠けています。
まだ本編ではチラ見せ出演程度なので次の活躍次第でファンが増えそうです。






バンダイ

次のゴーストチェンジはロビンとビリー。
スペクター用のノブナガやツタンカーメンは少し先になりそう。