お菓子とじゃいことフランスと

30才パティシエール仕事を辞めてフランスへワーキングホリデーしにいきます。 日常のちょっとしたことやこれからフランスで出会ういろいろなことを綴ります。 食べることが大好き♡♡♡

2017年01月

20170122_105221


今年ワーホリを目指した理由のひとつにこれを見たかった!

とゆう目標がありました。

二年に一度のイベント



結果は優勝フランス

二位日本

三位スイス

とゆう結果でした。

結果以上に世界からこの日のために各国努力し

ここまでこれたこと、無事に終われたことに今となれば拍手喝采です。

日本が二位。

惜しいな~

残念だな~とその時感じてしまい。

おもいっきり拍手できなかった自分もいました、

会場にいた人ならわかると思いますが

二位とわかったときのあの独特の雰囲気が今でも忘れられません。。。


三位のスイスも、三位なのに、優勝したかのような喜びよう。

日本は、、、どよーん。。。

他の国は健闘した日本をとても讃えてくれました。


結果は結果で終わったことだし、選手たちをもっと拍手で労えればよかった!

実際ピエスモンテも私はどの国よりも一番すごかったと思います。
FB_IMG_1485567104473


グラスには本物のシャンパンが注がれています
20170122_162722


遠くから見てもチョコや飴の輝きはダントツでした。

そして、完成してからもMOFのかたたちがたくさん見に来ていて。写真とりまくり!

やっぱりすごいんだなぁーと思ったり

FB_IMG_1485567080673


フランスはこんなかんじでロックなかんじです。

すごくミーハーですが飴作ってたひとがかっこよくて、、、見いってしまいました。笑

もちろん作品も!

20170122_161125


それにしても、どこを探しても日本の作品が飾られてなくて、、、

どこにいったのだろうか?
他の日本人に聞いてもわからず。

フランスはバローナブースの前でがっつりかざられていたり。

大破した作品も部品だけかざられていたり。

さまざまあったのに。。。

それにしても、今回はVIPチケットではいれました。これはシェフのはからいです。ありがたいです

そして普通のVIPチケットでは入れないところに、初日だけ潜り込むこと?(この日はよくわからず、日本のブースの最前列で見ることができました。)
二日目は案の定はじかれ、たぶんここにはいることができたのはVIPのなかでもさらに上のランクがあったようで、、、
撮影隊とか、
でも、私たちはVIPなのに!

と入り口で訴えて、

しかし二日目は結局はいれず。
一番上でゆったりと見学しました。(普通のVIPチケットを持った人はたくさんいてましたし、そりゃ入れないよ!と、すべてが終わったら理解できたんですよー)

それにしても、初日の奇跡の最前列

ほんとはだめでしょうけど、フランスと日本がよく見えました!なんの作業をしてるか、画面を見なくても見れて、贅沢でした。笑


それにしてもチケットのシステムがわかりにくい。

チケットの見た目は全部同じように見えるし、ひとめみてわからないですから!いいがかりかしら?笑

今となればいい思いでです。


なので、二日目に日本の作品を写真に納めることができず。
初日の奇跡の最前列写真のみになりました!






それにしても、フランスに来てすぐに休み交渉をするとゆう難題を無事に解決?

できたこと、自分を誉めようと思います!

そもそも交渉とゆうより、

Je voudrai aller la coupe du monde.『わたしはクープドモンドにいきたいのですが、、、、、』しかまともに言えない私。

交渉じゃなく懇願?!

しかし、この一言で周りのフランス人の優しさもありチケットの手配と休みの調整を、最終的にはバッジもシェフにだしてもらい。。。

なんとゆうか!


わたしー!世話の焼けるやつやと思いましたが、、、

もう。merciでのりきりました。

本当にありがとうこざいます。


普通に買ったら150ユーロ

ちなみに、このチケット二人でも一人でも150ユーロ!

高くて高くて!

で!

フランス語が読めない理解できない私。
辞書と格闘しながらsirhaのホームページからはいって買わないけどやってみることに。

日本の住所とかも入力するところがあったり、よくわからん。やっぱり、よくわからない!でも、きっとどこの国からでも買えます。

私はシェフからコードをもらっていて、で、いろんなこと入力して、、、
自分の役職とか働いてるところの住所とか?

一緒にいく人いるなら、そこで名前入力。

から、バッジとよばれるバーコードつきの紙のページを印刷して、それをもって入れば問題はないってかんじでした。


ちなみに、入場するときは荷物のセキュリティチェックはしましたか、チケットの本人確認はなく、もし、人のチケットでどうしてもはいらないといけなかったとしてもばれないとゆうことが発覚。
よゐこは真似しないでください



そんなこんなでクープドモンドをすっごく楽しむことができました。

また二年後をたのしみにー!



今日はフランスではじめてすこし大粒の雨が降りました。

フランスに来て約二ヶ月

こちらは雨がほとんど降りません。

日本にいる感覚たと、雨が降ったら傘をさして、ぬれないように!

と思うんですが、

フランスの雨って霧雨みたいなんです!

そして、その霧雨さえもほとんどなく、今まで霧雨に遭遇したのも2ヶ月弱で4.5回くらい?


霧雨なんで、傘ささなくても濡れた感じとゆうより、薄い水分の膜につつまれたかんじ。


なのでせっかく持ってきた折り畳み傘が全くひのめをみません!

全然いいんですよ!

いいんですけど、

雨降らないって本当に楽だー!

って感じます。


服とか靴とか汚れないし、買い物とかもしやすいし、雨の日の買い物とか日本だとたいへんですよね、

こっちではその心配はないです。


それともヴァランスだけ?

ちなみに、パリの友達に聞いたら、パリもにたような感じみたいです。


まぁ、変わりにめっちゃ晴天!

てのも少ないです。

8割くらいは曇りで
1.5割位が晴天で
残りの0.5割が霧雨ってかんじです。


なので日本で手放せなかったYahoo!天気予報

こちらでは天気予報みたことがありません。


見なくても



あー、たぶん今日も曇りかなー。。。

ま、ふっても小雨だろうし、いっかな!


ってなります。笑

適当じゃいこ!

きっと海辺の街とかになるとまた感覚がかわってくるかもしれません。




たまにある晴天がすごく嬉しいこと

夕陽がたまらなく美しいこと。

日本にいるときよりも口周りに粉がふかないこと。これめっちゃ重要です!

乾燥してると思いきや

肌トラブルは日本にいたときの方が多かったり。

なんでやろ?

とは思いますねー。。。




また、気がついたことがあればご報告します。


20161210_152229



では、みなさまよい週末を~


Bon week-end ぼんうぃーけん

よければ、応援よろしくおねがいいたします。


人気ブログランキングへ

前回パリにいったとき友人にヴェリブの登録を教えてもらい、街へくりだしました。
20170107_115035



あまりの便利さにびっくりしたので、今回は確認も含めてヴェリブに乗ろうと決めてました。

やはり、地下鉄は治安が不安だし、バスは地図がなくてわかりにくいし、(パリでバスの地図が未だにみつけられない。ホテルにメトロの地図はあってもバスのはないし、ちなみに地球の歩き方にはバスのページが簡単にですがあります!)


インターネットの環境がある人なら是非ヴェリブおすすめです!



自転車のステーションを探すのも今は便利なアプリがありますし、Screenshot_2017-01-11-04-14-06


Googleマップを使えばある程度迷わず目的地までいけます!





ヴェリブの良いところ
☆1日1ユーロで乗り放題(7日5ユーロ&一年で29ユーロ)
開始から31~60分ごとに1ユーロ加算。

支払いはクレジットカードのみ

☆鍵もついてるのでちょっとした路上駐輪もできます。(長くなるようだったら、ステーションまで!)
ceaea22a63b99d64_S2


☆日本語登録ができる。(はじめはフランス語ですが、言語選択をして日本語を選べばその後の貸出の手続きでも日本語ででてきます。)








ヴェリブのちょっと苦手なところ
☆右側通行(歩道は走れないし、日本に慣れているとかなり違和感があります。)

☆一方通行を守る基本車とおなじなのですが、たまに車はだめだけどヴェリブオッケーな道もある。

私は道路にある
e4ecb4d0b7daea39_S2

こんな感じのマークを見つけて走ってました。


☆故障している自転車をさける。

タイヤがパンクしていないか?空気はちゃんとはいっているか?
ちなみに、サドルが逆を向いているものは故障しておりますよー



☆ヴェリブをスタンドから抜くとき硬いです。
でも諦めないで角度を変えたりして再チャレンジ!

スタンドに返すとき、ここかなり注意点です。

まっすぐスタンドにさして、奥までカチッと音がなり、赤のランプが緑に変わるまでしっかり確認すること!

間違って赤のまま放置しちゃうと、どんどん加算金もとられるし、誰かにとられたら補償金まではらわなきゃならなくなるので。



☆30分は案外すぎるのが早いので加算金をとられないように気を付けて、それさえ気を付ければ一日1ユーロ

バスやメトロだとそんなわけにはいきません。

ちなみに、ステーションもいっぱいで停められないときにはボルヌとゆう登録したときの画面に自分の番号を入力したら15分無料延長できるので、やばい!

となれば、やってみましょうー

登録に関してはこちらがかなり詳しく書かれておりました。
http://paris.navi.com/special/5029791

日本語でゆっくりみたら、理解できると思います

ヴェリブにのれば短期旅行者も長期滞在者ももっと深くパリの街を散策できます

みんなの滞在がもっと充実したものになりますように。



よろしければ、応援よろしくおねがいいたします。


人気ブログランキングへ

前回
http://blog.livedoor.jp/jyaikofrance/archives/14732867.html
こんなかんじで必要なものを書いてみましたが、追加しなければならないものが!


砥石に関してはどうやらフランス人に聞くと、
「あの石はAmazonでかわないとね!」

と、言われてしまいましたー!

普通には砥石売ってないのか!
やはり。

包丁もどこでも売ってないので、専門店にいかないといけない。

うぅ、なかなか大変




日本でお馴染みのピーラー

これを追加したいと思います。

フランスのやつも悪くはないんですが、日本の100均のピーラーがやっぱり使いやすいんです。

あぁ、100均フランスにできないかなー!

これ絶対流行ると思うのに。。。

20161205_151547

あぁ。じゃいこ砥石がほしいのです。

日本はお正月ですね、お餅焼きたいー!
お雑煮ー!
箱根駅伝みたい!
ガキ使みたい!(けど、ダウンロードにたぶん3日はかかりそう。気が遠くなるぞー!笑)

と、おもってしまいますが、フランスでは食べられない見られないので我慢です。

さて、フランスのお正月事情。

とりあえず静かですね。

日曜日と重なっているせいか、はたまた元旦だからかわかりませんが、いつもの日曜日と変わらず静かです。


しかし、レストランは今日もお客様で一杯です
ありがたいです。


昨日いろいろと生活必需品を買いにいったところ。

ついに日本の味をみつけてしまったので、興奮してしまい。大人買いしちゃいました!!笑

20161231_190035

日清様

やっとお目にかかることができて嬉しく存じます

年越しそばにしようと思いましたが。

年越し焼きそばしかなかったので。

最近はまってるシャンピニオンパリを炒めてのっけていただきます。
焼きそばで和洋折衷しちゃいましょう!




お味は、、、


日本でお馴染みの青のりとマヨネーズがはいってなくて、少しものたりないかんじ。


キャベツはすこしはいってて、

ソースの味はほぼ日本と同じですが、濃度が濃いめのプラス甘めでした。

ソース大好きなので嬉しいものです


たぶん青のりなどもはいってないし、現地の人よりに味を変えてると思います。

1個200円と少し高めでしたが、スーパーでしみじみ感動できたこと。

美味しくいただけたことを思うと。

お安い買い物でした!
20170101_171902

お湯の注意書が厳重です!





そして、まさかまさかのえ、え?エシレbutterが!!
250グラム150円ほどでした!

日本で買ったら1000円はくだらない代物。


日本のバターも最近高くて怯えていたのでこちらでは原材料全般がお安く、加工品が高くてびっくりすることもありますが、

それが生産者を守って正しい賃金が払われていると思うと納得してしまいます。


日本のなんでもかんでも安く!とゆうのは少し違和感を感じているところ。

素晴らしいものには、それなりの価値があります。


感動できる仕事をしてお客さまになっとくしていただきお金をいただく。
仕事をしていたらしっかりお給料をもらえるようなシステムがいいなーと思います。

少し私的な感情も入ってしまいました。
(パティシエ、コックもまだまだお給料が少ない現実があるので。。。)


お給料以上に得られるものもありますが、生きていくためにはお金もいる。

そして、より良いものを生み出し、たくさんの人に喜んでもらえるようになりたいです。



じゃいこはいつもより、のんびりと一日を過ごして、幸せです。


みんなもそうかなー?お正月太りきをつけて、

お仕事の人も共にがんばろー!

今年も健康第一で、スタートです

このページのトップヘ