January 20, 2007

1・8NOAH本川越大会

c6238570.jpg

続いてNOAH本川越大会について書きます。




う〜ん…

毎回、本川越大会は見に行ってたけど今回はイマイチでした。


それは何故か?


自分なりに書いてみます。

まずは、見終わった感想ですが…


淡々と試合が進み終了した感じ。

一緒に行った父いわく『何だか、印象に残った試合が無かった』とのこと。(父は昨年、三沢がGHC返り咲きした事に感動し、三沢vs丸藤を繰り返し見るくらいNOAH好き)


テンパも全日四天王時代に影響受けまくりなので三沢NOAHには思い入れがあります。

だからこそ言わせてもらう。


これでは地方大会の集客率は低くなる一方ですよと!!



これは以前から言われてる事だが、レスラーが多すぎ。しかも、無理矢理全員出場させるので、タッグや6人タッグが多くなる。マッチメイクにメリハリが無くなる。


試合内容で見せるなら、三沢、秋山、丸藤、KENTA、森嶋、ヨネ、力皇、金丸、杉浦を固定メンバー。あとは若手で充分。

それ以外はバトルロイヤル形式。


これだけでもマッチメイクにメリハリつくはず。
あとはダークマッチを増やす(中堅も出す)これによって中堅〜若手の競争意識を高める。

こうすりゃ白GHCだって盛り上がると思うんだが。

選手のモチベーションも上がるし、客にだって解りやすい。


NOAHが武道館中心のマッチメイクになっている現実の中で、地方大会をやっていくには、ただ試合をするだけではキツい。初心者にも解りやすい、とっつきやすいプロレスが必要と思う。


以前、仲田リングアナが『地方興行は赤字。会社としての利益よりもレスラーに試合経験を積ませる為にやっている』とコメントしてた(格闘魂だったかな)

気持ちは解るが、だからといって全員出すのはどうかと思う。

どのように競争意識を持たせるか?

どのように客に伝わらせるか?


現在のNOAHに必要な事だと思う。

今のままだと、NOAHは武道館だけ見とけばイイやって思うもん。

それぢゃイカンでしょ?

個人的に辛かったのは、三沢のコンディションの悪さ(さらに首を痛めている)

チャンピオンである三沢が動けない…ど〜にもしっくりこないし、締まらない。小橋がいないのは大きい。


今度のGHCは森嶋が勝って、三沢に引導を渡すくらいしないと、時代は変わらないし、NOAHも変わらない。


とまあ、好き勝手書いてしまいましたが、



俺はNOAH大好きなんですよ!!


でも、今回は全日の方が良かった。金払った分、満足できました。



82973f39.jpg←もっと暴れる田上が見たい
63a25848.jpg←ますます、馬場さんに似てきた
cf465890.jpg←相変わらず動きの良いKENTA。あと10センチあれば…
a339c53d.jpg←体調の悪さが気になる。三沢を負かす奴が出ないと駄目だろう!
22d4b5a2.jpg←ジュニアタッグ挑戦が決まった鼓太郎。中途半端なポジションから脱却するチャンス!
b327ed48.jpg←ブレまくってるが、試合前にサイン会するヨネ。トップとってもおかしくないが、何かが足りない。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TULIP   January 20, 2007 22:57
そうでしたか…
タイトル戦が大きな会場でしかないのも問題なのかもしれませんね。白GHCも地方限定と言いつつ、都内でやっちゃったりしていますものね…
TULIPとしては、地方だからといって手を抜かない小橋選手のような選手が出てきてほしいなと思います。
2. Posted by テンパ   January 21, 2007 00:48
>TULIPさん
やっぱり小橋がいないのはデカいです。
選手は一生懸命やってると思います(自己プロデュースは足りないけど)ただ、人数が多すぎてリング内が窮屈になり、リズムが単調になってしまう感じがするんです。もっと興行としてのバランスを考えてほしいんですが…


まずは森嶋がチャンピオンになり、スーパーヘビー級の凄みを見せつけてもらいたいっす

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔