TOP > CAD 操作編 > ある部分を塗りつぶして表示したい。その1

ある部分を塗りつぶして表示したい。その1

たとえば、円の中を塗りつぶしたい、とか

囲まれた範囲に模様をつけてわかりやすくしたい場合には、

JWCADでというか、ほとんどのキャドソフトでは、ハッチング

という機能を使うことで表現することができます。


ハッチングとは、ある矩形内を斜線の平行線で埋めて、

切り口・断面などを明示する事を言います。

それでは操作してみましょうか。

■JWCADでメニュー「作図」→「ハッチ」を選択します。

たとえば任意の4本の線で囲まれた4角形の中を塗りつぶし

たい場合

■始めの1本の線をマウスで左クリックします。

左クリックした線・弧の色が変わります。

始めのものは、他と区別するためギザギザな線で表示されます。

■残り3本の線を順番にマウスで左クリックします。

■最後に、始めに選んだ線をマウスで左クリックします。

この指定した四角形内をハッチングする、という事で良ければ、

作図する線の傾き角度、ピッチを指定して、[実行]を

クリックして下さい。→簡単ですね。


あとはこのピッチを調整して数字を小さくすれば、線の密度が

増し塗りつぶしたようになります。印刷の設定にもよりますが

画面上では隙間があっても印刷すると塗りつぶされています。


●網目(クロスハッチング)のようにしたい場合は、

同じ図形を2回ハッチングすればできます。

例えば、45°&135°のクロスハッチングを行う場合、

まず、角度45°でハッチングを行い、そのまま角度を135°

(又は、-45°)に指定してハッチングを行います。

図形の選択は1回だけです。

網目にしたい場合は、角度を変えて2回ハッチングする。


●模様のようにしたい場合

線種をうまく利用してハッチングをします。

ハッチングを行う直前に[線属性]で線種を指定します。

すると四角形の中が点線で表示されたり、波線で表示したり

します。模様のようにしたい場合は、線種を変える!


●ハッチングしたい図形が円や独立した三角形など、

 閉じた連続線の場合には、

右クリックをすれば自動的に図形を選択する事が出来ます。

もしくは、メニューでハッチを選択後、

・コントロールバーの右端にある[範囲選択]をクリックします。

・範囲選択の始点をマウス左クリック、

・範囲選択の終点をマウス左クリックします。

・対象の図形を上記操作で囲ってしまいます。

あとはハッチングの種類、角度、ピッチを指定して、

[実行]をクリックして下さい。