お菓子とじゃいことフランスと

30才パティシエール仕事を辞めてフランスへワーキングホリデーしにいきます。 日常のちょっとしたことやこれからフランスで出会ういろいろなことを綴ります。 食べることが大好き♡♡♡

2016年12月



「あてすうぇい」


くしゃみをするたびに同僚が言ってくるのではじめはなにいってるんだ?

と、思ってました。


まず初めにうかんだのは、日本でお馴染みの有名なケーキ屋さん。

調べてみると。。。

「A tes souhaits」

「あなたの願いが叶いますように」

なんと、くしゃみするたびにそんな素敵な言葉をかけられてたとは!
かなり驚きました。笑(もちろん、ケーキ屋さんも同じか意味でした。)

あてすうぇい

言うときのフランス人とってもノリがいい

くしゃみしたら、来ました~!

とばかりに

「あてすうぇいー!!」

「さんてー!」これは、スイス語みたいです。

他にも

二回目のくしゃみをしたら

「A tes amours」あなたの愛のために。

とかも言ってくれますよ


ま、要は気にして気遣ってくれてます。

フランス流の

そして、なんだか嬉しいです


素敵な文化やなーとほんわかした日でした。

美しいフランス語どんどん使うぞ~!


そして、私もまねして

「あてすうぇいー!」
っな言うたら、フランス人もにっこり

「Merci

ときたので、やっぱり嬉しいんだと思います

今日で2016終わりますねー。

私の目標は叶いましたよーフランスに来て働くこと!おいしいお菓子を作ること

2017も引き続きがんばります!


A tes souhaits

素敵な年越しをお過ごしください。

そして、たまにじゃいこを見守っていただければ幸いです

2017年もよろしくお願いいたします。



20161227_121020

今日のランチ前レストランでデザートの仕込みをしていた時

まさか!!!


突然爆発がありました。

レストラン裏では機械が燃える臭いと煙が立ち込めものものしい雰囲気

激しくサイレンも鳴る


これは避難か?


と、思っていたのですが。

どうやらブレーカーの基盤が爆発して電気系統全てやられてしまったみたい。


もうお客さんも入ってしまっていて、私はお客さん大丈夫か、避難しないとー!

と確認したところ



普通にサイレン鳴るなかワインを楽しんでらっしゃる!?

むしろ、私のほうがあたふたしすぎ?!

なんだろう。大丈夫な、んだね。


と、思いましたが、

フランスの方本当に食事の時間を大切にされてて、帰るそぶりなどなし。

むしろ、こちらが準備できるまで待ちますよ、スタンスでした。
これは、日本にはない雰囲気!

日本なら即避難指示!なのにー



爆発したところは流石にこわいので(といっても、近いところにお客様いますが。。。)
わたしはひっそりと遠いところでデザートのスタンバイを進めつつ。(やはり、かなり怖いので)


時の流れに身を任せておりました。



冷蔵庫も

冷凍庫も

ガスも

オーブンも使えない


もう営業できない!


と、思っていましたが。


どうやら出せるもの。


冷たい料理のみ盛り合わせで提供することが決まりました。


オーダーも今までは機械でしたが、使えないので紙とペンと声の掛け合い!?

フランス人の字が読みにくくてすごく苦手ですが、


必死さと。

デザートの名前はなんとか読み解き?


もうぐちゃぐちゃのてんやわんやでスタートしました。


ちょうど先輩パティシエが帰ってきて
とりあえず冷凍庫も冷蔵庫も開けちゃだめ!

とゆう指示があり。(冷凍庫内温度があがると、仕込んだケーキが全てだめになるので!)


でも、まだ開けないといけない用事が



デザートもアイスクリーム系は全てなし。

とゆうことでスタートします。




そして、デザートも終わりかけた頃を見計らったように復旧しましたー


お客様、スタッフ拍手喝采ー

本当に何事もけが人なくこれたから良かったですが、

年末最後の最後までてんやわんやで終わるのですね



その後もかたよったものがなくなってしまい、仕込みに追われに追われ。




無事におやすみなさいです。


Bonne nuit!!!!!!


素敵な夢をみましょうー

こんな私は最近夢で英語でうなされました。笑



あと一日


あと一日


もぉーいーくつーねーるーとーおーしょーがつー

20161223_085011


クリスマスこちらではNoel(eの上に点2つあります)といいますが、終わりましたね

街はクリスマス当日になるととても静かになります、日本のお正月に少しにている雰囲気。


朝から大人たちかケーキを買い込みみんな家でゆっくりとすごしているんだろうな、と想像を膨らませています

この仕事をしていて、一番幸せを感じるときかもしれません

日本にいても

フランスにいても

私の作るこの一台一台のケーキたちが食卓を彩り。

家族で食べ、美味しさを分かち合ったり。

兄弟でケーキの大きさで争ったり 笑

誰がトッピングのサンタやお菓子の家をとるかで大喧嘩になったり。


時々家族でケーキをつくってみたり。

家族と離れて一人でケーキをたべてみたり。

大好きな人とはじめてお祝いしてみたり。

私にもたくさんの思い出があり。


みんなにもそれぞれ大切な人と食べるその日だけの特別な行事であり


そんな一台を選んでくれたあなたへ

少しでも喜んでもらえるケーキをつくりたいと思えること。

みんなが喜んでくれる姿を想像すると、とても胸があたたかくなります



パティシエールとして働き出してからはゆっくりクリスマスをお祝いすることはなくなってしまったけど、

誰かのその日を一緒にお祝いできる喜びを味わっています


みんなのクリスマスが素敵な日であるように願わずにはいられません


20161223_085019


フランス人も頑張って働いてます


そして、シェフエリックはバレンタインの試作中~






かわいいんです!


ただの勾玉が、合わせて

になってます。

他にも数パターンあり。私は

C'est bien~(セビァン=すてきー)と連呼でした。


続きを読む

20161210_161705
名物真っ赤なアーモンド、そして、それを練り込んださまざまなお菓子20161210_174837


20161210_210857



Lyonのお祭りに行ってきました。ヴァランスから電車で2時間ほど、18EURO(*^^*)TERでれっつごー!

20161210_124033

リヨンに行く途中のブドウ畑は「エルミタージュ」
9月にはキラキラしています。

今はカラカラしています。

20161210_134558

メインステーション
20161210_134650


20161210_152229


20161210_151731

Lyon好きです
20161210_203224



町中すべてがお祭りでいろんなところでライトアップをしているので、一日でまわるのは難しかったです。

でも、私がいたところがほんとにすごくて楽しくきれいでした。

今回は、目標として。
①BERNACHONへ行くこと。

②ライトアップをみること。
20161210_145556

ベルナション外観
20161210_145123


20161210_145112


20161210_144931


20161210_142530

フィヤンティーヌのプラリネがおいしい!
20161210_143335

日本のサロンデュショコラで買うと1500円がこちらで500円!?


20161210_142624

1000円あればたくさん食べられます。

20161210_162251


20161210_171151


20161210_204721

サラダリヨネーズ

20161210_211035
20161210_203146
20161210_202125
20161210_202012
20161210_200652



そして、このあとじゃいこに事件が起こります。

こんな美しいライトアップを見ながら駅に向かい帰ろうとしたところ、道に迷ってしまいました。


そして、迷いに迷ったあげく最終電車に乗り遅れてしまい、リヨンで途方にくれることに。


今日はお祭り!

ホテルはあるのか?

パールデュー駅前から片っ端から歩いて探し、つたない英語とフランス語で「予約してませんがあいてますか?」

そして、「コンプリ!」満室と言われ続け、でも、必死に私は泊まるところがない!

といい続け、ホテルを紹介され、またまた向かうもスマホの電池が切れ、GPSが使えず。
最寄り駅から人に聞いて聞いて案内してもらい。

着いたホテルもまたコンプリ。

そこのホテルの人にも探してもらい、こんどは
「あなたのパスポートとクレジットカードで予約とるから貸して」と言われ。

もうてんやわんや。(。-∀-)

私に付きっきりで本当に大変だったと思います。




7件宿泊を断られ落ち込み
自分のバカさ加減に嫌気が差しつつも、このまま行くと野宿!




このあと無事に予約が完了し、また最寄り駅まで向かい人に聞きながらホテルを探し、やっと夜中の2時にホテルにつきました。

ホテルの説明では一泊180EUROだったはずが補償金込みで260EUROお願いします。



おぇえ?!

とほんとにビックリしましたが、野宿は嫌ですし。笑

もう早く寝たい気持ち、疲れてしんどい気持ち。
いっそ四ツ星ホテルを楽しんでやるとゆうきもち。


すべてが重なり
260EUROとはお別れしました

もう、安全には変えられません。


結果朝食なしが180EURO。

とゆうことで、帰り際に問題は解決しました。

本当に痛い出費でしたが、無事にホテルに泊まれたこと。

たくさんのフランス人に助けてもらったこと、

今までで一番本気のフランス語と英語を話したこと。

この日だけでたくさんのことを学びました。

(ブログ旅のさきちゃんの気持ちがほんの少しわかりました。笑)わかる人いますか?笑








次の日


帰りの電車でたまたま隣に座った彼女はエロネス。
小学校の先生をしているそうで、そんな彼女に自分のいろいろなトラブルを話をしていたとき駅いんさんのチケット確認がありました。

新幹線とおなじようなものです。

私は昨日のチケットしかもっておらず、彼女は心配して「変わりに説明してあげようか?」と、駅員さんに昨日のあれこれを話してもらい、そのまま罰金もなく無事に帰ることができました。
チケット的には問題はなかったのですが、指定の時間に乗車していないので、私のフランス語では説明は難易度が高く。
彼女がいなければ本当に大変なところでした。


本当に感謝しかありません。

そして今回いちばん学んだことは

「本気の人間には必ず手がさしのべられる」と感じました。

もう無理!

から少しだけ無理をしてみると、新たな景色が見えてくること。
もうこんな思いはしたくはないですが、、、

今回探しながら夜が明けるのではないか?

と、何度も思いました。



もしもGPSが使えたら、
スマホがつかえたらここまで無理して人と話すこともなかった。

でも、話してみるとみんなすごくいい人!(´;ω;`)


あまりの疲れでリヨンでの美しい思いでが消えるだけじゃなく。

素敵な光の祭典と素敵な人々にまた会いに行こうと思いました



本日初雪がふりました。最高気温5℃

フランスのリヨンよりすこーし南にくだったところにあるヴァランスよりブログを書いています。

南といってもどちらかとゆうと山に近く憧れのモンブランがとっても近い寒い場所なんです。

登山が趣味のじゃいこはこちらにいる一年の間にモンブランを、見に行きたいと思ってます。

スノボもできたらうれしいなー



今日はこちらにきて初めて覚えた話し言葉を、披露をしたいと思います。

といっても仕事の言葉じゃなくて、日常会話なんです。いや、仕事かな?!笑



それが

A tout a l'heure. あとぅったるーふ

と言います。

意味は「また後で」なんですけど、休憩などに行くときにほぼみんなとこの言葉を交わします。

日本で言うところの、お先に休憩いただきます。

みたいな感覚が一番近いかもしれません。
そもそも、また会うのに、「またね」とゆう感覚はあまり日本にはないです。




もちろんこれだけじゃなくて、挨拶のレパートリーが多すぎて、私もわかってない部分が多々あるんてすが、
初めて聞いたとき、全く何を言っているのか聞き取れなかったフレーズです。

「あとぅたるー」「あとぅたる」「とぅたる」

こんなかんじで流れるように言われます!

慣れないと全ての言葉が恐ろしいですが、


私も今やBonjourの次に使用頻度が高い言葉です。


休憩時間を挟んでまた会う相手には是非つかってみてくださいね20161130_222922

このページのトップヘ