2005年09月23日

言葉を形に変える難しさ

皆様こんばんは、行政書士の井戸淳午です。

「秋分の日」の今日も、朝から夕方まで来客が続きました。
特に昼からの来所者は、以前勤めていました会社の上司で
開業時にメールで応援メッセージを頂きましたが
実際に会うのは数年ぶりで、いまだに呼び捨てにされる
懐かしさと嬉しさの一時をすごしました。

その会社を辞めてから、もう12年程になりますが、いまだに
元上司や先輩達とお付き合いさせて頂き大変感謝しています。

かみさんと知り合ったその会社は、革新的な会社で
フェラーリの貸し出しや、F3000チーム(俳優岩城晃一)のスポンサード
社員用ディスコ、自社ビル展望室内の社員専用バー、瞑想室、
社員用プール等があったり、かみさんが女性社員の走りだった事もあり
○子のだんなというだけで、色々な方に引き回して頂いたりで
大変思い出のある会社でした。

辞めた会社の事を懐かしがっていると
かみさんに叱られますので、この辺で止めますが、ふと
「かみさんも歳を食ったなぁ・・・あの頃は一緒にCMに出たりしたのに・・・」
と心で呟いてしまいました。(ゴメン)

夕方からは、HPをお願いしている
IT先生と(神戸のうつわやカフェ主宰)打合せを2時間ほど行い
お互いに意見や疑問点をぶつけ合って、イメージ通りの
完成度の高い、満足のいく仕上がりへの手応えを感じました。
公開までには、もう暫くは時間が必要ですが
井戸自身大変楽しみになっています。

イメージや言葉を、形にしていく難しさを感じていますが
少しずつ形になっていく、このワクワク感は不思議なものです。
日頃は依頼される側ですが、依頼する側に立つと日頃
見えていないものが見えたりして、良い勉強になっています
これらを行政書士業務に反映して、プラスアルファ効果を目指します。

こう考えますと開業して4ヶ月の間、何かにつけ
「何かヒントはないだろうか」とキョロキョロしていたような気がします。
その点、開業前とは明らかに変わってきています
半人前の零細企業の事業主ですが、日々周りの方の
お力を借りながら、目指す業務体制に向け前進していきたいです。

最後までお読み頂きありがとうございました

井戸行政書士法務事務所



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jwin8/50060011
この記事へのコメント
なんとも、バブルな会社ですね。
あの当時は日本中がイケイケでしたね。
ウチの兄貴も就職活動なのに、晩メシおごってもらうのがあたりまえだったからなあ。
そんないい時代をわたしは経験していません。
クソッ、タッチの差だったのに!
Posted by まきのまさひろ at 2005年09月24日 00:31
バブル社員世代の者としては少々耳の痛い所がありますね。もしあのまま流れに飲まれて民間企業に行っていたらと思うとゾッとします。
Posted by 内部正明 at 2005年09月24日 08:27
まきのさん
あれも戦略でしょうね、詳しくは何かの機会と言う事で。
今はバブリーな生活でなく、ハングリーな生活しています。
Posted by 井戸淳午 at 2005年09月24日 09:33
内部さん
あの時分は、世間全体が浮ついていたような気がしますが。
ところでぶどうのお味はいかがでしたか?
自分で作ったものや、作り手の顔が分かるものを季節ごとに食べれるって幸せですね、これは今だから言えるのかもしてませんね
当時は、何でもお金だして買えばって風潮でしたので、考えようによっては地に足の着いた生活を取り戻したのかな?
Posted by 井戸淳午 at 2005年09月24日 09:38
バブルの時代に浮ついていた教訓は、これからの景気回復で生かされるのか、気になります。相変わらずフェラーリを一番たくさん買っているのは日本人のようですし。
Posted by 川原 秀行 at 2005年09月24日 11:29
川原さん
あるところにはありますね、つい先程かみさんの車のディーラー担当者から電話があり、来月ファン○ーゴの後継車が出るから一度みせに行きますって
連絡がありました。井戸の家にはそんまものかと川原さんのコメント読んで思いました。その車も勿論買えやしませんけど(○○さんゴメン)
Posted by 井戸淳午 at 2005年09月24日 16:54