ブログネタ
戦国BASARA に参加中!
 九州に渡った幸村の前に現れた野武士たち。そのリーダーが宮本武蔵! 武蔵は幸村に勝負を挑み、正攻法では適わないと見ると幸村の話を聞こうとするフリをして不意打ちを仕掛けました。
 ブッ飛ばされてもヘコたれない幸村に感心した武蔵は「ジッちゃんに会わせてやる」と言って幸村を案内します。
 幸村が武蔵に引き合わされた人物は討たれたと思っていた島津義弘でした!
にほんブログ村 アニメブログへ
 小田島の死の意味を幸村がどう捉えるのか。幸村の成長如何によっては甲斐の国の存続に関わるとして佐助は幸村に同行しようとしましたが信玄に許されませんでした。人を育てるということは一蓮托生だとし、国の命運もかけて幸村の成長を見守るようです。

 大阪を目指す伊達軍の前に現れた武田軍。しかしそれは豊臣軍が武田の旗を勝手に利用した偽の武田軍でした。最初は武田軍と信じていた政宗でしたが、黒龍を抜いて小十郎を思い出すとな何故か疑いを持つように。そこに信玄が現れました!

 一度は剣を交えましたが、和解して話し合いに。織田攻めの時のように連合軍を作らないかという事です。小田原城を攻めてみないか? という謙信に、ソレよりも大阪城へ行くことの方を優先する政宗。秀吉は確かに強いけど、死んでも強いと認めたくない何かがあるのだと言う政宗に無理強いはしない信玄でした。
 政宗は柄にもなく「もし俺がブッ倒れたら………」なんて、幸村に何か伝言でも?

 半兵衛的には上杉・武田・伊達に組んで欲しかったようですが、政宗が半兵衛の思い通りに動かないので方針を決めかねていたようです。でも大阪に伊達が単独で攻め上がって来ると決まるとようやく方針が定まったのでした。
 秀吉も半兵衛も、もう四国から帰って来たのかよ〜〜〜。

 予告は松永久秀でした。 次回も出番があるみたいですね。新EDにも登場してるし。新EDはシリアスですねぇ。

 前期とは違う意味で、今期はレビューとか感想とかが書き難いなぁと。どーしてBASARAを観て鬱にならなくちゃならんのよ……………。

次回 #08「友垣との哀しき再会 猛執刻まれし日の記憶!」



本館でのこの記事のURL→戦国BASARA弐 #07「最南端・薩摩の地へ!幸村、新たなる漢の出逢い!!」